2020年7月21日 (火)

男が弱いと滅びる

BBCに在英中国大使が出演したのが話題になっているようだ。

2007203

Tomoさんのツィート

大使「新疆の人口は40年前は400~500万人だったが、今では1100万人だ。中国が民族浄化をしているというが、人口は40年間で倍増している」

BBC「中国政府の地元当局統計によると新疆のウイグル人居住区の人口増加は、2015年~2018年にかけて84%減少している」

大使「それは正確ではない」

すごい言い訳だが中国人は絶対に非を認めないから堂々巡り。それにしても84%減少とはとんでもない虐殺である。

いままで中国でしこたま儲けてたからウイグルやチベットの虐殺には知らないふりをしていたが、香港が潰されてしまったから英国はもう儲ける事ができないから手のひら返しですな。

それにしてもウイグルやチベットの男は戦わないのですな。男が弱い民族は他の民族に滅ぼされるのは人類史のとおり。我々の先祖は強い男達だったから滅ぼされないで済んでいる。もしも弱かったらモンゴル人かロシア人に征服されたであろう。先の大戦で破れたとはいえ我々の祖父たちは勇敢に戦ってくれた。だから我々は平和に暮らしていけているのだ。

過去記事 → 我々の祖父たち 2016.08.03

白人から見たら、機動艦隊まで用意して白人に歯向かった悪魔の様な有色人種は日本人だけですからね。、 東南アジアのイギリス軍は秒殺でしたから。、、

日本軍は戦勝国の全てをアジアから追放して終わったのです。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成しました。日本の功績は偉大であり血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。自分を蔑む事を止めて堂々と胸を張ってその誇りを取り戻すべきであります。 E.V.ティン アムステルダム市長

上記のツィートのとおりですな。

チベットとかの焼身自殺とかって無意味だし、死ぬくらいならばなんで戦わないのかと思う。相手はたかが中国人ではないか。ウイグル人はアーリア系だからモンゴロイドの中国人よりも肉体的には強いのではないか?でも戦わないってのは不思議である。

まめそまさんのツィート

ちょびっと落ち込む度に、前に一緒に仕事してた部下がペシャンコに凹んだ私を励まそうとして発した「人間って究極に追い詰められると死ぬか殺すかになると思うんですけど、死ぬくらいなら殺すほうでいきましょう」という世にも物騒で雄々しいフレーズを思い出してフフッてなる。今でも助けられている。

このツィートのとおりだよね。でもこれって日本人だけの感覚ではないよね。中国人のほうがもっと激しく戦うよね、自分のことならば。

みゆき嬢さんのツィート

これ大事だよ。人間は幸せになるために生まれてきたんじゃない。ただ生まれただけ。生命とは恣意的なもので、目的なんか持ち合わせていない。「幸せになるために生まれてきた」なんて思い込むから「今自分は幸せか?」という問いが発生して苦しくなる。生きることに集中しろ。幸せになりたがるな。

祈るだけでは幸せになんてなれないからね。ウイグル人やチベット人に必要なのはアサルトライフルAK-47だ。銃を手に取り戦うことだ。革命は銃口から生まれるってのは毛沢東の言葉ですな。国連に頼もうがデモ行進しようが他の国は助けてなんてくれはしない。自分の身は自分で守るしかないのだ。

男が弱い民族は滅びるしかないのである。

過去記事 → 戦わないといけない

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

遺伝子は変わらない

川崎がとうとう日本人の土地ではなくなったようだ。

強制連行は無かった→ヘイトスピーチ

また韓国籍逮捕かよ→ヘイトスピーチ

外国人生活保護反対→ヘイトスピーチ

朝鮮学校無償化反対→ヘイトスピーチ

戦後暴れ回った在日→ヘイトスピーチ

竹島は日本の領土だ→ヘイトスピーチ

日本人で良かった!→ヘイトスピーチ

こんにちは!→ヘイトスピーチ →イマココ

バカすぎるね。戦後のどたばたの時期じゃないんだから、こいう異常なことをすると益々嫌われる。

2007142

ショッピングモールの屋内でタバコを吸うDQN行為 こいつ本当に日本人かよ・・・

どこの国の人間だろうと、言論を恫喝や侮辱で妨害する者は絶対に許されない。しかし、このような傍若無人な振舞いに対し「国に帰れ」と反論しただけで、日本人に罰金を課せられる条例が制定されようとしている。これを無視している政治家には日本に対する誠がありますか?#川崎市日本人差別条例反対 twitter.com/44roba/status/…

アメリカのBLMみたく調子に乗ってやらかすバカが発生しているようだ。

人間は環境で変わるのか? → 日本に住んでいるのに半島の性質のまま。

話す言葉で変わるのか?  → 日本語話しているのに半島の性格のまま

結局遺伝子が違うから50年100年程度では変わらないんじゃないかね。このまま行くと川崎は日本人がいなくなって寂れてしまうのではないかね?

過去記事 → こりゃやばい NK 2019.04.05

Eimi1003 さんのツィート

米国CBS局が来年度には黒人や人種的マイノリティの脚本家や放送作家の割合を4割にする事を決定。また番組製作予算の25%は黒人やマイノリティ製作の作品に当てられます。 2022年度には脚本家や放送作家の5割を非白人にする予定。

CBS、バッカじゃねーの。いままでなんで放送作家とか脚本家に白人が多かったかというと向いていたし有能だったからだよ。才能ではなくカラードでオーダーするなんて益々番組に質が落ちますな。黒人が有能ならば黒人の先進国ってあるはずだ。しかし発展途上にさへも届いていない。黒人国家は最貧国ばかりだし、産業も生み出せない。だからアメリカの黒人はアメリカにしがみ付く。

一部の黒人は運動能力という才能を生かして大金持ちになったものもいるがそれが極僅か。殆どの黒人は貧困層のまま固定されている。BLM運動なんかに簡単に乗せられて破壊行為をやらかしているようでは黒人は未来永劫貧困層に固定されたままだろう。

マスコミは川崎国のことや留学生に多大な税金を使われていることを報道しない自由を行使してるから真実はSNSをするネットユーザーでしか共有できていない。

【国費外国人留学生制度】小野田紀美「この予算が年180億。一番多いのは中国留学生1018名。日本人への奨学金平成29年度は70億。給付型奨学金の日本人学生への支給額月額2~4万円。国費留学生の給付月額14万円」 尚且、卒業後日本に残れば 国家情報法で中国のスパ◯となる!?

