2019年12月11日 (水)

テレビの敗北

報道ステーションというテレビ朝日の番組がやっちゃったようだ。

1912116

なんと世耕元大臣の言葉尻を切り取り編集、印象操作をしていたようだ。

1912117

1912118

いまやSNSの時代なのにこんな印象操作が通用すると思っているんだねぇ。。。

19121113

以下略ちゃん が文字おこしをして投稿してくれている!!!

https://twi55.com/tereasa20191211/

まさか世耕元大臣から反撃を食らうとは考えてもいなかったのだろう。

19121112

19121111

テレビがネットに負けた日ですな。

1912119

19121110

追記

Elkkjauwaixrnt

191210

行きたい。。。

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

あいかわらず

ニュースウオッチ9を点検していたら、偏向が酷い大越キャスターを降板させてほとぼりが冷めたと考えたのか、今日はプロパガンダ炸裂の放送である。おいおいNHK。根は変わってないな。

 

先ずは、安保法制のアンケート結果。1490人くらいに無造作に電話アンケートらしい。結果、全てネガティブ。おいおいおいおい。大体が、お前らの報道が真実を伝えているだろうか?そんな中で、説明は十分かと思うか?なんて、おいおい、NHK、お前らお笑いか?ってなアホみたいな自作自演である。

 

安保法制の件では「大和心への回帰」さんが、田母神氏のツイッターを重要部分を掲載して、説明している。 一部抜粋して貼り付け。

 

http://blogs.yahoo.co.jp/nagomi3878

 

以下は田母神氏のツイッタ-の中から安保法制関連について一部抜粋したものである。

 

実に単純明快でありながら核心を衝いている。

 

これこそが日本国民にとって今必要なメッセ-ジだと思うのである。

 

 

 

田母神俊雄 @toshio_tamogami          6月1日
総理の判断ですぐに自衛隊が行動できることが抑止力を高める。自衛隊の行動に制約があるほど抑止力は低下する。だから何でも出来るようにしておいて、いざとなったらやるかやらないかは総理の判断に任せるべきだ。そして総理が間違った場合には国会の議決でそれを修正できるようにしておけばよい。

 

田母神俊雄 @toshio_tamogami          5月31日
安全であれば自衛隊がわざわざ出て行く必要はない。民間でも足りる。しかし民間では対応できないから自衛隊が出ていくのであって、そのとき危険ではないなどということが如何に自衛隊員を馬鹿にしているのか気がついて欲しいものだ。隊員も自衛隊しか出来ない任務に立ち向かうとき心底やる気が出る

 

田母神俊雄 @toshio_tamogami          5月31日                 

 

 

 

国会の安保法制の議論を聞いていると、軍事力行使に歯止めを掛けなければならないと自衛隊を縛ることばかり議論されているようだ。少しは中国軍とかよその国の軍を縛ることでも考えたらどうかと言いたい。自衛隊員のリスクが増すとか言う。自衛隊員は事に臨んでは危険を顧みずと宣誓しているのだ。

 

田母神俊雄 @toshio_tamogami          5月29日                 

 

中国や韓国なども日本の安保法制に反対する。これが決まらなければ日本の政治は弱いままで、中国や韓国の意見を受け入れると思っているからだ。日本国民は考えるべきだ。中国や韓国が反対する政策は正しい政策で、中韓が賛成する政策は間違った政策であることを。頑張れ安倍総理。

 

田母神俊雄 @toshio_tamogami          5月29日

 

世界の軍は禁止事項が決められた禁止規定で動く。今回の安保法制はまだ禁止規定ではなく、やっていいことが決められた根拠規定である。どれほど細かく決めても根拠規定では必ず抜けが出る。しかし安保法制が決まれば我が国の国を守る意志は内外に強く表明されることになる。抑止力は向上するであろう

 

 

安保法制が出来ると日本が極めて危険な国になるような報道が行われている。しかし今国会で決めようとしているような法律は諸外国ではみんな出来ていると言ってよい。日本だけが特別な国になろうとしているわけではなく、よその国と同じような法律を作ろうとしているだけです。国際標準になるだけだ。

 


 

また、当ブログでも前稿で取り上げた年金情報漏えい事件と、水面下で行われている野党の思惑についても単純明快に直言している。

 

 

 

 

 

 

 

田母神俊雄 @toshio_tamogami          4 時間4 時間前

 

民主党が今回国会の審議拒否をしている本当の理由はこの韓国サーバーにデータを置いた事と年金機構の運営に関する問題が民主党政権時のものである事を追及されたくないから? 皆様、是非とも一人でも多くこの事実を拡散して頂き、反日系サヨク、韓国系日本人による安部政権潰しを阻止して欲しいのです

 

 

 

 

 

年金管理システムのネットワーク構築はソフトバンクテレコム。 民主党が与党の時に随意契約した。 おまけに年金管理システムのバックアップサーバーは韓国国内にある。 今回の件を追及するなら、なぜ随意契約までしてわざわざ他国にバックアップを構築したか、当時の与党だった民主党を追及すべし。

 


田母神俊夫氏における評価が分かれていることは承知している。

 

