2020年1月24日 (金)

久々の宝来屋 2020年1月

昨日はステルス戦闘機がもはや過去のものになりつつあるという、まるぞう備忘録 さんのブログ記事を貼り付けしようとしたらココログにはじかれて?ブログアップできなくて、それで展示会にいかなくてはならなくてブログアップを断念した。。。

ステルス戦闘機はもう時代遅れに。

昨日は友人「D」が久しぶりに帰京したので、展示会の帰りに、いつもの宝来屋にてプチ新年会を行った。

過去記事 → 久しぶりの宝来屋2019  久しぶりの宝来屋  お決まりの宝来屋 新宿思い出横丁の宝来屋 センサーのゴミ

Img_6962

宝来屋といえばこぶくろ刺し。

Img_6963

醤油をたらしてまぜまぜするのは「D」の仕事なのだが、今回は「D」の同僚の「tM」がまぜまぜ。

Img_6966

どどーんとやきとん!!!

上から れば かしら てっぽう 下にしろ

Img_6964

ユッケは激ウマである。

Img_6970

やきとん 第二弾

Img_6969

友人「D」が必ず暴力のように発注する「あぶら」。。。昔はもっと小さかったのに、最近はでかくなっている。。。

あまり頼む人少ないからでかくなったのかねぇ。。。???

やっぱ宝来屋は美味しいなぁ。。。

「D」曰く、やきとんを食べないなんて人生の七割を損している。。。だそうだ。。。

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

久しぶりの宝来屋2019

友人「D」が帰京したので久しぶりに宝来屋に行った。

前回の帰京は暑い日だったので近場の渋谷だったが、もう寒いので宝来屋にした。

過去記事 → 久しぶりの宝来屋

なんと今年は行ってなかったんですなぁ。。。昨年の11月以来。。。一年ぶりだ。

Img_6699

思い出横丁 友人「D」はしょんべん横丁と言っている。

Img_6700

隣が晩杯屋になっていた。

立ち飲み屋の小さい店舗だったせんべろ店がいつのまにかチェーン店になっていた。。。

Img_6705

友人「D」と近くのユニクロの前で待ち合わせ。無事に合流し、宝来屋へ。

Img_6708

定番のこぶくろ刺しとやきとん。

Img_6707

上から

れば、かしら、てっぽう、しろ

Img_6709

馬刺し。これがまた美味しい。

Img_6710

やきとん、第二弾

Img_6713

左から

あぶら、しろ、がつ

Img_6714

馬ユッケはいつも発注する大好物。

Img_6716

ポテトフライに冷奴美味しかったですなー。久々の宝来屋を堪能した。

実はこの日、友人「○」から連絡があり、「D」が帰京するから新宿で会うんだよといったら行きたいなぁーというのだが、「新宿の宝来屋、やきとん」だよ?大丈夫?といったら沈黙。。。「○」は健気にも宝来屋のホームページでメニューを調べたそうだ(笑)

第二宝来屋 http://horaiya.com/

191125

しかし、食べれるものといえばとり皮と冷奴くらい。。。参加を断念したそうだ(笑)

それは良い判断だったと思う。「D」は有無を言わさず「あぶらを食え」とか言い出すだろうから危険だし(笑)

一年ぶりの宝来屋だったが、配膳のおねーちゃんが替わっていた。

10年前くらいは中国人だった。

それからここ5年くらいはベトナム人。

それが今回は皆日本人だった。喋る言葉が外国人の日本語とは言い回しが違うので日本人か、あるいは日本で生まれ育ったのでないと理解出来ない日本人特有の会話をしてたのでたぶん間違いなく日本人なのではなかろうか?

