« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月26日 (土)

戦前か

いやーなんともまあ・・・ あの第七艦隊がまたしても衝突事故だそうだ。 前に衝突事故を起した同型艦である。前回はコンテナ船。今回はタンカーだそうだ。 昨年にはアンティタームという巡洋艦級が座礁事故を起している。 軍艦の運用をあまりにGPSに頼りすぎていて、そのGPSへの電波妨害で混乱している?という噂もあるほどである。 しかしこれほど世界一精強と言われているアメリカ第七艦隊が事故を、それも衝突や座礁など、ありえない事故である。軍隊はその国柄を端的に現すからね。

0023220148


Imagesantitam

いまアメリカ国内で人種問題で大荒れになっている。南北戦争の英雄、リー将軍のやワシントンやジェファーソンの銅像まで攻撃の対象になっているようだ。 まるでアメリカ版「文化大革命」でないか?との記事をどこかで見かけた。まあ、それぐらい南北戦争以来の大混乱と言えようか。 行き過ぎた人権主義が爆発したっていうことか。 このまま混乱が続けば、どこかで決着を付けないといけなくなるだろう。それは人種間での戦争にまで発展するか? そうなれば大国アメリカといえども歴史においても物凄いダメージとなるからとにかく避けたいだろう。 そうなればその矛先を外に求めるしかない。 そう、まるで80年前、ホワイトハウスはコミンテルンに操られて、経済的に戦争をして国内問題を解消したかった。それで日本帝国と戦争になったという、あの当時と非常によく似ているのだ。

欧州では独逸の一人勝ちである。そうなってしまえば、元々は独逸のチカラを抑えるためのEUが意味を成さなくなる。だからEUは分解するのは当たり前であろう。 となるとアメリカだけでなく欧州でも益々ナショナリズムの風が吹き荒れる。 世界中が不景気になってどうしようもなくなったときに、それを突破する手段が破壊という「戦争」行為なのである。

ようやく長い戦後が終わったら、すぐに戦前かねぇ・・・ まあ、そうなるのが当たり前だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下がった

今週、血液検査の結果が出た。 アレルギー症状が出てから約1年が過ぎた。ようやく数値が下がってきて、担当医師も「かなり改善してきています。後一歩ですね!頑張りましょう!」との嬉しいお言葉を頂いた。

20170821


これが今回の検査結果。

20161111


次が昨年の11月 

20160704

これが最初の検査結果。

問題となる部分を時系列でピックアップしてみる。

            2016/7/4    2016/11/11   2017/8/21

非特異的 Ig-E         1678          1050              762

これがアレルギー反応の度合いとのこと。正常値は170以下であるが、最初はほぼ10倍であった・・・ 現在は4.5倍程度まで下がった。

w-5グリアジン           7.35           4.18              1.58

グリアジンへの反応が小麦粉アレルギーの原因である。正常値は0.34以下。当初からはかなり下がってきた。これが正常値になればパスタもラーメンも、好物の立ち食い蕎麦もいけるようになる。

グルテン                   0.86          1.34              0.21

小麦粉の粘りの成分グルテンはなんと正常値以下になった。 

γ-GDP                    127                                52

酒飲みの皆さんが気にするγ-GDP 正常値は80以下。 当初は神経の薬の影響か、手術前は常に正常値以下だったのにやけに数値が高くなってしまっていた。その神経の薬の服用を止めたからか、数値が正常値に戻った。

すっごい時間がかかっているけれど、なんとかそれでも良くなってきているようですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

これは必読「戦争と平和」百田尚樹著

なんとも絶妙な時期に発売された百田尚樹氏の新刊 「戦争と平和」 これは必読ですな。

Photo

日本が何故、先の戦争で敗北したのか?その根本原因をたんたんと説明している。たしかに百田先生のおしゃるとおりですなぁ。 読んでみて、まさにぐうの音も出ない。

ショックなのは「日本人は戦争に向いてない」ということだね。 たしかにそうかもね。 第一章で 先の戦争で大活躍した「零式艦上戦闘機」についてたんたんと述べられているが、以前、「ゼロ戦と日本刀」という著作でも述べられていたけれど、まさに零戦は日本刀のようなすっごい手間隙がかかって、それも熟練工でなければ作れない兵器だったんだよね。それに当時の搭乗員の技量がもう神業くらいに物凄かった。(当時の日本は凄く貧しかったから優秀な若者は食うために軍隊に志願したからである)だから緒戦では負け無しなくらい強かったんだよね。 しかし、アメリカの戦闘機は・・・・・ これ以上説明するとネタばれするので是非とも買って読んでくださいね。 なんと¥760の超バーゲンプライス。 これ以上の反戦本は無いかもしれない。 そのくらいに内容は濃いし、それでいて読みやすい。できるだけ若い人に読んでもらいたいということで、かなり噛み砕いて書いてある。