自民党にもこのような質問をしてくれる有能な若手の議員が存在していることはありがたい。

行き過ぎた人権主義が世界を蔓延して人々をイラつかせているが、その反動が戦争を呼び込むのだろうね。

結局遺伝子って変わらないから元々住んでいたところに居たほうが幸せなんだがなぁ。。。望まれない民族の移動によって不幸を生み出してきたのが人類の歴史なのだから。

追記

無敵の太陽

BLMを操るテロリスト

この黒人どもが本気でアメリカ社会を共産主義化できると思っているなら、相当な夢想家だ。たぶん、BLMの連中はマルクス主義なんかに興味は無いだろう。あるのは、白人社会に対する根深い恨みだけで、「とにかく、アメリカ社会を根底から覆したい」というのがBLMの原動力だ。彼らには白人社会を破壊した後の青写真(復興計画)なんか無い。単に、白人社会に駄々をこねて待遇改善を要求するだけ。だいたい、黒人が天下を取ったからといって、彼らに国家運営ができるのか? せいぜい、「ちょっとマシなジンバブエ」といった程度だろう。

ぜひともアクセスして全文を拝読くださいな。

| | コメント (3)

2020年5月28日 (木)

歴史の法則2020

なんと全人代で香港の一国二制度を止めることを決定したとの発表。

【中国 香港に「国家安全法制」導入方針 あすの全人代で採択】 中国の北京で先週から開かれている全人代は、28日が最終日で、香港での反政府的な動きを取り締まる「国家安全法制」を導入する方針が採択される予定です。

2005282

黒色中国 さんのツィート

【香港安全法制、28日採択 「一国二制度」形骸化―中国全人代閉幕へ】 中国軍の陳道祥香港駐留部隊司令官は同法について「分裂勢力や外部の干渉勢力を震え上がらせる」「駐留部隊は中央政府の決定を断固として実行し、法に従い党と人民に与えられた任務を全うする」と述べ…

香港、これでぶっ壊れましたな。

香港って中国のカネの出入り口なんだが、これを破壊してしまったら中国はドルの調達が出来なくなって銀行も潰れるし、輸出も出来ないし、支払う米ドルがないから資源も輸入できなくなる。完全にアウトである。青年団派である李克強ならば経済や国際ルールも良く理解しているが習金平がまったくそれらを理解できていないというのがなんか運命なのかなと思う。まともな思考回路であれば国際ルールに基づいて香港を今までどおり中国と西側との接点にしておけば2000年代のような高度成長は出来ないもののアメリカにモノを売って儲ける事が出来ていたはずだ。それを破壊してまで中華の面子にこだわっているのは滑稽ですらある。しかし中国共産党からすると香港の独立を認めてしまえば台湾を認めることとなり、ウイグルやチベットの独立も許してしまうことにつながる。なのでどうあっても香港の独立は認めないということでしょうな。

中国共産党幹部は豊かであるから、貿易が下火になり下々の人民がもっと貧しくなっても気にしない。人民は奴隷だからね。しかし共産党幹部の子息は海外の豊かさを身をもって経験してしまったからね。豊かさを知ってしまった若者にまた人民服を着て我慢しろといっても言うことをきかないだろう。だからこそ香港の若者を抑えつけて中国国内の若者に見せしめにしているのだと推測する。とにかく共産党としては易姓革命により今の立場を失うことだけは避けたい。それは国際ルールや貿易よりも上位にあるということなのだね。

今後どうなるか?香港が米ドルの出入り口でなくなればおのずと経済崩壊する。そうなると若者の怒りが爆発する。天安門のときのように。でも鄧小平のように若者を抹殺できるかな?習金平に。そんな勇気も気力も無いように思うけど。なんか凄いのが出てきてまた共産革命みたいなことをやるか?いずれにしろそれも易姓革命みたいなものになるよね。政権交代だから。渡邊哲也戸締り先生は中国が生き残る道は、工業を捨てて農業共産革命として農業主導の全体主義になるしかないだろうと言っている。

香港は今回のことで国際金融としての地位を失うけれど、中国が崩壊して分裂し、群雄割拠になったら逃げていた富豪がまた戻るだろうからそのときになったら復活するかもしれない。コロナ禍で一気に動きが加速し時計の針も早くなったからねぇ。そもそも中国支那は大きすぎる。だから統一してある程度の時間が経過すると政治経済が崩壊して分裂してきた歴史だから。その歴史の法則通りに事が運んでいるのが興味深い。

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

歴史の法則2019

大阪ではG20で各国首脳が集まりお祭り状態のようだ。 警備している警察の皆さんはホントご苦労様である。

昨日、安倍首相と習金平ごぼうの会談があったようだが、その後の安倍首相の共同声明に驚いた人も多かったのではないか?

1906289

まさか、あの習金平ごぼうを来春に国賓として招待だって~えええっ!!! 支那中共はアメリカと貿易戦争中だよ???これからアメリカは中共をことごとく排除していくのだが。。。

1906283

遠子先輩は冷静なようだ。

宮崎正之氏によると、安倍首相はいろいろ金平ごぼうにはいろいろ言ったようだが。。。

http://melma.com/backnumber_45206_6834381/

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)6月28日(金曜日)
         通巻第6119号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 しらけきった顔が並んだ。さはさりながら「日中新時代」だそうな
  親中派メディアでさえ「つかの間の蜜月」と皮肉った日中首脳会談
****************************************

 追い詰められると藁をもすがるため気持ちの悪い笑顔をつくる。大阪のG20開催に便乗して行われた日中首脳会談の席で、習近平と、中国側のならんだ顔を眺めて、薄気味悪さを感じたのが大方ではなかったのか。楊傑チ国務委員、王毅外交部長ほかの面々、誰も心からの愉しい表情を浮かべていなかった。

 そして李克強首相も王洋副主席も随行団には入っていない。団派を外交の檜舞台には堕なさいという習近平の狭量さが浮上する。

 安倍首相は「日中関係は完全に正常化された。来年の桜の咲くころに国賓としてお迎えしたい」などと本気なのか、随分と下手にでたものである。
「水に落ちた犬を打て」というのが中国人のしきたりだから、習近平側からみれば、日本は何か罠を仕掛けたのかと勘ぐるだろう。

