2020年3月21日 (土)

久々の28インチ

先月に成田→長崎に行ったときは久々にグローブトロッター20インチトローリーを使ったが

過去記事 → 成田→長崎

今回はフライトではなく測定やら撮影やらで機材が多く、20インチでは収まらなくて久々の28インチトローリー改造版を持ち出した。

過去記事 → スーツケースの改造

入院以来使ってなかったから久々。

Img_7243

測定器に三脚にカメラ2台に超広角レンズ2本。三脚はカーボンなのにそれでもかなり重い荷物になってしまった。。。

コロナウイルス(武漢肺炎)の影響で成田エキスプレスはガラガラ。

Img_7246

仕事も順調だったので予定よりもかなり早く切り上げさせてもらった。嬉しいですなぁ。。。

で、喉が渇いたのでキオスクで飲み物を買おうとしたらヘルメット被った駅の関係者???がなにやら物色していた。。。あれ???マスクじゃん!!!

Img_7262

成田空港第一ターミナルのJRホームのキオスクにマスクが売っていた!1人1パックであるがそれでも購入できるのはありがたい。1パック購入してきた。いま渋谷界隈のコンビニやドラッグストアはマスクどころかトイレットペーパーさへ完売で入荷待ちの状態である。渋谷って会社の数は多いけど住民はとても少ないはずなんだけどねぇ。。。誰かが買いだめしてるのか???

元々渋谷は住民でなく企業向けだろうからトイレットペーパーとかの日用品ってあまり数でないから在庫も少なかったのかもしれないけどね。

| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

かばん

長らく使っていたソメスサドルhttp://www.somes.co.jp/store/のかばん ハクニーというモデルがお気に入りで、もう死ぬまでその「ハクニー」を使うと決めていたのだが、残念ながら生産中止・・・・・後継モデルも無い・・・・・・・実に残念である。 でもそろそろかばんもやつれてきた・・・新しいのを見つけないと・・・ それに身体もダメになってきているので、今回が最後の購入になるかもしれないし・・・ それで探し当てたのが土屋鞄製作所 http://www.tsuchiya-kaban.jp/shop/list.php いつも通ってる病院へのバスをそのまま乗っていけば店舗まで行ける。

011


012

ということで行ってみたらこれが良かった。よさげなのが2種類でかなり悩んだのだが、現状使っているのに近い形状のものにした。

01

箱とかもしっかりしてる。


02

おしゃれである。

03

VEHICLE HALF FLAP SHOULDER というモデルらしい。


04

色もソメスサドルのハクニーに近い。大きさも収納場所、ポケットもほぼ似ているので使いやすいと思う。

05

ずーっと前に使っていたのと先ほどまで使っていた「ハクニー」 とっても良い鞄ですごいお気に入りだったのに・・・・・・でも土屋鞄ってけっこう良さそうだ。

06

また鞄が買えるように身体が回復してほしいものだ・・・

で、この前、神経内科の診察で血液検査をしてもらったのだが、小麦アレルギーの数値が下がっていると!

08


それで、渋谷のアレルギーの先生に診察してもらうようにとのことだったので、再度血液検査をしていただいたのだが・・・

07


アレルギー体質の数値は、前回の1678より1050まで下がってはいるものの、基準値の170以下には程遠い・・・

09


グリアジンも下がってはきているのだが、グルテンは逆に上がっており、やはり小麦粉を使った麺類、それにパンはダメということだ・・・・・悲しい・・・・・  一日一回飲んでいた抗ヒスタミン剤を朝晩と2回に増やし、それでカレーライスくらいは食べれるかと・・・・・ただし相変わらず、食後2時間は安静が必要で、発作用のステロイド剤、緊急の注射は常備するのは続けてくださいとのことである。 この前の渋谷駅での意識不明になったときには注射とか発作用の薬とか間に合わなかったんだけどね・・・

010

相変わらず小麦粉アレルギーなのは悲しく、麺類とパンが食べれないのは辛いが、それでもカレーライスはなんとかなりそうですこし明るさが見えてきたかも。

鞄も替えたので運気も良くなってほしいものである。

追記

前回、ソメスサドルの鞄を取り寄せたのは、2011年7月16日のブログで紹介してた。5年も使ったんだねー。 感慨深い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

グローブトロッター18インチトローリー

英国王室御用達のグローブトロッター、18インチのトローリーケースをヤフオクでゲットした。新品でシリアルナンバープレート付きである。すでにたくさん持っていて、トローリーだけでも3種類もあるのにまだ買ったの?なんていわれそうだが、実はこれには訳があるんですよ。管理人の出張は短期ばかりで日帰りが殆どである。たまに一泊くらいなものだ。なので大きな荷物は必要ない。大きなトローリーケースは、このごろ照明がLEDになってしまったので、客先へ照明器具を持ち込んで見せるために購入したもので、出張のためではない。出張は飛行機が多いのだが、手荷物では18インチ以下でなければ持ち込めない。なので20インチのトローリーでは預けなくてはならないのでセッカチな管理人は、あの荷物が廻ってくるのを待つのも嫌で、それでエアキャビンケースという18インチを持っていくことが多いのだが、ショルダー取り付け改造したから普通よりは快適なのだが、それでもパソコンなどを持っていくときには辛いのであった。この頃は写真撮影が多いのでそのための三脚が実に重い・・・それで今回の18インチトローリー導入と相成ったのである。

01

グローブトロッターの良いところは実はすべてが絶妙な大きさで、ケースインケースが出来るところなのである。そこが実によく考えられている。ケースインケースでたくさんケースを持って旅行に行き、お土産(英国なら調度品かね)をたくさん購入したらそのケースに入れて持ち帰る。また、逆もありで、荷物を降ろしたら、ケースインケースでコンパクトにして帰ってくる。そういう発想で作られた旅行かばんなのである。

02

これがまたきれいに納まるんだよねぇ。

03

7つのケースが3つになってコンパクツ!2つにもなるのだが、出すのが面倒になるのであまり無理せず。

これで飛行機による短期出張も快適になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

グローブトロッターを買った

安部首相のアベノミスクの影響?なのか、鞄を買った。そう、グローブトロッターを買った。管理人が愛するメイドインイングランドのグローブトロッターのオリジナル、ネイビーの中でも一番大きくて高額な33インチのエクストラディープ。いつかは手に入れようと思っていた。まともに買えば、いくら安売りでも14万円弱。いくらなんでも鞄で14万は高額だ。ヤフオクで中古で6万弱で売っていたが、それでも安い!それを買いそびれてがっかりしていたら、なんと4万円台でエクストラディープが!それも未使用の新品!まあ、落札は無理だろうが、とりあえず洒落で入札。そうしたらなんと落札してしまった。びっくりだ。安い理由は鍵が無いだけ。でもね、グローブトロッター使いなら、鍵は実は他のモデルと共通だから、別に問題ないんだよね。それにグローブトロッターの鍵なんて旧式で使えないしね。元々。そうしてる間に早速届いた。

01_2


梱包が実に丁寧。所詮いい加減な英国の鞄なんだが・・・

02_2


さすがにでかい。今回はハンドル取り付けの改造は必要ない。でかいからハンドルは必要ない。

03_2


やっぱ、いいねー英国王室御用達は!

04_2


あとは機内に持ち込み可能な18インチのトローリーを手に入れれば、とりあえずはグローブトロッターアイテムは完成か。でも21インチのトローリーと16インチアタッシュ。それに以外にもフーテンの寅さんの鞄のような18インチのエアキャビンケースの使用頻度が高いのである。

それにしても33インチのエクストラディープが¥41500(送料別)は破格である。最初に買った21インチのトローリーは8万弱だったような。その次、16インチのアタッシュは5万強。これはかなり使ってるので紫外線で変色してきている。今日も大活躍。その次に18インチのエアキャビン。これも6万弱。その後、18インチのスリムアタッシュ。これも6万弱だったような・・・その後、28インチを手に入れて、ハンドル追加の改造し、それから、16、18インチにストラップ取り付けの改造をしたんだよね。

安部首相と麻生財務相が明確な脱デフレを宣言したわけだから、これから物価が徐々に上がり景気も良くなってくる。既に株価は上がってきているが、庶民にはまだ景気回復が感じられていないから物価は安いままである。なのでいまがモノを手に入れる最大のチャンスなのだ。欲しいモノがあるのなら、いま手に入れることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

グローブトロッターの改造

グローブトロッター、http://www.globetrotter1897.com/japan/ 頑丈で、なかなかよろしいのであるが、いかんせん、設計が古い。アタッシュにはショルダーが付かない。年齢のせいか、手持ちは腕が辛く、この頃、すっかり出番が無くなっていた。もっぱら、無印のトートバックであったのだが、あまり良くないし、それにグローブトロッターを使わないってのももったいないし・・・では、改造しよう!と思い立ち、昨年、グローブトロッター28インチにスライドハンドルを付けてもらった、第一ボデーへ送る。http://papuanew.cocolog-nifty.com/papuanew/2011/11/post-164e.html

16インチスリムアタッシュ、18インチスリムアタッシュ、それに18インチエアキャビンケースの3点である。送ったのは8月初頭。1ケ月でようやく出来上がってきた。小ぶりでよい金具がなかなか無かったそうで、よさげなのをなんとか探して付けてもらったので時間がかかったのである。

01

18インチエアキャビンにはちょっと大きめの金具

02

スリムアタッシュには小ぶりな金具

03

内装を一回、剥がして、付けてくれたのだろう。まるで最初から付いていたような仕上がりである。いい仕事するね 第一ボデー!!

04

ストラップを付けてみる 16インチスリムアタッシュはこんな感じ

05

18インチスリムアタッシュはこんな感じ

06

どちらも非常に按配がよろし。これから出番が多くなりそうである。

改造費は

ショルダーカン (ショルダーベルト取付金具)
新規取付 一対 8,000円 ×3
ショルダーベルト 1本 2,500円
消費税 1,325円
往復送料(代引き手数料含む)2,625円
合計 30,450円

これだけの価値は十二分にある。とっても良い改造であった。

グローブトロッターのアタッシュを持っている人にはとてもオススメである。

〒733-0804
   広島県広島市西区山手町1-9
   第一ボデー株式会社       伊藤(メール担当:坂本)

   フリーダイヤル:0120-755-450
      TEL:082-232-1050
        FAX:082-232-1003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

スーツケースの改造

グローブトロッターの28インチケース、これにはスライドハンドルが無い。形はかっこいいのだが、このハンドルが無い状態で引き歩くのはとても辛い。あまりに辛いので、ベルトを取っ手に巻きつけたりしたのだが、それでも按配が悪い。それで市販のキャリアに乗っけたりしたが、わざわざキャリアに乗っけるのもおかしい・・・・・それで日本のグローブトロッターにスライドハンドルを付けてくれるかどうか、問合せをしたのだが、それはダメだと言う。なら部品を売ってくれ!と食い下がったのだが、それもダメ。なんとバンダナなんかをハンドルに巻きつけて使えとのことだ。使いにくいからお願いしているのに・・・ご立腹である。

1

なので、かばんを改造したり修理したりする専門店に問合せをしてみた。まあ、なんとかできるでしょう!とのことだ。

早速、頼んで、それで10日くらいで出来てきた。これがなかなかご機嫌な出来であった。ハンドルが黒なので色合いも良い。

3

一番良い点が、ハンドルのスライド量が4段階もあることだ。純正は2段階くらいである。

4

5

とても按配が良い。それにハンドルの穴を開けた跡がに生地をちゃんと貼ってくれている。良い仕事である。

6

7

まあまあな、お値段ではあったが、この満足度ならば十分にその価値はある。

8

9

他のグローブトロッターのかばんも改造してもらおうかな

費用は下記のとおり。

スライドハンドル取付          18,000円
消費税                                        900円
往復送料(代引き手数料込)         一式   2,625円
合計                                    21,525円

よろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------

〒733-0804
   広島県広島市西区山手町1-9
   第一ボデー株式会社         

   フリーダイヤル:0120-755-450
      TEL:082-232-1050
        FAX:082-232-1003

--------------------------------------------------------

お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

ソメスサドルのかばん

6~7年前に新宿の東急ハンズで購入したショルダーのかばん。雨の日も風の日も、海外でもいつも、ほぼ毎日のように使っているので、最近は劣化が進み、買い替えようとずっと探していたのだが、東急ハンズでもヤフオクでも売ってない・・・・

もしかしたら、ネット通販で売ってるかも?と考え、ブランドを見てみる。

「SOMES SADDLE」で検索すると、あった!http://www.somes.co.jp/top.html

我が故郷、北海道の会社である。日本唯一の総合馬具メーカーだ。だから革のかばんはとても良い。これだけ使って、同じものがほしいくらいである。それでHPを見てみると、同じようなショルダータイプのかばんがあった。https://www.somes.co.jp/store/products/detail.php?product_id=229さっそくそれをネット注文した。

その後、ソメスサドル社から注文請けのメールのやりとりがあったのだが、もう一度、HPをよく見てみると、なんと、今使ってるかばんとまったく同じものがあるではないか!https://www.somes.co.jp/store/products/detail.php?product_id=41名前はハクニーで、色もまったく同じダークブラウンである。次の日、ソメスサドル社に電話をし、できれば変えて欲しいと・・・そうしたらなんと二つ返事でOK!差額分は現金書留で返金してくれるとのこと。さすが北海道!素晴らしい良心的な会社である。

そのかばんが早速届いた!

1

ちゃんと布ケースに入っている。

2

いままで愛用してきたかばんと比べてみる。6~7年、毎日使い、自転車で転んだり苦楽を共にした伴侶みたいなものである。すごいくたびれようである。

3

あちこち破けている・・・

4

5

6

お気に入りのかばんが何年後でも手に入ることが判ったのは収穫である。また幾年後、このかばんがだめになったら、また同じものを買う。

管理人は、もう死ぬまで使い続けるものを決めてある。時計はセイコー。壊れたら、また同じようなものを買う。旅行、ビジネスかばんはグローブトロッターのネイビー。ショルダーのかばんはソメスサドルのハクニーのダークブラウン(L)。

ずっと使い続けられるものを見つけられるということは幸せである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)