だが、現在安倍総理が推進しようとしている日本再生計画について、その本質を直言する内容は実に的を得ている。

 

 

以上、貼り付け終わり。いつもながら 大和心への回帰さん の分析は素晴しい。

 

 

NHKに話を戻すが、その後、大河ドラマの宣伝も兼ねてなのか、伊勢谷とかいう俳優が出てきて、「現代の松下村塾」とこの俳優の行動を持ち上げていた。大学生を集めて「志」「生きがい」を問う?なんてやっているってことを紹介したわけだ。わざわざこんなくだらないことをNHKで放送するべきか? 若いときから生きがいとか志とか、そんな自分の将来なんて決めてしまってどうするの?未来なんて誰も予想なんて出来ないのだよ。世の中の役に立ちたいなんて、それは気持ちとしてはよろしいかもしれないが、他人のことを考えることができるのは自分にある程度の余裕が無いと無理だ。若い人なんて将来どうなるかなんて判らない。だっていまの日本の平和だって、サンフランシスコ講和条約以降だからね。人は産まれる時代を自分では選べない。どの時点で産まれるなんて、「運」でしかないのだ。

 

だいたい、生きがいとか志なんて、もう出がらしの50歳以降でいいんだよ。今まで好き勝手に生きてきてごめんなさい。これからは世の中に少しでも貢献する志くらいは持ちますよ。くらいでOKなのだ。

 

それにしてもこの俳優が自分で言ってるのか言わされたのかわからないが、「この先未来は暗い訳ですよ」 えっ あんたらの祖国の未来は暗いどころか真っ暗だなぁ それは認めるよ。でも我が日本国の将来はすっくりくっきり東芝さんっていうくらい明るいのだよ。今日、GDPの発表があったでしょ。あんたらの祖国を放っておけば、といいうか、係わらなければこうなるのよ。おいおい、NHKのニュースウオッチ9よ。くだらない情報操作はやめろよ。もう時代は変わったんだよ。プロパガンダはあまりに悪質である。

 

 

あいかわらずといえば管理人。また携帯電話を洗濯してしまった・・・午前中、ドコモに言って機種交換。データはまたもや全てロストである・・・

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

今日は驚きばかり NHK まさかの野中広務の登場

いやー、今日は、韓国での大使襲撃の驚きのニュース。 それで9時のNHK ニュースウォッチ9で大越キャスターがどのような報道をするのか興味深々だったが、さらっとした米国大使襲撃のニュース。それよりも驚いたのが、なんと親中、親韓の野中広務をまるでヒーローのように取り上げていた。ありえないだろう。在日と共著して、在日特権を擁護したり、とにかく日本の国益を貶めてきた政治家だ。こんな輩をNHKという国営放送に登場させることも間違っているが、内容が、野中が日本のために頑張ったような放送内容。米国の大使が襲撃された日なんだよ。菅官房長官の談話をなんで報道しないのか?野中なんて百害合って一利なしだ。情報弱者は別として、NHKに呆れた人は多いだろう。NHKは赤旗ではないんだよ。まあ、それらに嬉々として寄稿したりしてる、古賀誠とか加藤紘一とか売国奴は、今回の大事件でまた騒ぎ出すだろうけど、それが大ブーメランになってきているのも理解できないんだろうね。ニュースウォッチ9の大越も、プロデューサーも理解できていないだろう。じゃないと、ここで野中は出さないだろう。いくらサリン事件から20年でも。

 

大使って、その国の指導者の代理という扱いだから、その代理人を襲撃したら、それは宣戦布告と同意語ってのは国債常識だ。そんな大事件なのに、韓国政府の答弁だけで、わが国の官房長官の談話を放送しないNHKの罪はあまりに重い。まるで韓国の放送局みたいである。

 

早速も韓国のメディアでは、言い訳が始まった。犯人は北に6回も行ったことがあるとか、左派系との報道。火消しに躍起である。そんなのでアメリカが許すと思うか?ありえない。目的のためにはなんでもするのがアメリカだ。キューバ、メキシコ、テキサス、フィリピン、沖縄。それにアメリカ本土 いままでどうやって奪ってきたか。国際法違反の絨毯爆撃、原子爆弾を2度まで使い、念願の沖縄をゲットしたのがアメリカだ。自分達の国際法違反を煙に撒くために、中国や韓国の嘘ばかりの日本攻撃を援護してたのがアメリカだ。お互いにメリットがあったからだ。

 

沖縄のお話が出てたので、ちょっと脱線。

 

佐藤なにがしっていう、インテリジェンスだかで売っている輩が、沖縄の独立の気配とかのたまってるが、大笑いだぜ。ましてや中国に編入?ありえないだろ。アメリカは沖縄が欲しかった。どうしても欲しかった。それは沖縄は場所的に重要だったから。だから83000人も損害を出しても占領したんだ(沖縄上陸作戦だけでだ) 世界最高の強さを誇る大日本帝国と戦っても欲しかったのが沖縄。それにアングロサクソンが一番と思っていたのに黄色人種が自分達よりも優れた倫理観を持っていたのが気に入らない。それらが合わさって戦争になったんだよ。ちゃんとした説明もしないでなにがインテリジェンスだっての。笑わせるなよ 一度、彼に訊いてみたいことがある 9条を守るとか言ってる天木って日本人?あいつ大使だったんだけど、日本の外務省っどうよ?とか、孫崎って?とか いろいろ でも絶対にまともに答えてくれないだろうから無意味だね。プーチンてマフィアだよね(あたりまえ)とか 北方領土って 戻らないでしょ どうしたって 核ミサイルよりも凄い兵器をこちらが装備して 脅せば いや やっつければ戻るだろうけど 質問にもならないな 

