« 趨勢 | トップページ | 予想とおり? »

2017年5月 6日 (土)

いろいろ紹介

GWももう終わりですなー。GWっていうのに友人はなんとデンジャラスな地域にまた飛び立っていくそうな・・・仕事とはいえ大変ですなぁ・・・まったくどこへも行かない管理人とは大違い。

どこへも行かず、事務所でのんびりといろいろなブログを読んだりしてまったりとしております。

で、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)5月6日(土曜日)
       通算第5280号 http://melma.com/backnumber_45206_6524939/

に驚いた記事が・・・

 キリスト教はイエスの教えをねじ曲げ、別の宗教になって堕落した
  イエス・キリストが光であるならパウロは闇である

  ♪
奥山篤信『キリスト教を問う!』(展転社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

一部抜粋して貼り付け 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

 さて本書である。
 奥山氏は還暦を過ぎてから上智大学の神学部に入学し直し、大学院に通い、神学修士を得た。その上で、こんどはフランス神学の名門校「パリ・カトリック大学院」に留学し、キリスト教の原理を見極めようとした稀有の行動派である。
そして、パリでの驚きを奥山氏は言う。
 「フランス人の神学生はほぼ皆無だった」、「結局フランス人で今や神父や神学を極めようとする意欲のある人物がいないということである」
 留学生は嘗てのフランス植民地からが多く「何の疑いもなく神を信じる純粋は青年達」しか、パリ・カトリック大学院にはやってこないのだ。
米国とて「神の国」であったはずなのに大都会の教会のミサに来る人は稀となった。ドイツでは若者達の教会離れが加速度的に進んでおり、「教会税を支払うのが馬鹿馬鹿しい」という動機が蔓延っている。チェコでは国民の八割近くが無神論である。
つまり先進国でキリスト教の衰退は顕著である。
奥山氏は、なにも、そのことを伝えたくて本書を書いたのではなかった。キリスト教がもつ偽善、欺瞞、その教理の背後に隠された嘘について研究の成果を世に問うのだ。

第一にキリスト教は戦争をもたらし、戦争で肥った宗教である。
だからジョン・レノンは「イマジン」を謳った。
♪「宗教もない、さぁ想像してご覧、みんながただ平和に生きているって」
 この点に関して奥山氏は戦国時代の切支丹大名の暴走、宣教師等の裏に隠されていた侵略の意図を白日の下に晒し、日本から南蛮船によって売られた日本人奴隷が夥しく、これに怒った秀吉がついに鎖国を選択した過程を辿る。

 第二に神が人間をつくったというのは誤りで、「実際には人間が神を造ったのだ」
「奇跡はでっち上げられ、反知性の世界での出来事」でしかない。
 奥山氏はこうも言う。
「奇跡や迷信、科学的にあり得ないことをいまだに信じる人々、これこそ危険極まりないカルト思考である」(中略)「排他的非寛容に立つ傲慢な自らの偶像が神だという発想こそが、古代より現代にいたるまで人間同士の憎悪と殺戮の原因である」(146p)
 だから最後の箇所で奥山誌はマザー・テレサのいかがわしさについて言及している。

 第三にキリスト教は詭弁で成り立つ。
 スティーブン・ホーキング博士が言った。
 「人類が科学というものを理解できる前に神が宇宙を創造したと信じるのは自然なことだ。しかし今や科学が説得力のある説明をしている。人類が神の心が分かるというのは、『神が存在すれば』という前提であって、神が存在しない」
 大哲学者のエマニエル・カントは「理論理性によっては神の存在を証明することがいかなる方法でも出来ないと考えた」。
カントはリスボン大地震の直後に「神は不在である」と悟った。

以上、一部抜粋して貼り付け。

いやー驚いた。かなり前に、4000年前はユダヤ教がその役割と効果が終えてキリスト教にとって代わられて、それで2000年が経過し、ようやくキリスト教もその役割を終えて終了するかも?っとエマニエル・トッドの「問題は英国ではない、EUなのだ」を読んで

41lm4qtqkwl


「中東のイスラム教疲れが起きているのがシーア派とスンニ派の混乱の原因」とのフレーズを思い出した。もしもこれが事実であればトッド氏ではないが、石器革命くらいの大事だと。管理人もそう思うが、上記の奥山氏の考察が事実であれば、産業革命どころの大転換レベルではない。ついに科学が宗教を超えるときがやってくるのかもしれない。

次、とうとう 小坪市議が赤旗を攻略したそうだ!素晴らしい!めでたしめでたし!

https://samurai20.jp/2017/05/akahata-38/ 【我、赤旗ヲ撲滅セリ】公共施設内での勧誘・配布・集金を禁止・行橋市。幹部職の7割が購読していた実態が明らかに。

18222688_1477872622283617_114232366


すごいですなー これは画期的なことですよ。 是非ともアクセスして全文をお読みください。 左翼の資金源と知っていながらも、誰もが戦いを挑まずに放置してきたのだが、それをとうとう打ち破ったのである。この人はまじに「サムライ」だね。たいしたものだ。

あと、いつも読ませていただいてる http://yamatonococoro.seesaa.net/article/449517895.html 

「大和心への回帰」

166.策士は策に溺れず。小池百合子と安倍晋三の器の違い。

への投稿に

まるぞう備忘録  というブログの紹介がありまして。

是非ともアクセスしてみてくださいな。

これだけいままで世に埋もれていた識者が、だれでもアクセスできるネット環境にて発言しているんだから、これまで一方的に発言できてそのチカラを存分に使ってこれたマスメディアがチカラを失うのは当たり前かもね。 まるぞう備忘録の管理人様も設計者だったとのことで理系なんだろうね。小坪市議とか「パチンコ屋の倒産を応援するブログ 」のブログ主さまとか頭のよさは抜群なのは文章とか構成力とか、一目瞭然でしょう。

それにインターネットは過去のデータも存分に使えて検証できるからその正しさは間違いないからね。民進党(偽)や社民党、共産党の過去のとんでもない嘘発言が如実に顕にされているからね。大笑いだよ。 もう騙されないっての。騙せるのは団塊の世代の情報弱者と頭が弱い人達だけだろうね。

まあ、本日は紹介だけのブログアップでございました(笑)

|

« 趨勢 | トップページ | 予想とおり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/65242785

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ紹介:

« 趨勢 | トップページ | 予想とおり? »