2020年7月16日 (木)

日本に油田?

坂東忠信さんが驚きのツィートを上げた。

2007132

拡散希望 茨城 油田発見 是非とも商用化へと繋いで欲しいです

終末っぽいこんなときに、神の恵みか?(^o^) ちなみに可採埋蔵量950億㎥以上あるらしいのですが、これは三峡ダム(総貯水容量393億㎥)の2倍以上…(@_@;) 中国が領有権を主張したり、韓国が起源を主張し始めないよう警戒が必要です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61351080Z00C20A7L60000/

茨城大学と北海道大学の研究チームは、茨城県北茨城市の五浦海岸に広がる奇岩岩礁が約1650万年前に存在した巨大油ガス田の痕跡であると解明した。地殻変動に伴い流出した天然ガスが化学変化して奇岩を形成。油ガス田が茨城沖に存在する可能性が高まった。茨城大の安藤寿男教授は「今後の地下資源探査に期待したい」と話す。

五浦海岸は奇岩岩礁が広がる景勝地として知られる。岩礁は炭酸カルシウムが凝結してできた岩塊の炭酸塩コンクリーションからなるが、形成の経緯は不明だった。今回、成分を分析すると天然ガス由来と分かった。

安藤教授によると、約1650万年前の地殻変動で海底の油ガス田に亀裂が発生し、天然ガスの大規模な流出が始まって数万年間続いた。天然ガスは海底で化学変化して炭酸塩コンクリーションができ、地表に出て奇岩岩礁となった。

五浦の炭酸塩コンクリーションは世界最大級だ。岩礁の体積から推定し、海底に巨大ガス田(可採埋蔵量950億立方メートル以上)に匹敵する規模の油ガス田が存在していたと考えられる。

2019年度から石油天然ガス・金属鉱物資源機構の探査船「たんさ」が日本近海の地下資源を探査しており、茨城沖も調査対象。今後、さらに調査を進める後押しになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f71370427606f26a182b0350c2036bd64255a0f

これ、本当だったら凄いことですなぁ。坂東さんも心配されているように中国や韓国が茨城はわが領土と言い出すのは間違いない。尖閣諸島はもしかして付近に油田があるのでは?と油田調査チームの発表があってから領有権を言い出した。石油が出るのなら石油メジャーがとっくに採掘してるはずだが石油が殆ど無いから何もしてない。それでも中共は日本を脅すカードとしていつまでも手放そうとはしない。

日本で石油が出たら大きいことだけど、まだ石油は中東やアメリカから輸送するコストをかけてもペイできる必要なエネルギーだけど、中東で戦争となってホルムズ海峡が閉鎖されたり中国海軍が暴発してマラッカ海峡が閉鎖されたりして日本に入ってくる石油が減少した場合はアメリカを見習ってシェールオイルの採掘もやりだすかもしれませんな。エネルギーが入らなければ一億人の人口を支えていけないからね。

でも将来的にはアメリカが独占しているシェールオイル採掘技術も世界各国でやりだして産油国の地位低下は免れないであろう。中東はここ100年が異常だったのだよね。英国が中東で油田を発見してなければ豊かになることも無かったし、また分割させられることも無かった。ゆっくりと昔の民に戻るのだろうか?でもスマホは手放せないよね(笑)いまやアフリカの民でさへスマホ持っていて、それで女性が情報を得れるようになり子供をたくさん持つのは損ということに気づいて女性が子供を産まなくなってきているそうだ。

石油がエネルギーになることが発見されたから自動車というものが出来て、それで飛行機も飛ぶようになったという人類にとってとても大きな事柄だからね。それが無ければ人類は石炭が主要エネルギーのままだからこんなに人間が世界を行き来することも無かっただろう。そのままだったら戦争も世界大戦は起きてなくて人類の急激な増加もなかっただろうね。

過去記事 → 必読 戦争にチャンスを与えよ 戦争にチャンスを

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

いろいろ炸裂

kの国のうぉんと株価がたいへんなことになっているようだ。

2003193

韓国金融危機 ウォン安止まらず ドルウォン 1,300を超える勢い〜ネットの反応「止まるんじゃねえぞ! …って止まんねえwww」「もう防衛ラインすらないのかw」「韓国にとっての地獄の蓋が開いたな」「ジンバブエ、一直線!」

http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

日本の底力!韓国経済危機特集 にアクセスして面白さを堪能して欲しい。

韓国経済、【急転直下のウォン】まだだ。1290では駄目だ。どうせなら今日で1300目指せ!

韓国経済、【もうすぐ100兆ウォンになる】韓国総合株価指数(KOSPI)時価総額1000兆ウォン崩壊

韓国経済、【午前の部】ガイア「オテルガ、マッシュ、ウォン、KOSPI、KOSDAQにジェットストリームアタックをかけるぞ!」

韓国経済、駄目です。ウォンの上昇数値が止まりません!1280ウォン超えてもまだ勢いが止まりません!