 それでも安倍首相はかなり言いたいことを伝えている。
(1)沖縄尖閣諸島周辺での中国公船の活動に自制を要請
(2)南シナ海の非軍事化の重要性
(3)香港問題では自由で開かれた香港の繁栄が重要との認識を伝達
(4)ウィグル自治区における人権問題を念頭に、人権の尊重、法治など普遍的価値の認識を伝えた。さらに貿易問題では
(4)中国の補助金制度の是正
(5)知的財産権の保護強化
などを要求しており、欧米の要求と歩調を合わせている。ファーウェイ排除、半導体製造装置の禁輸などには触れなかったようである。

 不思議なことに日中首脳会談に出席していない河野外相は舞台裏でジョン・ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官と打ち合わせをしている。

◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽

以上、抜粋して貼り付け。ぜひともアクセスして全文を拝読くださいな。

首脳会談なんて事前に両国の事務方がほとんど内容を詰めて、首脳はその確認と発表だけだからね。 金平ごぼうを来春に国賓で向かえるというのはそのときに決まっていたはずだ。香港のこともあり、ウイグルやチベットを弾圧しているのにもかかわらず金平ごぼうを国賓でとは国民の反感を買うだろう。ということは外務省の安倍落としか???

ただでさへ消費増税が決定なので、益々安倍政権と自民党の人気が落ちてきている。衆参W選挙のチャンスだったのにそれもせず。。。かなり雲行きは怪しい。。。

19062813

上記の高橋洋一先生の記事

https://www.j-cast.com/2019/06/27361155.html

19062811

衆議院を解散しなかった背景 

http://www.1242.com/lf/articles/184711/?cat=politics_economy&pg=cozy

うーむ。。。このようなことを高橋先生は令和に変わる直前にある法則が存在することを示していた。

1906282

歴史の法則で浮かんできた、安倍政権「改元後半年で退陣」の可能性

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63993

一方、日本全体の成長はどうなるか。次の元号が「令和」に決まり、慶賀ムードが高まっているが、「令和」はどのような時代になるのだろうかを予測してみたい。

結論から言えば、それは、今後安倍政権がどこまで続くか、その上でもし安倍政権が続く場合、どのような政策を打つのか、によって大きく異なってくるだろう。

自民党の一部からは、自民党総裁の任期を延長して「安倍四選でいい」という話も出てきているが、これまでの歴史をみると、そう簡単ではないことが分かる。

明治以降、改元があったのは①1912年7月3日(大正元年)、②1926年12月25日(昭和元年)、③1989年1月8日(平成元年)と、今回の④2019年5月1日(令和元年)である。

それぞれ、①は第二次西園寺内閣(1911年8月3日0~1912年12月21日)、②は第一次若槻内閣(1926年1月30日~1927月4月20日)、③は竹下内閣(1987年11月6日~1989年6月3日)の時に起こっている。そして④が第四次安倍内閣(2017年11月1日~)である。

これまでの改元では、改元後半年たらず(ほぼ5カ月後)にその時の内閣が退陣している。①大正後は5カ月18日、②昭和後は4カ月26日、③平成後は4カ月26日で、それぞれ内閣が倒れている。これまでの改元は天皇崩御に伴うもので、今回の譲位はまったく違うものではある。

しかし、それにしても過去3回で改元の5カ月後に内閣が退陣している、というのは不吉な事実である。



現代ビジネス
以上、一部貼り付け。
改元があってから5ヵ月後といえば10月である。10月22日は天皇陛下の即位礼正殿の儀があり、また消費増税の月である。。。第二次安倍政権から異例の長期政権となったのだが、この歴史の法則からは逃れられないのだろうか。。。

| | コメント (0)

2018年1月26日 (金)

歴史サイクル?

いやー、安部総理の平昌オリンピック訪問で保守側や自民党からも喧々囂々大批判の大嵐ですな。あの百田尚樹さんも石平さん、高須院長もお怒りの様子(笑)

百田尚樹 @hyakutanaoki                    1月24日

先進諸国の首脳が軒並み欠席する中、安倍総理が出席すれば、韓国は、「日本だけが来てくれた。感謝する」とは絶対に思わない。 「ギャハハ、日本が頭を下げてきた。ご機嫌とりにきやがって」と思うだけ。 そして今後は、外交的により高圧的な態度に出てくる。 ようするに、いいことはなにもない。

石平太郎 @liyonyon                    1月24日

平昌行きを固めた総理は、慰安婦問題の韓国の「新方針」を「受け入れることはできない」と文大統領に直接伝えたいと言う。しかし総理が平昌に行ったこと自体、韓国からすればまさに「新方針」に対する日本側の受け入れである。安倍総理よ、「受け入れることはできない」なら、平昌行きをまず拒否せよ。

高須克弥認証済みアカウント @katsuyatakasu                    1月24日

何故韓国に行くんだ?安倍首相。 これを咎めなければ世界中から軽く見られてなめられる。 これは国辱だよ。 今からでもよいから謝罪を要求しよう。

2年前の年末の慰安婦の日韓合意でも喧々囂々だったけど、今回はそれ以上だね。まだ結論や、安部首相の本当の狙いが見えていないけれど、どうなんだろね。策士だから必ずや狙いはあるだろうけれど。

そんな中、「ぱよぱよ日記」さんの読みが的確か?と。

平昌オリンピック開会式の件2

訪韓の反対論は韓国への牽制になるので声を上げてもらって構いません」と親しい自民党議員に言ってるくらいなので、どのような意見があるかというのを知ることになるだろうし、親韓派への圧力にもなりますので、堂々と議論を交わすに限るわけですね。元々、「事情が許せば開会式に出席したいと考えてる」としか言ってないしね。

目的としては慰安婦像の撤去というより、北朝鮮に対する「日米韓の連携」というのがホントの狙いであって、韓国や在韓邦人への事実上の最後通告ともいえます。

中略

今回の背景としては、ホワイトハウスからの要請で、開会式というより、北朝鮮問題について、ペンス副大統領のサポートして欲しいというのが狙いだと思いますよ。だってこんな人を相手にするんだからこういった要請は致し方あるまいwww

因みに今回の要請のルートとして、ホワイトハウス→官邸ルートで、米国務省や外務省ではないところから進んでいるわけですね。とはいえ、外務省ですら慎重意見が強いということは、結構末期症状ということを意味すると思う(笑)当然の話ですが、親韓派などの開会式に出て欲しいという意向を飲まされたわけではないし、アメリカはアメリカでもお笑い人事の国務省とは関係ないからなぁwww

