2020年8月22日 (土)

靴修理

梅雨に猛暑にと、このごろはぜんぜん外に出て歩くことができていないがそれでも渋谷にいたころよりは歩いている。なので靴の踵が磨り減ってきた。靴のかかとが磨り減った靴を履いているほど貧乏臭くかっこ悪いものは無いと考える管理人。なので修理したいのだが引っ越してきた和光市ではどこに修理屋さんがあるかわからない。よく駅ビルや地下なんかにミスターミニットがあったりするが。和光でどこにあるのだろうと調べてみたら3件ヒット。いまはネットでなんでも瞬時に調べることが出来て便利な時代だよね。逆にインターネットが無い時代はそれだけ宣伝にお金をかけないとダメだったってことですな。だから新聞チラシとかで新聞販売店ビジネスが成り立っていたのですな。

よく行くイトーヨーカドーの店内に靴修理屋さんがあった。洋服の修理もやっているようだ。そうだよね。今の時代、ミシンなんて使える人いないしね。裁縫だって普通は出来ないでしょう。こういう便利なテナントも入っているイトーヨーカドーってありがたいですなぁ。

http://rkoboasp.ddo.jp/rkobo/tenpo/tenpo.asp?tcode=1021

http://www.rkobo.com/i/ryokin.html

それで早速行ってみて訊いてみた。そうしたら修理には次に日の17時まで時間が必要とのこと。値段は¥2500- 時間と料金が判明したのでそのフロアのABC-MARTで靴を調達し、それに履き替えて履いてきた靴を修理に出した。新しい靴を調達したいってのもあったのね。昨年購入した雨の日用の靴、合皮だから雨水通さなくて良いのであるが堅いのとちょっときつめなのか長く歩くと足が痛くなってきた。渋谷にいたころはそんなに距離は歩かなかったから気にならなかったが和光では歩く距離が長いからそういうところが出てきてしまう。こちらにきてから右足に中指が痛くて不調であった。

過去記事 → 雨の日の靴

だから雨の日用の靴を買い替えしたかったのですよ。今度の靴はちょっと大きめで靴紐がゴムが入っていて伸びる。なんか歩いていてすごく楽ちん。年取ると脚の関節とか弱ってくるから靴底が堅い靴を履いて長時間歩くってことが出来なくなるんですよねぇ。。。だから年寄りってそんな靴を履くようになるんですな。

次の日、靴を回収してきた。

Img_7773

靴の周囲も削ってもらいお値段は¥2750-。なかなか丁寧な仕事ですなぁ。ミスターミニットよりも仕上がりはきれいに思える。

過去記事 → 靴の踵

靴の周囲がきれいになったのはとても嬉しい。自分でやるのはとてもたいへんである。

過去記事 → ホワイトソールを白くする方法

靴の修理をしてもらって満足な管理人でした。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

突然の梅雨明け

都心にある大会社に勤める友人が、あるプロジェクトの件でスタッフ含めて打ち合わせをしたいというので、やや混雑の午前9時台の銀座線に乗り、当該駅出口から出たら突然の雨! 目の前のコンビニに飛び込みビニール傘を購入し、友人の会社へ向かう。 久しぶりなのと雨、それにアポイントの時間が迫っており、焦っているのか方向感覚がおかしくなってアイフォンの地図見てもどっちへ向かっているのか良くわからん。道端の地図をみて方向を確認。なんとか到着。友人の会社、自社ビル巨大なのに看板が壁面に付いておらず、目立たない。。。そしてビルの色も景色と融合させているのか目立たない。。。 時間がたっぷりあるときはいいが、タイトな時はチト困る。

Img_6120

で、打ち合わせも無事に終わり、友人がランチ行こうと。それで外へ出たら、先程の曇り空での雨の天気は何処へやら。強い日差しで一気に真夏モードになっているではないか‼️

