« これはおススメ | トップページ | あつい日 »

2017年8月 5日 (土)

すこしは時事ネタ

昨日、顧問のJT先生と飲んだんだけど、第三次安部政権の組閣内容にたいして質問されたような記憶があるけれどちゃんと返答できただろうか??? まあ飲んだ席だからどうでもいいんだけれど(笑) 一応は触れておこうかね。

まあ、今回の組閣を的確に説明されているのはやはり小坪市議でしたねー。さすがです。このエントリーを読めば、安部さんの意向と狙いも読みとれるのではないか?

https://samurai20.jp/2017/08/third-time/ 一部抜粋して貼り付け。

対メディア包囲網内閣、極めて攻撃的な布陣【安倍内閣を応援する人はシェア】

第三次安倍内閣を評するに「対メディア包囲網」はキーワードになるだろう。
ベテラン勢で固めており、安定感は抜群だ。森友・加計学園をメディアが蒸し返そうちにも、林文科大臣は鉄壁だ。日報問題を扱うにせよ、小野寺防衛大臣は二度目の起用。
攻めようにも、鉄壁の布陣と言える。

これだけだと「守りの布陣」に見えるが、そうではない。
鍵は「野田聖子総務大臣、河野外務大臣」となる。

ネット上では”河野談話の息子!”という部分で、批判もある。
メディアもこの部分を殊更に報じている。
・・・だから、いいのだ。
しかも【従軍慰安婦】という単語まで、久しぶりにテレビで流れていた。

国会議員という立場、立法機関に所属する「一政治家」であれば、河野太郎氏も「好きに発言できた」のだ。だが、大臣となるとそうはいかない。先日も話したように”行政マン”となる。例えば日韓合意を覆す権限があるかと言えば「そもそも、ない」のだ。あれは国と国の話ゆえ、首相が決める。

是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

あとは パチンコ屋の倒産を応援するブログ  は必読ですな。

野田聖子はやっぱり頭が悪すぎた  http://ttensan.exblog.jp/25190073/

上記、二つのブログを拝読したらだいたいの理解を得られると思いますよ。

管理人的にはねぇ 防衛大臣が誰になるか?が けっこう興味あったのね。 安部さんが現状、かなりヤバイと考えれば、小野寺さんの復帰かなぁと。 小野寺さんっていまの自衛隊装備の弱点とかちゃんと把握できているらしい。 北やシナとかの危険が顕著になってきればそうなるかと思ってたのね。 絶対ヤバイ!もはや防衛出動やむなし!(詳しくは 空母いぶき をご参照ください。 軍事ヲタクにはたまらないエンターテイメントである)の場合は「ひげの佐藤隊長 参議院議員」が防衛大臣に就任するだろう。 同じ自衛隊出身でも佐藤隊長は「アホの石破にくっついていくような中谷元みたいな盆暗」とはまるで違う。 リサールウエポンだからね。

外務大臣は岸田くんはちょっと弱いから、河野太郎の抜擢は大爆笑!!! 劇薬となれば本人にとっても良い未来が寄ってくるかもね(笑)

野田聖子の抜擢も大爆笑。

こんな写真が巷に出回るなんてなんてバカというか脇が甘いどころではないだろう。この旦那の仕業でしょう。工作員として縛り付けているってことかもねー(棒読)


Imagesmaj4s2u9

まあ、そんな輩が多数生息しているメディアに対して工作員をぶつけるってのは実に面白いよね(爆笑) 

パチンコ屋の倒産を応援するブログより 一部抜粋して貼り付け。

一方で野田聖子はさすがのアホっぷりです。
閣僚になるというのに次期総裁選を目指すとか言ってしまっています。
閣内にいながらいまのうちから安倍を総裁から下ろす発言を
普通にしてしまっている事の意味が全くわからないようです。
安倍首相が総務大臣にしましたが、
頭が悪すぎてその意図すら理解してなかったようです。

まさか組閣その日のうちに野田聖子については
ほぼ失敗人事と言ってよさそうな結果になるとは。

安倍首相は本格的なアホを理解できていないようです。

高市総務大臣はNHKに注文を付けましたが、
また就任会見内容から野田聖子はマスゴミに苦言を呈する気ゼロ
ということもわかったと言って良いと思います。
マスゴミが自分の味方だということだけはわかっているのでしょう。


 一部抜粋して貼り付け終わり。

いやー面白いよね。前の高市総務大臣がちゃーんと地雷を撒いておいたんだから(笑)

時事ネタでした。

|

« これはおススメ | トップページ | あつい日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/65623570

この記事へのトラックバック一覧です: すこしは時事ネタ:

« これはおススメ | トップページ | あつい日 »