2018年1月19日 (金)

知らないってことはヤバイと思うけど

昨年末の会合で、隣国には「国防動員法」ってのがあって、その者達を引き入れたりすると、有事の際は「外患誘致罪」なる可能性があるんだよー・・・とかの話になって、???なようだったので、「尾崎秀美」って知ってる?って訊いたら???・・・「ゾルゲ事件」って知ってる?って訊いても??? 驚いた・・・・こんなの一般常識だと思っていたのだが・・・

 

タイムリーに小坪しんや市議がブログで取り上げてくれた。

 

https://samurai20.jp/2018/01/comintern-3/  

 

朝日の記者で、コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美【知らなかったらシェア】

 

16996277_1392079130862967_897689158

 

昭和期の日本を震撼させた『ゾルゲ事件』は、リヒャルト・ゾルゲをリーダーとするソ連軍のスパイ組織「ゾルゲ諜報団」に、日本国内での諜報および謀略活動を許してしまった日本国家の一大事件だったが、この組織の中には、近衛内閣のブレーンとして日中戦争を推進した朝日新聞記者【尾崎秀実】もいた。

 

他国の諜報機関に協力し、
共産主義者で朝日の記者。

 

中略

 

330pxhotsumi_ozaki

 

元朝日新聞記者 尾崎秀実

 

尾崎ほつみは、朝日新聞記者という立場を政治利用し、共産主義のシンパとしてコミンテルン活動家に身を落とし、当時の日本国民に対して日中戦争推進を煽動する記事を書き続けた、その罪はあまりにも重い。 今の反日マスコミのアジテーション行為も、尾崎の姿となんら変わらないではないか。

 

尾崎やゾルゲらは1942年に国防保安法、軍機保護法、軍用資源秘密保護法、当時の治安維持法違反などにより起訴され死刑が確定した。
戦後
GHQによりこのような法律が全て廃止とさせられた現在の日本では、特定機密を漏えいさせた側(公務員や自衛官等)には多少の懲役刑が処されるが、スパイ活動をした当の犯人側には一切のお咎めがなかったのだ。

 

Richard_sorge

 

ソ連軍のスパイ リヒャルト・ゾルゲ

 

以上、一部抜粋して貼り付け 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

 

国防動員法は何度か取り上げたことがあるが、再度、記述する。

 

354 中韓国防動員法にご注意 – 余命三年時事日記

 

41 日中戦争と中国国防動員法 – 余命三年時事日記

 

249 中韓国防動員法 – 余命三年時事日記

 

.....「中国国防動員法」から
 (中略)
中国国内法に、中国国内で戦争や武力衝突が発生した際に、金融機関や陸海空の交通輸送手段、港湾施設、報道やインターネット、医療機関、郵便、建設、貿易、食糧などの民間資源をすべて政府の管理下に置くことができるという国防動員法がある。これは中華人民共和国で2010年7月1日から施行された法律である。
内容を簡単に言えば、中国国内で有事(すなわち戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害など)が発生した時に、全国人民代表大会常務委員会(中国の国会)の決定のもと、動員令が発令されるというものだ。だが、あくまでも国内有事の場合の法律と言い訳するが、実際は対外戦争を想定している。戦争は国内有事ではないだろう。バカでもわかる。また、国防義務の対象者は、18歳~60歳の男性、18歳~55歳の女性で、中国国外に住む中国人も対象となり、国務院、中央軍事委員会が動員工作を指導するという。中央軍事委員会が動員指導するということは
在日中国人約60万人のうち成人中国人はすべて軍属、戦闘員ということになる。つまり、日本にいながらにして破壊活動や軍事活動ができる軍属、戦闘員となるということだ。だが、在中国日本人は民間人だ。日本国内で中国人と戦闘となった場合、中国において民間日本人がはたして戦時国際法の保護下におかれるだろうか。まずその可能性は期待できないと思われる。現行の日本国内法では邦人救出は不可能である。どれだけ犠牲が出るか、これはすべて進出企業の自己責任である。そして平和憲法擁護、改正反対を唱える売国日本人の責任でもある。ここまでくれば、公明党、共産党はこの責任を逃れることは絶対にできないだろう。
 同様に
韓国でも国防動員法がある。憲法第39条で「すべての国民は国防の義務を負う」という条項だが、恐ろしいことに年齢、性別に条件がない。老若男女すべてが対象ということで、この国は中国に輪をかけて狂っている。

 

以上、一部抜粋して貼り付け(赤文字は管理人による)

 

外患誘致罪に関して。

 

Gaikann


外患罪(がいかんざい)は、外国と通謀して日本国に対し武力を行使させ、又は、日本国に対して外国から武力の行使があったときに加担するなど軍事上の利益を与える犯罪である。 現在、外患誘致罪(刑法81条)や外患援助(刑法82条)などが定められており、刑法第2編第3章に外患に関するとして規定されている。

 

外患罪 - Wikipedia

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/外患罪

 

以上、貼り付け終わり。

 