傘をささないとびしょ濡れな天気だったのに驚きだよ。。。

雨に降られたとき、履いていた靴が合成皮革のクラリーノじゃななかったことを一瞬後悔したが、強い日差しを見て、革靴で良かったと安堵した。

防水機能が高い、まるで北海道仕様の合成皮革のクラリーノ靴。雪道や雨の日にその高い機密性で足元を守るのだが、暑い日のアスファルトジャングルの都会ではその通気性の無さが、反作用する。太陽光のエネルギーをたっぷりと吸い込んだアスファルトの高熱が機密性の高いゴム底から浸透し、通気性の無い靴の中はこれでもか?というくらいに温度上昇して、空気の循環が無い靴の中の足の指、水虫発症部分から大量に発汗する。昭和最後の年、何故か芝大門が事務所で大森の超オンボロアパートで寝泊まりしてた管理人。北海道仕様の靴のまま真夏の東京都心部を歩いたら異常な足の発汗による塩分の白い跡が靴の表面に出てきたので、窮状を店主に訴え、対処法の教えを乞う。いくら田舎者の管理人でも革靴の、外側の小指くらいの位置に白い靴の中の足の汗の塩分の白いのが浮き出てるのはカッコ悪いのはわかった。。。これはヤバイと。。。一度白い粉がふいた靴は、汗が染みこんでいるのでブラッシングして靴墨を塗ってもすぐにまた白い粉が発生してしまう。靴を水洗いするか新しい靴を買うしか方法は無い。。。

雨に濡れた革靴の白い粉・塩吹きと凸凹・銀浮きのお手入れ方法!

https://kusumin.com/%E5%A1%A9%E5%90%B9%E3%81%8D%E3%81%8A%E6%89%8B%E5%85%A5%E3%82%8C/

しかし靴屋の店主は道民の靴を知らない。。。明確な回答は得られず。。。

仕方ないので管理人は考えた。靴を交互に履けば塩吹きは防げるのではないかと。 それから管理人は靴の複数交互使用もちろんのこと、靴を調べあげ、北海道仕様のセメント製法でなく、靴が呼吸するグッドイヤーウェルト製法の靴が良いことを理解した。それから管理人は出来るだけ同じ靴、できればグッドイヤーウェルト製法の靴をチョイスするようになったのである。それから新橋って、いい歳かっぱらって来た管理人みたいなのにはその当時、何を買うんでも新橋近辺なら揃うと、田舎者には敷居が低いように感じてたのだが、その一件以来、新橋を信用することはやめた。関東圏人はこんなことで悩まないんだろうなぁ。。。

今日で7月も後半で今年の梅雨はいつまで続くんだ⁉️ と思ってたら たった小一時間くらいでまさかの梅雨明け。。。梅雨はジメジメして道産子には辛いって言ったら関東圏人には面白いようだ。日曜日に渋谷に来てくれた友人に、今日は先の友人に話したら面白がってた。 道産子は意外と温度差はあまり苦にならなくて、湿度の上下のほうが堪えるんだよね。 でもこれから真夏日で30度を超える日々が続くんだよね。。。 それはそれで嫌だけど関東圏人でも嫌だよね。。。

日曜日に渋谷に来てくれた友人とは蕎麦屋でディナー。今日は蕎麦屋でランチ。小麦粉アレルギーがかなり改善されてきたようで、十割蕎麦でなくてもぜんぜん大丈夫のようだ。

いやー、良くなってよかったよ。 パスタまでいけたら完全復活ですな。弁当の添え物のマカロニ程度なら大丈夫になったのだが。。。 夏になるとセブンイレブン冷やし中華が食べたくなるのだが、アレルギー発症してからもう三年以上も食べてない。。。冬期間に期間限定で発売される、ほうとうも好物なのだが、それも三年以上食してない。。。しくしくしく。。。小麦粉アレルギーって辛いよぉ。。。

それにしても、、、普段、住処から事務所まで徒歩で2、3分だから電車なんて乗らないから久しぶりに乗ると疲れてしまいますなぁ。。。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

雨の日の靴

 