中略

誤解しているのか、意図的に履き違えてるのかは分かりかねますが、日韓合意の時も同じなんだけど、日本政府の韓国への対応の基本路線として、国としての体をなしておらず、信用に値しないという前提で動いており、性善説で動いてるわけではないので、性善説による決めつけで外交を見ると本質が見えなくなるんだよね。日韓合意のホントの意味としては、韓国政府が挺対協を抑えることは出来ないし、合意を守ってくれるだろうではなく、その場しのぎの対応しか取らないだろうということを踏まえての話でしかない。普通に考えて、守られない合意を交わす意味というのは、破棄することを前提とした合意という一面があります。特に南北朝鮮に対しては、対話が成り立つ相手ではないということは分かりきった話で、それ以外の国へ向けたメッセージを打ち出すことが目的と考えた方が一貫する部分はあります。

これについては、今回の平昌オリンピック開会式の件にも通じる話です。他の国の首脳を五輪に招待して首脳会談を準備している相手に対して、それを無下にする行為というのは、第三者の国として、どのように映るのかという目線も必要です。国連決議で全会一致で採決した内容に関する会談に応じないとなれば、南朝鮮もテロ支援国家であるという意思表明をしているに等しい行為とみていいでしょう。普通に考えるとねwww北朝鮮問題で日米韓の連携が重要というメッセージというのは、実質的に最後通牒といった意味も含まれてくると思います

以上、抜粋して貼り付け 是非ともアクセスして全文をお読みください。赤文字は管理人による。 まあ、訪韓して、仮にオリンピックが無事に?終わっても次の展開が見えている。第二のろうそく革命デモが始まって、今度はパククネお嬢様みたく甘くないから戒厳令で武力行使かもね。

Dtnybo1vqaaegor

ついでなんで慰安婦問題の流れなんかの画像を貼っておきましょうかね。


Dtosnm6uqaard9w

Dtn2hpnu0aaonm3


以上訪韓ネタ。

まあ、これよりもびっくりしたのがこのツイート

地蛋 @Wl9uZ                    17時間前           

中国 場所不明 報道されない暴動シリーズ

中国 場所不明

市民と警察がかなり激しく衝突しています。

言論統制の国であることを知ることは中国を理解する前提です。つまり、内部からも外部からも客観的に中国を見ることができません。中国は大丈夫だよ、普通の国だよと言っている人はその事実を無視しています。

https://twitter.com/Wl9uZ  アクセスしたらアイフォンとかで動画を見れる。 

いやー凄いですよ。暴動ですな。

これを見て思い出すのがあの法則・・・ 倉山満氏の名著「嘘だらけの日中近現代史 (扶桑社新書)                     新書                                                                                                                                                          – 2013/6/1 」の中の・・・

中国の歴史サイクルはたったの8つの繰り返し【倉山満×上念司対談

https://nikkan-spa.jp/456783

倉山:中国の歴史サイクルはたったの8つ。

1:新王朝の設立⇒2:功臣の粛清⇒3:対外侵略戦争⇒4:漢字の一斉改変と改鼠歴史書の作成⇒5:宦官、閨閥など皇室側近への跳梁⇒6:秘密結社の乱立と農民反乱の全国化⇒7:地方軍閥の中央侵入⇒8:1から繰り返しです。

とうとう6段階まで進んだようですな。 動画では警察?というか保安隊?治安維持隊が必死に食い止めているようだけれど、このまま進むと警察?のほうだって切れるよね。暴動してるほうだって、寒さと飢えで必死なわけさ。そうしたら暴動はとてつもなくエスカレートするだろう。  もう警察?の盾と拳銃では制圧できなくなる。そうなれば天安門と同じく人民解放軍での制圧しか方法は無くなるわね。 でもあの時はまだシナ中共は貧乏だったし、シナ共産党の賞味期限も残っていたからね。 でも今は違う。 戸締り先生 渡邊哲也氏の唱える法則 「貧乏な国が豊かになると戦争が始まる。豊かな国が貧乏になっても戦争となる」 今はシナ中共は天安門の時とは大違いに裕福になってるからね。 まあ、今回の暴動は出稼ぎに来ている農民工の住処が中央政府に一方的に撤去されてるからその抗議でもあるんだろうけど、あの天安門の時とはちょっと違うよね。 習金平ごぼうが人民解放軍に命令できるかね???鄧小平と同じことができるかね??? 

前に紹介した、出稼ぎ労働者の店舗等の撤収作業の画像。

Dp1rvkhuqaao65t

Dp1rxoduqaaaipg

ダイナミックだねぇ シナ大陸は。

追記

まるぞう備忘録 さんの記事をちょっと貼り付けておきます。

日本人が知っておくべき対中国視点考察。前編。

※ でもこのブログは韓国の記事はほとんど書かないのに、中国の記事は多いですね。
 それはもう韓国は詰んでいるので、私がここでいちいち取り上げて、読者の方々の負の感情の火を煽ることはないからと思うからです。

 しかし中国に対しては、日本人は本当に心しておかなければならないと、本気で警鐘を鳴らしています。

 朝鮮半島紛争のあとに控えている、中国との国際紛争。単純に中国を排除すれば解決と思っていると足元をすくわれる。そんな危惧を持ちます。
 しかし安倍外交は本当にしたたかに行われています。しかし無菌培養の視点だと、なかなか見えにくいかもしれません。
 お花畑脳の自称リベラルという人も、あるいは「排他せよ」一点張りの狭い視野の自称保守層も

一部抜粋して貼り付け 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

50は分岐点

不惑という言葉がある。 「四十にして惑わず」で不惑という。それで「五十にして天命を知る」に繋がるってことなんだけどね。ほんと、50歳を過ぎると残り時間とかも少ないし、そこからできることなんて殆ど残されていないから。誰でも自分と向き合うことになるかもねぇ。

塩野七生さんの名著「男たちへ」の内容を思い出す。 たしか、男は50歳を境にして幸、不幸がはっきりと現れると書いてあったと思う。まさにそのとおりだなと。 

51xrpkvbtgl

20代は何も考えるな。30代は少しだけ考えろ。そうしたら40、50代になっても何も考えないで済む。 という言葉がある。 まさにそのとおりだ思うね。だいたいが人生は36歳でその後がどうなるかはっきり決まってしまうと思う。36歳から40歳前半までである程度にことをなしえないともうどうしようもない。 50歳を過ぎても悩んでない人はそのあたりで多少考えて工夫している人が多いように思える。