 

脱線しました 戻します

 

英米にしたら所詮、シナなんて豚でしかない 奴隷でしかないんだよ。勘違いした習は、香港で誤まりました。その前に欧州で人民服着て演説して、喜んで。でもアングロをなめちゃいましたね。お前なんかよりももっとアングロは深く考えてますからね。ゆっくりゆっくり時間をかけて、真綿を絞めるように持っていきます。李国克がエリザベス女王に接見するときに赤いカーペットだと?思い違いもはなはだしい。英国人は表向きスマートにあしらいました。でも本質は違いますって。香港の件もあり、100倍返しで制裁するでしょう。今回の米国大使への襲撃で宣戦布告された米国は何時攻撃するか、たぶんですが英国と話あってると思う。ゆっくりやるでしょうな。ゆっくりと ゆっくりと 日本人はその怖さを解ってる。だから慎重なんだよ。我々の祖先はそこが判っていたからこそ特攻までやって、戦ったんだ。

 

また脱線しました・・・

 

NHKは相変わらずですな 朝日新聞も反省もできてない バカは死ぬまで治らないってホントだね 今回の大使襲撃事件がどれだけ大事か ってことをちゃんと報道するのが使命なのにそれを怠った罪(まあ、戦後ずっと罪ばかりだが)は大きくて取り返しが付かないだろう。

 

極限値 歴史の転換点では 誤魔化しは通用しない。

 

2015年3月5日 驚きばかりの一日だった。

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

相変わらず偏向のNHKニュースウオッチ9

しっかし、いまだにNHKのニュースウォッチ9の偏向報道が止まらない。集団自衛権のニュースだが、最初は元陸上自衛隊幕僚長のインタビュー。次からは集団自衛権を暗に批判するように、憲法を考える会だかのなーんにもわかんない頭の悪い主婦のインタビューで、「自分の子供が痛い目に遭う」とか「勝手に進んで怖い」などあほらしい。そうしてダメ押しは頭の悪るそうな大学三年生を登場させ、その活動(だってこいつ政治を考えるだかのサークルやってんだよ)を紹介して、結論は「僕らの手の届かないところで勝手に決まった印象がある。これからもそれらを注意してみていきたい」みたいなことで終わった。

 

あほかよ。酷いね。まずアホ主婦だが、本なんてまるで読んでいないだろう。70年前は技術も進んでいないから国家全体総力戦だった。兵器はある程度機械化されていたが、それでも人の力が戦いには必要だったから消耗して足りなくなったら徴兵したのだ。

 

今はね、科学技術が発達したから兵士は頭脳と機能で勝負なんだよ。科学の知識が無いと、いまの兵器なんて満足に扱えない。それ程科学と兵器は進化しているのだよ。アホ主婦のバカな子供は徴兵なんてされないって。いまの自衛隊って最先端の科学の職業なのである。そんなこともわからないアホ主婦、それに頭が悪そうな大学生へのインタビューを放映するという悪質なNHK なんでそんな悪質なおまえらにカネを払う必要があるのだ?

 

アホの隣の国は未だに時代遅れの徴兵制度をやっているけど、いやいや徴兵されてまったくやる気の無く、北朝鮮の贈り物兵士による銃乱射があったばかりだよね。それに兵器なんて時代遅れでケチャンナヨでパクリ、まがい物ばかりだからまったく戦力にならない。でもあいつら日本に攻めてこようとしているんだよ。なんでキムチ帝国がイージス艦などの海洋兵器を建造しているのかっていうと対北朝鮮ではなくて日本が敵国と考えているからだ。

 

中国や韓国なんて全時代のままで、日本が敵国なのである。いつでも攻める気持ちがありありなんだ。NHKや朝日新聞は攻められても殺されてもいいのだろう。それはお前ら個人にしてくれ。というよりも日本人じゃないだろ。 

 

集団自衛権は絶対に必用だ。攻められても防御できないなんてありえないだろ。憲法9条があるから攻められないなんてお花畑の頭しかないなら黙っていてくれ。本も読まずに知識もなくて感情だけで、新聞やテレビは偉い人がいうから間違いないなんていうアホは頼むから消費だけして考えないで子孫も残さないでほしい。

 

善良なる日本人は騙されてはいけませんよ。この法案に反対している輩や原発反対の輩は間違いなく日本が弱体化することを狙っている勢力だ。日本国民放送がこんなプロパガンダを行っていることが大問題なのだ。

 

もう目の前の韓国のデフォルトの時、大越キャスターが「国際社会貢献のため日本がいまなにをできるかが問われてる」みたいな発言をするのだろう。

 

相変わらず酷い偏向報道のNHK ニュースウォッチ9である。こんな酷い組織にはカネを払う義務は無いのである。

 

いいかげんにしろ!NHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

消費税を上げるなら、先ずは新聞と広告費にしたらどうかな?