関東地方は梅雨時期は涼しいのはいいのだが、毎日曇りで雨がじとじと。。。梅雨が無い北海道産まれの道産子には苦しい季節。。。っていうか、道産子は乾燥する関東の冬も辛いし、梅雨時期も辛い。。。何故ならば北海道は湿度が年中安定しているので、関東のような湿度の大きな変化に体がついていけないのだ。。。ってことは道産子は関東には合っていないのかね??? でも雪が積もらない関東はとても住み易いんだよね。。。都内ならば交通の便も良いしね。 北海道は冬が過酷すぎだし、自動車なを運転できないと生活出来ない。 若いうちは耐えられるが、歳をとると耐えられなくなる。。。

この時期困るのが雨で靴が濡れて、しまいにゃ中まで染み込んでくること。北海道ならば冬は雪が降るので誰でもあたり前に長靴持ってるから、雨が降れば履けばいいし、普段履いてる靴の構造が雪道でも水が染み込んでこないようになっていたりする。靴底が雪上でも滑らないようにギザギザになってるしね。北海道仕様なんだよ。いまや全国区となった大泉洋が、水曜どうでしょうで親父から借りてきた靴を雪原のトビウオとか言ってたっけ。。。

https://www.youtube.com/watch?v=9_d3Utsa9F0

関東にはそんな靴は売ってない。 長靴も豊富に売ってないよね。種類も北海道に比べてぜんぜん少ない。 まあ、関東は雪なんて降らないのに長靴履くのもねぇ。。。あれ蒸れるし。。。

10年前くらい、都内で若いお姉さまたちが長靴、管理人が中高生くらいのときに流行った「特長(とくなが) 」みたいな靴を履いてたのは驚いたけど。。。最近は見ないね。

もうオンボロでがたがたなんだが、足にフィットしていてなかなか捨てられない靴。。。(靴 過去記事 → 靴の踵 ) さすがにもう末期症状なのか、雨の日、やたら水が染み込む。。。靴下がびっしゃり。。。

雨の日は革靴はきついよねと。。。ワークブーツは持ってはいるのだが、靴紐をいちいち緩めて履くのもいささか面倒である。物凄い台風とか冬の北海道に行くのなら別だが、普段のちょっとした雨で履くのはちょっといただけない。 (過去記事 → 靴修理 )

 で、自動車整備士とか工場とかで履くワークシューズだったら水に強いんじゃね?と思い立ち探してみた。

5134rvd05jl

これ、よさげ。ステッチが黄色で、ぱっと見、まるでドクターマーチン。 アッパーの素材は合成皮革だ。昔、合成皮革のことをクラリーノとか読んでたっけ。これならば水は染みてこないだろうし、手入れもいらないので楽ちんだろう。で、この靴を求めて渋谷界隈の靴屋を巡ったが同じモノは売ってなかった。。。

茶色は無かったが、黒がおいてあった。値段はなんと¥4900- 安価である。

Camdenrord-27090

早速導入した!!!

Img_3385

Img_3387

雨の日に履いてみたが雨漏りせず。合成皮革なんで靴が硬いが、それでも水が染みこんでこないので快適で嬉しい。 雨に濡れてもクリームなんぞ塗らずに済む。とっても楽ちんだ。 水が染みこまないってことは通気性が悪いってこと。北海道の靴を関東で夏場にずっと履いていると蒸れて水虫一直線である。この靴も晴れた夏場に一日中履いているのは危険であろう。雨の日専用ですな。

Img_6060_20190712115101

長々ずっと捨てずに履いていた靴たちはようやく退役させた。

昨年末に買ったのと同じのを見つけたのでまた懲りもせずに買ってきた。

Img_3382

で、靴おろしの儀式  。。。。。

久しぶりの靴ネタでした。

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

靴おろしの儀式

さすがに時事ネタ切れですな。 なので久しぶりに「靴ネタ」

久しぶりに靴を買った。

同じ靴をローテーションして履いているのだが、さすがによれよれでもう限界・・・でもすっかり足に馴染んでいるから、なかなか捨てられないんだよねぇ・・・とほほほほ

(靴 過去記事 → 靴の踵 )