何も無ければいいんだけれど、もう半島は崩壊寸前で、とくに南のほうが日本に戦争を仕掛けたくて仕方が無い様子で・・・北よりも南のほうが深刻か・・・ シナ中共も崩壊寸前でいつ有事になってもおかしくない。 有事になれば現在の「法」などまるで役に立たない。外患罪は有事のための国体維持のための決め事である。 なんか炎上商法しているアホで無知な芸人がいい気になっているようだが、それもまだ有事ではないからそんなことが言ってられるのだ。 まあ、放っておいても8.6バズーカだかみたいに直ぐに消えるだろう。ただでさへ外国人芸人だらけの吉本がホームページで炎上し、おまけに8.6バズーカでも炎上し、こんどはウーマンなんだかってなバカ芸人である。もう終わりが見えてきたか。

 

平和な時期は知らなくても大丈夫かもしれないが、平和な時期ってのは有事と有事の間のつかの間の期間でしかない。 戦後70年以上で、経済が行き詰っていて、いつ有事になってもおかしくない。 有事を前に知らないってことはヤバイと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

三峡

余命三年時事日記の初めの頃からの読者ならば知っていると思うが、あの「三峡ダム」の危機を、なんとNews Week が取り上げたようだ。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/---5_1.php

中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

Tan170703thumb720xauto


<四川省で起きた大規模な山崩れは、本当に大雨だけが原因なのか。世界最大の三峡ダムが一帯で大地震を頻発させているという指摘があり、さらには砂礫により、ダムそのものも機能不全に陥っている>

6月24日、中国・四川省で大規模な山崩れが発生した。中国メディアによれば、住宅62戸が土砂に埋まり、120人以上が生き埋めになったという。山崩れの現場は、四川大地震と同じ場所であり、ここ数日、大雨が降りつづいて地盤が緩んでいたことが原因だとされる。だが原因はそれほど単純なものではないだろう。

2008年5月に発生した四川大地震はマグニチュード7.9を記録し、甚大な被害をもたらした。震源地近くでは地表に7メートルの段差が現れ、破壊力は阪神・淡路大震災の約30倍であった。

専門家は、四川盆地の北西の端にかかる約300キロにわたる龍門山断層帯の一部がずれたために起きたと分析し、これによって地質変動が起こり、龍門山断層帯は新たな活動期に入ったと指摘している。今後、さらに大規模な地震が発生する可能性が高いのである。

三峡ダムは、中国政府が「百年の大計」として鳴り物入りで建設した世界最大のダムである。16年の歳月を費やして、四川省重慶市から湖北省宜昌市にいたる長江の中流域の中でも、とくに水流が激しい「三峡」と呼ばれる場所に建設された。竣工は2009年だ。

ダムは70万キロワットの発電機32台を擁し、総発電量2250万キロワットを誇り、当初の計画では、湖北、河南、湖南、上海、広東など主要な大都市に電力が供給され、全中国の年間消費エネルギーの1割を供給でき、慢性的な電力不足の解消に役立つはずだった。

だが、建設中から数々の難題が生じた。まず「汚職の温床」と化した。総工費2000億元のうち34億元が汚職や賄賂に消えた。国民の多大な犠牲も強いた。はじめに地域住民約110万人が立ち退きを迫られ、強制的に荒地へ移住させられて貧困化し、10万人が流民になった。

李白、杜甫、白楽天などの詩に歌われた1000カ所以上もの文化財と美しい景観が水没し、魚類の生態系が破壊され、希少動物の河イルカ(ヨウコウイルカ)が絶滅したことは、中国内外で議論の的になった。

以上、抜粋して貼り付け。 アクセスして、是非とも全文をお読みください。

余命では2013年時点で記事にしている。

54 中国クライシス。三峡ダム(資料) – 余命三年時事日記

中国クライシス。大気汚染、水汚染、重金属汚染、核汚染等何でもありの中国だが、今回はダム関連である。まずどのような状況にあるのかをざっとおさらいしておく。資料として、各位興味があるであろう三峡ダムをとりあげて大紀元からコピペしておく。詳細についてはググればどこでも、少なくとも中国政府による大きな遮断はないので無難な概況はつかめるはずだ。

以上、一部抜粋 

237 中国探訪② – 余命三年時事日記 これも三峡ダム関連

以上、アクセスして一読することをおススメする。

三峡ダムが決壊した場合、間違いなく上海は全滅のような状態となるであろう。復旧などもはや不可能となるかのしれぬ。 そんな可能性がある場所に赴任している人は、なんとも言いようが無い。 日本人は半島やシナ大陸に係わると大きな災いを受ける。それは歴史が証明している。 

最近の余命記事 2124  さざれ石④  の余命翁のコメント

.....まあ、戦争に負けたからこうなっているので、いい悪いはともかく、けんかと戦争は負けてはなりませんな。北方領土問題も南京問題も解決は戦争以外にはない。これが現実だよ。
今般、「やまと」「うずしお」を新たに立ち上げるが、これは闘いが一歩進んだ形であって、法的にはラストステージと言っていいだろう。日弁連も朝鮮人学校補助金支給要求声明を取り消すことはもはや不可能であろうし、検察が外患罪告発やテロリスト告発を受理し、起訴することも100%あり得ないと思われる。

在日とともに地獄の道をまっしぐらという状況はまさにハードランディングだが、その過程で日本が中国や韓国と平和的な断交となるかねえ?生意気に歴史的考察をすれば、中国国家分裂、韓国、北朝鮮は消滅という画面しか見えてこないのは歳のせいだろうか.....。

2017年もいろいろな事象が露になってきたが、来年はもっと凄そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