こういう飲食店って時代を映す鏡でもあるんだよね。

平成元年のとき、管理人は半年くらい東京にいたんだが、中国人が東京に入ってきた始めのほうだったと思う。。。

チョウさんという日本に留学に来ていたいいとこのお嬢さんを通訳として雇っていて中国と貿易してたんだけど、北京の人は身体が大きく骨格が違う。チョウさんはきりっとした美人だった。芝大門の居酒屋でバイトしてたフーさんは海南島出身で、ちょっとぽっちゃりしてて北京出身のチョウさんとはまるで人種が違うと感じたことを覚えているなぁ。。。そういやフーさんとチョウさん、言葉も通じてなくて、日本語で話していたっけねぇ。。。

そのころ時代はバブル真っ盛りで、イラン人が道路工事や建築現場の天井骨組みなんかの作業をやっていたねぇ。。。

ここ2~3年で中国人がコンビニや牛丼屋から居なくなってきて、それを埋めるようにベトナム人やペルー人が入ってきてたけど、入国監理が厳しくなったからなのか、それらも入り込めなくなってきているのかね?そうだったら良い傾向なんだが。。。

過去記事 → 外国人労働者 移民はダメだ4

無敵の太陽 に興味深い記事がまた掲載されたので紹介。

地方議員で生き延びる左翼分子 / 国家破壊は地元から(後編)

ねずさんのひとりごと  

黄河と長江 (12/04)

ぜひともアクセスして拝読くださいまし。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

二度と行かない

串かつ田中のチラシが入ってた。。。えっ、渋谷に串かつ田中なんてあるの?と調べてみたら、サイゼリアの裏にあった。

1908084

以前、猫組長が住処の近くに串かつ田中が出来て、串かつ田中反対運動をしていたのに、いつのまにかお得意さんになってしまっていたというエピソードもあり、一度行ってみたかった。

過去記事 → 病院 2018.02.09  

必読の書、「ネコノミクス宣言」の西原画伯のマンガでも取り上げられていた。

Img_3541

Img_3532

事務所の顧問のt先生が来たので、誘って串かつ田中に行ってみた!!! 

サイゼリアの後ろ側にひっそりと。。。あの黄色と赤の提灯。。。間違いない、串かつ田中だ!!!

Img_3524

けっこう混んでいて、カウンター席に誘導された。 顧問のt先生は経験があるようでメニューに精通していた。

Img_3525

飲み物は管理人はウーロンハイ、t先生は超ビッグなメガハイボール

Img_35271

どれだけビッグなのかを比較するため、ウーロンハイと共に。 たしかにビッグである。

Img_35281

ユッケみたいのに当たり前の定番の串揚げ。。。

Img_3530

猫組長は公式アカウントにVIP扱いになるまで通うようになっていた。。。それにしても西原画伯が描く猫組長の「いやああああ」が管理人の大好物。最高のキャラクターですなぁ。子猫とカスうどんを食べる猫組長がとてもかわいい。是非とも「ネコノミクス完全版」を買い求めくださいな。西原画伯のかわいい猫組長キャラクターを堪能できますよ。

Img_3533

その猫組長、いまではすっかり常連に。。。

Img_3534

完全に命(たま)取られたようだ。。。

 

で、初めて行った串かつ田中への管理人の感想。。。

「二度と行かない」

なんでかって??? うるさい。うるさいのだ。。。 客も若い人が多くて話し声が大きく、ひっきりなしに喋っている。 そして店員の私言がまた大声でうるさい。。。客単価が安いから仕方が無いのだろうが、管理人のようなおっさんには合わないね。 客が学生でうるさいのは嫌だが、それ以上に店員がうるさいのは嫌だ。最低だ。 我慢しきれず、1時間ちょっとで店を出た。二度と行かない。

二度と行かないといえば。。。

先月末、友人Dが帰京したので渋谷の焼き鳥屋に行ってきた。 友人Dといえばいつもの新宿しょんべん横丁の宝来屋なのだが、当日、あまりに暑すぎて、友人Dも熱中症ぎみということもあり、新宿まで行くのはちょっと辛いので近場の渋谷にした。老化すると環境への対応が出来なくなってくる。。。