韓国経済、【さらなる高みへ】飛べ!1270ウォン

H.S. Kim さんもツィートしている。

KOSPI、チャイナショックの底より下がってる。韓国市場の下げがきついのは構造的問題(超少子化、文在寅政権)も寄与していると思う

KOSPIはここ一カ月で33%下落。ウォン安も進み通貨危機再来の可能性も

ソフトバンクについてもツィート

ソフトバンクG、3000円割ってて笑った。孫さんマスク配ってる場合ではないのでは?

2月6日に米ヘッジファンドのエリオットがソフトバンクG株30億ドル(約3300億円)取得を発表し、2月12日には5800円まで上がった株が、いま現在-52%の2750円。4500~5000円で取得したエリオットも大損。

これSBやばくね?

猫組長

ハゲバンクこれまじでヤバいやろ=͟͟͞͞(๑º ロ º๑)

二階堂さん 

http://www.nikaidou.com/

みずほ銀行が泥舟。ソフトバンクの本当の価値

kの国、これだけうぉんが暴落してきているのに防衛できないってのは、もうドルが枯渇してんじゃね?またスワップ、スワップって騒ぎ始めているようだからね。

日本の国会議員に水面下でお願いをして回っているのではないか?

門田隆将 さんのツィート

石破茂氏が韓国のGSOMIA破棄を「わが国が戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが多くの問題の根底にある」と。こんな人物が有力な次期総理候補とは…さすが朝日が推すだけの事はある。石破政権になれば通貨スワップも復活するだろうし韓国は万々歳。全て元の木阿弥だ

ゲルがこんな発言をし始めている。しかしこんなもう党内で力も無いような者にまでお願いしているなんて、藁でも掴む思いなんだろうか。

世界は自分の国で精一杯だから誰もウリナラなんて相手にしない。あの中華さまでさえもだ。

まあ、またIMFに並ぶだな。もしもそのとき西側陣営に留まっていられたならね。

渡邉哲也 さん 黒いどSの戸締り先生はウリナラはバンブーカーテンの向こう側に行っちゃったって断言してたけどなー(棒)

ECB通貨スワップ発動 これで欧州の銀行破綻リスクが低下しました。日本はアジア地域を担当 日本とのスワップを通じてアジアの銀行も日本を通じて守られます。(注意 韓国を除く) ■欧州の銀行、計1300億ドルを調達-新型コロナのドル不足圧力が緩和

大臣 韓国の財務大臣から、緊急のお電話が入っていますが どうせ、金の無心だろ 武漢肺炎の対策会議中だと言っとけ 大臣 先方は急いでいるようで、いつ終わるか聞いてますが 武漢肺炎が収束したらこちらから電話すると言っとけ おぃ、丁寧に礼儀正しくだぞ という夢を見た

お知らせ 日本の金融マーケットは、明日は祝日の為お休みです。既に本日の営業を終了しました。日本の金融機関は週明けまでの資金調達を終えていますが、韓国は明日も営業です。週明けの決済資金日本からは調達できません。何卒ご了承ください

銀行は、毎日銀行間で資金決済をして、プラマイゼロにします。余っている銀行が貸し出し、足りない銀行が借りる。オーバーナイト、3日、7日など、短期の借り換えを繰り返すのです。外貨で借りたものは外貨で返す。韓国はこの金利が急上昇中です。

戸締り先生。無慈悲 (笑)

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

ポール・クルーグマン教授がNHKに出た!

何気なく、NHKのニュースウォッチ9を偏向報道が無いかチェックしていたら(見ているのではない。チェックだ!)短い時間ではあるが、なんと、あのポール・クルーグマン教授が出演したんだよね。かなりびっくり!である。ちゃんと1997年の消費税増税で景気の低迷が続いていること、それに今回の消費税増税が間違った政策だっていう、クルーグマン教授の台詞を、ちゃんと放映した。8月15日に近づくと、NHKもちょっと変わるんだよね。

 

民間がカネを使わないときは、政府がカネを使う必要があると たとえ政府の財政が厳しくても・・・ と これを放映したのはかなりびっくり まともな意見だからね。

 

もうNHKとしては 自民党(谷垣くんではないけど)に戻すよう、舵を切ったんだね(NHKを始め、日本のメディアは、怖いから無意識っていうか、意識的にも遠くから逃げた意見なんだよね。

 

でも、まあ、NHKがクルーグマン教授を登場させたのはでかいことだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