K01_3

でも新たに買わないとね。それで今回はストレートチップのブラウンにしてみた。

靴を買ったら、靴おろしの儀式がある。

それをやるかやらないかで、靴の寿命がかなり違ってくる。

用意したものは

1、シューツリー 

2、馬毛ブラシ

3、豚毛ブラシ

4、デリケートクリーム

5、ペネトレイトブラシ

6、ネル生地

K03

まず、靴紐を外し、シューツリー(シューキーパーともいう)を挿入する。

K04

次に、馬毛ブラシでブラッシングして靴の埃を払う。

K05

そうしたら、ペネトレイトブラシで靴にデリケートクリームを塗布する。 その後に豚毛ブラシでブラッシングして、余分なクリームを除去する。

K06

そうしたら、ネル生地を指に巻いて、靴を磨いて艶を出す。

詳しくは 

靴磨き芸人 奥野の『兎にも角にも靴磨き』 を参照くださいな。

(過去記事 → 靴磨き )

艶がでたら、靴紐を付けて完成~♪ 

K07

その後、履いてみたが、店頭での試し履きではとくに問題なかったのだが、実際に履いてみるとすこし小さかったのか・・・

何年ぶりかの靴擦れ・・・

K08

とほほほほ・・・この靴、足に馴染むには時間がかかりそう・・・

以上、久しぶりの靴ネタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

ホワイトソールを白くする方法

ワークブーツ系って白いソールが殆どだ。有名なレッドウイングというメーカーの靴がそれだから他のメーカーもほとんど同じ白だ。これはこれでなかなかかっこよいのであるが、白は汚れが目立ってしまうのね。汚れが進むとグレー色になり、いくらアッパーをきれいに磨いてもどうしても汚らしく貧乏くさく見えてしまう。このようなワークブーツ系を好きな人の悩みの種でもあろうか? あの靴磨き芸人のスバル奥野さんも動画で「レッドウイングのソールを真っ白くする3つの方法 」をアップしている。https://www.youtube.com/watch?v=7TnDEot-2uM

この動画によると、マネキュアを落とす除光液を使う方法、ジッポライターのオイルを使う方法、それに紙やすりなどで削ってきれいにする方法を紹介されていた。で試してみた。

1、除光液 すこしは落ちるが汚れが落ちるとはいいがたい。→ ×

2、ジッポオイル ほとんど落ちない。               → ×

3、ヤスリで削る 効果はあるのだが、手が疲れる       → △

どの方法も管理人には良くなかった。で考えた。 もしかしたらこの方法が効果あるのでは?

1

かかと部分が黒ずんできている靴

2


そこへ砂消しゴム いまでも売っているんだねー 子供の頃、何十年も前にマジックとかボールペンで書いた文字を消すのに使ったんだけど、いまではプラスチック消しゴムが主流だし、パソコンやスマホの発達でそもそも紙に文字を書く機会も減っているだろうしね。三件くらい本屋をめぐってようやく手に入れた。

3

早速擦ってみるとこれが効果てきめん!!!

4

汚れが消しゴムの屑とともに落ちてくれる。あとはブラシで払ってやればきれいなホワイトに!!!これは素晴らしい発見である。 ホワイトソールの靴を持っている人は是非とも試してみてくださいな。

以上、靴ネタ。

大紀元ニュースより

北京で豪雨 天安門広場が冠水

https://edit.djy.co.jp/2018/07/34859.html  

なんと日本だけでなくシナでも豪雨なんですな。日本のニュースではまったく取り上げられないが。

中国GDP、下半期にさらに減速の見通し

かなり米朝貿易戦争の影響が出てますな。

このZAKZAKの記事

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180719/soc1807190004-n1.html

いま「米中貿易戦争」が話題になっているが、中国の負けは最初から確定している。

 なぜかといえば、現在の世界経済は常に「供給過剰」だからだ。米国のように大きな需要を創出できる国はわずかなのに対して、ベトナム、パキスタン、アフリカ諸国など、供給を行える国は数多くある。米国は中国製品を輸入しなくてもどこからでも買えるが、中国が米国に代わる売り先を見つけるのは至難の業である。

