2020年2月11日 (火)

ノムさん

野村監督が亡くなったそうだ。

2002111

選手としても監督としても解説者、評論家としても全てにおいて一流の人だった。

最晩年はサッチーのほうが先に亡くなってしまい、かなり淋しい思いをされていたようだ。。。

しかし、野村監督が亡くなられたのはこちらもとても淋しい。。。

人間は必ず死ぬからまあ仕方が無いんだけどねぇ。。。

合掌

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

盛り上がらなかった日本シリーズ

日本シリーズが終わりましたな。いくらラグビーのワールドカップにぶつかったといえどもぜんぜん盛り上がらなかったのではなかろうか?球界の盟主の読売巨人軍だったのにね。そして結果は4たこ。興行的にもこれは辛いでしょうな。

元中日の和田さんが今回のシリーズを酷評してますな。

1910244

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-10231016-nksports-base

日本シリーズといえば、日本球界最高峰の戦いになる。しかし、セ・リーグを制した巨人と、リーグ優勝を逃しながらCSで勝ち上がってきたソフトバンクの戦いは、戦力差が歴然としていた。こう言っては失礼だが、パ・リーグ同士で戦う方が戦力差は拮抗(きっこう)し、日本一を決める戦いにふさわしいのではないかと感じてしまった。

とにかく戦力差が違いすぎる。3点をリードした6回に登板したスアレスは今シリーズ初登板。岡本に2ランを打たれたが、球速は160キロ近いスピードをマーク。こんな投手が第4戦まで投げていないし、第5戦の先発が見込まれていた武田は結局、登板なしで終わった。第3戦で高卒ルーキーを登板させたり、体調不良で第4戦まで先発できなかった菅野の起用法と比べれば、次から次へと好投手を送り込んでくるソフトバンクとの差は、比較するまでもない。

今試合だけでなく、シリーズを通じて巨人はエラーが多かった。若い選手が大一番に慣れていないせいもあるが、これはソフトバンクの圧力がもたらした結果だと思う。グラウンドで相手選手の能力の高さを感じると「ミスをすれば勝てない」と動きが硬くなるのは当然。攻撃陣を比べても、ソフトバンクは首位打者のタイトルを獲得している長谷川勇と内川が代打出場し、好打者の中村晃は守備固めで出場。走力を比べても、巨人は6回の攻撃でゲレーロ、阿部に代走を出せなかった。試合展開にもよるが、走攻守のバランスがいい選手が多いソフトバンクとの差になっている。

セ・リーグは7年連続で日本シリーズ敗退。交流戦の戦績を比べても、例年パ・リーグが圧勝している。巨人だけでなく、セ・リーグの各球団は、この悲しい現実を受け止めなければいけない。日本最高峰の戦いだと胸を張れる日本シリーズを取り戻してもらいたい。(日刊スポーツ評論家)

以上、貼り付け

まさに和田さんの言うとおりでしたな。あまりに戦力差がありすぎ。中村晃が守備固めって凄いよね。ソフトバンクは育成から育てるのも上手だから戦力が圧倒的に重層化している。実に素晴らしい福田選手が控えなんだもの。。。昨日はもう試合になってないような感じ。まあ巨人ファンでないからいいんだけど、それにしても昭和の時代の読売巨人軍を知っている世代にはまるで赤子の手をひねられているような巨人軍の弱さ、戦力不足は信じられない。

1910242

野球への含蓄が深いヨニウムさんのツィート。

たしかにねぇ。。。昨年の日本シリーズでも甲斐選手が大活躍だったからねぇ。。。

その甲斐選手とエースの千賀選手は共に育成出身なんだから。。。

フリーエージェントで大枚はたいて補強してもダメだってことだろう。やっぱ生え抜きって重要だよね。

巨人ファンではないから選手を良く知らないけれどもソフトバンクの選手のほうがいまは有名なんでないのかね?昔の南海ホークス時代とは雲泥の差ですな。球界の盟主がすっかり逆転しているようだ。

昭和は遠くになりにけり。ってなことなんですかね。

追記

今回の日本シリーズへの良記事

1910274

https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20191027-00148483/

1910275

巨人戦だけが失敗!?