職業におけるデフレとインフレ

昨日、友人の双子のパパのパクヲが、面白いことを言っていた。看護師の奥様のほうが年収が高く、子供の扶養は奥様のほうになってしまうとのことである。パパとして情けないと嘆いていた。このパパの勤めている会社は有名な超一流企業の関連会社である。しかし、それでも看護師のほうが年収が高くなるのである。これは何故かというと、看護師という職業は引く手あまたのインフレ状態だからである。また、この奥様はタレント並みのかなりな美人である。美人とはそれだけでプレミアが付くので、美人の看護師となればそれだけ価値が高いのである。パパはインテリアデザイナーというカッコ良い、誰もがあこがれるであろう職業(まあ、パパ本人も巷のマンションとかのカタログに写真が掲載されているくらいだから、けっこういけてるんだけどね)なのだが、高度成長経済のばんばん建物が建つ時代ならともかく、いまのような建築不況では、人が余っているのである。完全なデフレな職業なのだ。価値が低くて当たり前なのである。リストラされないだけでもましである。

少し前の人気職業はいまや完全にダメである。10年前、ソニーやパナソニック、テレビや新聞など、誰でもあこがれた職業であったろう。今、ソニーに勤めているって言ったら、「大丈夫?会社?」って言われるのがオチだろう。それぐらいデフレというのは怖い時代なのである。その仕事がデフレで給与も上がらないのに忙しいということは、デフレよりもっと悪いスタグフレーション状態である。デフレで暇ならまだしもスタグフレーションでは完全にヤバイ。供給過剰の上に、仕事の効率が悪いから忙しい。完全に時代遅れということだ。まあ、こういう状態にも処方箋はあるのだが、デフレやインフレといった初歩的な経済学の知識も無いと、今後は生き延びることは難しい。日経新聞という経済音痴の新聞を読み経済がわかったような勘違いをしてしまうとより事態は深刻になる。

パパの話に戻すと

まだ、このパパはましである。一流の企業なので、デフレでも仕事は集まるからである。世の中2:6:2で、20%の企業に世の中に富が集まるから、一流企業は不況でも生き延びることができる。しかし残りの80%は20%の富を分け合って生きているのが世の中なのだ。

まあ、ママもタレントみたいな美人だしパパもけっこうイケメンなので、双子は美人に育つであろう。そうなればプレミアが付くのでインフレ状態で生きられるから安心である。心配いらずで、近所の爺さん(管理人)は安心している。

職業だけでなく、世の中にはデフレーション、インフレーション、スタグフレーションという経済の構造がかならず付いて回るのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

突如の円売り介入の意味

なんと、唐突に、政府と日銀が円売り介入をしたようだ。規模はなんと4.5兆円。

以下貼り付け

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110804-00000532-san-bus_all

政府・日銀、円売り介入を実施 東京円78円台に急落

産経新聞 8月4日(木)10時33分配信

 野田佳彦財務相は4日午前、財務省で緊急の記者会見を開き、「投機的な動き、無秩序な動きを牽制(けんせい)するための対応をとった」として、3月18日以来、4カ月半ぶりとなる円売り・ドル買い介入を実施したことを発表した。介入は日本単独。円相場はこの日、1ドル=77円台前半で推移していたが、介入を受けて78円台前半に1円以上急落した。

 欧米の政府債務問題や景気減速懸念を背景に、円相場は一時1ドル=76円台を付けるなど急激な円高・ドル安が進んだ。過度な円相場の変動を抑えるために、政府・日銀として明確な円高防止の姿勢をみせることが必要と判断した。

 野田財務相は、介入の理由について「一方的に偏った円高が続き、震災復興に向けて取り組んでいる日本経済や金融の安定に悪影響がある」と説明。また、日銀の白川方明総裁は「為替市場における財務省の行動が為替相場の安定的な形成に寄与することを強く期待している」との談話を発表した。

 ただ、昨年9月以来となる日本単独の介入が、どれほどの影響を与えられるかは未知数だ。野田財務相は実施を前に「(欧米などの)関係当局とはコミュニケーションを図った」と説明したものの、東日本大震災後の3月18、19日に主要7カ国(G7)が協調介入した際とは違い、今回は海外から批判を招く可能性もあり、市場では今後の動向を注視している。

よくもまあ、野田も白川も、いけしゃあしゃあと嘘をつくものだ。それにしても野田のコメントを書いたであろう財務省って、ホント、知能レヴェルが低すぎる。いまのネット時代に、こんなでたらめな嘘など誰も信用しないであろう。
なぜ、この日に突然の円売り介入を始めたのか?円売り介入とはそもそも、米国債を買うってことなのだ。利払いも出来ないとデフォルト寸前の米国債をである。どの国だって、価値がどんどん下がり、デフォルトで、価値が限りなくゼロになりそうな米国債は売り飛ばしたいのだ。そこで今回、露西亜が米国債を手放し、金を買い集めた。