 1980年代の日本のバブル時代に、供給が限られている土地や美術品の価格の値段が高騰したのに、食料品や家賃などの一般の物価はそれほど上昇しなかったことを思い出してほしい。物を買いたい人よりも売りたい人の方が多いというのは、ここ数十年間の世界的現象なのだ。

以上、一部抜粋して貼り付け 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。*赤文字は管理人による。

まるぞう備忘録でもシナ関連を取り上げてくれてますな。

完成は崩壊の始まり。

中国国内の人民も。そして中国と貿易している国々も。人民元を信用しているわけではないのです。人民元が米ドルとペッグ(相場の連動)しているから信頼されているわけです。

 しかしアメリカとの貿易戦争で、米ドルが手に入りにくくなる。そうなると人民元の価値が暴落します。今までハリボテであった、中国の経済が一気に崩れ始めます。

中略

トランプ氏が発動した米中経済戦争ですが、共産党内部の崩壊という事象を引き起こし始めています。マスコミは米中経済戦争で日本の影響は。なんて表面的なことしか報道していません。が、それはもっと大きな崩壊の引き金になっています。
 これはトランプ政権が策士だということもありますが、そもそも中国国家自体が、自ら崩壊の因子を十分溜め込みすぎているから。という見方も出来ます。

 中国は4つに分裂。現在中国国家が蓄積している因子から推定すると、彼らは国家分裂の未来をぐいぐいと引き寄せている。そのように思われます

一部貼り付け終わり 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

以上、シナネタでした。


              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

靴磨き3

前に久しぶりに靴箱から出してデリケートクリームで栄養補給しておいた靴のシューレース(靴紐)を外したままだった。

01

で、新しいシューレースに交換、取り付けた。


02

この靴が30年近く前、たぶん27年前くらいに買った靴とは思えないくらいにしっかりしている。グッドイヤーウエルト製法の靴は丈夫だ。

先日、靴底のラバーを交換した靴。正面から見るといけてない。

03

靴紐がダサい。なので新品に交換。

04

左が旧 右が新 旧はまるで新橋・・・ってかダサい。 右は青山とかまでは行かないが赤坂くらいか?(変なたとえですんません、、、)


05

両方とも交換。ぜんぜん印象が変わった。

06

この黒い靴もこの前デリケートクリームで栄養補給したんだけど、いまいち光ってない。つま先の傷が多いからかね?この靴、新橋で買った記憶があるんだけど。20年前かそれ以上か?時期は覚えてない。グッドイヤーウエルト製法なのに安価だったんだよね。それは靴底がラバーで、アッパーの革が硬くて質が良くないからなんだよね。だから履き皺が左右違ってるし、きれいでない。でも丈夫。

07

クレム1925でペネトレイトブラシを使って磨き上げてみる。まずはシューレースを外す。まるで靴磨き芸人 奥野さんかよ(笑) 興味がある人は是非とも奥野さんの動画を視聴してくださいな。

https://www.youtube.com/channel/UCGU56uaZYBt4ja9K5ITuZCg

08

次にシューキーパーを挿入す。

09

ペネトレイトブラシでクリームを塗りつけていく。

10

それから豚毛ブラシで丹念にブラッシングし、クリームを均していき、余分なクリームを除去する。次にネル生地で磨き上げていく。 右側がブラッシングした状態。左側が磨き上げた状態。 クレム1925はデリケートクリームよりもロウ成分が多いので、やや光沢がでるはずなんだけど、傷が多いからいまいち

11

シューレースを取り付けて完成!!! ポリッシャー系のワックスで磨きあげないとこれ以上の光沢は無理だね。こんど東急ハンズで購入してこよう。

12


靴ネタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

靴磨き2

久しぶりにアマゾンでモノを買った。 欲しい本があっても、その本屋のイデオロギー??のためか置いてなかったりする。 百田尚樹氏の本も、ベストセラー作家であるのにそんな扱いを受けたりしていた。余命三年時事日記がどこにも置いてなくてアマゾンで買うしかなかったのと同じかね。 741  余命本情報③ 