備え

小坪市議がブログに小説風の近未来のストーリーをアップ。 最悪の事態を想定しての記事である。可能性は低いがゼロではない。読んでおくのに越したことはないであろう。

 

17799371_1443114025759477_713375892

 

朝鮮有事と日本国内の被害(携帯小説風)【腹を括ったらシェア】

 

すでに外交を含む政治のタイミングは過ぎ去っており、いつ始まってもおかしくない状況。
現時点では「移民対策す【べき】」とか「総連についての規制をす【べき】」等と述べても、全てが遅い。
無論、改憲など間に合うはずもなく、「べき」と述べることを免罪符のように掲げてきた保守も、のち反省することになるのだろう。

 

後になって振り返れば、それはテストの前日にあがいているだけだったのだと気づく。
タイミングなどは、実はいつでもあった。勉強がそうであるように、まさに日々の積み重ねだったのだ。

朝鮮有事により国民からも膨大な死傷者を出した日本人が、後世に振り返った際に感じた事。

 

ほぼ丸裸のような状況で、有事に突入していく我が国。
これから先の備えは、すでに政治分野の手を離れているとすら感じる。
「舵を右にっ!」とナウシカが叫べども、船は崖にぶつかった。
彼女が感じた徒労感、敗北感と同じものを、私も感じている。

 

少し厳しめのシミュレーションです。
「こうはなって欲しくないな」という国内の情勢を掲載小説風にまとめてみました。

 

以上、一部のみ貼り付け。 アクセスして是非とも一読してみてほしい。

 

管理人も万が一に備えて、飲料水は大量に備蓄している。それは現状でもそうしている。これは管理人一人のためでなく、友人達の家族などの助けになればとの思いからである。一人だけならいつでも十分な備蓄であるが、ある程度の家族数となると、備蓄は膨大な量になる。乾パンなどの食料の備蓄も増やしたほうが良いと思うのだが、免許停止で小バイクを処分してしまったから、非常時に運搬が不可能になってしまっている・・・ 非常時に電車は当たり前であるが自動車も無理だ。自転車では距離がありすぎる。そのてん小バイクはガソリンを満タンにしておけば300kmは走れたから、非常時には実に有効な乗り物だったわけだったんだが・・・ 

 

余命三年時事日記 2085  余命の女性軍団アラカルト26

 

余命翁のコメントを貼り付け。

 

.....中国としては、北朝鮮はのど元に刺さったとげである。理想のシナリオは米国に金正恩を瞬殺させ、金一族である正男の息子にすげ替えることである。これならば手を汚さずに従前通り、北朝鮮を属国支配できるし、将来的には韓国を飲み込むことも可能だろう。とにかく、瀋陽軍区の離反、独立は防がなければならない。
尖閣の海警の動きはこの瀋陽軍の牽制、つまり、対外的に日本との緊張を高めておく必要からきている。2013年の中央軍事委員会から実態は何も変わっていない。2月の軍事委員会の情報は当然つかんでいたが、何もないので放置しただけである。

巨額の軍事費を使いながら、戦略的に大失敗しているのはあきらかで、陸軍国が海軍拡張に手を出すのはあらゆる面でリスクが大きすぎる。空母建造など見た目はいいが、その関係の機動軍を含めた維持費だけで国は疲弊する。ロシアがいい例である。
ところで話変わって共産党国家自滅70年説の実証まであと2年である。
これは確率の問題であるが、事象の起きる確率の最大値を超えるのは実に難しい。
奇跡的に越えた場合でも一瞬で止まる。将棋界の藤井連勝が好例であり、一般的には直前で止まる。米国大統領選において、女性初の大統領、二大政党制において3期はないというふたつの確率の大ハードルは共和党の勝利をほぼ100%示していたということである。
中国は軍事的にアウト、経済的にアウト、そして水汚染、空気汚染、国土の重金属や放射能汚染により、ほぼ回復不能の状況になっている。確率的には来年中には破綻だね。


以上、コメントのみを貼り付け。

 

来年2018年の中共の崩壊を示唆している。 露西亜は日露戦争で崩壊し、ソビエトも崩壊した。いつも海軍力を増強して破綻し崩壊している。何度も海を目指して崩壊しているのだが、こればかりはスラブ民族の習性なのか、一向にその症状は治らない。シナ大陸の住民も同じである。それに現在は漢民族が統治していて、高山正之氏が変見自在「朝日は今日も腹黒い」第4章 P175 「今の中国は明に似ている」 で、その悲惨さを書いている。

 

「漢民族の国、中国は自分達で国を建てると毎度碌なことにならないと歴史は伝えている」中略「内政もお粗末で、カネに困ってついには官位まで金で売った。」中略「民は食い扶持まで持っていかれ、かくて黄巾の乱が起きて漢は滅んだ」

 

一部抜粋して書き写し。いまの人民解放軍や中国共産党のカネで役職を買っているのとまるで同じである。

 

来年の備え、余命三年時事日記の記事を読み返しておくほうがよろしいかと思う。

 

余命まとめサイトがを閲覧するのがよろしいかと。

 

http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/448413516.html 照千一隅

 

余命記事、「コソボ事案」「兵の強弱と全滅の定義」「クリミアの教訓」関連

 

