« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月28日 (日)

50は分岐点

不惑という言葉がある。 「四十にして惑わず」で不惑という。それで「五十にして天命を知る」に繋がるってことなんだけどね。ほんと、50歳を過ぎると残り時間とかも少ないし、そこからできることなんて殆ど残されていないから。誰でも自分と向き合うことになるかもねぇ。

塩野七生さんの名著「男たちへ」の内容を思い出す。 たしか、男は50歳を境にして幸、不幸がはっきりと現れると書いてあったと思う。まさにそのとおりだなと。 

51xrpkvbtgl

20代は何も考えるな。30代は少しだけ考えろ。そうしたら40、50代になっても何も考えないで済む。 という言葉がある。 まさにそのとおりだ思うね。だいたいが人生は36歳でその後がどうなるかはっきり決まってしまうと思う。36歳から40歳前半までである程度にことをなしえないともうどうしようもない。 50歳を過ぎても悩んでない人はそのあたりで多少考えて工夫している人が多いように思える。

管理人の座右の銘「人間何かを得れば何かを失う」 この言葉、美輪明宏さんの本に書いてあったんだけど、常に肝に銘じている。まさにこのとおりでね。管理人が家を買ったらダメだと常日頃言うのはこの言葉からである。でもまさにこのとおりで、自分の思い通りに家を建てた人ほど、その後が上手く行かないのをそれこそ数多く見てきたから。

上記の塩野さんの本を読んだのは30歳台だったと思う。本って重要だなあと。その本の言葉を一つでも二つでも座右の銘にできるのであればこんな幸運は無いのでは?とも思う。

人生はリカバリーとかやり直しが絶対にできないから。 人間、元々50歳くらいが寿命なのにそれより長生きしてしまうから辛いのかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

GPS

近所の渋谷駅前の東急百貨店での毎年恒例の中古カメラ市でぜんぜんカメラが売れてないってなことを書いて、それから元ジャニーズのタレントが大麻で逮捕されて、人気テレビ番組に出てる現役ジャニーズタレントが逮捕された暴力団と親密交際?ってなことを書いて、記事をアップ寸前でハングアップ・・・・・・がっかり・・・・記事を書く気持ちが萎えた・・・

ジャニーズを扱ったのはまずかったのか??? 辻元のことを記事にするといろんなところから(特にシナあたり?)から攻撃されてサイトそのものがハングアップさせられたのは記憶に新しいけれど・・・

https://samurai20.jp/2017/04/ddos-2/

17626522_1439473276123552_584261207


詳細は是非とも小坪議員のブログにアクセスして全文をお読みください。

Daot3jow0aefugr


Dainkinxgai9bf4


一応、元と現役ジャニーズの問題の写真は貼り付けておこう。日テレの「いってQ」はどうするんだろうねー(棒) いろいろ闇が暴かれるねー(棒) はやく共謀罪ではなくテロ等準備防止法案が成立してくれないかなあ。そうしたらこのようなのがもっともっと盛大に暴かれるだろうなー。楽しいよん!!!

宮崎正弘さんの国際ニュースに決定的ってかすごい記事が!!!

http://melma.com/backnumber_45206_6533326/

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)5月26日(金曜日)
      通算第5305号   <前日発行>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 GPS(衛星測位システム)を持たない北朝鮮がミサイルの命中精度をあげた?
   背後に中国の衛星ガイドシステムの支援があるのではないのか?
****************************************

 北朝鮮のミサイルの脅威が論じられているなかで、一つ重要な要素が話題になっていない。つまりミサイルの命中精度向上は、いかなる技術によるものなのか、である。
 北が連続的に打ち上げているミサイルは標的にほぼ正確に命中させたとされる。この成功には宇宙に浮かぶ衛星の誘導が必要である。

 
北朝鮮はそうしたシステムを持っていない。
 2014年に北朝鮮から中国に派遣された専門エンジニアは、宇宙衛星による測位と、誘導技術をいかに応用し、ミサイルに利用するかの訓練を受けている。
中国が独自に開発した誘導システムは「北斗1」と「北斗2」(コンパス)といわれる。

以上、一部抜粋して貼り付け。 是非ともアクセスして全文をお読みください。

赤文字にしたところが重要。 そう、北はGPSが無いんですよ。なのにミサイル???ってこと。中華GPSは日本や米国の1/2000以下の精度ってのは余命三年時事日記の読者ならば知っていることだろう。 まあ、張りぼてってことだな。

中古カメラ市の記事 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/eventreport/1061714.html

興味があれば覗いてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

第五次

余命三年時事日記 1641 告発状第五次までの資料  での第五次告発状が届きましたな!! 