それにしても、この本で「現在の日本もそれほど戦前とは変わっていない」 とは真実ですな・・・。あれだけコテンパンにやられたのに日本人に根本で変わらないのかもしれない。 自衛隊の護衛艦、「ひゅうが、いせ」ひゅうが型(16/18DDH) というヘリコプター空母型が就役し、その拡大版の「いずも、かが」いずも型(22/24DDH)までも就役して、軍事ヲタクは大喜びなんだけど、これって2隻体制なんだよね。 あれっ?どっかで同じようなことが・・・

そうなんです。過去の大日本帝国海軍の空母、戦艦はいつも同型艦2隻体制だったのね。 アメリカでは同型艦を最低でも4隻作る。いまの原子力空母だって10隻、基本形は同じである。なぜかというと1隻がフル稼働、2隻目が弱稼動、3隻目が演習や訓練、4隻目が保守点検で4隻無いと戦力として稼動できないんだよね。 さすがに戦争が上手なアメリカはよーくわかって戦力を組み立てている。あの人もカネも有り余っていたアメリカでさへそうしてたんだから。 同型艦2隻では保守点検できないからつねにフル稼働状態。船も飛行機も兵士も休めない。 そりゃあ、負けるわな。当たり前の結果ってことさ。 日本がロシアのバルチック艦隊に勝てたのは、ロシアの艦と兵士が長旅でぼろぼろだったからなんだよね。 それなのにいまでも海上自衛隊護衛艦の同型艦2隻体制って・・・・ やはり「日本人には戦争は向かない」のかもしれない・・・

それに、先の大戦では兵站がまるでダメで輸送艦とかがぜんぜん足りなくて、それらも簡単に沈められてさんざんだったのに、秀作といわれる「おおすみ型」なんて3隻ですでに艦齢20年・・・おおすみ型II  燃料とか糧食とかの補給艦「とわだ型」  とわだ型 これも3隻で艦齢が20年超え・・・ 後継の「ましゅう型」は2隻のみ・・・ましゅう型

どうしても帝国海軍の艦隊決戦志向が抜けないのかねぇ・・・

今の日本に必要なのは「おおすみ型」のような震災とかにも活用できる艦を大量に就役させ、また海上保安庁の大幅予算アップで人員と保安船の拡充だと思うんだけどねぇ・・・

まあ、是非とも「戦争と平和」を購読してくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDの更新2

14日にハードディスクの更新を始めてすでに金曜日であるがいまだに終わらない。月曜日から24時間パソコンが稼動状態のままである。

1日目 メインハードディスクから新規ハードディスクへのデータコピー 24時間

2日目 4テラバイトハードディスクのデータ完全フォーマット 28時間

Img_3723

3~現在 2テラバイトのハードディスク完全フォーマット 2920分? 48時間で終わる?のにいまだ終わらず もうすでに72時間経過 96時間はかかりそう??

Img_3718


Img_3719


Img_3720


Img_3721


容量のばかでかいハードディスクをフォーマットするのはえらい時間がかかってたいへんなものである。 

ちょっと近況を。

それにしても北朝鮮、すっかりおとなしくなってしまったようだね(笑) グアムを攻撃するぞ!とあれだけ挑発したのにぜんぜんアメリカに相手にしてもらえなくて意気消沈ってところだろう。 北の願望はただひとつ。 アメリカとの国境を開いてもらって食料援助。 それで現在の体制の継続。それしかないんだから。 だから攻撃するわけないし。 そうやってアメリカに後ろ盾になってもらって、シナ北京から石油や食料の援助をいままでどおりに継続してもらうってシナリオだったのにさ(笑) ミサイル、ウクライナ製のエンジンだって???ウクライナは全てエンジンはロシアに提供しているって言ってるけどね。まあ、プーチンが北を多少の援助していることもばれちゃったね(笑) 

パチンコ規制も始まるし、共謀罪も成立してパレルモ条約も締結でますます日本から北朝鮮へのカネの流れが絞られるね。 共同通信がすっごいカネを北朝鮮に流していたのもばれちゃって・・・ 必死に「アベマサハルを許さない」ってやっても ぜんぜん効果がなかったね。 ざまあみろ。 ばーか。 北はもちろんのこと、南も経済崩壊寸前だから全財産没収が近いんじゃないかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

HDの更新

いまや仕事はパソコンが当たり前で手書きなんてほとんどせず、してもそれをスキャナーとかのデジタルデータにしちゃうものね(笑) 写真や動画は高画質で年々保存するデータは大きくなってパソコンのハードディスクでは容量が足りなくてみなそのデータの扱いに困っているだろうね。 個人事業主なんてそのデータは膨大だし、万が一それを無くしてしまったら信用問題になるからすごい慎重になるよね。 管理人が個人事業主を始めてからもう14年くらいになるかな?その間にどれだけのハードディスクを買っただろうか・・・ 