 

以上が関東における今年の巨人戦中継の状況だ。

危機的な状況がお分かりいただけたと思うが、実はプロ野球全体が落ちぶれたわけではない。あくまで関東における巨人戦が壊滅的なのである。

例えば今回の日本シリーズ第4戦。

3連覇を決めたソフトバンクの地元福岡では平均38.5%、日本一に輝いた際には瞬間最高で50.3%をマークしている。ラグビーW杯の日本代表戦に引けを取らない成績だ。

去年の日本シリーズは、ソフトバンクが広島を4勝2敗で破った。この時の平均視聴率は、福岡で30%台、広島に至っては40%超だった。

また16年は、日本ハムが広島を4勝2敗で破った。この時も広島は50%ほど、北海道も40%近くに達していた。

明らかに地方では、地元球団の試合がよく見られている。関東における巨人戦だけが、失敗しているように見える。

 

“球界の盟主”という落とし穴

 

長嶋が「巨人軍は永久に不滅」と発言した45年前は、日本シリーズでV10を狙うほど、巨人が圧倒的に強かった。

その後も20年ほど巨人の強さと巨人戦中継の高視聴率は続き、自他ともに「巨人は球界の盟主」と認めるような状況だった。

ところがここに落とし穴があったと筆者は考える。

91年に発足したJリーグは、各球団と地域との交流を進め、地元の球団という意識を醸成した。2016年発足のBリーグも地元との結びつきを重視している。

他にもアイスホッケー・アメフト・フットサルなど、郷土愛と結びつくスポーツ振興は増えている。

その中にあり、いつまでも“球界の盟主”然としたあり方は、今の時代に合わない。

気が付いたら、テレビの前は“過去の栄光”を懐かしむおじいちゃんばかりとなってしまった所以である。

以上、一部抜粋して貼り付け。

良記事なのでぜひともアクセスして全文を拝読くださいな。

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

ラグビーってすごいなぁ2

ブレイブブロッサムズ(日本代表チームの愛称)が終戦となりましたな。

1910213

それにしても凄かった。面白かった。ラグビーってこんなに凄いのか!ってことを世に知らしめた日本代表はすごい。

1910217_20191023141401

日本人の多くにたくさんの希望と喜びを与えた日本代表の日当が少なすぎると。。。

1910216_20191023141501

こういうことがちゃんと広まるのがツィッターの良いところ。

たしかに橋下徹氏と百田尚樹氏の言うとおりですな。一億円をそれぞれに賞与してあげてもいいよね。それぐらいの価値だったよ。

Eg_xplbuyaavk1h

管理人、このリーチマイケルキャプテンにブレイブブロッサムズが手を添えて入場してくるシーンが大好き。かっこいいよね。

19102210

リーチ選手がボールを持つと、観客がうぉーと叫ぶのは凄かったですな。リーチキャプテンにもそれは十分に伝わったのではないか?また、対する相手側の選手にはかなりの脅威になったと推測される。

1910151302

ラグビーってすごかった。

過去記事 → ラグビーってすごいなぁ   森元すごい

ありがとう日本代表!!!

追記

1910312

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00000003-friday-spo

11月2日に世界一が決まるラグビーワールドカップ(W杯)で史上初のベスト8に入ったラグビー日本代表の有志6人が台風や大雨による被害が深刻な千葉県富津市近郊で、ボランティアで復興支援活動をしていたことがわかった。

堀江、流らのボランティア作業の様子はこちら

W杯で奮闘したFWのリーダー的存在のHO堀江翔太の呼びかけに、SO田村優PR稲垣啓太、SH流大、SO松田力也、HO北出卓也が賛同。田村は28日に一人で動き、29日に田村を除いた5人が活動した。最初に声をあげた堀江が振り返る。