管理人の座右の銘「人間何かを得れば何かを失う」 この言葉、美輪明宏さんの本に書いてあったんだけど、常に肝に銘じている。まさにこのとおりでね。管理人が家を買ったらダメだと常日頃言うのはこの言葉からである。でもまさにこのとおりで、自分の思い通りに家を建てた人ほど、その後が上手く行かないのをそれこそ数多く見てきたから。

上記の塩野さんの本を読んだのは30歳台だったと思う。本って重要だなあと。その本の言葉を一つでも二つでも座右の銘にできるのであればこんな幸運は無いのでは?とも思う。

人生はリカバリーとかやり直しが絶対にできないから。 人間、元々50歳くらいが寿命なのにそれより長生きしてしまうから辛いのかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

35年

なにかのブログ記事だったと思うが、明治維新から35年程度で、先進国になり、45年に敗戦してから、たた35年で経済が復活した日本をアメリカは脅威に感じている・・・そのような内容であった。

なのでちょっと調べてみた。

1867年 大政奉還

1868年 明治元年

1872年 廃藩置県

1877年 西南戦争の終結 これをもって明治維新の年度とか諸説あり

1910年 日韓併合 これが決定的だったような・・・

1945年 敗戦 大日本帝国崩壊 日韓併合からたった35年で崩壊・・・

1980年 自動車生産世界第一位 経済大国として完全復活

2015年 余命三年時事日記が言う 極限値2015年

2040年 次の35年後 ???

明治維新の頃の年代がいまひとつ定まってはいないが、それでも35年で日本が大きく変わっているのは間違いない。それにしても日韓併合の1910年から35年で国が崩壊とは、この頃の先人はなんという過ちをやらかしたのだろう。隣国を助けると国家が消失するとはクラウゼッツの名言であるがそのとおりである。福沢諭吉は正しかった。お隣の半島には係わってはいけないのだ。

それにしても戦後70年の2015年で日本も大きな節目を越えたようだ。いままで特定亜細亜3国にやられっぱなしだったが、反撃できる態勢になりつつある。 安部政権の中韓放置が相当効いている。 それに国内の反日勢力が世間に晒されてきている。3年前くらいは「反日の正体」という書籍でもその正体は具体的には書いていない。ぼかされていた。それがいまや「はすみとしこの世界」や「余命三年時事日記」が世に出るほどに激変した。山口組が分裂するなんて誰が想像しえただろうか?今まで反日の正体をずっと隠していたマスメディアも、インターネットの普及により誰もが情報発信者になることが出来るようになり、もう隠し通すことが出来なくなってきた。 いままで日弁連、日教組、新聞テレビ、大学教授や労働組合などの出鱈目がばれてしまっている。 戦争中、極端に右だったのが戦後これまた極端に左になったのだけれど2015年を境に大きく右側に振れていくだろう。

2016年は気をつけましょうね。戸締りしっかりと。

お次はほっこりカメラネタ

昨日、新宿のヨドバシに立ち寄ったら、店員さんが話しかけてきた。ペンタックス、いかがですか?と。 いやーフルサイズが春に出るっていうでしょう。それからですよねー。でもニコンのD500も気になって・・・ と言ったら 「実は私ペンタックスで」 あ、ペンタックスのヨドバシカメラ販売協力者だったのね。 「2月中旬には発表ですよ。今度のは期待してください!」とのこと!そうしてなんと「DAレンズ(APS-Cという35ミリフルサイズの半分の大きさのセンサー用)でも実はフルサイズで使えるレンズがありまして、その発表も致します!」とのビッグニュース!これはペンタックスの中古レンズ市場が高騰するね。いまでもフルサイズ用は値段が上がっているのだが、中古カメラの市場には朗報だろう。 ペンタックスの一眼レフって実によく出来ていて使いやすいのだが宣伝が下手なのかニコンやキャノンみたくメジャーに売れていない。 2015年を境にしてペンタックスも変わってほしいものである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

係わってはいけない場所

鬼門という言葉があるように、そこに足を踏み入れてはいけないという場所を示すものだ。連綿と続いてきた歴史の経験によりこんな言葉が残っているのだろう。そんな場所が地球上に存在する。つたない管理人の知識であるが、それは三箇所かと。

01a

1、アフガニスタン

02_20191227132201

中央アジアに位置し、東はインド、アジア、西はペルシャ、北はロシアの南進を阻止するような絶妙な場所である。ここを制すれば、中東や西アジア、それにロシア(ユーラシア大陸)を制することができる。先ず、それにチャレンジしたのが、当時、世界覇権をを持っていた大英帝国だ。何回か試みるも、原住民の凄惨な民族性の為に、制することは出来ずに撤退。あの当時、世界最強で、謀略にも長けた大英帝国がである。その後、大英帝国がどうなったかわ皆さんご存知のとおり。第一次、第二次大戦で国力と植民地を失い、覇権は植民地だったアメリカに明け渡し、いまはロンドンシティの力だけ。今だ世界の金融と保険、それに海運などは仕切っているが。

 

ソビエトも、この地に挑戦したけど、見事に敗れ去りました。湾岸戦争でアメリカ製武器に完全に負けたのがソ連崩壊の引き金とか、レーガンのスターウォーズ計画についていけなくなったとか、そもそも共産党70年限界説など、崩壊の原因は諸説ありますが、大英帝国のようにアフガンに手を出したのがきっかけだったのではないか?