消費税増税に応援している新聞社やテレビ局よ。デフレ期に消費税増税をしても景気は悪くならないというのであれば、そうならば、先ずは自分達の商売でやってみてくれよ。新聞は消費税10%。広告費も消費税10%にしてみたらいい。率先してやるべきであろう。日経新聞は経済新聞なのに増税を押しているんだから、日経は特別に20%の消費税でもいいのではないか?それで利益を出してみろよ(大笑)まあ、新聞が消費税10%にするだけで、3ヶ月もしないうちに毎日新聞は倒産だな。

 

しっかし、新聞社というのはどうしようもないな。

 

三橋くんのブログ 「恥を知れ!読売新聞」より http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11319618134.html

 

次は、「恥を知れ! 読売新聞!」というネタ。

 

消費税と新聞 文化と民主主義を守るために(8月3日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120802-OYT1T01660.htm

 欧州諸国では、新聞や書籍に対する付加価値税を低く抑える
軽減税率を採用している。
 活字文化と民主主義を守るため、
日本でも今回の消費税率引き上げで、軽減税率を導入すべきである。
 日本の消費税に当たる欧州の付加価値税は、税率が20%前後と日本より高いが、新聞に適用される税率は、ドイツが7%、フランスが2・1%、イギリスが0%などに軽減されている。
 新聞が、国や地方の政策や多様な言論を伝えて判断材料を提供するなど、
民主主義を担う「公器として認識されているからだ。
 日本でも新聞は、こうした観点から多くの読者の信頼を得てきた。子どもたちの読解力を伸ばし、問題解決のための判断力や思考力を養うことを目指して、学校で新聞を活用するNIE(教育に新聞を)活動も広がっている。
 新聞の公共性、公益性に着目する必要がある。(後略)』

 

 「社説」なので、記者個人ではなく、読売新聞社としての意見というわけです。消費税が導入されても、新聞には「軽減税率」を適用するべきと、恐ろしいほど面の皮が厚い社説を堂々と掲載しています。

 

に加えて、今度は勝栄二郎現財務次官の天下りも受け入れなければならなくなりますよ、読売新聞。

 

いくらバックが米国だからって、死ぬほどバカだね「読売新聞」こんな社説を書いちゃうんだから。朝日と読売ってバカの双璧だよね。

 

増税しても大丈夫だって財務省が言うのなら、財務省が購入するものは全て消費税10%に先に上げたらどうかな?国が調達するものは全て消費税10%にしたらよい。経団連の企業も消費税10%にしたらよい。消費税増税を推進している人達は率先して消費税を先に受け入れたらよいのだよ。それで上手くいけば、次は中小企業、それでも上手くいったら零細企業と、資本の大きさによって順を追っていったらよい。増税推進派の代議士さん達は、当たり前に消費税10%で選挙資金を運営するのはあたりまえで、なんなら、後援会の資金も相続税の対象にしたらよい(あたりまえにそうすべき。皆さん知ってるかどうか知らないが、なんと現在は相続税も無いんだよ。だから二世、三世の議員が生まれるのだよ)

 

ちょっと蛇足だが・・・

 

元々、石油を始めとする資源の安定供給のためにアメリカのいいなりになって日米安保を締結して属国なポジションを守ってった日本国。たしかに冷戦時代まではそれは有効だったんだけど、それも既に過去なんだ。それらを決めた戦中派の賢人達はこの世を去って、それを苦労もせずに引き継いだ戦後派は、そのまま冷戦時代から思考停止しているのが現状なのだ。

 

歴史は繰り返すのだよ・・・

 

おい、新聞社よ 自分達は公共のものだから 消費税増税は該当しないなどと姑息な言い訳をするなよ。公共どころか、財務省の広報でしかなく、ましてやプロパガンダで国民を騙してる新聞社が何を言うか!恐ろしく安価な電波権利料金しか払ってない(その穴を携帯電話を使ってる皆さんが埋めてるんだよ)テレビ局よ!笑わせるな!じゃあ、まともに携帯電話並みに電波使用料金を払えよ!

 

裏で絵を描いている「電通」よ 広告代金は率先して消費税20%にせよ!

 

新聞と広告 これほど無駄なものはないのである。

 

最後に 三橋くんの アイロニー

 

 本当に消費税が増税に(2014年以降)なるなら、新聞も堂々と「値上げ」をして、他の産業と共に売上を減らしましょう。値上げが嫌というのであれば、その分を読売新聞が呑みこんで、利益を減らせば済む話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

具体的な行動にでよう

掛け声ばかりではダメなので具体的な行動にでよう。

 

1、少しでもカネが銀行はゆうちょにあるなら、地元の信用金庫の口座を作って、そこに移動  しよう。ゆうちょなんかに入れとくと、アメリカに持っていかれてしまう。三菱UFJも亜米利加だ。三井住友は英吉利だ。国内にカネを置いておこう。*これ、実に重要だからね。

 

