« あつい日 | トップページ | 北の考察 »

2017年8月10日 (木)

久々のDf

おかんが生息しているふじみのが七夕っていうんで、久々にニコンDfを持っていった。 頚椎の手術をしてから手が麻痺しているからマニュアルなダイヤルがたくさんついてるDfはぜんぜん使えなくて出番がまったく無かったのだが、右手はグーチョキパーができるくらいには回復してきたので、試しに使ってみようかと思ったわけで。 ただ完全マニュアルのauto-nikkorは外観はかっこいいのだが左手が満足に動かない.なのでピントリングを回せないからオートフォーカスのレンズにした。 お気に入りの35ミリf2 これ一本。

Df1


単焦点レンズは35ミリの画角が撮りやすい。それにf値が2なので開放では背景がそれなりにボケる。スナップ撮影にはもってこいのレンズである。 スナップ撮影はズームで画角を調整なんてしないで単焦点一本とか・・・管理人が敬愛する赤城カメラマンが言っていたような・・・

Df9


これこれ、駅に貼ってあるポスター。いつもは閑散として少ない住民がほんのちょっと歩いているだけなのに、七夕には物凄い人が集まる。昨年、たまたま七夕にここにきてびっくりしたものだ。なんせこの近辺で七夕で夜店がでるのは上福岡だけらしいので東武東上線沿線からたくさんの人達が集まるんだね。上福岡商店街にとって最高の稼ぎ時だね(笑)

Df2

ニコンDfのシルバーに50年前のauto-nikkorなんて付けて持ってれば、渋谷のスクランブル交差点あたりにいれば、フィルムカメラをぶら下げているマニアにガン視される。どんなレンズ付けてるんだ???とジロジロ見られる。 ここ上福岡ではカメラマニアなんていないから誰にも見向きもされない。

Df3

飼ってた金魚が最近逝ってしまい、金魚すくいでゲットせねば!!と、老体に鞭打って金魚をゲットしご満悦のおかん。

Df5

ばあさんなのに写メができる。

Df6


それにしてもすごい人。

Df7

f値2、絞り開放だと背景がそこそこボケて被写体が浮き出るのがいいね。このあたりの組み合わせとか構図とかのテクニックは友人「ぷ」がとても上手い。曰くセンスの違いだとか・・・

Df8

夕方、帰り頃にはもっと多くの人が集まってきていた。

Df10


乗り換えの駅のホームで作品っぽく一枚。

ニコンDfって昔のレンズとか楽しめるし形もクラッシックだし飽きないで楽しめる。手慰みのカメラですなー。

久々のカメラネタでした。

北、かなりヤバそうだね。旱魃で今年の秋の収穫がかなりつらい状況なんだろうなぁ。援助が無いと人民が餓死してしまうから今年中になんとかしなきゃいけないから必死のアピールなんだろうねぇ。 

|

« あつい日 | トップページ | 北の考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/65647283

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のDf:

« あつい日 | トップページ | 北の考察 »