最近はテラバイトの容量で、ディスクが4台入っていて、それを交互に自動バックアップするのを使っているんだけれど、これがだいたい2~3年でエラーの警告灯が出たり、ディスク1台が破損したりと、それも突然に不具合が発生してしまう。 メーカーに送れば3万くらいで修理はしてくれるもののデータの復旧は無理。 なのでそのバックアップ用に同じハードディスクを用意しておいて定期的にバックアップする必要があるのだ・・・

H1

写真に写っている右側2台が4台のディスクを内蔵しているタイプである。管理人は一度に複数のパソコンやデータを扱うのですべてLANで接続できるようになっているが、この4台ディスクタイプ予備のディスクまで用意してあるものの、故障したらばやはりメーカー修理なので、あまりディスク4台の意味が無いのでは?と考え、それで左側の2テラバイトディスク2台内蔵に、それを丸ごとバックアップする2テラのハードディスクを接続したほうが確実でね???と。 でそうしてみたら2013年の導入してから最近までトラブルが無かった。

がしかし、最近、警告ランプが点灯した・・・・・それもソフトウェアをファームアップしてからだぞー??? まあ3年も経過したので壊れる前兆か・・・

H2

で、ディスク4台型は退役とすることとし、取り外した。 しかし、これらをフォーマットするだけでもすっごく時間がかかるんだよね・・・

H3

それで、同じタイプをまた導入した。

H4


H5

早速データを新しいハードディスクにコピーするが膨大な量なので丸一日かかる。

H6

次の日の午前中。まだコピーが終わらない。 

H7

ハードディスクの更新は手間隙と時間が必要で大事なのである。 でも信用が一番大切な個人事業主なので定期的な保守点検は必須なのであーる。

最近、天気予報図で梅雨前線が例のあたりでずっと動かない・・・
H8

昨年は台風2つとかで上海はすごいことになってたけど・・・ ことしは季節はずれの梅雨前線か・・・ あの三峡ダムのあたりだよ (赤丸は管理人) とうとう決壊か?

54 中国クライシス。三峡ダム(資料) – 余命三年時事日記

1713 2017/07/04アラカルト – 余命三年時事日記

237 中国探訪② – 余命三年時事日記

興味がある人は「余命三年時事日記」の過去ログ ↑ を読んでくださいな。

天津が爆発でもうダメだし、これで上海がダメになったら大連だけになってしまうからね。 ここを機雷を数個撒いただけで シナ共産党は瞬時に終了なんだよねー。 まあ、中朝韓の特定亜細亜3国は放っておけば自滅する。まさに誰かさんのシナリオ?とおりの展開になっているね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

複合機の更新

10年前に導入した複合機がとうとう印刷部がダメになり更新した。大きい会社の人は当たり前に普通においてあって、月に一回くらい保守点検の人が来るイメージだろうか。 でもね、この複合機って個人事業主にはたいへんな代物なんだよね。 普通こういうのはリースにする。よく壊れるし、トナー交換とか扱いが面倒だから。 でも個人事業主はリース契約してもらえない。社会的信用が無いからである。銀行からもカネを借りることも出来ないし、クレジットカードを作るのも携帯電話の契約だって難しい。日本は個人事業主とかフリーランスが生きていくには厳しい環境なのである。 よってその複合機、現金で購入したんだよね。 でもちゃんと問題なく動くのも一年でね。二年目からは紙が詰まったり、いろいろ不具合が出てくるんだ。きっちりタイマーが付いている?ってくらいに壊れる。それでサービスセンターに電話して保守してもらったら一回部品別で3万円。 それならば年間保守契約で5万円。 その年間保守契約がなかなかよろしくて助かっていたんだけれど、機種が古くなったということで保守契約も2年前に終了となり、交換部品も無くなってジ・エンドとなった訳である。

P1

しかし、これがでかくて重いからさぁ・・・簡単に廃棄処分なんて出来ないのね。それでメーカーに問い合わせたら、30万円以上の機種に更新したら処分+5年の保守点検とのこと。なかなか魅力的な内容なのだが、それほど印刷するわけでないし、それに5年後も生きていられるかどうか判らない。2~3年でも危ないってのに・・・ なのでそれは諦めてオフィス用品処分専門店に電話をして処分してもらった。税別2.1万円ならば安いものだろう。重いしでかいしね。

P2

鎮座していた複合機が無くなって、すっきりした。

P3

で、購入したのがインクジェットタイプの複合機。ファックスなんて殆ど使わないんだけれど、極まれに注文書をファックスで送ってくるところもあるのでファックスは必要なんだよね。。。 それに仕事柄A3はマストだし・・・・ カラーもマストだし・・・ だから大きくて重くなるけれどインクジェットだからトナーよりは扱いが楽で小さい。

P4

それに安価である。年間の保守料金よりも安い。これならば毎年壊れて買い換えたってもよい。一応は宅急便で送れるサイズだから新品購入時に販売店に引き取ってもらえるからね。