「スコットランド戦が行われた10月中旬に、台風の大変な被害状況だということがテレビでもずっと流れていました。当時、僕らはラグビーをすることしかできなかったんですけど、大会が終わっても被害に関する報道はずっとありました。今はW杯も終わって、体を休められるいい時間なのかもしれないけど、『何かしたいな』という気持ちが勝ったんです。そこで僕が29日に都合がついたので他の選手にも声をかけてみたら、『一緒に行きましょう』と手をあげてくれました」

ボランティアの特設サイトにアクセスして、初心者でもできる力仕事のボランティアを応募。堀江たちはボランティアセンターの指示に従い、午前中に土砂崩れを起こした千葉県富津市内の一般家庭のもとへ行き、石のように固まってしまった土砂の泥を小さくして運ぶ作業をした後、午後から同市内の古民家カフェ「えどもんず」に行き、強風で屋根が吹き飛び、水をたっぷり吸いこんで重くなった畳を運び出す作業を続けた。その「心」に触れたえどもんずのオーナー、青山清和氏は驚きで声が上ずった。

以上、一部抜粋して貼り付け。

なんと素晴らしくてかっこいい男達なんだろう。ラガーマンってすげえ!!!

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

ドラフト2019

今年のドラフトが終わりましたな。管理人はプロ野球ファンではないが、それなりに関心は持っている。それにドラフト会議は青少年のこれからの人生を決る行事ではあるが、そこにドラマがあり、不謹慎ではあるのかもしれないが、実に面白いと感じている。

そのドラフト、今年、びっくりしたのが阪神タイガース。まるで昨年の日本ハムファイターズを彷彿とさせる、甲子園で活躍したスター性のある高校生を選んだのである。

過去記事 → ドラフト

1910187

阪神ファンではまるでないが、それにしても夢があるドラフトだった。1位の西君は顔もかっこいいし花がある。スター性ばっちりだ。U-18での大活躍は凄かった。そして2位に地元、履正社の4番打者を選んだ。これは阪神ファンは嬉しいだろう。驚いたことに横浜高校のまだ未完である言われていた左腕を3位で指名。1位から5位までが甲子園で活躍した高校球児なのである。プロ野球は勝ち負けよりもいかに観客を喜ばせて球場に足を運ばせるかだと管理人は考える。プロ野球はファンがあるから成り立つのだ。観客に夢と楽しみを与えるのがプロ野球選手だ。だから活躍すれば高額のお金を得ることが出来るのである。たしかにファンにしたら自分のひいきにしている球団が勝ってくれれば嬉しい。優勝してくれればなおのこと。しかし物事には必ず勝者と敗者がいるのである。

日本ハムファイターズはそんな考え方で昨年は夢のあるドラフトだったのだが、今年は即戦力ばかりのような気がするのだが。。。

1910185

まあ、昨年は高校生ばかりだったので、育成に時間がかかりすぎてしまい、戦力が足りなくなってしまっているってことなんだろうけどね。。。

今年のドラフトの大本命、163Kの剛速球を投げたという佐々木君はなんとロッテ。謎の魚と戯れてほしい。 ロッテファンの友人の小躍りして喜んでいる姿が眼に浮かぶ。。。。。過去記事 → 謎の魚にお越しいただいた

1910186

ただね。。。政治では左に飛んじゃうヨニウムさんは野球のことでは的確なんだが、こんなツィートをされていた。。。うーむ。。。

1910188

それにしてもプロ野球っていうのは敷居がめちゃくちゃに高いよね。それでプロになったとしても活躍できるのはほんの一部。このごろはテレビ中継が巨人一色でなくなったので12球団、どこでもOKという子が増えたからか高校生での選出が多いような気がする。大学生になると選ばれるのは投手ばかり。野手で選ばれるのは極少だ。社会人はもっと少ない。今の時代、はやいうちから、高校生のときに選ばれないと、投手でなければプロになるのは厳しいということなんですなぁ。。。たいへんな世界だ。。。