で、届いたのがこれ

01

カミカゼじゃあのさんの「売国官僚」 https://twitter.com/mynamekamikaze?ref_src=twsrc%5Etfw と、猫組長の「アンダープロトコル」 猫組長のツイッターhttps://twitter.com/nekokumicho や現代ビジネスへの寄稿記事も面白いが、やはり書籍がとても良い。必読と断言できる! で、ついで買ったのが、馬毛ブラシとシューツリー。

この前紹介した靴磨き芸人 スバル奥野さんの youtube を見て靴磨きをしたくなった (ちょっと前の記事)→ 靴磨き からなのね。靴磨き芸人 奥野の『兎にも角にも靴磨き』  

おすすめシューツリーを紹介します!!  https://www.youtube.com/watch?v=Ze2Xqhb0ROE でシューツリーを紹介してて、それがアマゾンで¥2000くらいで購入できるというので買ってみたわけ。 

02

これで¥2280なら安価である。 早速、スコッチグレインの靴に挿入す。うむ、なかなかよろし。

03

このスコッチグレイン、底がビブラムソールである。

04

この前修理に出した底がレザーの靴にも挿入してみる。これもまたよし。

05

この靴、踵とつま先がちょっと磨り減っていて、それで近くのミスターミニットに修理を出したら、なんと踵とラバーがビブラムソールを付けてくれた。ミスターミニットでもビブラムソールを扱うようになったとは・・・けっこう嬉しい。

06

長いこと靴を磨いてなかったのでポリッシャー系の靴クリームは乾燥して全滅・・・全て廃棄処分・・・東急ハンズで買ってこなくては・・・ 仕方が無いので、生き残っていたデリケートクリームを塗って革の栄養分を補給す。右側が塗布後に磨きを入れた方。デリケートクリームでもそれなりに光る。

07

より銀面がつるつるの黒い靴。左側が磨いた後。

08

黒に比べ、写真では茶色はわかりずらい。左側が磨いた後。

09

去年だったらば、すぐに手の神経がオーバーヒートしてこんなに靴を磨けなかったが、なんとか磨けるくらいに回復してきたようだ。

追記

ネル生地が届いたのと、東急ハンズでクリーム等を買ってきた。 クレム1925は買ったのだが、デリケートクリームを買うのを忘れてしまった・・・南無・・・

10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

靴磨き

この頃よく閲覧しているyoutube 靴磨き芸人 奥野の『兎にも角にも靴磨き』  である。

管理人は昔、けっこう靴好きであった。 でもこの頃はスーツも着ない。なので靴はワークシューズ系 それも一種類のみである。でもこの靴磨き芸人 スバル奥野さんの動画を見て、久々に紐靴(オックスフォードタイプ)を履きたくなったので出してみた。

01

これ、吉祥寺に住んでたときに買ったものだから、かれこれ15年前???かなぁ 物持ちが良いのかねぇ・・・ これ、ソールがレザーで、グッドイヤーウェルト式の靴なので耐久性は抜群なんだよね。 レザーソールは足が蒸れないから履いていて心地よいのだけれど雨には弱い・・・ なのでこの靴はソールにラバーを貼って補強+防水加工を施している。久々に履いてみたら、いつも履いている底がウレタンのワークシューズとは違い、足の関節への衝撃が強い。老化するとそれらがきつい・・・ 

いっつも履いてる靴、踵を治したり、シューレース(靴紐)を交換したりしているが、さすがによれてきたようで、そろそろ引退させて、この期に違うタイプにしようかと考えていたところでもある。まあ、ここ2年は手術の影響で手が麻痺して満足に動かせなかったってのもあって、そんなに磨かなくても大丈夫なワークシューズが好都合でもあったのだけれど・・・