(宝来屋 過去記事 →久しぶりの宝来屋  お決まりの宝来屋 新宿思い出横丁の宝来屋 しょんべん横丁 )

前、高尾てんぐという、朝飲みとか孤独のグルメの巡礼とかで人気のyoutubeで渋谷の焼き鳥屋が紹介されていて、興味があったので一度行ってみたかったってのもあってね。

190808

https://www.youtube.com/watch?v=E0QeR_gOPcE

Img_34741

友人D、大阪に行ってから、なんか松井市長に似てきたような。。。

Img_3473

メンマが美味しかった。。。メンマはね。。。市販品だろうね。。。

Img_3475

うーむ。。。。高尾てんぐのyoutubeでは美味しそうだったが、やきとんはいまひとつ、いや、いまみっつくらいか。。。やはり宝来屋がいいですなぁ。

あとね、この店、店員がプエルトリコ系?か浅黒い外国人の男で、べらべらへたくそな日本語しゃべってうるさい。となりの山家(やまが)は日中でも混んでいるのにここは空いているのはそれも原因か???

ここも一時間少々で店を出た。

あまり美味しくないし、店員はうるさいし、二度と行かない。

久しぶりのやきとん、居酒屋ネタでした。

| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

久しぶりの宝来屋

今月始めに大阪に転勤となった友人の大魔人が帰京したので、久しぶりに西新宿のしょんべん横町にある宝来屋に行ってきた。

ビールは小麦アレルギーで飲めないので酎ハイ。

Img_5193

友人 大魔人

Img_5194

左側の大魔人がかき混ぜているのが「こぶくろ刺し」 これが美味い。 右側が「ポテトサラダ」りんごが入っており、実に美味。ポテトサラダが美味しい居酒屋は料理が美味しいのは間違いない。

Img_5195

これもいつも発注する「ユッケ」 ごま油がかかっており、これも美味である。


Img_5196

宝来屋といえば”やきとん”である。全てタレにした。

左から

「てっぽう」 直腸

「しろ」 大腸

「かしら」 こめかみ部分

Img_5197

第二段

左から

「レバー」

「てっぽう」 リピート

「あぶら」 宝来屋名物 脂身

「タン」 豚舌 これは塩にした。 

Img_5198

久しぶりに宝来屋を満喫した。

(宝来屋 過去記事 → お決まりの宝来屋 新宿思い出横丁の宝来屋 しょんべん横丁 )

その後、おなじ しょんべん横丁内のショットバーで一杯。

Img_5199

隣の外国人の香水が臭すぎてストレスとなったのか、腹の調子が悪くなり、一杯だけで店を出て、その場で大魔人とわかれ、そそくさとパチンコ屋のトイレに駆け込む・・・

難を逃れた・・・

1809258

やきとんの話だってーのに、最後はお見苦しい話ですんません、、、、、

追記 

その後、領収書を見たら・・・

Img_5202

店名が無いじゃんか・・・ これじゃぁ領収書にならんだろ・・・調子が悪くて確認を怠った管理人も悪いけど・・・ おつりを返さないわ、領収書はダメだわ・・・ 二度と行かんぞ あんなくそ店!!!(怒) 大魔人がショットバー行きたいっていうからついていったんだけど、嫌な予感してたんだよねぇ・・・でも帰京した大魔人が行きたいっていうから仕方がなかったんだけどさぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

t先生との焼き鳥屋探訪

事務所の顧問t先生。顧問なので月1来社。普通の会社ならば、経営がどうの、今後はどうのとかだろうけど、我が事務所では、t先生、データチェック、その後、暖かい時期ならば事務所で呑む。今は寒くて道産子の管理人は事務所で呑むのは寒くて耐えられないので、この時期は、t顧問とすぐさま焼き鳥屋チェックに繰り出す。