1910181

百田尚樹氏の小説の一説。このとおりですなぁ、世の中は。

現代ビジネス

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67837

消えた栄光のドラフト1位「ただの人」になった金の卵たちの告白

今年も、10月17日のドラフト会議で、佐々木朗希(大船渡高校)と奥川恭伸(星稜高校)を筆頭に、12人の「ドラ1選手」が誕生した。

一方で、新たに入団する彼らに席を空けるため、活躍できなかった選手たちには非情な戦力外通告が待っている。

中略

広島は、若手に多くのチャンスを与えて育てるチームと言われている。それは、裏を返せば一定のチャンスを与えられても目立つ成績を残せなければ、次の世代にポジションを譲らなければいけないということでもある。

スーパールーキーとして入団した岩本も、その例外ではなかった。緒方孝市監督が就任した'15年からは一軍での出場機会が激減、今季は1試合の出場に止まり、そのまま戦力外通告を受けた。

「彼には、間違いなく才能があった。でも、それとは別にプロで活躍するには『再現性』が必要だった。

チャンスを与えてもらったときに、プレッシャーをはねのけて自分の持てる技術と力を発揮して、首脳陣からの期待に応える。本当に、紙一重、あと一歩だっただけになんとも言えない難しさを感じます」(内田氏)

 

大石、村中、そして岩本。アマ時代に残した実績と、ポテンシャルを考えれば、いずれも球界を代表する選手になっていてもおかしくない逸材だった。そんなかつての「金の卵」たちが、結果を残せず「ただの人」となってチームを去っていく。

前出の菊地氏が言う。

「結局、プロは何位で入団しようが成績がすべての世界。入っていきなり結果を出せる選手は別ですが、そうでないその他大勢の選手はプライドや過去の自分の武器を捨ててでも、必死になってしがみついていくしかない。

どんなに才能に恵まれていても、輝かしい過去を持っていても、生き残る術を見つけられなければ一軍で飯を食べ続けることはできないのです」

以上、抜粋して貼り付け。ぜひともアクセスして全文を拝読くださいな。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

森元すごい

森元

1910161

森元首相のこと。

1910162_20191017111801

このピクト、佐野る=パクル 騒動のときの超プロなピクト屋さんの投稿から拝借したもの。

過去記事 → 予想3 2016.07.28   とりあえずはよかったね 2015.09.01

1910153

「チケットが余ることなんかない」

「2019年になったらわかるよ」

1910167

森元の言うとおりになった。

すごい慧眼ですなぁ。。。

1909235

1909231

1910168

実は森元は最強だった。

田中派の支配をぶっ壊して清和会に自民党を取り戻したのは実は小泉さんでなくて森元だ。

今回のラグビーで森元の本当の価値を世の中に少しでも知ってもらえたらいいね。

追記

1910254

やはり森元はまともだ。

追々記

19112124

相変わらず森元はまともだ。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

ラグビーってすごいなぁ

日本で開催されているラグビーのワールドカップ、なんと日本代表がスコットランドも破り、4戦全勝で決勝トーナメント進出だってさ!!!

1910141

よくもまあ勝ったもんだね。それも全勝で勝ち上がったんだから凄い快挙ですなぁ。

1910146

猫組長もラグビーには驚いている様子。

1910148

門田さんのツィート。

まさにこのとおりだと思う。ラグビーの試合ってスポーツでなく戦闘だと思うよ。選手の体つきが他のスポーツとは違う。格闘技系は体が大きいが、ラグビー選手はこの身体で走るんだから物凄い。ラグビーって元々戦争の後、勝ったほうが敵の大将のクビを兵士同士で奪い合うことから始まったとなんかで読んだ覚えがあるんだけど、ラグビーは全員でまさに戦うものね。死闘という言葉がまさに的確。体つきがでかくて丈夫なアングロサクソン系じゃないと普通は出来ないよ。とくに日本人は小さくて貧弱だから。でも今回、外国出身の選手も多いけれど、日本出身の選手とかでここまで戦って勝ち進んだってのは歴史的快挙でしょうな。

1910142

高須先生も大喜び!