02

銀座ヨシノヤのスコッチグレインも持っているのだが、内羽式でフォーマルすぎて履く機会が無いんだよね・・・ ブラウンのストレートチップが好みなのだが、ストレートチップはフォーマル度が高いので一般的には黒しか売ってないんだよね・・・

紳士靴のことを詳しく知りたい方は 紳士靴入門

http://www.shoes-beginner.com/page-98/

をご参照くださいな。 ほんと今は良い時代だねぇ こんなこと昔は書籍を買わなければこのような知識を得ることは出来なかったのだが、いまはスマホで誰でも簡単に知識を得られるんだから。

靴磨きってけっこう楽しい。でもやはり磨くならばオックスフォードタイプの靴のほうが断然に楽しいよ。磨くとてきめんに効果が出るからね。

Cj4vx4dp_400x400


靴が好きな人は是非とも スバル奥野さんのyoutube をご覧くださいな。

ツイッターもあるんですな。

https://twitter.com/dkr_okuno

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

靴の踵

靴の踵が擦り減っているのが嫌いである。髪がぼさぼさでも、服装がダメでもあまり気にならないけど、踵が擦り減っている靴は嫌なのだ。日頃 履いている靴の踵がかなり消耗してきて、かなり気になっていた。嗚呼、貧乏くさい・・・ 好みはオックスフォード(紐タイプ)のグッドイヤーウェルトの靴なんだが、仕事柄スーツなんて着用しない。なのでそのような靴も履かないのだが、靴修理屋さんは、圧倒的にスーツ着用仕様の踵が交換可能な靴の修理体制になっている。グッドイヤーウエルトみたいな靴底全てを修理できるようなのは別に、踵だけを交換できる靴対応のお店が多いのである。一年前、事務所の近所の渋谷一丁目の靴修理専門店のミスターミントで靴底が白いのは出来ないと断られた。とても信頼してる新橋ビル地下1Fのあの靴修理屋さんまでもっていかんくてはいけないのか?同じ靴を3足履きまわしているのだが、修理するには追加購入しなくてはならない。以外に渋谷では同じ靴は売ってない。御徒町まで行かないとその靴は手に入らない。それで御徒町まで行ってその靴を手に入れようと・・・しかし、同じサイズが一足しかないんだね・・・だめじゃん・・・

それでだめもとで近所のミスターミニット渋谷東急イン http://www.minit.co.jp/shopsearch/detail/856 に電話してみたらなんと修理できるとのこと。1年前くらいは黒い靴底しか修理できないっていわれたんだけど。早速持ち込む

たった3時間くらいで修理してくれた うれしい 実にありがたい

01


修正部分が白いが、時期に同化するだろう

02


025


靴はね 履いてる本人と同化するっていうかなじむまでに時間がかかるのだよ。新品買えば解決ってならないのね。だから靴修理屋さんが必要なんだよね。

03

靴紐も更新。この靴、二回目の靴紐更新である。

04


全部同じ靴? そうです同じ靴です。それを毎日換えて履いているのです。

二足、踵を修理してもらって延命できた よかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

靴修理

修理に出していた靴が出来上がってきた。

01


この靴、北海道にいたときに買ったもので、15年くらい前である。冬の北海道に行く場合や雨の日などいまでも普通に使っている。今回の修理は踵の補修だけでなく、経年劣化により靴底のひび割れのため、靴底の交換という重修理である。グッドイヤーウエルト方式の靴は重いが頑丈でこのような修理が利くのだ。なので定期的なメンテナンスを怠たわなければずっと履けるのである。

02


15年以上前の靴とは思えないほどしっかりしている。今回の交換で新しくなった靴底はなんとビブラムソールである!ワークブーツの靴底といえばビブラムである。

03


今回の修理代金は¥4500-。それでビブラムソールにしてくれたなんて、実にリーズナブル!ニュー新橋ビル1Fの靴修理屋さん、実に素晴しい。

04


仕上げも実に丁寧である。

05


今回の修理によって、まだまだ活躍してくれそうである。満足満足!である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