2、新聞は止める。どうしても読みたいなら東京新聞、もしくは中日新聞にしなさい。間違っても朝日、読売は止めること。日経新聞を読むと、経済音痴になるよ。これホント。

 

3、NHKの受信料は払わない。当たり前だ。偏向したテレビに受信料を払う義務は無い。

 

4、メイドインジャパンを買おう。管理人は設計屋なので、これからはメイドインジャパンにします。

 

5、松下政経塾を作った松下幸之助は馬鹿なので 松下製品は買わないようにしよう。それに東芝、日立は買わない。あたりまえだね 原発の会社だよ。三菱もそう。経営の神様って、そりゃあ持ち上げすぎだって。で、後世に政経塾なんてお荷物を残して・・・バカだろ

 

6、本や雑誌、応援しているところ意外は買わない。もしどうしても読みたければブックオフとかの中古にしよう。応援する価値がある作者の本のみ新品で買おう。カネは我らの選挙権でもあるのだ。日頃使うカネは4年に1回の選挙以上に価値があると心得よ。選挙よりも実は確実に効果があるのだよ。官僚も実はそれがばれるのが怖いんだ。

 

7、東大出をバカにしよう。バカだから真実を言ってあげるべき。 本当のことを言ってあげよう。国立大学出たら、一人あたり、4年で400万円も税金の負担なんだよ。働けよお前ら って言おう。 馬鹿だから国家が負担をしなくてはいけないのだよ。恥を知れ。国立大学でのバカが税金が高いとのたまったら、お前さー どれだけ税金使ってきたんだ?とイジメよう。

 

8、思考停止だけは止めようね。それは人間であることを止めることと同意語だからだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

東京新聞への応援

もうかれこれ、12年以上新聞を定期購読していなかったが、このたび、「東京新聞」を3ヶ月定期購読することにした。とりあえず無料一週間試し読みをしてみたが、はっきりいって、ほとんど読まないし必要でもない。何故ならば、情報はネットで十分だし、それに、天木直人氏のメルマガで各新聞の重要な要点を教えてもらえるからである。

 

編集・発行:天木直人ウェブサイト:http://www.amakiblog.com/  

 

天木さんは、全ての新聞を細かくチェックしていて、それに氏の観点にて解説してくれるから、すごい重宝する。それがたった月々500円である。短時間に全ての新聞をチェックできるのである。これはあまりに安い。(5大新聞を全て読んでたら、月々17500円+膨大な時間がかかる・・)なので、定期購読を始めた東京新聞でも、その記事が掲載されているかどうかのチェックでしかない。また三橋くんのブログhttp://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/でも新聞記事がよくチェックされているので、それだけで情報量は十分過ぎるくらいである。新聞をいちいち読まなくても良いので時間の無駄が無い。

 

それでも今回、東京新聞の定期購読をしたのは、それは、東京新聞への応援である。この頃の東京新聞は、5大新聞とは、論調が違う。読者に真実を伝えようと努力しているみたいである。スポンサーや5大新聞からの圧力も多いと聞く。折込チラシもすごく少ないので、販売店の経営も大変と推測する。本当のことを、真実を伝えよう、社会の木鐸であろうとしている東京新聞。応援すべきである。我々はその企業にお金を払うというのは、サービスを受け取るだけでなく、応援するということでもあるのだ。正当なことをしようとしている人には応援すべきである。お金は考えて使わなくてはいけない。我々に正当な価値を見出してくれるものには対価を払おう、応援しよう。我々の権利は選挙権だけではない。小さいかもしれないが、日常の支払いを有効に考えてすることが非常に大切なのである。朝日、読売、産経はもちろんだが、(毎日は風前の灯だろうからどうでもいいけど)ビジネスやってたら、日経新聞は絶対に購読してはいけないよ。新聞なんて、はっきりいって時間の無駄なんだよね。活字になった段階でもうすでに過去なんだ。それにスポンサー(亜米利加、企業、霞ヶ関)の影響が強すぎる。

 

今年の春頃、週間ポストを買っていた。これも応援のためであった。その頃の週間ポストは頑張っていたからである。しかし、いまは、おかしな論調に戻ってしまった。なので購入(応援)は止めた。

 

はっきりいって、この時代に新聞など時代遅れである。(テレビはあたりまえだが)週刊誌もだ。でも、正しい本来の「報道」をするという姿勢を見せるならば、それは我々消費者が応援すべきである。

 

カネは考えて使わなくてはいけないのである。

 

洗脳されたくないのなら、5大新聞は止めよう。(どうせ隅々まで読まないしね。時代遅れだもの)

 

2019年 追記

このころはこんなこと書いてたんだねぇ。。。

いまじゃ東京新聞なんてクズだよね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

激昂するのは悪いのか?