今回は余命翁の直筆に色紙のデザインも変更され、なんとひとまる式戦車の画像付きである!!!

001

002

前回の第四次告発状は2月19日に届いて21日発送、150枚で、手の麻痺で文字を書くのと捺印(特に捺印が・・・)たいへんで、装具をしながらも何枚か書いては一休み、ふた休みとかでけっこうたいへん出会ったが、今回は50枚で、前回よりは文字も上手く書けるようになってきたようで、装具の装着は不要であった。

003


すっかり装具は使わなくなったねぇ・・・

テロ防止法案も無事衆議院を通過したようですな。2年前の安保法政のときは、「60年安保騒動の夢を再び」のジジババ主体と偏差値28で盛り上がっていたようだが、今回はすっかりしょぼくれて動員もままならないようだ(大笑) 60年安保世代のジジババはもう後先内からどうでもいいけど、なにも考えてなくてただ目立ちたい、有名になりたいってだけの偏差値28軍団達はこの先たいへんだろうね。まあ、バカはバカのままだからどうしようもないから。インターネットが発達した現代では簡単に発言したり、有名になれたりするけれど、それは当然諸刃の剣で、そのぶん履歴も残ってしまうからうやむやにして消えることが出来ないんだよね。物理的に消えないと、世の中から消えることが出来ないってなことなんだよねぇ。

話は変わって、なんかちょっと前、北朝鮮のサイバー攻撃?で全世界のウインドーズXPに大きな被害が出た?だかのニュースが駆け巡ったようだね。 これ、ピンときたかな? 以前、余命の記事で、「南は米国に内緒で通信衛星を香港経由で中共に売ってしまった」ってのがあったよね。すっごいルール違反なんだけど・・・超軍事機密だからニュースになんてならないんだけど・・・それを黙って米国が見逃すはずはないんだよねぇ・・・ で、前にウインドーズXPから7とかに理不尽にも無理やりアップグレードさせられて全世界のウインドーズユーザーがたいへんな被害を受けたわけだよ。 あれから長い年月が経過したのだが、ここにきてようやく、XPで動作しているデバイスや海賊版などの不正を一掃!!!ってことなんだろうな。 どこにもニュースで出てこないだろうけど、南から中共へ渡った2台の通信衛星は動作停止だろうねー。元々不正なんだから中共も文句は言えないからね。南のイージス艦も米国製戦闘機なども動作不全かもね。すでに敵味方の暗号は付与されてないらしいが、OSが動かなくなるとそれ以前だよね。銀行から旧東側のいろいろなのがシステム不全を起すかもね。

いまや誰でもスマートフォンというパーソナルコンピューターを持っているんだから。誰でもすぐにニュースや百科事典、居場所とかも瞬時に把握できる。コンピューターとは切っても切り離せない世の中ってことだね。 それでOS コンピューターのオペレーションシステムを失うことは死に値する。 いまや誰でもパソコンやタブレットで仕事とか生活してるでしょう。それが無いと生活が成り立たないところまで到達しているんだから。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

予想とおり?

いやはやなんともお隣、予想通り、米国から「こいつ正気か?」「恐ろしいほど無能」とか言われた「のむたん大統領」の後継者が見事に当選しましたな(笑) さすがニダ!

元々、北も南も自分達で国家建設したわけでなく外部から与えられたフェイクな国家だからね。だから外部要因でおのずと変わるし、なにも与えられなくなれば崩壊するだけの場所でしかない。 それを実に判りやすく説明してくれいる小坪市議のブログ。 これほどまでに端的に隣国を表現したのを見たことがない(笑) 

18342044_1484028028334743_295670222


https://samurai20.jp/2017/05/kolie-42/

一部分だけ抜粋して貼り付け。是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

米国が、元請け。
日本が、有能な下請けとしよう。
韓国は、元請けが口説いているキャバ嬢みたいなもんであろう。

キャバ韓国「しゃっちょー♪」

元請けアメ「なんだい、今日も立地がイイネ。」

キャバ韓国「下請け日本が持っている、あの腕時計が欲しいの」

下請け日本「え、これは祖父の形見の品、我が家の誇りなのです。」

キャバ韓国「いるー、いるのぉー」

元請けアメ「うっせーな、いいからやれよ。」

 