1910143

百田さんが言うように、4年前に完敗した相手に勝ったのだからすごい進歩だよね。

1910147

ラグビーの試合後のこの風景って素晴らしいよね。さすがジェントルマンの国発祥のスポーツだ。

19093010

1909284_20191014105601

屈強な人達なのだが、ボランティア精神も発揮する聖人集団なのである。すごいなぁ。

1910144

今回のワールドカップで初めてラグビーの試合をテレビで見たけど。。。

ラグビーってすごいなぁ

追記

19101512

https://87nohi.com/archives/1381

19101513

ぜひともアクセスして拝読くださいませ。

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

謎の魚にお越しいただいた

管理人はロッテファンではないが、謎の魚の大ファンである。

01_20191003141301

第2、第3形態がすこぶるお気に入り。

03_20191003141301

先日の屋上の宴で、ロッテファンの友人に謎の魚ファンであることを力説したのだが、そうしたら、なんとその友人が謎の魚をプレゼントしてくれた!!!

Img_6426

なんと第3形態が中に入っている優れもの!!!

Img_6429

見よ!このセクシーなボディーライン!!!

Img_6430

美しい色調!!!

Img_6428

ぷるぷる振動しながら第3形態を吐き出すようになっている。とても良く出来ている。

Img_6433

めちゃくちゃ嬉しい!!!

02_20191003141801

いいなー、謎の魚。12球団マスコットで一番好きだ!あのつば九朗よりもだ!!

04_20191003141901

いつもマリーンズのHP見て、謎の魚のぬいぐるみとかグッズを欲しいとずっと思っていたんだよねぇ。。。

http://shop.marines.co.jp/?mode=grp&gid=1642550&page=3

それが友人がなんと球場まで行って買ってきてくれたんだから!!!

もう最高に嬉しいなぁ!!!

Img_6431

 

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

U-18

昨夜は台風が関東直撃で、翌朝、街路樹の葉が大量に道路に落ちてたり、枝が折れてたりして物凄い風だったことを物語る。事務所の屋上は既に台風で飛んでいってしまうようなものは撤去してあるので安心だ。 台風が去った次の日は、フェーン現象でやたら温度が上がる。今年初めての36度台ではなかろうか?

(過去記事 → 台風15号(屋上破壊編) )

U-18 終わりましたな。 台湾が優勝したそうだ。おめでとうございます!

H.S.Kim さんのツィート。

1909095

たしかにねぇ。kimさんの言うとおりですよね。金属バットは逆にハンデになってしまっているよね。 折れなくて長持ちする金属バットは野球少年のフトコロを守るためのものだったのだけど、いまとなっちゃ、高校生がプロに行くことへの大きな障害になっている。。。

1909091

開催国が韓国ってのはダメですわなぁ。。。わが国の球児も日の丸自粛なんて仕打ちを受けたし。 台湾チームはすごい嫌がらせをされたんだね。特定アジア三カ国はスポーツに係わってはいけないよ。 日本の最終戦、対カナダの試合の球審、中国人だったんだけど、もうめちゃくちゃだった。低めなんてぜんぜんストライクにしないで、すごい高めがストライクで、それもとったりとらなかったり。

もうありゃ野球じゃないよ。試合にならないんだ。支那人なんてアンパイヤには絶対にむかないよ。儒教圏の人間には審判は無理。やらせてはダメだ。

1909093

そんな状況でもU-18の球児達はよく頑張ったよ。

1909094

なんと兵糧攻めまでされていたらしい。。。高野連は日本にどうしても優勝させたくなかったらしい。。。そうとしか考えられない。これ、酷過ぎるよね。食べ盛りの高校球児が「お腹が空いて戦えない。。。」という状況で戦わせられたのだから。。。許せない。