「兵の強弱と全滅の定義」「クリミアの教訓」「コソボ事案」についての記述がある余命記事を集めました。

65 日韓戦争開戦前夜
関連項目「コソボ事案」

106 兵の強弱と全滅の定義(移行記事)
関連項目「兵の強弱と全滅の定義」「コソボ事案」

223 閑話休題 Q&A①
関連項目「クリミアの教訓」

 

65の日韓戦争開戦前夜 は、4年前くらいの記事ながら未だに色あせるどころか近未来のようで驚く。 

 

備えあれば憂いなし。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

落日

テレビや新聞でなく、ネットで情報を得る人達なら知っているかと思うけど、あの維新の足立議員のモリカケ問題に対する質疑に胸のすくような気持ちになった人も多いのではないかな?? 先月だったかな、維新の丸山議員と橋下下代表のごたごたでその擁護やら、小坪市議との軋轢など(実際は足立議員が西村慎吾氏へツイートが原因。詳しくは https://samurai20.jp/ 小坪市議のブログをご参照くださいな) で男を下げたようだったが、ここへ来て大逆転!!! たいしたもんだね!足立さん!!! これであなたは次は比例復活ではなくてちゃんと選挙区で当選できるだろう。 それぐらいの価値ある質疑だよ。

 

詳しくは。

 

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6877.html 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現ブログ 大谷昭宏「国会議員が民主国家最大の柱・言論機関に『死ね』は浅はか」・足立康史‏「朝日新聞、死ね」 (11/18)  をご参照くださいな。

 

また、よく紹介する、必読のブログ パチンコ屋の倒産を応援するブログ  

 

流行語大賞は下品な結果に  をご参照くださいな。 

 

上記のブログに事の顛末が詳しく説明されてます。 

 

一部抜粋

 

国会で足立康史議員が
「野党は加計学園についてはやってるのに森友については触れない。」
として森友学園の隣の土地の取引や森友報道の初期の頃のガセ証言などに
辻元清美とお友達の連帯ユニオン関西生コン支部の話を持ち出しました。

辻元清美は都合の悪い話はなんの証拠も示さず「デマだ!」と言い張り
お得意の裁判をちらつかせた恫喝を行って情報隠蔽しますが、
8ヶ月以上もずっと「安倍は無実の証拠を出せ」
という悪魔の証明を要求してきたというのに
恥ずかしげもなく自分達は「無実を証明する」という事は一切しないで逃げています。

特に豊中市が森友学園の隣の土地を購入した件では
一度話が決まって補助金の支出も決まっていたものを
事業仕分けでゼロにして話を潰しておきながら、
辻元清美が国交副大臣の時に土地代の98%以上をも国費で補填し、
しかも土地の整備まで国が負担するという事を決定しました。
豊中市にとっては本気で実質タダみたいな状態で手に入っています。

この話については森友学園の土地代を騒ぎ出した朝日新聞は
最初はこの都合の悪い事実を誤魔化す為に
隣の土地は14億円なのに森友の買った土地だけ8億円値引きされた。
と嘘まで書いていたことが明らかになっています。
さすがはフェイクニュースの朝日新聞です。


マスゴミが森友の土地の価格で騒ぎ始めると
すぐにこの現在野田中央公園となっている土地の問題が指摘されましたが、
マスゴミはそこに民主党政権、特に辻元清美が絡んでいるためか
忖度して一斉に黙りました。

ネットではこれをソンタック口止めなどと言っていました。

 

以上、一部貼り付け 是非ともアクセスして全文をご堪能くださいませ。

 

それにしても時代が変わったね。つい3年も前だったらば、まだ朝日新聞を敵に回したらば、それこそテレビやメディアを総動員して集中攻撃されて、簡単に政治家の政治生命を終わらせることができたのに、もう朝日や毎日、東京(親玉の中日新聞大丈夫か?このままいったらドラゴンズも終了だぞ???マジで)がいくらいきり立っても世論を誘導できない。それが先日の選挙結果となって現れたんだよね。 しまいにゃ、【祝・当選】鈴木信行氏、外国人の生活保護廃止を争点。都心部におけるネット保守票が公式に示される。津田大介氏もコメント。  葛飾区議選挙で鈴木氏が当選したからね。 その威力と効果は小坪市議のブログを読むとよく理解できるかと思う。

 

とうとう朝日も落日だね。(笑)

 

ネットで見つけた面白い画像。今回の足立さんの質疑を端的に表した画像(笑)

 

Dovarrlvwaa6gia

 

足立さんのツイッターアカウント https://twitter.com/adachiyasushi
アクセスしてみてくださいな。 なかなか面白いですよ。

久しぶりに、日本人必読のブログ「余命三年時事日記」の記事で気になるところを抜粋。

 

2024  2017/11/14アラカルト②  

 

