« 的確な考察 | トップページ | こりゃヤバイだろ・・・ »

2017年11月27日 (月)

テレビの今後

おなじみの小坪しんや市議のブログでで、マスコミの今後を占うような示唆的な記事が・・・

政治vsマスゴミの行方、これからのメディア規制の帰趨

一部、抜粋して貼り付け 

本稿においては、思考のみを書いてみる。
通常は肉付けにあたる部分、ロジックの解説に文章量を割くのだが、ある意味では「手抜き」とさせて頂きたい。

本日は、地元で航空祭。
他、所用もあり思うように時間がとれなかった。

恐らく書き直すとは思う。
「解説ナシ」での、私の脳内をそのまま記述する。

どうして、マスゴミは滅びるのか。
未来日記を書いてみました。
このエントリは半年後、数年後というスパンで「予言の書」となるでしょう。

以上、貼り付け終わり。是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

https://twitter.com/daitojimari 

戸締り先生 渡邊哲也氏のツイートに面白いものが貼ってあったので貼り付け(笑)

Dpms6m3vwaamqgb

偏向で有名(笑)なTBSのサンデーモーニングのスポンサー一覧。 これ拡散されたら、スポンサー企業にとってはたまらないだろう。お金使って企業や商品を世の中に広めるために宣伝してるのに逆効果になてしまうから(笑) こんなの誰もが知ったらその企業は致命的に立ち行かなくなるね。ランチェスターの法則で10%の人が知ったら殆どの人達に広まるからね。 

まえにサザエさんのCMがえらい安いって書いたけど、テレビCMの効果がかなり落ち込んでいるんだろうね。雑誌が廃刊になるのも広告が集まらないからだよね。管理人も2年間くらい関係雑誌に広告打ったけど、まるで効果が無かったものね。資料請求はいくらか来たけど、仕事には成らなかったねぇ・・・

毎年、幕張メッセで「国際放送機器展」 Inter BEE (International Broadcast Equipment Exhibition) ってのを11月に開催されるので、仕事柄毎年見に行くのだけれど、以前はものすごい盛大だったのに、ここ10年で、毎年毎年展示が縮小していくのがよくわかる。

15年くらい前はテレビ業界も元気だったし、放送機器といえばソニーだったし、テレビのプロダクションの社員が全国から集まってきていて、テレビカメラなんてカメラマンが列をなして順番にファインダーを覗き込んでいたもんだ。 それが今年はカメラがあっても覗き込んでいる人はスーツ姿でカメラマンじゃない。 プロダクション関係者の姿が殆どいない。いても関東近辺だから極少数しかいない。ガラガラってな感じ。 昔は地方から泊り込みで展示会全日程、朝から晩まで張り付いてみていた関係者も多かったんだけどねぇ・・・ 5年くらい前には中華や韓国製の放送機器展示もあり、それらの国の放送関係者もたくさん来場していたんだが、ここ2~3年はその展示もなくなり、人もまばらだったね。 

昨年はNHKが8Kだ!!!とか展示してたけど、今年は静か(笑) 民放なんて4Kに移行できないのね。金がないから。 いま若者が殆どテレビを見ないからいくら宣伝しても商品が売れてかない。それにより広告収入が減少してるから、莫大な投資が必要な4K(ハイビジョン放送の4倍の解像度って意味)に移行できるのはNHKのみといわれている。 それに家庭用の50インチのテレビなんて4Kの放送なんてまるで意味が無いからね。200インチとか300インチになるとそれなりに4Kの解像度は生きてくるけれど、普通の人は必要ないんだよね。 だから民放では元を取れないから現状のままだろう。それさへも今後は維持していくのは難しいだろう。

東京モーターショーが幕張メッセから東京国際展示場ビッグサイトに場所を変えて久しいけれど、InterBEEもそうなるのは時間の問題ではないだろうか? あるいは横浜のパシフィコくらいまで縮小してしまうかもしれないなぁ・・・

テレビはスマホに負けたんだねぇ。 無くなりはしないだろうけど、縮小するのは間違いないね。

|

« 的確な考察 | トップページ | こりゃヤバイだろ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/66093187

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの今後:

« 的確な考察 | トップページ | こりゃヤバイだろ・・・ »