 

アメリカもここに手を出しましたな。「ランボーの怒りのアフガン」って、国策映画まで作って頑張ったけど、泥沼で、国力を大幅に落とし、まるで世界の覇権国ではないみたい。基軸通貨がドルだからまだなんとか持ってはいるけれど・・・大英帝国のポンドだって昔は基軸通貨だったんだけどね・・・

 

どの国もアフガニスタンに手を出すと、落ち目になります。

 

2、バルカン半島

04_20191227132201

いつでも欧州の火薬庫。第一次世界大戦のきっかけはこの半島。旧くはローマ帝国、それからオスマントルコ、オーストリア。つねにぐちゃぐちゃ 裏切りの歴史。ここの小国達が、大国を振り回してぐちゃぐちゃになる。ここの人達、目先のことしか考えてないようで、敵が味方になったりでわけがわからない。詳しくは 倉山満氏の 嘘だらけの日露近現代史 をお読みください。とにかくこの場所に係わると不幸になる。

 

3、朝鮮半島 

03_20191227132201

前回のブログで紹介したとおり。 アメリカなんざ、朝鮮動乱で介入し、めっぽう弱い韓国軍のために多大な損害を出し、ベトナム戦争でも強者に弱く、弱者に強い、現地民間人を殺戮、陵辱の限りを尽くした韓国軍でまた大変な目に会い、つい最近も派遣された韓国軍の銃弾が尽きて日本に借りに来て、問題になったのは記憶に新しい。アメリカもさすがに懲りたのか、朝鮮半島から撤退のようだ。

 

日本なんて、国家予算の30%くらいを投入して係わってしまったために、それが見事に仇となって返ってきて、突っ込みすぎたぶん、国家消滅だけでなく、戦後の今の今でも朝鮮半島とそのヤツラに悩まされている。戦後70年、スワップ協定も終わり、極限値の2015年で、その悩みからも解消に向うだろうか。

 

それにしてもだね、この三箇所、係わると、冷酷で残忍で狡賢な白人(武田邦彦先生は、アーリア人としてます)。その筆頭の英国人でさへこの地域には敵わないってこと。英国人がどれだけ狡賢いかは、高山正之氏の「偏見自在シリーズ」をお読みください。

 

この三箇所に共通するのが、文明が無い、法があっても無いがごとし、本能のままってところだ。中世どころか古代のままだ。そりゃあ、近現代の国家では対応以前の問題だ。古代⇔中世を行ったりきたりのシナ大陸が朝鮮半島を手なずけるのが上手なのも、一応、中世までは到達したりしているからか。それでも係わると崩壊しているんだけど、それを何回も繰り返す。イランがペルシャ時代からメンタリティはそのままのとおり、シナ大陸も中世から先に進むことはできないのね。

 

なかなか人類は歴史をきちんと把握できてなくて(歴史はその時々の勝者が改竄してしまうので)当時、世界最強だった大英帝国はバルカン半島がきっかけの第一次世界大戦で国力を落とし、第二次大戦では植民地を全て手放すことになってしまったのだから。スペインやオランダ、フランスも同じだ。もちろんドイツも崩壊した。日本はアジアの植民地を解放したけれど、300万人以上も亡くなり、国まで消滅して、いまだに占領されたままだ。

 

「触らぬ神に祟りなし」 とか 「好時魔多し」 という言葉があるけど、いつもは慎重で、本能的に危なそうな場所とかは避けているのだけど、何回か上手く行くことが続くと、慎重さを忘れてしまい、大きな落とし穴に気付かずに落ちてしまうということだね。

 

倉山満氏が、嘘だらけシリーズで、ソ連=ロシアは500%安全じゃないと行動しないとか、スターリンは臆病者だったとか、スターリンも毛沢東も自分の安全を脅かしそうな勢力は徹底的に粛清したとかと解説しているが、そのぐらいでないと死ぬまで権力を掌握できないってことだね。たしかにそのとおり、両者とも死ぬまで権力を掌握していた。両者共に見事に人間をこれでもかと殺しまくったのは、死後の世界なんてまるで信じてないってこと。神など信じていないってことだね。まあ、キリスト教徒だっていくらでも人を殺してきたんだから、極論を言えばそんなに違いは無いんだけど。イスラム教だって、元々はキリスト教から派生したものだし、そのキリスト教だって、ユダヤ教から派生したもので、その前はゾロアスター教が元祖とのことだ。宗教なんて所詮、古代~中世の人民を管理するための処方箋でしかないから。だからいろんな場面で破綻する。所詮そんな程度のものだ。

 

話が大幅にあっちこっち行ってるが・・・

 

あっちこっち ついでだけど

 

倉山満氏が、「嘘ばかりの日露近現代史」の中で小室直樹氏の「ソビエト帝国の崩壊」という著作で、小室直樹が、アノミーがソ連を滅ぼすという、そのアノミーに対し、「無連帯」という翻訳をして、それで、あっ・・・と 銀河英雄伝説やらウルトラマンやら、アニメから特撮まで造詣の深い倉山氏、対談が多い上念司氏の対談で、ガンダムとかウルトラマンは頻繁に出てくるが、新世紀エヴァンゲリオンが話題にもならないのが不可思議だったのだが、「アノミー」の解釈が違うのね。今回の「嘘だらけ日露」で解ったような気がしたねぇ。エヴァではアノミーは崩壊だものね。アノミーは「無連帯」であって、それからが、それに伴う崩壊なんだけど、そこをすっ飛ばしてはいけないってことなんだろう。安直を嫌う上念氏と倉山氏だからなのだろうか?。機動戦士ガンダムとか銀河英雄伝説は両者の歓談?で、とくにガンダムはたくさん議題?とか漫談?とかに上るのだけれど、エヴァンゲリオンは不思議だけど出てきた記憶が無い。絶対にお二人とも見ていると思うのだけれどね。倉山氏の「嘘だらけシリーズ」では、あのパタリロさへも出てくるというのに・・・それも丁寧な解説付きで・・・*勘違いしてたらすいません。

 

議題?は係わってはいけない場所でした。

 

51v5xew16ol__sx311_bo1204203200_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

係わるとダメな法則

「係わって幸せになった国は無い」という石井菊次郎氏の言葉をブログや著作、嘘だらけの日○近現代史シリーズで取り上げた、いまや著名な作家の倉山満氏。以前にも紹介したことがあったと思うけど。

http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1079

フレデリック大王以来、あの国と組んで幸せになった国は無い! 