.....北朝鮮西部国境には中国軍が集結中である。まだ10万程度のようだが、近日中に20万~30万程度までにはなるだろう。というのは小規模だが各軍区に動員がかかっているからだ。ただし瀋陽軍区はまだ動きがない。
米中示し合わせてのものかはわからないが、もしそうだとすれば、韓国は無視されている。米中が共同で一気に金正恩潰しということであろうが、ちょっとでも手間取ると、ソウルが火の海になる可能性が高い。
軍事展開は完了しているので、時期は米中会談のあとであろうということから北朝鮮への武力行使は11月半ば過ぎとみていたのだが、その流れのようである。在韓邦人はとりあえず今のうちに帰国した方が良さそうだ。
政府はすでに開戦必至とみているようだが、さすがに難民収容所については厚労省の防疫というアドバルーンで様子見である。もっともこの省は在日になぐられているから、まず難民受け入れを前提に段取りしている。自衛隊が不快感を持つのは当然だろう。
当然、武装難民が大量に含まれているわけで、
国内の在日も国防動員法により戦闘員であるから、日本は戦争当事国であるから関係がないとすましてはおられまい。
各地で殺戮戦が起きることは必至である。九州、中国地区に数万人規模の収容所が予定されているようであるが、在日用に関東地区でも10万人規模の南北隔離収容所を用意する必要があろう。
以前、この問題に触れたときに、帰化した朝鮮系日本人についてしつこく質問を受けている。この件は日本は法治国家であるから帰化を認めた以上、問題は起きない。二重国籍問題が発生するのは、あくまで前国籍国の手続き上の問題である。
ただし、有事に韓国が帰化について国籍離脱証明書のない手続きを不備とするならば帰化は取り消し無効となる。まあ、母国のすることだからしようがないね。

 

以上、一部抜粋して貼り付け。 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。(赤文字は管理人による) 

 

いやー危険が危ないねー。 この頃北朝鮮が静かだよね。 もうすでに三代目は亡命したか??? つくば大学の古田教授によれば、朝鮮半島の為政者で、危機に陥ったときに、逃げないで最後まで残って戦ったものは、歴史上皆無だそうな。もし、三代目が最後まで残って戦ったならば朝鮮半島史では初めてのことになるらしい。でもそんなことはありえないから絶対に事前に逃げるはず(笑) 北部戦区(旧瀋陽軍区、旧満州国)が北京にクーデターを起さない限り、北朝鮮は終焉だからね。 あとは南をどう処理?するだけの問題だろうけど。デフォルトさせて軍備品をオークション販売かね。 東独逸が崩壊したときと同じ処理なんだけど。北朝鮮は売るものがないからオークションにもならん(笑)

 

日本としては非韓三原則で、ビシッと防御。とにかく係わらず、入国させないことが肝心だね。

 

59922f36

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

第五次

余命三年時事日記 1641 告発状第五次までの資料  での第五次告発状が届きましたな!! 

今回は余命翁の直筆に色紙のデザインも変更され、なんとひとまる式戦車の画像付きである!!!

001

002

前回の第四次告発状は2月19日に届いて21日発送、150枚で、手の麻痺で文字を書くのと捺印(特に捺印が・・・)たいへんで、装具をしながらも何枚か書いては一休み、ふた休みとかでけっこうたいへん出会ったが、今回は50枚で、前回よりは文字も上手く書けるようになってきたようで、装具の装着は不要であった。

003


すっかり装具は使わなくなったねぇ・・・

テロ防止法案も無事衆議院を通過したようですな。2年前の安保法政のときは、「60年安保騒動の夢を再び」のジジババ主体と偏差値28で盛り上がっていたようだが、今回はすっかりしょぼくれて動員もままならないようだ(大笑) 60年安保世代のジジババはもう後先内からどうでもいいけど、なにも考えてなくてただ目立ちたい、有名になりたいってだけの偏差値28軍団達はこの先たいへんだろうね。まあ、バカはバカのままだからどうしようもないから。インターネットが発達した現代では簡単に発言したり、有名になれたりするけれど、それは当然諸刃の剣で、そのぶん履歴も残ってしまうからうやむやにして消えることが出来ないんだよね。物理的に消えないと、世の中から消えることが出来ないってなことなんだよねぇ。

話は変わって、なんかちょっと前、北朝鮮のサイバー攻撃?で全世界のウインドーズXPに大きな被害が出た?だかのニュースが駆け巡ったようだね。 これ、ピンときたかな? 以前、余命の記事で、「南は米国に内緒で通信衛星を香港経由で中共に売ってしまった」ってのがあったよね。すっごいルール違反なんだけど・・・超軍事機密だからニュースになんてならないんだけど・・・それを黙って米国が見逃すはずはないんだよねぇ・・・ で、前にウインドーズXPから7とかに理不尽にも無理やりアップグレードさせられて全世界のウインドーズユーザーがたいへんな被害を受けたわけだよ。 あれから長い年月が経過したのだが、ここにきてようやく、XPで動作しているデバイスや海賊版などの不正を一掃!!!ってことなんだろうな。 どこにもニュースで出てこないだろうけど、南から中共へ渡った2台の通信衛星は動作停止だろうねー。元々不正なんだから中共も文句は言えないからね。南のイージス艦も米国製戦闘機なども動作不全かもね。すでに敵味方の暗号は付与されてないらしいが、OSが動かなくなるとそれ以前だよね。銀行から旧東側のいろいろなのがシステム不全を起すかもね。

いまや誰でもスマートフォンというパーソナルコンピューターを持っているんだから。誰でもすぐにニュースや百科事典、居場所とかも瞬時に把握できる。コンピューターとは切っても切り離せない世の中ってことだね。 それでOS コンピューターのオペレーションシステムを失うことは死に値する。 いまや誰でもパソコンやタブレットで仕事とか生活してるでしょう。それが無いと生活が成り立たないところまで到達しているんだから。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