ドル支配の寄生虫と米を批判…露、金を大量購入

読売新聞 8月5日(金)9時17分配信

 【モスクワ=貞広貴志】米国債への信認低下とドル安が進む中、世界第3位の外貨準備高を持つロシアの中央銀行が、金準備を大きく積み増している。

 同中銀は新たにカナダ・ドルや豪ドルを外貨準備に加え、米ドル建て資産の割合を減らす方針も示しており、「ドル離れ」を進めている。

 金取引の業界団体によると、同中銀はここ数年、積極的に金を購入し続けており、今年1~5月も41・8トンを買い増し、3月に大量購入のあったメキシコに次ぎ世界2位だった。累積保有量は830トンで、765トンの日本を上回る世界8位となった。

 プーチン首相は1日、米国債のデフォルト(債務不履行)危機に際し、米経済を「世界経済のドル支配に依拠した寄生虫」と指摘、ドル基軸に代わる国際金融システムを模索する姿勢を示している。
以上、貼り付け終わり。
ようは、今回、露西亜が手放した米国債を日本が肩代わりして買わされたということだ。米国債が暴落しないように、カネを出させられたということなのだ。だから他の国は協調介入などするわけがない。当たり前である。亜米利加政府から財務省と日銀に、露西亜が米国債を手放すから買い支えろとの命令がきたのであろう。財務省も政府も日銀も日本の企業や国民などは守らない。宗主国、亜米利加の命令にだけに従うのである。
前原が択捉に急遽、行くのは、亜米利加の特使として、露西亜に米国債を売らないように要請するためだ。露西亜はそれを百も承知で、日本からのカネをせびるチャンスとして手をこまねいているだろう。何年か前、政治家を引退した小泉が、亜米利加のぽち犬とっして、露西亜に米国債を売らないように要請しに行ったのとまったく同じである。
円高になると、原料が安くなるので、企業は実は大もうけなのだ。輸出関連企業は、海外展開しているので、為替の影響など受けないのである。
はっきりいって、円安にするには米国債を買っても、まったく意味が無い。円安にするには、円をたくさん刷って、市中にばら撒けばいいだけだ。いまの亜米利加と同じことをするだけである。それで確実に円安になる。なぜそれをしないのか?宗主国である亜米利加にそうさせてもらえないからである。
財務省に日銀よ・・・ホント、お前ら、頭悪すぎる。嘘はもっと丁寧に巧みに使えよ。
全ては、宗主国、亜米利加の命令なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

公務員給与のカット?おかしくないか?

いったい、何を考えているんだ・・・いやなにも考えていないのであろう。公務員の給与を一律カットだと。アホじゃないか?いやアホだな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000054-jij-pol