P5

梱包テープとかを取り外すのが麻痺した手にはとても辛い。かなり回復はしてきていても細かい作業をするとすぐに手の筋肉がオーバーヒート?して動かなくなる。剥がすとか縛るとかつまむとかがとてもきつい・・・

P6

インク、ちっちゃい。こんなので印刷できるんだから。トナーってすっごくでかいからね。扱いが面倒だし、感光ユニットもすぐにダメになるしトナーの残りかすもたくさん出るし・・・個人事業主にはインクジェットだね。 枚数が多い場合は高くなってもキンコーズがきれいで一番良い。

P7

セットアップも最近の機種なので実に簡単である。

無事に更新できて喜んでいる管理人でございました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

北の考察

久しぶりに友人からSNSで連絡があり、内外の情勢で多少、やりとしをしたので、ちょっとまとめておこうかなと思った次第。

やはり気になるのは北の動向かね。いま一番ホットな話題なはずなのだが、日本人をゆで蛙のままにしておきたい反日マスメディアはまったくといっていいほど取り上げていない。アホの極値のような自称作家にこんなこと言わせて・・・ まあカネのためならなんでもやるんだよ。こいつとか自称脳学者とか坂本龍一だかっていう自称作曲家とか、こばやしよしのりとか。 以下ツイッター貼り付け https://twitter.com/hyakutanaoki

すごいな。カエルの楽園のカエルよりアホだRT室井佑月氏が北朝鮮のICBM迎撃に疑問を呈す「迎撃したらいいってものじゃない」「破片が飛んできて危ない」~ネットの反応「はぁ?ミサイルが落ちるのと破片が落ちるの、どっちが危険だ」

以上、貼り付け終わり。 

本題に戻ろう。

北朝鮮がグアムに向けて4発のICBMミサイルの発射を検討とのことだ。 管理人はこの報に対し、なかなか賢いじゃないかと思った。 倉山満氏の「間違いだらけの日韓近現代史」で「朝鮮半島は軍事政権のときは比較的マトモな考えをする」というフレーズがよぎった。そのとおりなのである。南もパククネさんのお父さんが大統領のときはまともだった。大衆の声を反映させればさせるほど劣化するのはご覧のとおりである(笑)

なぜグアムを攻撃するぞ!と脅しを入れているのか? アメリカの短い歴史を振り返ると、見えてくる。アメリカが戦争を始めるには必ず大義名分を必要とする。 自国民を犠牲にしてまで謀略してまで相手が悪いことをしたように見せかけて戦争を始めるのである。 トンキン湾事件や真珠湾、それに最近では911。戦前の日本は陸軍と海軍の内ゲバでアメリカのそんな法則も無視して戦争を始めてしまったんだよね。勉強バカが実権握ると滅びるのよね。 北はそんなことはよく判って挑発しているんだよね。 アメリカの歴史くらいちゃんと認識してる。南はまったくアホそのもの。だから1/35のGDPの軍隊でも南は北に下手したら勝てないかもしれないってのはそういうこと。 

なんでそんな危険を冒してまで北が挑発してるか?ってこと。 北は知っているのよ。

「ICBMのミサイルは4発以上発射されたらそれを防ぐことは現在の技術力では不可能」

ということを。 だから北はアメリカに「おいおい、実際に撃ってやろうか?ミサイルを撃墜できるのならやってみ?」 ってこと。 イージス艦やTHAADとかの迎撃ミサイルは複数のICBMとかのマッハ5以上で飛来する物体には無力なのである。実際には迎撃出来ないのが世界中にばれると、世界一と認識されているアメリカの戦争能力の本当の実力があらわになってしまう。世界の力学も変わってしまう大事に発展してしまうということである。アメリカ国民だって膨大な税金が投下されている迎撃ミサイルやイージス艦が無力と知ったら大騒ぎでは済まないよ。アメリカ南北戦争以来の危機にまで発展する恐れがあるからね。

いままでは露西亜とアメリカの八百長プロレスで迎撃ミサイルの本当の実力が巧妙に隠されていただけのこと。 露西亜も財政が火の車だしね。 北なんて実際にミサイルなんて作れないでしょう。たぶん。 すべて露西亜からのレンタルだろうね。 潜水艦からのミサイルだって、あれ北朝鮮の外観に塗装して露西亜の潜水艦から撃ったのではないかな? 最近打ち上げている固形燃料のミサイルだって発射台の運搬車両とすべて露西亜製でしょう。作れもしないのにわざわざ自分達で作る必要ないでしょう。借りてこれればかんたんだから。もし造れる能力があるのならなんで南側ではGDPが35倍も大きいのに造れないのか?ということ。シナのミサイルだって露西亜とイスラエル(露西亜からの移住者が20%以上)の技術でしょう。 今回の図式は困窮している露西亜と北朝鮮が手を握り合っているってことだろう。