余命レターパック

余命三年時事日記の読者ならば知っていると思うが、告発状が余命プロジェクトチームから読者へ送られているとのこと。 で喜びのコメントが多数。 1545  レターパック3

「豆腐おかか」さんのブログでも届いたと喜びの記事 告発状マニュアル完全版

告発状が来たっ

| |ω・`)キタヨ| |´・ω・`)キタヨ| |(+・`ω・´)キチャッタヨ♪

封を開けた瞬間、うるうるきちゃうよ、これは。

ちょっと厚い和紙に山田三郎の直筆サインが。

上のほうに余命漫画のかずさんと三郎の若いころの回顧シーンの絵があります。

著作権の関係があると思うので、アップはしませんが。

これ1000人以上の人に余命爺様がサインを書いたのだと思うと、うるうるきますね。

山田三郎の名前で送られてくるのかと思ったのですが、日本再生大和会で送られてきました。

以上、一部抜粋して貼り付け

うらやましいなー と思っていたのだが、なんとなんと 管理人にも余命レターパックが届いたのだ!!!

Y01


すっげー嬉しい!!!

Y02


直筆のサインの色紙  うれしい! うれしいなぁ!!!

昨年、三回くらい、あの世に往きそうになったけど、往かないで戻ってきたのは、この告発状のためなのかね。 手がいまだに不自由だから住所と名前、それに捺印(手が不自由だと、捺印が実は一番大変だったりする)が大変であるが頑張ろうではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

ありえないこと

日本人必読のブログ「余命三年時事日記」でまた「日本再生大和の会」に寄付のメッセージが。http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/ 前にも書いたけど、これって凄いことやってるのよね。普通、見ず知らずの組織に寄付なんてしないよね。 共産党は組織がらみでカネを徴収してるし、公明党は宗教?で金集めだし。民進党(偽)は労働組合の組合費からくすねているわけで、サヨクは金集めが実に上手である。 それに対抗?して「余命」は日本人でしかありえない成り立たない「寄付」という行為で金を集めているのである。それがどれだけ奇跡的なことか。だから「余命」は丁寧に1372  寄付金メッセージ63 とかできちんと表しているのだろうね。

 

1201

 

それを的確に表した人 「大和心への回帰」 http://yamatonococoro.seesaa.net よくコメントされる 波羅氏である。 あまりに凄いコメントなので貼り付けさせていただきます。

 

127、東京地検よ。 

 

波羅

 

諜報機関を持たない日本人が全世界のスパイ国家を滅ぼす根拠とは。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、世界中のネット上でMMO(オンラインゲーム)に日本人が参加した時の特徴が話題になってます。
個人としてはごく普通でも集団になると激変するのです。
その特徴とは、オンラインゲームには様々な職種のキャラクターが集まるのですが、日本人プレイヤーの場合。

①誰を連れてきても最低限はクリアする。
②状況に応じて、誰も命令しないのに、互いに無言で意志疎通し、最適の行動をとる。
というものです。

逆にどこかの国に多いのが、「ひたすら課金課金(借金やインチキ課金も含め)で装備を充実させ、チート(無敵)キャラクターを作り暴れる」というもの。
この結果、「金が切れると強くなる周りについていけない」「ルール違反で使用禁止に」「システムが変わると急激に弱くなる」状態になります(笑)。

これをゲームでは無く実戦で始めたのが、余命チームの読者と共鳴者です。
皆、金で雇われた諜報員では無く、個々が勝手に自分の意志で集まった存在です。しかも表では素知らぬ顔をしています。敵方から見た場合のこの恐怖が分かるでしょうか?

結果、ゲームと同じ現象が起こっています。
韓国は雇う金が尽き、中国は見えない敵が次々と現れてパニックに。

マット・デイモンやトム・クルーズ主演の組織に裏切られたスパイの映画は、諜報機関という「雇用」組織の限界を表しています。
雇用組織であれば、金の出所さえ抑えれば支配出来るのですが、共鳴集団にその手は通じません。
誰も止めようがありません。しかも相手は全く姿を見せないのですから。

日本人は沈黙の艦隊になりつつあるのです。

 

以上、貼り付け終わり 他の方のコメントも秀逸ですので是非ともアクセスしてください。前にも何度も書いてるけど、この「大和心への回帰」の読者コメントは物凄い秀逸。

 

余命チームの読者の行動を端的に表しております。「個々が勝手に自分の意思で集まった存在」 そんな存在が「寄付」をしているのですよ。 日本再生のために! 

 

上記のコメントの前に投稿されたコメント。

 

波羅

 

真珠湾攻撃は、アメリカが唯一本土を攻撃された戦争だといまだに頓珍漢なことを言う日本人が多くて唖然とします。
北米大陸は、ワシントンの独立戦争開始からリンカーンの南北戦争終結まで、長い間外国勢力の代理戦争の舞台であり百年戦争状態だったのです。
そもそも本家フランスも百年戦争後に国家統一を成し遂げており、アメリカも全く同じです。
長年に及び引っ掻き回された痛みと国家崩壊の恐怖と教訓から生まれたのがアメリカの諜報機関と全米ライフル協会です。

アラブの春は、アメリカがかつて自分たちが百年以上も西欧諸国、特にイギリスにやられてきた内部撹乱侵略をイスラム諸国に対してやっただけ。
そのアメリカが中国共産党(と背後の西欧諸国)に再び内部撹乱侵略を受けてることに気づいてしまった。それがAIIB騒動です。