ジャーナリストの上杉隆さんが、自分達が主催する自由報道協会で、読売新聞の記者が、まるで記者クラブのような質問をして、それに怒りを覚えた上杉さんがその記者に注意をしたのだが、あまりに暖簾に腕押しみたいなものだから、しまいぬは激昂し、その責任を取って、自由報道協会の代表を辞任したということだが・・・

 

以下、貼り付け

 

http://www.j-cast.com/2011/10/24110965.html

 

「おんだらぁ。なめてんのか、この野郎」 上杉隆氏暴言で自由報道協会代表「辞任」

 

記者会見のオープン化を目指して活動している「自由報道協会」で暫定代表を務めるフリージャーナリストの上杉隆氏が、突然「辞表なう」と、暫定代表を辞任する考えを表明した。その理由は、同協会が掲げる会見ルールを破って質問を続けた読売新聞記者に対して、上杉氏が「複数回にわたり『暴言』を吐いた」というもの。

 

   辞任届では、どの発言が「暴言」かは明らかにされていないものの、VTRを確認すると、読売新聞記者に対して、かなり厳しい言葉をぶつけている。現時点では辞任届は「暫定幹事長預かり」だが、協会メンバーのフリージャーナリストからは、辞任すべきでないとの声が相次いでおり、苦しい対応を迫られそうだ。

 

  発端は、2011年10月20日に協会が民主党の小沢一郎元代表を招いて開いた会見での質問だ。読売新聞記者が、

「政治規正法違反について『脱税や汚職に伴わない場合は実質的な犯罪とは言えないのだ」というお考えを述べていたが」

と質問したのに対して、

「そうは言っておりません」

と否定。読売記者がさらに食い下がっても小沢氏が否定したため、記者は政治資金報告書の虚偽記載について、

「汚職や横領とか脱税ということがなくても『実質的な犯罪』と言えるのではないか」

などと自説を展開。やり取りの中で、小沢氏の発言をさえぎって質問をぶつけたり、「質問は1つまで…」という司会者の注意を無視して質問を続けたりもした。

 

   この会見では、「質問は1人1つまで」というルールが事前に宣言されていたことから、協会ではこの読売記者の行動を「ルール違反」と問題視。会見後に上杉氏と協会メンバーの岩上安身氏が読売記者に抗議する中で、この「暴言」が出た。

 

   記者クラブなどが主催する政治家の会見では、質問に対する政治家の回答があいまいだった場合、記者が続けて質問するケースも少なくない。この「関連質問」のとらえ方について、両者の主張は平行線をたどった。

 

以上、貼り付け終わり

 

途中まで冷静だった上杉氏。youtubeにアップさせるために録画していたから、 この読売記者の名前までちゃんと言っている。でも、のんべんだらりとして、態度を変えないこの記者にさすがに切れたようである(笑)このyoutubeを見て判断してほしい。http://news.livedoor.com/article/detail/5959375/

 

正論は上杉氏と岩上氏である。記者クラブでどれだけ排他的にやってきたか。この読売の記者は、自分の力では質問さへも出来ない。会社の看板の力があるからこんなことができるのだ。それに対してクレームをしているのである。これが悔しければ、読売独自で小沢一郎を呼んで記者会見したらよい。それが出来ないくせに、人の娑婆で、自分らのルールを持ち出すなど、言語道断である。まあ、この記者も可哀想なところもある。なんたって下手なことはいえないのだ。上司や、あの会長が見ているから。ジャーナリズムの精神なんて持ち出したら、それこそクビである。新聞社もテレビ局も企業の広報でしかない。なのでこの記者は、スポンサーの意向でこのように発言、行動するのである。それを十分承知して岩上くんが、「正力さんや渡辺会長に対して取材しろよ!」ってのはもっともな意見である。が彼らは出来ないのだな。当たりまえだな。生活が掛かってるからね。

 

それにしてもだ。なんで大人が激昂するのが悪いのだ?いつも冷静沈着にしているのが大人なのか?頭が良くて、思慮が深いのが大人なのか?激昂しないからストレスで早死にするんだよ。そんなに我慢してどうするんだ?草食系男子を嘆く女子って笑うを通り越して呆れる。お前らが望んだ男が今の草食系なんだよ。男は生殖するために自分を変えていくのだ。

 

激昂できない男ばかりになると、生命は途絶えるのだよ。殴り殴られることも出来ないようなのはダメである。

 

激昂しない、出来ない親父、ものわかりの良い親父ばかりになったら世の中ダメなんだ。逆に戦争になっちゃうぞ。これホント。

 

世の中、理論だけではどうにもならないことってあるんだよ。だから宗教に逃れたり、激昂したりするのだよ。それが人間ってなもんだ。

 

上杉くんも岩上くんも まともなオスなんだよ。激昂してなにが悪い。

 

どうせなら、殴り合いの喧嘩をしてほしかったな。口論で埒があわなかったら、身体で決着つけるしかないだろう。暴力を否定しすぎるのは見苦しいのである。プロ野球で、監督が手を後ろに組んで抗議をする。あの格好、おかしいだろ。あんなことやってるからプロ野球は任期が無くなるのだよ。マスキオを感じさせられないと、スポーツは、魅力は無くなるのだ。外人の選手がデッドボールを受けて殴りに行く。これ、以外に面白いと感じるでろう。それは正しい感覚なのだよ。

 

言葉や理論で納得できるほど、どんな人間も賢くないのである。理想ばかり追い求めると、バカだからファシズムに行き着いて、それでまた戻る。その繰り返しなんだよ。

 

人間なんて 五十歩百歩 それほど変わんないんだよ。

 

たまには激昂しないと 早死にするぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

鳥越俊太郎氏の「ザ・スクープ」必見!