北朝鮮にしたらもう時間が無いのだ。1月から6月までは農産物がまったく収穫できない。なのに今年は雨が降らずに朝鮮半島は大干ばつとのことだ。これでは秋の収穫ができず、来年の1-6月は北の人民は大飢饉で飢え死にしてしまう。それまでになんとしてでもアメリカを動かして食料援助をしてもらわないと体制が持たない。だからこの次期で必死になっているのである。国連の北朝鮮への制裁が一応は決まったが、これでアメリカが北朝鮮をテロ国家指定すると世界中の北朝鮮の銀行口座が停止となりドルがまったく使えなくなる。もうにっちもさっちも行かない訳。だから必死の最後の懸けに出ているということだ。

アメリカとしてはそんな北の状態を百も承知だからこのまま来年まで放っておけば勝手に崩壊するのがわかっているからね。 いまは狐と狸の化かしあいみたいなように見えるけれど北はもう後が無い。窮鼠猫を噛む状態さ。南に侵攻したくても燃料が無いから出来ないし、南に北の飢えをまかなえるほどの蓄えもない。露西亜もあまりに極東は遠すぎて無理。シナだってアメリカの手前、表立って援助できない。もしやったら南シナ海で叩かれる。シナにとって一番怖いのはアメリカ様だからね(笑) それに秋の共産党大会を無難に乗り越えるのが習きんぴらの最大の重要事項だから。それに比べれば元々属国だった地域がどうなろうと知ったことではないだろう。崩壊してもアメリカが進出してこなければ何も心配事は無いからね。そこは露西亜のプーチンさんとWINWINで話がついているだろうて。

いまはプーチンさんとトランプさんでそれこそ喧々諤々やっているんではないかな?

「ト」 おいおい、北にミサイルをレンタルしてんじゃねーよ!!!激怒 それに迎撃ミサイルが無力だってことが世界に知れたらお前のところだって大変なことになるだろうが!!

「プ」 たしかにたまに貸してやってるけどな。だってシナが怖いらしくってな。でもどう撃つのかはやつらの勝手だろう。核弾頭はさすがに渡したりしないけどな。 それよりも、G8に戻してくれよー 日本に石油と天然ガスを売らせてくれよー インドの兵器市場に手を出さないでくれよー(ミグの経営難でスホイと合併だそうだ・・・) 原油価格を上げてくれよー

「プ」 たしかに迎撃ミサイルが無力ってことがばれたら大事だけどアメリカのほうが被害は甚大だろう?サウジやNATOが大騒ぎどころかアメリカに歯向かってくるかもしれないぜ?あのおとなしい日本だってもしかしたら怒るかも。日本人を怒らせるとどれだけ怖いかは、お互いによく知っているよな。

「ト」ったく・・・困ったもんだぜ・・・ あのクリントンの旦那が女じゃなくて北に手を出していればこんなのはとっくに終わっていたのによ・・・

以上、管理人の妄想劇。

まるぞう備忘録のブログ主も同じようなことをおっしゃっておりますな。

「官邸ちゃんねる」北朝鮮の詰将棋。 是非ともアクセスしてお読みくださいな。

で、管理人の予想???

まあ、北が耐え切れなくて撃ったとしても、露西亜の協力が無いと複数でも着弾は明後日の方向になる可能性が高いだろうね。 なのでアメリカは迎撃しないでやり過ごしだろう。

で、反撃しないってことは無くて、3ポイントだけを攻撃しておしまいだろうな。

1、シナと北の国境の鴨緑川に架かっている橋梁をトマホークミサイルで破壊。

2、日本が造った水豊ダムを同じくトマホークミサイルで破壊。

3、日本海側の港に機雷を敷設。

以上3点だけで瞬殺ですな。 1、の鴨緑川の橋梁が北朝鮮の生命線だからね。ここを通ってシナから資源や物資が贈られてくるわけさ。 いくら北が2000万人しかいない少ない人口でも橋が壊されて川を渡って物資を贈っても人口を支える量の物資を渡すのは不可能である。備蓄もないから終焉である。 2、の水豊ダムは北の電力を支える重要な発電所である。これを破壊することによりロケットを飛ばす電力が失われる。*当時の日本人は本当に碌でもないことをしたものだ。半島に絡むと碌なことがない。その因果が現在まで祟っているのだ・・・ 3、の機雷敷設 これで露西亜からの物資搬入ルートを破壊できる。この3点の破壊だけで北朝鮮は確実に瞬殺できるのである。

Original

まあ、これらを見込んでの小野寺さんの防衛大臣復帰なんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

久々のDf

おかんが生息しているふじみのが七夕っていうんで、久々にニコンDfを持っていった。 頚椎の手術をしてから手が麻痺しているからマニュアルなダイヤルがたくさんついてるDfはぜんぜん使えなくて出番がまったく無かったのだが、右手はグーチョキパーができるくらいには回復してきたので、試しに使ってみようかと思ったわけで。 ただ完全マニュアルのauto-nikkorは外観はかっこいいのだが左手が満足に動かない.なのでピントリングを回せないからオートフォーカスのレンズにした。 お気に入りの35ミリf2 これ一本。