アメリカはトランプの指揮下のもと第三次独立戦争の時代に突入しました。
そのパートナーは、かつてのフランスでは無く日本です。
その最大の理由は日本には天皇家があるから。
アメリカはまだ独立国家として確定した「もの」を持っていません。
日本人は、その目に見えない「もの」を持ってるので、アメリカ人は羨ましくて仕方ないのです。

世界中の諜報機関は間もなくその役割を終えどこも全く機能しなくなります。
スパイ天国日本が世界中のスパイ国家を崩壊させるのです。

 

 

 

 

以上、貼り付け終わり。

 

 

インターネットって、いまさらながらその凄さに驚いてしまう。 いままで情報はマスコミや一部の特権階級のものだったのに、いまでは端末さへ持ってれば、誰でもその情報、それも上記の波羅氏のように優れた物凄い人達の情報を受け取ることができるのだ。 マスコミもチカラを失うよね。 ヒラリー・クリントンが負けたのは インターネット>レガシーメディア ということだからね。 すごい時代になったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

はじまりか?

日本人必読のブログ 余命三年時事日記 1346  東京地検返戻文書の疑問12

 

に非常に気になる余命翁のコメントが・・・ 以下、一部抜粋して貼り付け

 

 余命は過去ログでふれているが、今年から中国漁船の船員の軍事訓練が進んでいる。いわゆる民兵作りで、武装化も始めたようだ。東シナ海海域での韓国との衝突では韓国の一方的な銃撃のようだが、事態がエスカレートすることは確実である。
 韓国の政治混乱に乗ずるように、西部戦線でじわりじわりと北朝鮮軍の移動が始まっている。南北朝鮮はもともと休戦協定を結んでおらず、朝鮮戦争再発は内戦問題である。
 南北どちらが勝とうが負けようが、日本には関係がない。ただ在日や反日勢力が日本国内において利敵行為をしないように備えておく必要がある。
 北の急襲作戦の時期は冬。ソウルが混乱状態であんなデモが頻発しているようであれば、ソウルは1日で廃墟となり、3日で政権は国外脱出となりかねない。
 また韓国の亡命政権などを受け入れることがないよう売国奴をあぶり出しておかなければならない。メディアが報じていないだけで事態はかなり進んでいることを警告しておく。
 なお、ヘイトだ人権だとわめいている組織も外患罪適用可能下では告発対象となる。
国家の対外存立の危機に、人道も人権も在日外国人の生活保護も援助もあるものか。

 

以上、貼り付け終わり 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

 

なんとなんとお隣でドンパチが始まりそうなのか?

 

カミカゼじゃあのさんは12月1日のツイッターで

 

カミカゼ     @mynamekamikaze             12月1日                               

 

韓国と朴槿恵がこの先生き残る方法
最善 デモに対して戒厳令を発令し、デモ主催者側に親北勢力がいるという名目で鎮圧、すべてを北朝鮮のせいにして対北圧力を強める
普通 デモが鎮静化するまで待ち、米新政権と同調し、対北対中姿勢を鮮明にして支持率アップ

 

カミカゼ@mynamekamikaze                          12月1日           

 

朴槿恵と韓国がこの先生き残る方法
最悪(韓国にとって)
要党側が野党と妥協し、朴槿恵が早期辞任もしくはクーデターにより暗殺 親北政権となり中国と北朝鮮に融和政策を図り、反日反米を繰り返し、日本は遠回しの経済制裁続行、残りの在韓米軍も撤退し、経済外交が詰み、北朝鮮に飲み込まれ滅亡でもこの中にない最悪の選択するなw

 

カミカゼ     @mynamekamikaze             12月1日                               

 

だからさっさと、朝鮮戦争再開させて、朝鮮人同士で口減らしした後苦難の祖国統一(笑)すりゃあいいだけなのになww
ソウル?火の海だねww平壌?空爆でめちゃくちゃになるんじゃね?www核だって爆発するかもなw
そこからの復興で特需狙って逆転するきゃねえと思うよ?wな?在日諸君w

 

以上、貼り付け終わり。

 

トランプさんが台湾の総統と急遽会談をしたり、なにかが確実に動いてきているねぇ。

 

81fxigfhoul__sl110_

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

なめたらいかんぜよ

いやー、「ユーキャン」の「日本死ね」騒動 大変なことになりそうですな。 というよりも日本人の怒りが爆発する もうしてるか。

以前に紹介した「余命三年時事日記」へのコメントを思い出す。

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/10/page/2/

1199 

Mr、A
記事とは関係ないのですが。
日本には、「腹にしまう」という言葉がある。
嫌なことでも腹にしまって、ぐっと我慢する。なので、日本は平和なところであった。
その我慢したものが蓄積されて溢れ出すと「腹に据えかねる」という表現になる。腹に据えかねた人間は、表現し出す。
最後に到達するのは「腹をくくる」である。忠臣蔵など、腹をくくった武士達が、敵を撃ち取るという話だ。
さて、日本における韓国にたいしての状態は、「腹に据えかねる」人間がどんどん増えてきている。これが一定以上を越えると、「腹をくくる」事になる。韓国はこのままいけばそんな腹をくくった日本人に、対峙する事になる。
民族・半島そのものが、無くならないよう注意されることだ。