閣僚、自衛隊員もカットへ=国家公務員給与

時事通信 5月19日(木)11時48分配信

 政府は19日までに、国家公務員給与の削減について、閣僚や自衛隊員なども対象に含める方向で調整に入った。政府は国家公務員の一般職について10%引き下げを基本に、若手・中堅は5~8%カットする案を労組側に提示しており、同様の方針で自衛隊員らの給与を引き下げたい考え。
 新たに給与カットを検討するのは、首相や政務三役のほか、自衛隊員、裁判官、検察官など。
 政府は、自衛隊員については東日本大震災被災地での活動への貢献を踏まえ、災害派遣等手当などを増額する方針を決めており、全体の削減幅は抑えられる見通し。 
以上、貼り付け終わり。
なんで、経済産業省と財務省、文部科学省のキャリア組のへまを一般の公務員の人達まで責任を負わなければならないのだ?今回だけでなく、いつものことであるが、へまをしているのは、官僚のトップである。バカで無能なのはキャリアという優秀といわれるバカ大学出のお勉強しかできないキャリア官僚である。どんな企業だって、会社の業績が悪いと上層部が責任をとるのである。原発事故など、これは通産省→経産省のバカと保安院というアホの責任である。だからヤツラの給与を半減は当たり前。それよりも損害賠償しなくてはいけないのである。ついでに言えば、浜岡原発訴訟http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E5%B2%A1%E5%8E%9F%E7%99%BA%E8%A8%B4%E8%A8%9Fのときに、原告を退けた裁判長は、今回の浜岡停止の責任をとるべきである。判決結果の説明をさせるべきである。
へまをしたのはバカなキャリア官僚である。だから責任はあいつらにある。減給はキャリア官僚だけでよい。いい機会だから、キャリアもノンキャリも同じ給与にしたらよい。どうせキャリアなんて学歴と試験しかできることないのだから、ただの庶務係りみたいなものだからもっと給与は安くていいのだが、ちょっとなさけでみな同じ給与ベースにしてやればいい。
警察や消防の給与は絶対に下げたらいけない。とくに現場の人達は。安すぎるんだよ!特に警察の給与は!検察は捜査に危険もないからすっごく給与が安くていいんだよ。いばれるんだから。
それにしても東電の役員の給与が高いだって?アホか?だから海江田よ。お前経済音痴なんだよ。たしかお前、経済の本出してちょっと有名になって議員になったんだよな。民間企業ならば安いんだよ、東電の役員給与は。実際は給与など、いくらでも関係ないの。それよりも使える経費をチェックすべきなんだ。給与など意味無し。たぶん社長や会長など数億など簡単に決済できるだろ。給与など意味無いんだよ。お前らの尺度は公務員ベースか、あるいはサラリーマンベースなの。だから経済の考えが小さすぎるんだよ。東電の給与が高すぎるっていうのなら、国営に戻せよ。当たり前だろ。一応、建前では東電は民間企業なんだ。お国に給与をとやかく言われる筋合いはないはずだ。役員の給与と原発事故の補償は別物なのだ。いくらもらっても関係ない。いくら被災者に保障するかが問題なのだ。海江田よ・・・お前みたいな無能で無知が大臣やってるからアホな官僚に上手く使われてしまうんだよ・・・・・・お前は所詮、ワイドショーのコメンテータークラスなの。
管理人は東京一区だから、海江田に会ったらいってやろ。お前さ、ほんと経済知らないねって。与謝野に会ったら、一言「おーバカ与謝野!」というつもりである。
このデフレ経済で一般公民の給与を下げるなんて、バカにも程がある。下げるのは無能でへまをしてこれからも駄目な保安院などのキャリア官僚なのだ。
騙されてはいけない!
公務員の労組よ!真実を軸に戦え!皆も、だまされるな!公務員をひとつの価値観でくくるプロパガンダ(洗脳だ)に騙されるな!
警察の皆さん、声を上げようよ!消防の皆さん、声を上げようよ!自衛隊の評価が今回の震災で上がったのはよかったが、それでもちゃんと意見しようよ!市役所の職員さんもちゃんと声を上げようよ!公務員全部が悪い訳がない。ほんの10~20%くらいなんだ。民間だってどんな組織だってそうなんだ。必ず悪い部分ってのは発生するのだ。それは致し方ない。それを放置するキャリア組織の一部が駄目なのだ。新聞社だって同じだ。上層部の一部が駄目なのだ。
真実に目を向けようね。
公務員の給与カットは基本的に必要ない。するならば上層部で責任があるためにその地位にいるキャリア官僚が責任をとるのが当たり前ではないのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

原油価格が上がったね

中東の混乱で1バレルあたり100ドルを超えたようだ。ガソリンの高騰はもちろんのこと、原材料も上がるから緩やかではあるがインフレに突入だ。それでも日本国は国力が大きいのと、根本的に需要不足、供給過剰だからインフレもとても小さいものにしかならない。ましてや円高だからその影響はあまり大きくない。ドルペッグ制(ドルとリンクさせている)をとっている中国などは酷いインフレに苦しんでいる。ユーロ安の欧州もとうとう音を上げて、金利を上げてユーロを一時的にでも高くしようとしてインフレ懸念を払拭しようと努力している。

 

でもね。ここで冷静に考えてほしい。原油の原価って、サウジアラビアで1バレルあたり6ドルくらいなんだよね。それが100ドルだよ!94ドルもその差益がどこかへ消えているのである。だれかが必ずぼろ儲けしているのが現実なのである。OPECが儲かっているのか?あるいは運輸会社か?

 

どれも違う。

 

一番儲かったのは、先物取引で投資した資本化である。濡れ手に粟のぼろ儲けである。ちょっと前まで1バレル30ドルくらいだったのだ。そりゃぼろ儲けだな。石油は全てドル決済だからアメリカの投資家が儲かっているんだな。(ポンドもすっかり持ち直したようで・・・いつにまにかポンドの危機が騒がれなくなったでしょ)

 

中東の石油なんて露天掘りだから原価なんて殆どかからないから、実はきれいな淡水よりも安いのである。(てーことはちょっと考えれば、水浄化の日本の会社がこれから有望だってわかるでしょ)

 

円高でよかったでしょ。円高であるうちは本格的なインフレなんてありえない。でもちょっとはインフレな雰囲気程度だな。本来はそのぐらいがいいのである。

 

損するヤツがいれば、必ず儲かるヤツが存在するのである。経済は正直なのだ。

 

ようは世の中ってのは全てエネルギーの争奪戦だってことだ。それで歴史は動いてきたのである。

 

これからどうなるかね?この原油高でしこたま儲けたから、ちょっと休むかね。そうなれば中東の混乱は小休止か。もっと儲けたければ、もうしこし混乱は続くかもしれぬ。豪州弗があまり高騰しないからこのままであろうね。豪州弗が100ドル/円を超えると、そりゃ中東戦争突入だな。でもそうはならないだろうな。

 

そう簡単にアメリカなんて没落しないって。石炭世紀の英国だっていまだに力を持っているんだからね。

 