19090910

遊撃手がなんと6人。。。それも左打ちのみ。。。優勝した履正社の強打者を1人も呼ばず。。。

1909099

門田さんがブロゴスに寄稿されてます。

https://blogos.com/article/403035/

「U18敗北」でわかる日本型経営の“致命的欠陥”

U18の選手たちの奮闘ぶりには頭が下がった。外野手は2年生2人しか選ばれておらず、内野手は7人選んだが、その内6人が遊撃手で、しかもいずれも右投げ左打ち。一塁手からも、二塁手からも、「誰も」選ばれなかった。

わかりやすい例でいえば、履正社の外野手・井上、桃谷という高校球界を代表する右のスラッガー二人も選ばれていなかった。「全国制覇のチームから1人も選ばれていない」という異常さは、最後までU18の試合に暗い影を落とした。

それはそうだ。ジャパンの外野を右投げ左打ちの遊撃手、あるいは本来はピッチャーの選手たちが「守った」のだ。もちろん専門ではないため、肝心の場面ではミスが出る。一塁も「初めてファーストミットを使った」という選手が守り、エラーをしても誰が責められよう。

不慣れなポジションを選手たちは、必死で守った。日の丸を背負った選手たちの懸命な姿は観る者に大きな感動を与えてくれた。「ありがとう。ご苦労さまでした」と言葉をかけさせてもらいたいと思う。

だが、今回も過去の教訓を生かせなかった高野連やU18の首脳陣には厳しいことを言わせていただきたい。「あなたたちは、どこまで野球を舐めているのだ?」と。

結果的に台湾戦で相手の決勝打となった左中間の大飛球。外野が専門でない選手は、どうしても打球を「まわり込みながら」追ってしまう。本職の外野手なら瞬時に落下地点を予測して、そこに向かって「真っすぐ走っていく」が、それができないのは当然だろう。

この一打を捕れなかったことで日本は台湾に手痛い敗北を喫する。また韓国戦でも三塁手のワンバウンドの送球をこれまでファーストミットを使ったこともなかった急造一塁手がうしろに逸らし、痛恨の同点にされてしまった。

不慣れなポジションを一生懸命守っていた選手を称(たた)えこそすれ、これらを指摘することは酷だろう。新聞は「拙守拙攻」と書いたが、それを生んだのはすべて高野連である。

私は、一昨年のU18ワールドカップ、昨年のアジア選手権を思い出す。いつも左打者を並べる日本は、韓国や台湾の左腕投手に苦もなくヒネられた。台湾では「日本はほとんど左のオーダーを組んでくるので、左打者の膝元へのストレートと外角から外に逃げるスライダーを持っている左投手を起用すれば勝てる」というのが“常識”になっている。

そのとおり、昨年は韓国と台湾の左投手にきりきり舞いさせられ、そのうち1試合は2安打しか打てなかった。それらを「教訓」にすることもなく、今年もわざわざ右投げ左打ちの遊撃手を6人も選んだのだ。案の定、昨年に続き日本は同じ台湾の左腕投手に抑え込まれた。

日本の高校野球のレベルは世界一である。大学、プロ野球と上がるにつれアメリカに逆転されてくるが、高校野球は間違いなく世界一のレベルにある。しかし、アメリカがワールドカップで4連覇しているように、日本はどうしても優勝することができない。なぜか。

答えは簡単だ。世界一になれるようなチーム構成をしていないからである。そして、世界一にふさわしい首脳陣をつくれないからである。

一部抜粋して貼り付け。 ぜひともアクセスして全文を拝読くださいな。

負けるべくして負けたということですな。そんな状況で試合をさせられた球児がとても可哀想だ。しかしよくやったよね。たいしたもんだと思う。

それにしても、金属バットはすぐにでも止めるべきですな。そうしないと世界一のレベルの日本の高校生がいつまでたっても世界一になれないからだ。

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

高校野球 2019夏

高校野球の真っ最中ですな。こんな真夏の炎天下であるが、高校球児は夢の甲子園で頑張っとります。

高校野球は人気あるよね。

やっぱり「オラがムラのヒーローが頑張ってるんで応援じゃ!!!」ってーのが日本人の気質に合っているんだろうね。 野球の本場、アメリカではまったく理解していないようだけど。。。