以上、貼り付け終わり。

日本人ってね。 おとなしいし、よほど何か無いと怒らない。でも一度怒りに灯がともると爆発的なチカラを発揮する。

日露戦争でロシアは壊滅。国が崩壊してしまった。

日清戦争でも同じ。 清帝国は無くなり、朝鮮半島も国が無くなった。

大東亜戦争で大英帝国の覇権は崩壊。欧米の植民地も全て崩壊。

日本と戦って勝った唯一の米国であるけれど、いろいろな産業が日本にいつのまにか負けてしまった。

日本人がいまおとなしいのは、前回、唯一負けたから様子見しているだけなんだ。日本人の本質は変わっていないからね。だから米国だって占領政策で日本弱体化を強いてきたわけだ。憲法だって押し付けてさ。まあ、それでも危機が無かったので日本人は特になにもしなくて生きながらえてきたわけさ。 石油ショックとかあったけど、それもなんとか乗り切って、省エネ技術も見事に伸ばしてね。 

それぐらい凄いのよ 日本人ってさ。

今回の「ユーキャン」は完全に日本人を怒らせてしまったのではないか? 特に日本の女性を怒らせると「恐ろしい」よ。 2016年の師走 この「ユーキャン」「日本死ね」は多くの日本人の覚醒のきっかけになるかもね。すでに「余命三年時事日記」で多くの日本人が覚醒し始めてきていて、それに百田尚樹氏の「カエルの楽園」で覚醒が拡大。「カエルの楽園が地獄と化す日」でさらに拡大。 とどめが「日本死ね」だろう。 来年になったら急激に右側に振れた日本人が激増するだろう。 一度火が付いたら恐ろしいチカラを発揮するから。

日本をなめたらいかんぜよ。

Cxwu7p9vqaae9q0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

マイナンバー

日本人必読のブログ 余命三年時事日記 http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/

1306  11/21アラカルト  本日のエントリーに興味深いコメントが

一部抜粋して貼り付け

.....anony殿と関連でコメントさせていただく。
集団通報準備要請をした1時間後に連続発狂メッセージが出ている。これは昨年7月9日からの不法滞在企業集団通報開始直後のヤフートップ記事と朝日新聞の記事がベースとなっている。いずれも的外れで、その後沈黙してしまったのであるが、彼らが事実を隠蔽しているため、肝心な自分たちに関する法改正が伝わらないという悲劇?を生んでしまった。 2012年野田政権のもとで施行された外国人登録法廃止、住民基本台帳法は3年の見なし機関を設けたものの登録が思わしくなく、大量の未登録者が出る恐れがあった。
 そこで未登録は「強制送還まであるぞ」キャンペーンが始まったわけだ。紆余曲折を経て、7月8日締め切り日には1万人ほどに圧縮されたが、残りについては、1ヶ月以内なら罰則なし、2ヶ月なら罰金20万、3ヶ月は罰金プラス強制送還という猶予をもうけた。 結局目標達成ということになったのだが、それについて余命は、狙いは不法滞在者ではなく、60万在日の国籍の確定と居住の特定であったことを記述している。
 あぶり出し特定が済んだ後、マイナンバー改正法が成立し1月から施行されることとなったが、その前に10月からは試験運用を始めると書いている。(在日対象、これオフレコだと言ってたよね。書いちゃったけど)
 使命を果たした入管通報は、いったん止めてということだったが、通報そのものを止めるということには問題があったので、しらんふりして休止する措置を執った。余命は第一次リスト、第二次リスト、そして第三次から全く触れなくなったのは、入管が腹一杯になったためだった。
 一連の出来事を、ランダムに時系列に並べて行くと、すべてがはめ絵のようにぴったりと収まるだろう。すべて安倍総理のシナリオだ。
 7月9日からの通報で、在日企業の在日社員状況はつかめたはずだが、マイナンバー施行後の通名の使用状況はつかめていない。そこで、今回の狙いは通名使用在日、つまり便衣兵が狙いとなる。そしてもう一つが帰化人の二重国籍チェックである。これも企業の責任でやらせようというわけだ。
 12月半ばからにする予定と言っているのは、その間に通名を廃棄するか、半島に帰るか決めなさいと時間を与えているのだ。余命はやさしいな。

以上、貼り付け終わり。

今年も年末調整の時期になりましたな。 総務から年末調整の用紙に名前と印鑑捺印を求められたかと思う。 その用紙、今年からある部分が変わったことを知っている人がどれだけいるだろうか?(笑)

01a


赤丸した部分が今年から追加された項目である。 企業のマイナンバー記入欄 それに個人のマイナンバー記入欄 家族まで全てマイナンバーを記入しなくてはならないのである。

日本人であろうがなかろうが、日本の企業から賃金を得ている場合は必ず記入しなくてはならないのである。これ、なにげに凄い強烈な制度なんだよね。 マイナンバーによって、カネの移動がはっきりするわけだ。 マイナンバーが無い給与所得者に賃金を払っている企業は税務署に踏み込まれるわけだ。(笑) 税務署は企業経営者にとって、ある意味警察より怖い存在である。 今年の年末から、全てのカネのやりとりが把握されてしまうんだなー。

脱税やら、不法就労やら、それに沖縄のプロ市民やら・・・その辺りの闇が次々と暴かれていくだろうね(笑) 楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)