阿修羅というサイトで見た、すごい内容 

 

http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/532.html

 

これはできるだけ知ってもらいたいので貼り付けさせていただきます。

 

昨日の鳥越俊太郎氏「ザ・スクープ」は画期的な報道番組だ(杉並からの情報発信です)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/532.html
投稿者 山狸 日時 2010 年 5 月 17 日 17:56:57: tX9mutQ2kzrA2

 

 

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/a6145544fd1559b595749049bff55f6a

 

昨日5月16日(日)午後2時からTV朝日で放映された鳥越俊太郎氏の「ザ・スクープ」【「取材直前の逮捕劇ー「検察史上類を見ない犯罪」の真相】は画期的な番組でした。民主党による政権交代が起こらなければ決して放映されなかった「検察犯罪」を告発する内容でした。

 

当日見れなかった方は下記のURLで見れますので是非ご覧ください。そして友人知人に是非見るように勧めてください。

 

http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=eichieichi&prgid=37879882

 

大阪高検公安部長であった三井環(タマキ)氏は「検察の裏金」問題を「実名・顔だし」で告発するため、2002年4月22日午後大阪のホテルでジャーナリスト鳥越俊太郎氏がキャスターを務める報道番組「ザ・スクープ」の取材を受ける予定でした。

 

しかしこの秘密取材を盗聴によって事前に察知した検察は、当日の朝三井環氏を「電磁的公正原本不実記載」「詐欺」「公務員職権乱用」容疑で逮捕したのです。

 

逮捕容疑の「電磁的公正原本不実記載」は「検察の裏金」問題を告発して検事を辞めるつもりで購入したマンションに居住する前に「住民票」を移転したことが犯罪になるという、とんでもない「でっち上げ」容疑だったのです。

 

検察は裏金告発の「口封じ」のため彼を逮捕したのです。325日間未決拘留し、1年8カ月間の刑務所暮らしを強制したのです。下獄中持病の糖尿病が血糖値300までに悪化しましたが、持ち前の不屈な闘争心と規則正しい刑務所生活のおかげで健康な体を取り戻し2010年1月18日静岡刑務所を無事出所できました。

 

三井氏を嵌めた検察首脳は三井氏が獄中で病死か事故死してくれることを切望したことだろうが、どっこい三井氏は何十倍もの闘志と健康な体で舞い戻ってきたのです。

 

三井環氏は「口封じ」の逮捕・起訴・実刑を仕組んだ原田検事総長、検察と共謀して三井氏を「重大犯罪人」に仕立てた森山真弓法相、口封じの逮捕・起訴を知りながら有罪・実刑判決を出した地裁、高裁、最高裁の判事たち、そして裏で全てを指揮した小泉純一郎首相を決して許しはしないであろう。

 

彼の反撃は今開始されたのだ。

 

この番組の中で実に多くの人が「実名・顔だし」で登場しています。元朝日新聞元編集員、元高裁裁判官、元検事、元副検事、ジャーナリスト、ザ・スクープ元スタッフそして国会でこの問題を証人喚問で追及する予定だった菅民主党副総理がインタビューに登場しています。

 

彼らは「匿名・顔隠し」ではなく「実名・顔だし」で登場していますので、三井氏とともに「検察との戦い」に覚悟をもって立ち上がったのです。

 

この番組は、暴虐の限りを尽くす「検察」と検察と癒着して暴走する「大手マスコミ」に対する「良識派」の反撃がついに開始されたことを告げているのです。

 

(終わり)

 

あまりにもアクセスが多いのか、途中で止まり、なかなか見れないのだが、内容は衝撃である。

 

当時の森山真弓http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B1%B1%E7%9C%9E%E5%BC%93元法務大臣よ。お前、棺おけに入る前に、ちゃんとこの顛末を説明しろ。(やはりお前も東大出か・・・だからバカなんだよな・・・)

 

それに検事総長の原田明夫http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E6%98%8E%E5%A4%ABやはりこいつも東大だ。結局、東大閥でこの国を運営管理してるとうぬぼれているんだろう。お前らのやってることは立派な犯罪なんだよ。東大って、国を管理するエリートを出すための大学だったはずだが・・・・犯罪者を養成するための学校なのか?

 

まあ、こいういことは、昔からいくらでもあったが、それを上手く見えないようにしていたのだが、それがここにきて露出してきたってのは、時代の変革期だからである。

 

とにかく、鳥越俊太郎氏の「ザ・スクープ」必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

もうちょっとマシな嘘をつけないものか?