Df1


単焦点レンズは35ミリの画角が撮りやすい。それにf値が2なので開放では背景がそれなりにボケる。スナップ撮影にはもってこいのレンズである。 スナップ撮影はズームで画角を調整なんてしないで単焦点一本とか・・・管理人が敬愛する赤城カメラマンが言っていたような・・・

Df9


これこれ、駅に貼ってあるポスター。いつもは閑散として少ない住民がほんのちょっと歩いているだけなのに、七夕には物凄い人が集まる。昨年、たまたま七夕にここにきてびっくりしたものだ。なんせこの近辺で七夕で夜店がでるのは上福岡だけらしいので東武東上線沿線からたくさんの人達が集まるんだね。上福岡商店街にとって最高の稼ぎ時だね(笑)

Df2

ニコンDfのシルバーに50年前のauto-nikkorなんて付けて持ってれば、渋谷のスクランブル交差点あたりにいれば、フィルムカメラをぶら下げているマニアにガン視される。どんなレンズ付けてるんだ???とジロジロ見られる。 ここ上福岡ではカメラマニアなんていないから誰にも見向きもされない。

Df3

飼ってた金魚が最近逝ってしまい、金魚すくいでゲットせねば!!と、老体に鞭打って金魚をゲットしご満悦のおかん。

Df5

ばあさんなのに写メができる。

Df6


それにしてもすごい人。

Df7

f値2、絞り開放だと背景がそこそこボケて被写体が浮き出るのがいいね。このあたりの組み合わせとか構図とかのテクニックは友人「ぷ」がとても上手い。曰くセンスの違いだとか・・・

Df8

夕方、帰り頃にはもっと多くの人が集まってきていた。

Df10


乗り換えの駅のホームで作品っぽく一枚。

ニコンDfって昔のレンズとか楽しめるし形もクラッシックだし飽きないで楽しめる。手慰みのカメラですなー。

久々のカメラネタでした。

北、かなりヤバそうだね。旱魃で今年の秋の収穫がかなりつらい状況なんだろうなぁ。援助が無いと人民が餓死してしまうから今年中になんとかしなきゃいけないから必死のアピールなんだろうねぇ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

あつい日

真夏日ですな。 今年最高気温らしい。 72年前、原子爆弾を落とされたんだよね。それから72年経過しているが、原子爆弾を実際に投下したのはいまのところ日本の広島と長崎だけである。 もう、いくらなんでも皆さんも判ってきているのかもしれないけど、本当のところは

1、人体実験 原子爆弾による放射能の生態系への影響。

2、原子爆弾の破壊、殺傷能力の効果の検証。

3、白人に対して抵抗した有色人種への制裁。

ということだね。広島にはウラン235を用いたもので事前の実験さへも行わないで投下された。まあ、確実に動作するってこと。 長崎はプルトニウムを用いたものでこれは事前に一度実験を行っている。のちの水素爆弾の起爆用テストでもあったんだよね。 その破壊、殺傷効果を確かめるために、投下予定地には通常爆弾での爆撃はしなかったというくらい用意周到な計画だったんだよ。 実は京都に落とす予定だったらしいね。(月刊正論9月号折節の記 高山正之 に記載されてますよ。) それに高空からパラシュートで降下させて空中で爆発させたのだよ。 長崎型のほうがプルトニウムで爆発力は大きかったのだが、殺傷は10万人、広島型はウラン型だけれど20万人。 広島は盆地形状で、地形により破壊効果の違いがデータとして採れたということさ。 同じ敵側の独逸には絶対に投下しなかったはずである。何故ならば同じ白人だから。無差別爆撃で民間人も殺傷するのは戦時国際法とうえども間違いなく違反というよりも「罪」である。 しかし相手は有色人種であるから同じ人間ではない。ユダヤ教もキリスト教も同じ解釈である。 だから白人に歯向かった有色人種の日本人に原子爆弾を投下して殺傷するのは白人種にとって聖戦というかね。白人には問題にならないってはっきり判っていたってことね。 

だから次の朝鮮戦争でマッカサーがトルーマン大統領に原子爆弾の使用許可を求めたが却下されたのは、朝鮮人が白人に歯向かった事実が無かったから。原子爆弾を使って殺傷する大義名分が無かったということだ。その次のベトナム戦争も同じこと。 大義名分が無いのに原子爆弾を投下したら、その事実だけが残り、逆に原子爆弾で攻撃する大義名分を相手に与えてしまうことになるからだ。そんな損することを白人がするわけないんだよ。 冷たいようだけど、これが現実。 