今回のチェックは事務所の近くの葉隠という焼き鳥屋。

食べログを見るとかなりの評価。これはチェックにいかねば。

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13012940/

で、t顧問と行ってみました。

01


いやー混んでるね。不精な管理人は予約なんてしないから、いつもぶっつけ本番。かろうじてちゃぶ台みたいな席が空いていてそれをゲット。

02


懐かしい、昭和の匂いがするちゃぶ台。これはいけてる。

ギブスが取れた管理人 t顧問撮影。寒がりなんでまだ上着を脱いでない。北海道人は寒がりなんよ。

03

これお通し。串がお箸だって。あのー・・・・右手、普通の割り箸でも上手く扱えなくてそれで痛いんだけど・・・まあ、このお店のしきたりみたいだから従う。掴めねえよ こんな細い串では こちとら手の骨折れてるんだぜぇ  

04

注文するが、ビールはビンしかないそうだ。それはかまわないのだが、なんかオペレーションがダメなようで・・・まるで三田のパスタ屋みたいなダメオペレーション・・・・・澁谷区で働いてる人達はこんなのがお気に入りなのか・・・ちょっとびっくり とても混んでいるんだよ。

注文したとき、ボリュームありますよ とのことだったんで へー そうなんだ と とりあえあず注文したのが来るのを待つ。

シロは無いとのことでテッポウ。そこそこ あぶらがそのまま付いているから、それはボリューミーだろう。

06

次、なんだ レバーかね。

07

これはタンだ。

08
ハツなんか頼んだんだけど オペレーションとかはダメだねぇ・・・でも混んでいる。人気店みたいなんだけどねぇ。

05

うーん・・・t顧問と 美味しいところを探しているのだが、なかなか難しい・・・ 

友人 大魔人御用達の 「宝来屋」 それに 「紅とん」、あと浜松町のやきとん屋 のほうが美味しく思える。 嗚呼 全て 大魔人御用達? 

無謀な新規開拓をt顧問としているんだが、結果はなかなか・・・ この後は 「とんがらし」で〆  「とんがらし」は、とても人気店で 席を確保するのは簡単ではない。 その日は運よく なんとか入れた。一期一会って考える管理人なので予約はしないのでいつも玉砕。その日はt先生の運気のおかげだろう。

t先生が顧問している いっちゃ悪いが 底辺クラスのデザイナー それが超多忙だそうだ。これはアベノミクスが行き渡ったからだ。麻生さんときも底辺のデザイナーも忙しかったようだが、デザイナーというワタミなんてチョロイくらいの、実際は有名企業でもウルトラブラック企業(デザイナーって憧れるのかねー・・・所得も低くて労働時間なんて牛丼屋?甘い甘いっていうくらいに超弩急ブラックの職業なんだけどね・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

お決まりの宝来屋

先週の日曜日、大魔人と夕方に中野で待ち合わせ。なんでかって云うと、大魔人の使わなくなった一眼レフを下取りに出して、レンズをゲットするためにフジヤカメラに行くってこと。管理人は何回も下取り交換して慣れているので、立会いをしたのですな。

フジヤカメラのネットオンラインでお目当てのレンズの在庫をチェックしてたんだけど、前日まで在庫が払底してたのに当日はなんと4本も在庫あり!実に運が強い大魔人である。カメラを下取り査定してもらってる間にお目当てのレンズを物色す。3本をチェック!

大魔人が選んだのはAランクのAF-S DX NIKKOR 18-105mm f3.5-5.6G ED VR

Aランクなので新品同様。下取りがあるので少ない出費でゲットできて大魔人もご満悦。

レンズをゲットできたらば、お決まりの大魔人御用達の新宿、宝来屋である。

Hourai

AIAF35-70f3.3-4.5 iso800 1/50 f3.8 NIKON Df


3570f334552mmiso80050f38

せっかくフジヤカメラに行ったのに手ぶらで帰るのはなんかもったいなくて、それでゲットしたAF NIKKOR 50mm f1.4D 大魔人撮影 iso1600 1/160 f1.4 NIKON Df  骨折した手が痛々しい・・・