本日、北海道のチームが負けて、北海道勢全滅。。。 あー残念。。。

19081112

中京学院大中京って名門だよね。相手のピッチャーよかったがよく頑張ったほうかね。

19081113

旭川大の相手は星陵だったのね。ドラフト1位確実の奥川投手に1点差はよく頑張った。

D54c04e817edbb172f5ba90eee283a5516

管理人は北海道を離れてもう20年になるが、それでもやはり北海道勢を応援する。 これって地方から出てきた人ってみんなそうなんじゃないのかね?

高校野球って過密日程で選手を、特にピッチャーを酷使しないと勝ちあがれない、有望な選手を全国から集めないと甲子園まで行けないなどいろいろ問題大有りなんだけど、球数制限などいろいろ意見は出ているようだけど、一向に改善される見込みは無いよね。。。選手にしたら甲子園は聖地で、そこでプレーできるってのは夢だろうし、学校にしたら生徒を集めるための宣伝になるしね。主催の朝日新聞や高野連にしたら莫大な利権だからいくら高校球児が酷使されようと改善なんてしないよね。NHKも経費をかけずに全国放送できるんだからこんなおいしい放送は他にないからね。 

追記

高橋洋一先生が高校野球の献、現代ビジネスに寄稿

1908121

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66502

実際の甲子園ではどうなっているのか。今年、地方大会の代表校のうち最多試合数の高校は、全国最多188校が参加する愛知大会を勝ち抜いて代表となった、誉高校の8試合だ。

一方、最少試合数の高校は、全国最少の23校が参加した鳥取代表の米子東、26校が参加した高知代表の明徳義塾、30校が参加した福井代表の敦賀気比で、いずれも4試合。

甲子園での全国大会は49校で競われるので、5、6試合を勝ち続けた高校が優勝する。残念ながら誉高校は1回戦で敗退してしまったが、優勝するためには9~13回の試合が必要という計算になる。これは、先に述べた必要試合数の考察がそれほど現実と外れていないことを示している。

そこで、いよいよ本題である。どうすれば、無理のない試合日程を作ることができるのだろうか?

平均的な地方の場合、地方大会で必要な試合数と全国大会(甲子園)で必要な試合数は、ともに(優勝すれば、だが)同じくらいの6試合である。

しかし、地方大会では複数の球場で試合が行われるのに対し、全国大会では球場が甲子園1つしかない。このため、甲子園での試合日程は過密になっている。

中略

具体的には、地区大会は北海道東北(参加校547校)、北関東(参加校529校)、南関東(参加校427校)、東海(参加校427校)、甲北信越(参加校318校)、近畿(参加校536校)、中四国(参加校421校)、九州沖縄(参加校512校)の8地区にするとバランスがいい(下図)。

1908122

各地区では地方球場で各都道府県代表を選び、甲子園ではこの8地区の代表でトーナメントを組むと、甲子園で行われる試合は準々決勝、準決勝、決勝となる。休養日は地区大会で中1日、甲子園で中2日とれるはずだ

各地区の地方球場は、プロ野球チームも使っている6つのドーム球場を使えば、格段に快適に野球ができるに違いない。

このアイディアは、県レベルの現在の地方大会はそのまま、現在甲子園で行われている全国大会についても日程は今と同じで、その一部(準々決勝の前まで)を各地区大会に変更し、各地区のドーム球場を使うことにするというだけのものだ。これだけで連戦は避けられ、健康的かつ無理のない日程ができる。