「あやまちは二度といたしませぬ」  とあるらしいが 「戦争に負けるなどという、あやまちは二度と起しませぬ」と付け加えたい。

いままで日本にしか原爆が使われなかったのは。

1、環境破壊、残留放射能に対しての殺傷能力が低い。 

2、攻撃した相手に原爆使用の大義名分を与えてしまう。

3、報復攻撃となった場合、人類が生存できなくなる。

ということだ。

100万人都市に投下して、10%の殺傷では全滅とはいいがたい。(詳しくは余命三年時事日記 106 兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事) http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2014/01/20/106%E3%80%80%E5%85%B5%E3%81%AE%E5%BC%B7%E5%BC%B1%E3%81%A8%E5%85%A8%E6%BB%85%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9%EF%BC%88%E9%81%BA%E7%A8%BF%E8%A8%98%E4%BA%8B%EF%BC%89/

を参照くださいな) 軍で全滅の割り数、30%まで効果を上げるには長崎型が3発である。さすがにそこまでは環境の破壊が大きすぎて使えないということになる。 だからいままで実際には使われていない。 成層圏で爆発させて電磁波で電気設備や電子機械を破壊するとい方法も考えられてはいるが、実際に「核爆弾」を使うということは隠せないから使うことはできないのである。だから全ては威嚇のために装備しているだけなのだ。

日本は爆撃機もミサイル攻撃潜水艦も持ってはいない。飛行機さへ自前で作れなかった。なんでって、アメリカが許可しないからさ。。。それでいまだに日本上空の制空権も持っていない。これが現実。いまだに占領されたままなんだよね。 日本からの核攻撃の報復(日本は2回、権利があるのだ!!!)を出来ないままにしておいているからなんだよね。 日米安保が守られるか?なんて心配している輩もいるみたいだが、きちんと近現代と人類史を学んだらどうかね?大きなカードを二枚も持っている相手を自由にすると思うかね???ましてや白人がそんな甘い考えなんてしないと思うがね。

だから「戦争に負けるなどという、あやまちは二度と起しませぬ」 そう、戦争に負けてはいけないのだよ。

Images_2





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

すこしは時事ネタ

昨日、顧問のJT先生と飲んだんだけど、第三次安部政権の組閣内容にたいして質問されたような記憶があるけれどちゃんと返答できただろうか??? まあ飲んだ席だからどうでもいいんだけれど(笑) 一応は触れておこうかね。

まあ、今回の組閣を的確に説明されているのはやはり小坪市議でしたねー。さすがです。このエントリーを読めば、安部さんの意向と狙いも読みとれるのではないか?

https://samurai20.jp/2017/08/third-time/ 一部抜粋して貼り付け。

対メディア包囲網内閣、極めて攻撃的な布陣【安倍内閣を応援する人はシェア】

第三次安倍内閣を評するに「対メディア包囲網」はキーワードになるだろう。
ベテラン勢で固めており、安定感は抜群だ。森友・加計学園をメディアが蒸し返そうちにも、林文科大臣は鉄壁だ。日報問題を扱うにせよ、小野寺防衛大臣は二度目の起用。
攻めようにも、鉄壁の布陣と言える。

これだけだと「守りの布陣」に見えるが、そうではない。
鍵は「野田聖子総務大臣、河野外務大臣」となる。

ネット上では”河野談話の息子!”という部分で、批判もある。
メディアもこの部分を殊更に報じている。
・・・だから、いいのだ。
しかも【従軍慰安婦】という単語まで、久しぶりにテレビで流れていた。

国会議員という立場、立法機関に所属する「一政治家」であれば、河野太郎氏も「好きに発言できた」のだ。だが、大臣となるとそうはいかない。先日も話したように”行政マン”となる。例えば日韓合意を覆す権限があるかと言えば「そもそも、ない」のだ。あれは国と国の話ゆえ、首相が決める。

是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

あとは パチンコ屋の倒産を応援するブログ  は必読ですな。

野田聖子はやっぱり頭が悪すぎた  http://ttensan.exblog.jp/25190073/

上記、二つのブログを拝読したらだいたいの理解を得られると思いますよ。

管理人的にはねぇ 防衛大臣が誰になるか?が けっこう興味あったのね。 安部さんが現状、かなりヤバイと考えれば、小野寺さんの復帰かなぁと。 小野寺さんっていまの自衛隊装備の弱点とかちゃんと把握できているらしい。 北やシナとかの危険が顕著になってきればそうなるかと思ってたのね。 絶対ヤバイ!もはや防衛出動やむなし!(詳しくは 空母いぶき をご参照ください。 軍事ヲタクにはたまらないエンターテイメントである)の場合は「ひげの佐藤隊長 参議院議員」が防衛大臣に就任するだろう。 同じ自衛隊出身でも佐藤隊長は「アホの石破にくっついていくような中谷元みたいな盆暗」とはまるで違う。 リサールウエポンだからね。

外務大臣は岸田くんはちょっと弱いから、河野太郎の抜擢は大爆笑!!! 劇薬となれば本人にとっても良い未来が寄ってくるかもね(笑)

野田聖子の抜擢も大爆笑。

こんな写真が巷に出回るなんてなんてバカというか脇が甘いどころではないだろう。この旦那の仕業でしょう。工作員として縛り付けているってことかもねー(棒読)