50f14diso1600160f14

レンズをゲットしてご満悦の大魔人。f1.4開放はバックのボケがきれいである。

iso1600 1/160 f1.4 NIKON Df

50f14diso1600160f142

大魔人のゲットした18-105mmをNIKON Dfに装着し試写。

iso1600 1/15 f7.1 18mm

いやー、びっくりするほどきれいに撮れる。このレンズ、いいわー!手振れ補正もすこぶる効きが良い。NIKONの良いところはフルサイズのカメラでもAPSレンズを付けても自動クロップ機能でちゃんと使えるところだ。

Vr18105f355618mmiso160015f71

iso3200 1/100 f3.5 18mm 35mm換算27mm相当 背景のボケも素直。線が細い描写。

Vr18105f355618mmiso3200100f35

iso3200 1/60 f3.8 24mm 35mm換算 36mm相当 近づくとそれなりの背景がボケる。

Vr18105f355624mmiso320060f38

楽しい、大魔人との宝来屋であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

新宿思い出横丁の宝来屋

新宿方面で大魔人と会う場合、ほぼ必ず行くのが思い出横丁の宝来屋である。http://horaiya.com/

いつもは2階なのだが、今回は1階であった。管理人は1階は初めてである。

今回は大魔人、えっち、管理人の3人である。

01_2

02_2

すぐに運ばれてきたのが、定番のポテトサラダ。

03_2

このせんまい刺し、激ウマである。

04_2

1階の雰囲気はこんな感じ。狭い店内にお客さんがぎっしり。

05_2

宝来屋にきたらあたりまえの焼き鳥。

06_2

ビールから定番のハイボールにチェンジ。

07_2

これが宝来屋名物のアブラ 脂身の焼き鳥である。若い人でも、食べすぎは禁物だ。中高年には当たり前に毒だ。(メニューにも注意書きがある)

08_2

それから子袋とかの焼き鳥。これがまたコリコリして実に美味い!!

09_2

子袋刺しに椎茸の焼き鳥、それに厚揚げ。どれもが美味い!

010_2

やはり宝来屋は最高なのである。

011_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

やきとん まこちゃん

大魔人が「いい店ある!」っていうから新橋に行った。「安くてB級!」とたのしそうである。

たしかにすごい!安くて、やきとりもでかくて、それでいて美味い!!!

Photo_8

Photo_9

このやきとりのタレは絶妙で抜群である。

Photo_10

あいかわらず目線を隠す大魔人であった(笑)

二人でたらふく食べて飲んで¥6520-!リーズナブル!

Photo_11

その後、友人が転勤するというので、この まこちゃんで壮行会をやった。まあ、記憶があまり無いくらいに飲んだのだが、3人でこの安価なまこちゃんでなんと¥19170-!なんかの間違いではないのか?と思ったが・・・・すごいバカ呑み、バカ喰いをしてしまったのか・・・・

あとで大魔人に報告したら、「そういうときはボトルを取るんだよ。ボトルなんて¥2000だよ」と怒られた。反省である。

バカ呑み、バカ喰いしなければ 大丈夫である。超オススメ!

港区新橋3-18-7 桃山ビル1F やきとん まこちゃん 本店 03-3431-5700

カードは使えないので気をつけるように。

先日、獣とえっち、それに工事会社の社長と、現場の近くでランチをしたのだが、その居酒屋にユニホームが掛かってあった。よく見ると、PURINの文字が。

記念に撮っておいた(笑)

Photo_12

Photo_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

紅とん

照明のテスト撮影のためにつくばに行ってきた。

P1080167

1_2

その後はお決まりの飲み会となる。今回はあの肉食獣も合流するというので、大魔人と獣の会社のすぐ前にある「紅とん」というチェーン店にした。

2

これが実にリーズナブルでそれでいてとっても美味いとのことである。

さっそくオススメという、ガツぽんというのを発注!

P1080186

たしかに!実に美味い!それでいてなんと¥180-という超リーズナブル価格!素晴らしい!

次にはなんと好物の赤ウインナー!

