« 北の考察 | トップページ | HDの更新 »

2017年8月15日 (火)

複合機の更新

10年前に導入した複合機がとうとう印刷部がダメになり更新した。大きい会社の人は当たり前に普通においてあって、月に一回くらい保守点検の人が来るイメージだろうか。 でもね、この複合機って個人事業主にはたいへんな代物なんだよね。 普通こういうのはリースにする。よく壊れるし、トナー交換とか扱いが面倒だから。 でも個人事業主はリース契約してもらえない。社会的信用が無いからである。銀行からもカネを借りることも出来ないし、クレジットカードを作るのも携帯電話の契約だって難しい。日本は個人事業主とかフリーランスが生きていくには厳しい環境なのである。 よってその複合機、現金で購入したんだよね。 でもちゃんと問題なく動くのも一年でね。二年目からは紙が詰まったり、いろいろ不具合が出てくるんだ。きっちりタイマーが付いている?ってくらいに壊れる。それでサービスセンターに電話して保守してもらったら一回部品別で3万円。 それならば年間保守契約で5万円。 その年間保守契約がなかなかよろしくて助かっていたんだけれど、機種が古くなったということで保守契約も2年前に終了となり、交換部品も無くなってジ・エンドとなった訳である。

P1

しかし、これがでかくて重いからさぁ・・・簡単に廃棄処分なんて出来ないのね。それでメーカーに問い合わせたら、30万円以上の機種に更新したら処分+5年の保守点検とのこと。なかなか魅力的な内容なのだが、それほど印刷するわけでないし、それに5年後も生きていられるかどうか判らない。2~3年でも危ないってのに・・・ なのでそれは諦めてオフィス用品処分専門店に電話をして処分してもらった。税別2.1万円ならば安いものだろう。重いしでかいしね。

P2

鎮座していた複合機が無くなって、すっきりした。

P3

で、購入したのがインクジェットタイプの複合機。ファックスなんて殆ど使わないんだけれど、極まれに注文書をファックスで送ってくるところもあるのでファックスは必要なんだよね。。。 それに仕事柄A3はマストだし・・・・ カラーもマストだし・・・ だから大きくて重くなるけれどインクジェットだからトナーよりは扱いが楽で小さい。

P4

それに安価である。年間の保守料金よりも安い。これならば毎年壊れて買い換えたってもよい。一応は宅急便で送れるサイズだから新品購入時に販売店に引き取ってもらえるからね。

P5

梱包テープとかを取り外すのが麻痺した手にはとても辛い。かなり回復はしてきていても細かい作業をするとすぐに手の筋肉がオーバーヒート?して動かなくなる。剥がすとか縛るとかつまむとかがとてもきつい・・・

P6

インク、ちっちゃい。こんなので印刷できるんだから。トナーってすっごくでかいからね。扱いが面倒だし、感光ユニットもすぐにダメになるしトナーの残りかすもたくさん出るし・・・個人事業主にはインクジェットだね。 枚数が多い場合は高くなってもキンコーズがきれいで一番良い。

P7

セットアップも最近の機種なので実に簡単である。

無事に更新できて喜んでいる管理人でございました。




|

« 北の考察 | トップページ | HDの更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/65666714

この記事へのトラックバック一覧です: 複合機の更新:

« 北の考察 | トップページ | HDの更新 »