冷静にマスコミに騙されないように楽しもうではないか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

金利が1円

銀行から、普通預金の利子の案内が来た。

1

なんと、1円である。たった、1円の案内のために、50円+印刷費用をかけて、わざわざ知らせてもらうこともないのであるが・・・・・・・

円高になって以来、ずーっと0金利である。だから利子もほぼ0なのである。ということは、お金の価値というのがまったく目減りしていないということの裏返しでもあるのだ。

今は金利が安いから借金をしてマンションでも買おう!とか考える人が多いのであるが、実は貸し出し金利も安いってことは、借金の価値というか金額は、そのままの額面の価値ということなのだ。なにを言いたいかというと、お金の価値は下がらないが、マンションや物品などの価値はお金に対して価値が低いということなのである。ということは、低い金利でお金を借りてモノを買っても、そのモノの価値が下がっていくから、実質の価値は目減りしていくということなのである。

インフレ時  モノ - お金 = +

デフレ時   モノ - お金 = -  なのである。

また、主要国の通貨はどれも0金利なので、今や、世界中のモノよりも通貨のほうが価値があるのだ。ましてや日本円など、他の通貨よりも高く、まだ価値が上がってきている。そんな状態で、価値が下がらない通貨で借金をするなど、愚の骨頂なのである。額面通りに返却しなくてはならないからだ。

家賃を払うなら、マンションでも買ったほうが得という人がいる。よくよく考えてみてほしい。それは、これからも家賃が下がらないという希望的観測を持っているからである。自分が住まなくなったらば、賃貸にすればいいとか安易な考えなのである。建物や土地などで資産を形成する場合の原則は、インフレ時で、借金に対し、土地や建物の資産価値が上がっていくという前提でなければ資産は増えはしないのである。日本国で土地成金がたくさん生まれたのは戦後の超インフレがあったからなのである。

実は、土地やマンションはこれから、もっと価値が下がっていくのは間違いないのである。何故ならば、金利はこの先、ずっと0のまま(戦争や革命がない限り・・・)であり、また、バブルで借金のかたに取った土地が、銀行やゼネコンがすごい抱えていて、それを放出すると土地の価格がさらに下がり、銀行やゼネコンの資産が目減りしてしまうから、売るに売れないのが本当なのである。

今は、資産など意味が無いのだ。お金のほうが価値がある。だから大企業は賢いので借金しないどころか、無借金経営に近くなっている。だから銀行は借金してくれなくて非常に困っていて、それで米国債や日本国債を仕方が無く買っているのだよ。中小零細企業なんて、今にも潰れそうだから、お金を貸すわけが無い。また、人件費も物価もまだまだ下がっていく。だから将来性が無いからお金を貸しても回収できない。だから貸さないのである。銀行は賢いのである。バカではないのだよ。それならば、国債を買ったほうが安全で、利回りも間違いないからなのである。

よーく、よーく考えないと、賢い奴に、騙されるのである。それが世の中なのである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

便利なほどクビがしまる。身近なプレカリアート問題

地球上、最大の消費者であった亜米利加が倒産寸前である。そこと商売していた世界各国、特に日本は大変である。亜米利加以外の国では、自分の国内だけの商売では国民を食わせていけないから何処の国も青息吐息である。そんな状況で、どの企業も台所は苦しくて、生きるのにせい一杯である。それで他社と差別化を図るために過剰なサービスをし、それだけでなく社員を削り、埋め合わせはアルバイトや外国人労働者でコストを下げる。それは地獄絵図の世界である。過ぎたるは及ばざるごとしという名言があるが、まさにそのとおりである。過剰なほどのコンビニエンスストア。牛丼等のファストフード。なんでこんなに必要なのかというぐらいのスーツ販売店。どれも過剰なのである。必要が無いのにあるすぎるから社員を酷使しなくては成り立たないような商売なのである。コンビニがなんで24時間なのか?というと、それは効率なのだ。全ては効率だ。コンビニで一番お金がかかるのが冷蔵庫である。店を閉めても冷蔵庫の電気代はかかるのである。だから24時間店を開けるのである。そこに働いている人は人間という扱いではない。タダ単にコストという経費でしかないのである。物よりも人間のほうが安いのである。我々は最近、どれだけ便利になったであろうか?コンビニにいけばいつでも弁当が手に入る。時間指定で届く宅急便。どこでもいつでも暖かい牛丼やらファストフードが手に入る。それも非常に安価にである。プラスがあればそのぶん、必ずマイナスがあるものである。そのマイナスをだれが負担しているのか?。それはいまのフリーターの若者と外国人労働者達なのである。コンビニの弁当は非常に安価である。それは日系ブラジル人が安い賃金で酷使されているからである。なんで宅急便が時間指定で届くのか?それも価格は据え置きで・・それは外国人労働者が夜中仕分け作業をしているからなのである。今の世の中便利すぎるのである。もう人類が悲鳴を上げている。それが現状なのである。すべては効率、ようは金ってことなのだ。それを求めすぎるからこうなるのだ。効率を求めすぎると反対に非効率になる。世の中はエントロピーの第二法則からは逃れられないのである。これが行き過ぎるとどうなるか?そんなの過去の歴史を紐解けばカンタンに答えは出てくるであろう。労働者階級の発起による革命、あるいは行き詰まりを打破する戦争しか脱出する方法は無くなってしまうのである。人類はそれほど賢くはないのである。