P1080188

キャベツを添えているのが素晴らしい!

P1080190

それから豚キムチ!これは¥380-。

P1080191

やきとりも美味い!

P1080193

鉄の皿がまた良い。

P1080192

カメラを向けると、相変わらず顔を隠す大魔人である。どうせ目線を隠すから、別に隠さなくても同じなのだが・・・・

ある程度料理が揃った時点で獣登場!

3_2

ここは何回か来た事があるらしく、枝豆が豊富にあることが分かっているのと、好物のホッピーがあるので、獣の機嫌がすこぶる良い。

獣は早速、脂っこいものを発注する。

P1080210

P1080213

獣の出現で、発注する食べ物の方向が見事に変わる。面白いものである。

4_2

しこたまホッピーを飲んでいい気持ちの獣である。

5

最後に高カロリーのマヨネーズがかかったどんぶりで〆。

P1080219

P1080222

それにしても、この紅とんはリーズナブルでとても美味い!超オススメである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

大魔人との忘年会+肉食獣

夕方、大魔人から電話。「今日いる?」相変わらず飲み会は突然である。「今日は獣付き」とのことである。そうだ、このブログに度々登場する(食べるときのみ)肉食獣である。肉食獣との宴会は危険である。なんたって喰う量が違う。だから高級な店はご法度である。また、前回のきっちーの壮行会で、枝豆が無くて、ニコニコしながら機嫌が悪かったので、今回、枝豆は必須である。それで、場所はいつもの渋谷ではなく、田町にしたのだが・・・

金曜日、忘年会のピークである。すっごい混みようである。それでも地下1階のチェーン店でなんとか席をゲットできた!

先ずは枝豆の有無を確認。無事あることが判明し、2皿発注。とても喜ぶ獣であった。「ちょっとこの枝豆は硬いですねぇ・・・・」なんて小生意気なことをのたまう獣であった。

1_2

2_2

喉が渇いていたので(肝臓ではない)ビールを一機に飲み干し、次は関東のオヤジ御用達のホッピーに切替である。

3_2

道産子の自分にはよく判らないが、この店のホッピーを割るための「中」はえらい安価だと大魔人と肉食獣が喜んでいた。なんか相場よりはかなり安いらしい。

獣にメニューを渡すと、肉ばかり発注するので、先にヘルシーな厚揚げを発注する。

4

これがかなり大きくてすごいボリューム。しかし味はなかなかよろしい。そうしたら、獣は変わったものを発注。それが魚肉ソーセージの炒め物である。みるからに高カロリーなのである。やはり獣は目の付け所が違うのである。

5

それに牛肉の炒め物

6

大魔人はイカの刺身と、ヘルシー。こんなにも食べ物が違うのである。

7

嬉しそうに牛の焼き鳥にかぶりつく獣であった。

8

ことらが写真を撮りながら大笑いしているのを見て、中国人らしき青年が自分も撮ってくれとポーズを決め込む。獣はポーズなどより食い物にしか興味が無い・・・・

9

またなんか高カロリーらしきものが来た・・・・

10

遅れて、「えっち」が登場。これでフルメンバーである。

11

カメラを向けると、相変わらず目線を隠す大魔人。

12

枝豆効果のせいか、今日の獣はすこぶる元気で、ホッピーをぐいぐい飲み干し、すぐに発注である。恐るべし獣である。

13

そんなに元気だった獣であったが、相当食べて、すっかり満足したのか、二件目では、店に入って、すぐに寝てしまった。先ほどまでの元気はどこへいったのやら・・・・

14_2

二件目でも相変わらず目線を隠す大魔人。

15

獣はすっかりお休みモード。

16

17

いやー。それにしても飲みすぎで、なんとこの二件目のこのあたりから記憶が無い・・・・気が付いたら、布団の中にいた・・・・・・恐るべし帰巣本能である・・・・次の日は一日、廃人であった。

18

それにしても最後まで目線を隠す大魔人であった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