亜米利加が、あの9.11の首謀者とされている?オサマ・ビン・ラディン氏を殺害したとのことである。しかし、24時間以内に埋葬するのがイスラムの掟?とのことで、なんと空母より水葬したとのことである。なんとも不思議な出来事である。なんで、2001年から10年も探せなかったのに、今の時期に簡単に見つけられたのか?亜米利加が超高性能の軍事衛星があるから、地球上、どこにいても見つけられるはずでは無かったのか?また、亜米利加が世界に誇る諜報組織CIAの力をもってすれば、いとも簡単に拘束できたはずである。写真も出さずに、結果だけを報告するなんざ、そりゃあ、本人達は立派に演じているようだが、世界中、だれもそれが真実なんて信じていないだろう。ただ、あまりにばかばかしくて、苦笑いしているだけである。

 

ビン・ラディンなど、とっくにこの世にはいない。だからCIAでも軍事衛星でも見つけられない。当たり前である。9.11のときになど、もう存在してなかったであろう。だからいつも犯行声明は写真や昔のビデオに声を合わせたものしか出ない。いや出せないのだ。本人が存在してないから。もう、とっくの昔に存在してないこの男を主犯にするのは好都合だったのである。死人に口無しだからである。本当はただの亜米利加のエージェントだったビン・ラディンをテロの親玉に作り上げ、それで、米国の経済をブーストアップさせるために、あんなに手の込んだ芝居をしたわけである。それでもなんだかんだ言って10年も保たせたのであるが、もうさすがにビン・ラディンは古くなってきたので、(もう世界中ではだれも信じていないし)名目上はテロ撲滅のための戦争といって、麻薬のために戦争しているアフガニスタンから撤退するために、架空の存在であるテロの親玉のビン・ラディンには、ここらへんでご退場いただこうということだろう。

 

本当は襲撃なども無かったのではないか?オバマ達が見たとされる襲撃のビデオだってハリウッドで作ったものかもしれない。普通、それだけの重要参考人ならば、生け捕りにするか、あるい死亡していても司法解剖するのは当たり前。DNA鑑定がたった24時間で出来るわけがない。そりゃあ、そうだ 人形にDNA鑑定しても始まらない。証拠隠滅には、そのまま水没させるしか方法は無いからである。しっかし、亜米利加もずいぶんと幼稚な嘘をつくようになったものだ。いや、昔から嘘は下手だったのだろうが、歴史の必然性で、国力が落ちて、崩壊の方向へ向かっているのであろう。石油文明の世紀もあと少しで終わりを迎えるのだろうか。だとしても、もう少しは上手い嘘をついたらどうだろうか?まあ、ハリウッド映画も最近、非常に下手糞である。英吉利も昔は大英帝国として君臨したが、いまでは欧州のお荷物である。英吉利といえば本音と建前が上手な大人の国だったはずだが、いまでは幼稚な子供だましの国である。いまでは英吉利など嘘もつけないくらいに劣化した。

 

わが国の官房長官、あの福島原発事故で「現時点で、今すぐに健康に被害は及ぼさない」と、子供でも分かりそうな、言葉騙しをしていたが、あたりまえである。現時点、今すぐに健康被害が出る放射能の値は原発の炉心に近い場所でなければ、ありえない。だから嘘は言ってないと、この小心者の官房長官は、言うだろう。すでに数年後の言い訳をしているのである。記者クラブの新聞記者は、そんなことも百も承知だろうが、誰も、「5年後、10年後まで大丈夫なんですか?」などという質問などしない。そんな質問などしたら、スポンサーの東電が崩壊するからである。あの学校の20ミリシーベルト問題も同じである。ようは遠まわしに東電を守るためである。バレバレである。賢くないのに、下手な嘘はつくものでない。これで騙しとおせたと思っているらしいが、今の官僚も政治家も頭が悪い。まるで先の大戦前、中の軍部と政治家、官僚と同じ低能である。これは遺伝なのであろう。ようは想像力が無いのである。だから嘘も下手なのだ。

 

昨日の朝日新聞、ウィキリークスからのリークを大々的に報道したので、昨日は大スクープ!と褒めたが、その後、いっこうに大きな動きにならない。まあ、ここにも大きな嘘がありそうである。何故、ウィキリークスが朝日新聞だけにリークしたのか?何故、朝日新聞はこのスクープを3ヶ月も暖めておいたのか?不思議なことがあまりにも多い。

 

昨日の新聞、見開きのページをよく見てみると・・・・・・なんと、Z型になっている。これは広告で使われるテクニックで、ヘッドラインを一番上に頂き、それで、一番読ませたい、記憶に残させたい部分を右下に持っていくということである。人は左上から右に読んでいくので、最後の部分が一番印象に残るのである。昨日の新聞の、その部分の記事は、「米、中国軍に備え、滑走路3本いる」~「グアムは遠い」~「中国を名指し」である。

 

最初にヘッドラインのキャッチコピー「自民 顔を使い分け 民主 県外案「形だけ」」

 

それで巧妙に民主を叩き、それで記事は鳩山元首相が実は嘘をついていたという記事に始まり、それから自民の元議員でしかない久間や、力を失った小池など、どうでもいいやつの話題に触れ、それで、最後に先の、印象操作である。これは巧妙な嘘ともいえるかもしれない。

 

でも日頃、朝日新聞の嘘はバレバレだったのだが、偶然なのか?あるいは賢いやつが出てきたのか?亜米利加の指示か?(これは当たり前にあるだろう)。これに関してはもう少し時間が必要である。

 

それにしても、もうちょっとまともな嘘をつけないものだろうか?世の大人達よ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)