もう、チェーン店は規制をするべきであろう。日本全国どこへいっても同じ看板、同じ店。それで労働者は効率のため搾取され・・・・日本の景観は酷くなり・・・・・昔、士農工商という身分制度があったが、今の経営者の諸君。この言葉、勉強で習っただろう。その時期は近いぞ。時代は繰り返すのだ。クビを洗って待っていたまえ。日本人はおとなしい・・・これって実は逆に恐ろしいことなのだ。大東亜戦争であれだけ戦う国民性なのだ。火がつくとヤバイのである。一気呵成に暴発する。それでまた破滅し再生するのだ。

まあ、そんな時代が来ないことを祈るのであるが、人間、極限状態になると覚醒するのだ。それはアニメや小説の世界の御伽噺ではないのである。現実なのだ。田原総一郎氏が、何故、民主党の支持率が高いままなのかわからないというコラムを発表したが、それは、あなたがよく判ってないからである。マグマがうごめいているのである。このままいけばあなたが戦争中に心に受けたの時代になってしまうのだ。いま人々の心の中は切れそうな糸なのである。

実は今はだれでもすぐにプレカリアートに陥る可能性がある。一見華やかに見えるデザイナー業界なんて、実はみんなプレカリアート予備軍である。一部の大手以外はまちがいなくそうである。いったいみんな何時間働いているんだろうか???それも何に怯えながら?今日、びっくりしたのだが、有名な事務所の社員さん、殆どみんな毎日、終電だそうだ・・・それって生物としておかしくないか??と思うのだが、それをいっちゃおしまいだからなにも言わなかった・・・でもそれは間違いなく奴隷なのである。それが判らないで無邪気にデザインは?なんていう・・・・悲しいとしかいえない・・・おかれた状況が普通と思っているのだ。そこからはじかれたとき。自分で勘違いして離れたとき。。。そこには地獄が待っている。みんな才能なんてないのだ。才能は錯覚でしかない。好きなことやって喰えればいい。。なんていうけど、喰えないのだよ現実は。世の中甘く無いのである。実は世の中、確率なのだ。それを運というのである。

ホント、便利というのから卒業しないとヤバイ。そういう店は利用してはいけない。コンビニ、牛丼チェーン、マクドナルド。そうして新聞、テレビ。 敵は巧妙である。奴隷が奴隷を作ってどうするんだ??無能は罪ではない。しかし、無知は罪である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

デフレ脱却には

デフレ、所謂デフレーション。貨幣価値はそのままで商品の価値が下がるってことだ。デフレは一般庶民には一見良いように思うが、商品の価値が下がるので企業の利潤も下がるから結局、社員の給与も下がる。不況だってことなのである。かといって反対のインフレーションはどうか?貨幣価値は目減りするし、商品の値段は上がる・・・これも不況。過度なインフレは不況なのである。理想的なのは若干のインフレなのだ。貨幣価値は若干ながら下がっていくので、貯蓄よりも購買に向かう。また給与も商品価値に応じて上がっていくからだ。

しかし、前にも言ったが、発展途上国がある限り、デフレを脱却することは不可能である。それを経済の専門家でない政治家になんとかしてくれったって駄目である。ましてや大学の先生なんて自分で商売をやってないから判るはずがない。そんな大学教授のご講義を有難く頂戴するなんて愚の骨頂である。物事は現場にしか真実はないのだ。

どんな生物でも生と死があるように、どんな権力も栄枯盛衰があるように、我々は生物であるからにして、経済も同じ原則で動いているのである。経済はインフレに始まってデフレで終わる。それからまたインフレになってデフレで終わるのを繰り返すのだ。それを好況、不況というのだ。それが大原則である。

みんなが好きな音楽にたとえてみよう。昔、ビートルズの楽曲は出始めのころはみんなが欲しがったからとうぜんインフレである。しかし、みんなに十分行き渡り、ましてや今の時代はCDだからプレスで作れる。なんとCD一枚、500円くらいである。それをデジタルリマスターとかしてカンフル剤でなんとか価格を上げて儲けようとしているが、所詮カンフル剤である。効果は長く続かない。需要を満たせば自然にデフレになるのだ。(画期的な発明のi-podが出たから音楽シーンも変わっただろう!それが現実なのだ!)