年表も含めて、紹介されていますので、是非とも、「大学では教えられない歴史講義」をお読みください。氏の「嘘だらけシリーズ」は必読です。最近、日露編が出ました。

Usoねん


評論家の石平さんの、日本が中国と係わると不幸になるっていう本がありました。

51lqz9t3zzl__sx305_bo1204203200_

でも一番凄いのが朝鮮半島の法則かも。

http://ameblo.jp/kamen110/entry-11598374432.html

大阪オヤジのつぶやき というブログ 2013年8月23日の記事です。

 

今回の清平焼身自殺事件を思うに、やはりあの法則が脳裏に浮かびました。
知っている方も多いと思いますが嫌韓ネット界で語り継がれる法則です。
信じるか信じないかはあなた次第。

あの国のあの法則 
(歴史と実例が証明する朝鮮半島の法則)

《絶対法則》

第一法則
国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。

第二法則
第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。

第三法則
第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。
この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある

第四法則
第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。

第五法則
第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。

第六法則
第3・第4則において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、
若しくは上昇傾向が期待出来る。

《諸法則》

第一法則
日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、 韓国製又は半島製にされる。

第二法則
日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが、韓国か ら嫌われていると、必ず回避出来る。

第三法則
日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。
(日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。)

第四法則
海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、 本当の日本人で無い可能性が高い。

第五法則
自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。

第六法則
韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり 悲惨な末路を歩む。

第七法則
朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する 。

第八法則
法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある 。

第九法則
たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動する。

第十法則
たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動しない。

第十一法則
あの国に深く関わり且つイメージキャラクタ等、象徴的存在になってしまった場合、
その人物は法則発動体となり、その人物に関わると直接・間接関係なく法則が発動する。
また発動体はこちらの意志とは関係 なく一方的に関わってくる為、 ほとんど 回避不可能である。

歴史上の実例

《歴代の戦争》  
歴史上、法則の例外は確認されていない。

勝ち       負け
唐 vs 日本 + 百済 (白村江の戦い)
イスラム帝国 vs 唐 + 高句麗人の総大将 (タラス河畔の戦い)
日本 vs 元 + 高麗  (元寇)
明 vs 日本 + 朝鮮  (文禄の役)
日本 vs 明 + 朝鮮  (慶長の役)
清 vs 明 + 朝鮮  (明滅亡)
日本 vs 清 + 朝鮮  (日清戦争)
日本  vs 露 + 朝鮮 (日露戦争)
ソ連  vs 日本 + 朝鮮 (シベリア出兵)
アメリカ vs 日本 + 朝鮮 (大東亜戦争)
ベトナム vs アメリカ + 韓国  (ベトナム戦争)

番外編(引き分け)

アメリカ + 韓国 vs 中国 + 北朝鮮 (朝鮮戦争)
イラク + 北朝鮮 vs 多国籍軍 + 韓国  (イラク戦争中、北朝鮮がイラクの戦果を誇大報告。フセイン一族崩壊&イラク治安回復せず)

日本史版「あの国の法則」

・大和朝廷、新羅などに出兵→半島を攻めた大王の家系、2代で滅ぶ。

・大伴金村、任那4県を百済に割譲→金村失脚、大伴氏衰退。

・物部尾輿が百済に援軍派遣→物部氏、2代で滅ぶ。

・聖徳太子と蘇我馬子の半島出兵→聖徳太子の家系と蘇我氏、2代で滅ぶ。

・天智天皇が百済に援軍派遣
→日本水軍、唐水軍に惨敗。撤退時に多数の百済人同行
→近江朝廷、2代で滅ぶ。

・奈良時代に新羅から天然痘が上陸、大多数の日本人死亡。
→当時の政権トップの藤原四兄弟、天然痘で全員死亡。

・藤原仲麻呂が新羅征伐を計画→反乱を起こして妻子一族共にあぼーん

・平安時代に新羅海賊が九州沿岸を荒らし回る。
→比較的平和な世が長期間続く。国風文化隆盛で日本精神の基礎が出来上がる。

・元寇で高麗軍が進んで対馬・壱岐・北九州住民を虐殺しまくる
→対馬・壱岐・北九州住民が倭寇と化し半島に逆襲
→倭寇に便乗して大勢のが倭寇を名乗り暴れる(諸法則@第四法則の元祖)
→倭寇(大半)が大きな原因となり高麗あぼーん(壮大な第二法則発動)

・琉球の中山王が朝鮮市場への開拓を進める
→中山王、2代で滅ぶ。 (それ以降の尚氏は息子を名乗ったが別家系)

・足利義満が半島との国交を回復させる。日朝貿易開始
→将軍クジ引き決定・徳政令乱発・応仁の乱誘発などで室町幕府低迷

・豊臣秀吉の朝鮮出兵
→日本軍に大勢のが加わり戦況泥沼化、明進出ならず
→豊臣家、2代で滅ぶ。(ついでに加藤清正も2代でお家取りつぶし)

・江戸時代の朝鮮通信士
→通信士一行、道中で一般庶民のモノ笑いの種に。幕府の待遇も大名以下
→通信士、日本の繁栄を妬む
→長期に渡り天下太平の世が続く。世界に誇る日本文化完成
・西郷隆盛が征韓論を主張
→西南戦争で西郷死亡。

・伊藤博文の朝鮮への干渉
→博文、安重根に暗殺される。超赤字の半島併合統治始まる

・大日本帝国の朝鮮併合統治
→半島からの米の一方輸入で日本農家の貧困深刻化
→半島へ大和数隻分の工業インフラを投資。半島大発展
→日本、牛車がいまだ現役なインフラ度合いの時代が続く

・支那事変、そして大東亜戦争へ・・・
→大陸の憲兵、ほとんど半島人を採用。万宝山事件発生で中国との泥沼戦争勃発
→議会主義御臨終で特に朝鮮好きといえた陸軍が政治を牛耳る。
→半島人が物凄い日本マンセーに。大日本帝国、敗戦で完全あぼーん

・日本敗戦
→半島や日本本土で半島人が日本人に対し暴虐の限りを尽くし、一部は引き上げるが朝鮮戦争勃発し、難民化、  再び日本に戻ってくるはめに。
→日本、アメリカ軍需で一気に回復。やがて高度経済成長期を迎える 朝鮮戦争終戦後、韓国軍が日本を攻めよう  とし、手始めに竹島制圧。
→数多くの歴史的捏造が明らかに(諸法則第五法則)

・平成に入り日韓交友深まる
→様々な分野で韓国と友好ムード。政府・マスコミ共に韓国マンセー
→日韓共催WC開催
→長期景気低迷など皆さんもご存じの通り・・・

・小泉伝説(逆発動の達人)=ある意味、対北強硬路線のおかげか?