コスト計算などはまったくしていない。しかし、いまなお衰えない高校野球の人気ぶりを考えれば、十分にペイすると思うが、どうだろうか。

以上、一部抜粋して貼り付け 

ぜひともアクセスして全文をお読みくださいな。

たしかに。 出場校が49もあるのに球場が一つというのがあまりに非効率なのだ。ワールドカップなんて32カ国なのに複数のサッカー場でリーグ戦を行う。それが当たり前なのだ。8月6日に開催され、2回戦目が一週間後、3回戦目が3日後となる。2回戦までの時間が無駄すぎ。生徒はずっと甲子園球場近くのホテルに滞在しなくてはならない。その経費は寄付と学校生徒の親御さんの善意で賄っているのが現実だ。その経費を主催の朝日新聞と全国放映しているNHKが賄うのなら話は別だが。。。

高橋先生の案はさすが学者だけに非常に効率的だ。理にかなっている。

ただ問題は、これだけ大きな地区割りになると、高校野球人気の本質、「おらがムラのヒーローを応援じゃ!」が希薄してしまうこと。 北海道東北地域になると強豪の花巻東とかだけになり、北海道は出場機会は殆ど無くなってしまうことだ。 そうなると社会人の都市対抗のように人気が無くなってしまうかもしれない。大学野球も人気が無いしねぇ。 

それにしても。。。 金属バットはすぐにでも止めるべきではないかな? 体格が良くなって、それで科学的なトレーニングをやっているいまの高校球児が金属バットで打つ打球は内野手が怪我をしてしまうような兇器である。 今大会も速すぎて強烈過ぎる打球が当たって退場を余儀なくされている。危険過ぎる。 それに金属バットによるホームランとヒットが多すぎる。金属バットは百害あって一利なし。すぐにでも止めるべきである。

追記

飛びすぎるバットは危険!? 子どもが「飛ばないバット」を使うことのメリット

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00200008-baseballk-base

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

イチロー選手が引退ですか

イチロー選手がとうとう引退と発表しましたな。本人は50歳まで現役とおしゃってたが、それでもメジャーリーグで45歳まで現役だったんだから凄いことですよ。最後は日本で、それもオリックスのユニホームに袖を通して欲しかったが、オリックスは9年でメジャーは19年だからメジャーリーガーのままで現役を終えたかったんだろうね。
1903227
誰もが加齢し現役を退くのは世の常。 致し方ない自然の法則である。 誰しも時には勝てないものだ。 しかし、ライブでイチローが活躍していた時代を見れたこの平成の時代は凄い時代だったのかもしれないね。大谷翔平の二刀流も見れたんだしね。
そんな偉大なイチローのことを「たけし軍団」の1人がブログにトンデモ書き込みして大炎上したらしい。
19032213_1
こいつも「たけし軍団」 くずっぷりが半端ねーですな。
19032214

 

次、大阪春の陣ネタ。
いくらなんでもこのふてくされた態度酷くね???たしかに大阪府民はこの態度を見たほうが良い。
1903226
自民、公明、民主に共産まで一緒になって維新を叩く理由。
1903224
地方議員数が自民党より多いので地方のことは何もできない
ってなことでしたか。そういや東京都の自民党も好き勝手やってたんだろうね。
高須先生や百田尚樹氏が応援しているんだが。。。
1903228
1903229_1
なかなかヤバイらしい。。。知事のほうはなんとかなるかもしれないが市長候補の松井さんが難しいようだ。
19032210
左翼系もよくそれをご存知なようだ。
19032211
維新vsその他全てだからね。そりゃぁたいへんだろうて。。。でもここ10年は維新が勝ってきたんだろうけどねぇ。。。
19032212
管理人は都民なんで関係無いんだけど、でも気にはなりますなぁ。。。
追記
ANAも粋なことをしたものだね。
1903231
共産党が自民党と共闘して安倍政権を倒す??? 意味不明。。。
1903234
地下鉄のトイレがきれいになったのはとても良い変化でしたな。
1903235
吉村元大阪市長の説明が秀逸!
1903236

 

 

| | コメント (0)