みんなの身の回りにあるものはどうだろうか?車なんて昔は高かった。でもいまや、安いどころか、いくら安売りしてもぜんぜん売れなくて困っている。テレビだっていまや液晶でもプラズマでも安い。行き渡るとすぐにデフレになってしまうのだ。家具も欧州のものが物珍しかったときには高値で売れた。でもいまは珍しくないからデフレになった。いまルイヴィトンの鞄持ってる女性って珍しいでしょ。シャネルなんてほとんどいない。行き渡るともう終わりなんだよね。

だからって、それを安易に受け入れているだけでは政治が悪いとか世の中が悪いとか自分以外の他人のせいにしてしまうから気をつけないといけない。政治は悪か最悪かしかないのだよ。話は逸れるが、民主党になって多少はよくなるだろう。現によくなってきているみたいだ(最悪から悪くらいなったってことだ。あまり期待しないようにね・・・)自民党は解党するべきである。そうしたら再生するだろう。今の名前で再生するのは地球が壊れても無理だろう。何故なら、明治維新から江戸時代にはどうやっても戻らないだろう。それと同じってこと。自民党は役割を終えたのだ。だから解党して再生するのが正しい。でもそれはとても勇気が要ることだから。だから今出来ないで停滞している。小沢くんでさえ15年も我慢して冷や飯食ってたんだ(彼が自民党にいれば黙っても総理大臣にはなれただろう。しかし、彼はそれよりも議会制民主主義の理想を追ったんだね)それからみりゃまだまだ甘い。どれだけ小沢くんが党を潰したんだろう。いまでもいろいろ陰口言われてる。そのぐらい苦労してるんだよ。政治家はバカもいるが基本的には賢いのだよ。ただ自民党は長すぎた。。。もう自民党の役割は終わった。時代は過ぎ去ったのだ。だから大変ではあるが新い道を行かねばならないのだ。でも今の議員さん、若いのいないでしょ・・・30~40台ならいいけど、50過ぎると駄目だよね・・・だって自分の会社見てれば判るでしょ・・・・・・50過ぎたら変えれない・・・・変えていくエネルギーは残っていない・・・・

話は逸れたが、牛丼、前に吉野家が280円にしたのは危険って言ったが、そうなのだよ。価格を下げるってのは、経営陣が考えることを放棄したってことなのだよ。どうやったら今の倍の560円で牛丼一杯を食べてもらえるだろうか?ほかよりも倍の値段でも行列が出来るような牛丼は出来ないものか?って考えないといけないのである。牛丼が何故安くなってしまたのか?それは皆さん判るだろうが、ぜんぜんヘルシーでないからだ。ただ単にお腹を満たすだけの食材になってしまったからなのである。どこも味に差が無いのであれば金額がすこしでも安いとこに向かう。それが消費者なのだ。消費者はその価値には凄いシビアなのだ。売れないってことは価値が無いってことなのだ。そうしたら各社、価格競争になりデフレスパイラルである。今の状態である。これは吉野家の責任、いや、マクドナルドの責任が大きい。日本のデフレはマクドナルドと吉野家が元凶である!!!

今や人類は凄くシンプルになりつつある(先進国家ね)。もう消費が飽和状態なのである。だからモノが売れないのだ。そこを脱却するには、そこを逆手に取るのだ。吉野家やマックが今の倍の金額で売れるか???今のままでは駄目だろう。しかしだね、今の美味しさのままでカロリーが300kcal以下だったら???そりゃみんな行列になるだろう。すぐにインフレになるのだよ。下手すりゃ3倍でも売れるかも。世界中で売れるだろうな。なんで日本の寿司が世界で売れるのか?それは味だけではないのだよ。ヘルシーってことがうけているんだよ。

インテリアデザイン業界もさー、もう欧米のまねっこはやめようよ。いいかげんに。みーんな同じデザインってさー・・・・なんだかんだ言っても、みーんな同じ・・・どっかのコピー・・・・。伊太利亜のサローネって、ただの展示会を有難く見に行って・・・・・もっと世の中には凄い展示会ってあるんだよ。ご苦労様だねえ・・・・・・・それで真似事して・・・・それってデザインでないでしょ。作品造るっていうならば、何年も持つものを作らなきゃねえ。5~10年で消えて無くなる・・・・・・流行ってことかねえ・・・

世界の一流って他のまねしてないでしょ。ニコン(日本光学ね)のニコンFなんてライカのまねしてないからね。だから世界中に愛されたし、世界でそれだけの地位になった。

海外のもの輸入して、ちょっと儲かって・・・・・それじゃこれからは駄目なんだよね。

やばいよ。まだ建築はずーっと遅れてる。かなり遅れてる。地味に空調はいい線いってる。それ以外は駄目だこりゃ・・・・・・・

話は大幅に逸れたが、デフレ脱却には発明しかない。新しいものを生み出すしかないってことだ。それが結論である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)