中国史版「あの国の法則」

・秦が朝鮮を統一
→秦滅ぶ

・前漢が半島に楽浪などの四郡を置く
→巫蠱の乱で御家騒動(衛皇后・戻太子・太子の子、武帝呪殺疑惑であぼーん)
→ほどなく、冤罪であったことが発覚する(後継者を皇帝が自ら潰してしまい、のちに霍光など権臣の台頭を招く)
→深刻な財政難に陥り前漢衰退

・前秦の苻堅が、高句麗と百済に仏教を下賜する
→百万の大軍を率いて東晋を攻撃するも、シ肥水(ヒスイ)の戦いでボロ負けする(東晋軍は6万ほど)

・後漢が半島南部に帯方郡を置く→後漢滅ぶ

・隋の高句麗遠征
→隋滅ぶ

・唐の百済・高句麗遠征
→唐一時あぼーん、則天武后政権樹立

・タラス河畔の戦い(唐の最高指揮官が高句麗人の高仙芝)
→唐大敗北(イスラムに製紙法伝来の逆法則)
→高仙芝、干されるどころか近衛大将軍に就任
→安録山の乱で唐一時あぼーん

・モンゴル帝国の高麗侵攻
→欧州遠征中にオゴタイ・ハーン死亡、欧州遠征中止
→息子のグユク、ハーン即位後わずか2年で死亡。オゴタイの家系没落
→高麗降伏と同時にモンケ・ハーン死亡。帝国内の内紛勃発

・元の高麗支配
→日本侵攻大失敗
→高麗人奇氏が順帝の皇后になる
→元あぼーん(ついでに実家の奇氏及び高麗朝もあぼーん)

・明が宮女供給源として朝鮮女性を大量連行し、が紫禁城に流入。
→明の皇帝の大半が「バカ殿」になる

・明が秀吉の朝鮮侵攻の際に朝鮮に援軍を送る
→明の弱体化が更に進行

・明が朝鮮と共に後金(清)と戦う
→明完全あぼーん

・清の朝鮮侵攻
→ホンタイジ急死
→後継者問題で一時混乱

・清による李朝政府への内政干渉(袁世凱による専制)
→日清戦争大敗北
→清あぼーん

・中共が朝鮮戦争で北朝鮮に援軍を送る
→200万人が戦死(ついでに毛沢東の長男も戦死)
→大躍進の失敗で国内がボロボロ
→文化大革命で更にボロボロ

・中共が1992年に韓国と国交回復。北と南両方と関係を持つ
→中国経済低迷、天安門事件で国際的非難が静まらず

・21世紀に入り、中国と台湾で韓流(韓国ブーム)が盛り上がる
→双方で大規模なSARS騒動が蔓延し国家的危機にまで拡大

皇室における発動事例

1959年 皇太子殿下誕生

1965年 秋篠宮さま誕生、日韓基本条約締結

女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生
女子誕生

2005年 小泉総理靖国参拝、以降日韓首脳会談せず
2006年8月15日 小泉総理靖国参拝
2006年9月6日  悠仁親王殿下誕生 

国マンセーのマスコミに発動した恐怖の法則

「民放連58年の歴史で最悪」…テレビ局55社・ラジオ局92社が経常赤字。広告収入減と地デジ設備投資負担で収益を悪化  読売新聞

日本民間放送連盟(民放連)によると、加盟127社のテレビ局の約4割にあたる55社が2008年9月中間決算の経常利益で赤字となった。

ラジオ局も含めると加盟194社中、約5割にあたる92社が経常赤字だった。景気悪化で広告収入の減少と地上デジタル放送(地デジ)の設備投資負担が収益を悪化させた。広瀬道貞会長は記者会見で「民放連58年の歴史の中でおそらく最悪。通期はさらに悪化していく恐れもある」と述べた。

2002年サッカーW杯で日本のマスコミが不自然な韓国擁護報道

マスコミ主導の捏造韓流ブーム始まる

韓国ドラマ垂れ流し、韓国マンセー韓国人マンセー報道が続く 

法則発動

マスゴミ各社赤字転落始まる ←今ココ


???

 

以上、貼り付け終わり。

なんか凄まじいよね。朝鮮半島に係わると全部不幸になる。大日本帝国なんて、朝鮮を併合したばっかりに、消滅しちゃったんだからね。

同じことはバルカン半島にも云える。先の、第一次、第二次大戦はバルカン半島がきっかけだからね。詳しくは、倉山満氏の「嘘だらけの日露近現代史」を読んでくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

立場と環境が人を変える

昨日、ちょっとだけインターンで体験学習してた男の子が会いたいと3年ぶりに訪ねてきた。再開した瞬間、びっくりした。顔つきがかなりシャープになり目つきにも力があり、かなりカッコよい男の子になっていた。

その男の子、在学中はぽわっとしていて大丈夫か?ってな感じだったんだけど。

それでお話を聞いてみると何回か転職を繰り返したらしく、いまの会社に入って3年ちょっとになると。話も仕方もすっかり大人びてしっかりしていて実に感心した。まだ20台で若いのだが、デザインだけでなく、店舗の計画などいろいろな仕事に携わっているらしく、部下の面倒も見ているらしい。会社はいけいけどんどんの急激に伸びている真っ最中で、店舗の拡大に伴う人員の増大があり、そこがちょっと心配になって管理人の意見っていうか話を聞きたかったようである。

まあ、そこの社長はまだ若いからパワーもあるし、ビジネスモデルがなかなかよろしいので大丈夫ではないか?と言っておいた。すこしは安心できたかな?

それにあのぽわっとした青年がすっかりかっこよくなるような会社である。悪いわけはない。

これから期待できそうな青年に育ったようなので、おっさんからこれから起こりえることを伝えておいた。

1、若いのに何でもやらされるというのは期待されている。それを周囲、特に年上の男が嫉妬するから気をつけるように マジ、男の嫉妬ほどひどく、根深いものはない。

2、組織は必ず不正や事故が起きる。また業者からも狙われる。それを想定して行動するように。

3、20才台は考えるな。30才台になったら少しだけ考えろ。そうしたら40台50台になって悩まなくて済む。

4、女に気をつけろ。

5、人生最大の極意 「何かを得れば何かを失う」

6、とにかく本をたくさん読むこと。特に近現代史(これの理由はあまり説明しなかったけれど、ようは日教組の左翼巻きの洗脳から解放されるためである)

7、人になにかしてもらったときはちゃんと返しなさい。それをしないと運が逃げる。

まあ、こんなことを言いましたかね。

こんな言葉を吐いたおっさんの管理人はナイスでもないけれど(笑)彼には是非ともナイスな大人に育ってほしいものである。

それにしても立場と環境ってとても大切なんだと彼の顔としぐさや言葉でしみじみ感じましたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