Imagesmaj4s2u9

まあ、そんな輩が多数生息しているメディアに対して工作員をぶつけるってのは実に面白いよね(爆笑) 

パチンコ屋の倒産を応援するブログより 一部抜粋して貼り付け。

一方で野田聖子はさすがのアホっぷりです。
閣僚になるというのに次期総裁選を目指すとか言ってしまっています。
閣内にいながらいまのうちから安倍を総裁から下ろす発言を
普通にしてしまっている事の意味が全くわからないようです。
安倍首相が総務大臣にしましたが、
頭が悪すぎてその意図すら理解してなかったようです。

まさか組閣その日のうちに野田聖子については
ほぼ失敗人事と言ってよさそうな結果になるとは。

安倍首相は本格的なアホを理解できていないようです。

高市総務大臣はNHKに注文を付けましたが、
また就任会見内容から野田聖子はマスゴミに苦言を呈する気ゼロ
ということもわかったと言って良いと思います。
マスゴミが自分の味方だということだけはわかっているのでしょう。


 一部抜粋して貼り付け終わり。

いやー面白いよね。前の高市総務大臣がちゃーんと地雷を撒いておいたんだから(笑)

時事ネタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはおススメ

今日、2回目のエントリー。本のおススメなのになんでブログ記事を小分けにすんの???ってなご意見もあるかも(まあ読者は極少数の友人関係だからご意見など無いだろう) パソコンでなくアイフォンだと、記事一覧に写真が表示されるんだよね。それも最初の写真が。 なので書籍の紹介は文字でなくて写真のほうが良いかもと思った次第で。 以前は「最近読んだ本」として100回くらい紹介してたがさすがに面倒でやめてしまたんだけれど・・・(笑)

で、今回どうしても紹介したくなったのがこの本。

51hzqtoo08l__sx337_bo1204203200_

http://mogiseka.at.webry.info/ ブログもやっておられ、「ニュースのなぜ?は世界史に学べ」がベストセラーになったからご存知の人も多いかも。

51tfzfyqwnl__ac_us160_


今回の「学校では教えてくれない地政学の授業」は抜群な出来ですよ。実に判りやすい。それこそ大人から子供まで十分に理解できるよう噛み砕いて説明されている。これは読んでおくべきと断言できますな。

「地政学」ってとっても重要でね。 昔の日本人はこれがよく判っていたんだよね。 戦後の教育でこの重要な部分がぽっかりと抜けてしまっているのが問題なわけ。 

兵頭二十八氏の「地政学は殺傷力のある武器である」もなかなかの名著であるが、軍事ヲタクならば難解なところも解読するのも楽しいのであるが、まともな人にはおススメできないよねぇ・・・

51bahpfbbdl__sx339_bo1204203200_


「学校では教えてくれない地政学の授業」 は是非とも読んでみてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巷では買えない本

「大和心への回帰」という、何回も紹介しているブログ http://www.yamatonococoro.com/

へのコメントで紹介されてた本 以下、一部貼り付け

波羅

 

先日発売した、バーニングプロダクション周防社長と決別した笠岡和雄元組長の著書「狼侠」は、一読の価値があります。
何しろ著者本人が発行人なのですから、バーニング側も圧力で止めようがありません。
その内容の7割が、バーニングの過去から現在の悪行の核心についてであり、内容は多岐に渡ります。

小泉今日子や藤原紀香がCMクイーンとなった理由、水野美紀抹殺騒動、小室哲哉麻薬事件、GLAY移籍事件、吉松育美事件、NHK海老沢会長追放の真相、幻冬舎見城徹の正体など、ネット界隈やタブロイド誌では絶対に辿り着けない、当事者だからこそ知る驚愕の真相にページが止まりません。
とくに現在の日本の芸能界からテレビやCMキャスティングを動かす五社会とバリ島プロジェクトと右翼街宣、企業恐喝の内容には、バーニングこそが共謀罪適用第一候補だと断言しても過言ではありません。
以上、貼り付け終わり。
探したけれど、確かに店頭では売ってない(笑) よってアマゾンで購入!! やっぱアマゾンっていろいろ物議があるけれど知らせない、売らない妨害が出来ないからねー いままでのサヨク利権とかを破壊するインターネットならではの凄い兵器だよねー。良い時代ですなー。感謝感謝。
それで手に入れたのがこの本。「狼侠」 
51tsxs1lagl__sx341_bo1204203200_

いやぁ、こりゃすごい内容で・・・・ よくもまあ、出版したもんだ。 3年も前ならば確実に世には出なかったと思われる。 大きな時代の転換期ならではですな。
R1


R2


ビートたけしなんて写真まで出ちゃってる(笑) 島田伸介が暴力団との写真でスクープされて芸能界から追放されてしまったけれど、たけしはどうなるのかね?(笑) 元スマップの中居くんみたくうやむやにして逃げ切るのかね??? 
興味があれば買って読んでみてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »