« 備え | トップページ | 歴史認識を持つには »

2017年12月 9日 (土)

そろそろ始まるか

トランプさんの「イスラエルの首都をテルアビブに承認」のニュースで大騒ぎだね。

【AFP=時事】(更新)パレスチナ自治区各地で8日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことに抗議するパレスチナ人らがイスラエルの治安部隊と衝突し、1人が死亡した。同自治区ガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)は、この日をトランプ氏の決定に対する「怒りの日」とするよう呼び掛けていた。

 金曜日の礼拝後、エルサレムの旧市街(Old City)や、ヨルダン川西岸(West Bank)のヘブロン(Hebron)、ベツレヘム(Bethlehem)、ナブルス(Nablus)で衝突や乱闘が発生。エルサレム旧市街では、デモ隊およそ200人を警官およそ50人が蹴ったり警棒で殴打したりして押し返す様子も見られた。

 イスラエル軍によると、同国とガザ地区の境界沿いの6か所で約4500人が参加する「暴動」が発生。同軍部隊が「数十人」に向け発砲したという。

 同国軍は発砲による負傷者の数は明らかにしていないが、ガザ地区ではイスラエルとの境界付近で起きた衝突によりパレスチナ人1人が死亡。さらに1人が頭部を撃たれ、重体となっている。

【翻訳編集】AFPBB News

Bbgoxos

まあ、一大事だわね。 八百万の神の日本ではあまりピンとこないけれど。

でもさぁ、元々イスラエルを承認つーか、ここへ移住させて中東をずっと混乱させようと画策してたのはいったいどこの国??? 

メイ英首相「賛成出来ない」 http://www.sankei.com/world/news/171207/wor1712070023-n1.html

【ストックホルム=岡部伸】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、英国のメイ首相は6日「米国の決定に賛成できない」との声明を発表した。

 英首相官邸によると、メイ氏は、「和平に取り組もうとするトランプ氏の思いに対しては賛同する」としながら、今回の決定は「地域平和という観点からは役立たない」と述べ、「エルサレムはイスラエルとパレスチナの交渉によって決められるべきだ」と指摘。

 在イスラエル英大使館について、メイ氏は「テルアビブから(エルサレムに)移す予定はない」と語った。

以上、貼り付け終わり

いやはや・・・なんとも無責任つーか・・・ 元々はスエズ運河を守るのと、中東を混乱させて石油資源を確保するための仕込みだったのに。。。 中東の混乱は英国と仏蘭西のせいである。それは間違いない。シリアとイラクの国境だって英仏が決めたのだから。リビアだってイラクだって仏蘭西の口車(石油をユーロで決済するよ・・・)に乗っかってしまったから、米ドルと石油利権で成り立っている米国から排除されちまったんだから。

イラク戦争が始まったのが2003年。いまだに解決どころか混乱のままだけど、あれでGPSの技術が大きく進んだ訳で。 みんなが喜んで使っているインターネットの技術は湾岸戦争で実用されたものだし。 そろそろ新しい技術革新つーか飯の種のために戦争をやりたくてたまらないのだろう。 かといって北朝鮮なんてなにも得るものが無いからやりたくなくて、出来れば中共と露西亜に任せたいってのが本音だろう。 米国としては国益が無いと戦争には踏み切らないからね。 湾岸戦争もイラク戦争も石油の利権のためだし、リビアはドル防衛のため。 日本と戦いたかったのはハワイやグアムを分捕ったのと同じ。どうしても沖縄という場所が補給基地としてどうしても欲しかったのだね。それに軍艦を修理するための港湾も必要だった。横須賀や横田なんて、ましてや沖縄なんて手放すはずが無いっての。 東日本大震災のときに、日本政府(その時は最悪な民主党菅政権・・・)の承認も無く、海兵隊が仙台空港に乗り込んだのは、いまでも占領地のままってことなんだよね。だから北朝鮮は、日本があまりにヤバイ状態になれば重い腰を上げるかもしれないね。まあ、それでも前に言ったとおり、トマホークミサイルで発電している水力ダムとシナと北朝鮮の国境の橋梁の破壊だろうね。ミサイル施設なんて攻撃するまでもないだろう。何故かと言うと、その前に三代目は逃げてしまうから。 中共と露西亜へのけん制も含めて、日本海側の港湾に機雷くらいは撒くかもしれないね。それだけで半島は永久的におしまいになってしまい、古代に戻る。そうなれば南側も無意味だから同じく古代に戻るだろうね。

シナ大陸も古代に戻るのが目の前のようだね。

[上海 6日 ロイター] - 深刻な大気汚染に見舞われている中国・河北省は6日、来年から包括的な環境保護税を導入する計画を策定したことを明らかにした。

https://jp.reuters.com/article/china-environment-tax-idJPKBN1E10E8

Xjx4q8dh

こんなのもあり。

石炭禁止で中国人民が凍りつく 大気汚染解消うたうが…暖房間に合わず児童凍傷
http://www.sankei.com/world/news/171208/wor1712080034-n1.html

【北京=西見由章】深刻な大気汚染を解消するため石炭燃料から電気・天然ガスへの転換を推進している中国北部で、冬を迎えながら暖房設備が使用できないケースが相次ぎ市民生活に影響が出ている。中央政府の強い指示で石炭ストーブを撤去したものの代替施設の整備が間に合わず、天然ガスの需給も逼迫(ひっぱく)しているためだ。官製メディアまで異例の当局批判を展開する中、環境保護省は石炭燃料の暖房を一時的に認める通知を急遽(きゅうきょ)出すなど対応に追われている。

以上、一部貼り付け。

もうすでに人間が住める環境でないってことだろうね。 これを打開するためには大規模な破壊しか手立ては無いだろう。 

人間が余って、生産設備も余ってしまい、いくら生産しても儲からない。エネルギーだって供給過剰・・・ 世界中がデフレーションの蔓延・・・ その解消のために人類はどう対処してきたか? そろそろ破壊して新しい秩序を再構築したくて堪らないんだろうねぇ。

|

« 備え | トップページ | 歴史認識を持つには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/66138657

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ始まるか:

« 備え | トップページ | 歴史認識を持つには »