日韓関係でトラブルがあったとしよう。

慰安婦問題の虚構、アジア通貨危機、通貨スワップ。

全ての支払いは、我が国に領収書がまわってくる。

うって変わって、話を戻そう。
キャバ嬢に振られたのである、他ならぬ元受けが、だ。

オラオラ系のヤンキーCHINAに恋心。実は同棲していたのだ!
(ヤンキーは米国人という意味が語源だと思うが割愛。)

 

キャバ韓国「ヤンキーCHINAもいいな」

元請けアメ「おいおい、今までどれだけ貢いできたと思ってんだ」

キャバ韓国「慰安婦を下請け日本に認めさせて?」

元請け韓国「おい、日韓合意しろ」

下請け日本「これ、最後ですって書いて?」

キャバ韓国「お金さえもらえればいい」

元請けアメ「ホテル行こうぜ(THAAD置かせて)」

キャバ韓国「えぇー、ヤンキーCHINAに聴いてみる♪」

ヤンキーC「許さん」

キャバ韓国「ヤンキーが駄目だってー。だからヤダ」

元請けアメ「おい、おまえ、やらずぼったくりだろ」

下請け日本「いや、払ったの私ですけどね」

キャバ韓国「JAPANカードのクレジット枠、増やしてぇ♪(通貨スワップ)」

元請けアメ「あぁんっ?」

下請け日本「あぁんっ?」

キャバ韓国「(や、やばい)」

元請けアメ「THAADミサイル」

下請け日本「大使、引上げ」

キャバ韓国「わ、わかったニダ。置くニダ、THAAD置くニダ!」

ヤンキーC「鉄拳制裁!ロッテ焼き討ちの刑」

キャバ韓国「じ、じつは、ヤンキーと同棲してたんだけど、DV受けたの、痛い。」

元請けアメ「知るか」

下請け日本「日韓合意、履行」

 

で、大統領選を迎えた。
まぁ、店のイベントと思えばいい。

 

キャバ韓国「今度、お店で私の誕生日イベントするの♪(ちらちらっ」

キャバ韓国「今回も気になるでしょ?久々にお店にきてよ、りんりんりーん(電話)」

元請けアメ「で?なに?電話してくんな」

キャバ韓国「じゃ、手下の下請けに電話してみるか、りんりんりーん(電話)」

下請け日本「日韓合意の履行を求む。」

書いてて嫌になるが、これが私の見ている日米韓の関係だ。

以上、一部抜粋貼り付け終わり。

実に面白い!まさにこの通りでございますな。いままでの日韓関係は上記のシュートストーリーの通りである。元請に過去に負けたので致し方なく、バカだのチョンだの言われようともしぶしぶ韓国に援助してたりしたわけだ。(チョンって、バカでもチョンでも扱えるというバカチョンカメラからきているのね。なので昔はバカ=アホ=チョン で普通に言葉が通じたんだけどね)

もう、使い道が無くなったらば、放っておかれるしかないからね。シナが北朝鮮を放置してるのも前にも言ったが、緩衝地帯として価値があるからでね。朝鮮半島など所詮は緩衝地帯としての価値しかないのでね。そうなれば昔の状態に戻るのが当たり前であろう。シナ大陸もその人数と土地の大きさから欧米の奴隷ビジネス(労働力が奴隷のように安価で利用価値が高かった)が生産力が大きくなりすぎてモノが世の中に溢れすぎて価値を失うデフレーションになってしまったので、奴隷ビジネスが成り立たなくなってしまったわけだ。また先進国の富も失い、税収も得られなくなりシナ大陸を放置するわけには行かなくなったわけだね。 一昔前ならば戦争という破壊行為で生産力と余剰人工を消去してインフレーションに持ち込むことも出来たのであるが、兵器がとんでもなく発達してしまって、うかつに用いることが出来なくなって戦争が程よく行うことができないんだよね。それが現在の平和の正体である。 けれども世界経済の為にはどうしても戦争に持ち込みたいんだよね。先進国はね。だから最近、米国ですごいエネルギーの爆弾をテストしたみたいだよね。それが上手く完成したら、「経済のコントロール=戦争状態」に持ち込むかもしれないね。

面白いブログを発見した。 じゃあのさんのツイッターみたいな内容。なんかそれなりのポジションにおられるお方のようですな。

ご興味があればアクセスしてみてくださいな。

二階堂ドットコム

http://www.nikaidou.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

いろいろ紹介

GWももう終わりですなー。GWっていうのに友人はなんとデンジャラスな地域にまた飛び立っていくそうな・・・仕事とはいえ大変ですなぁ・・・まったくどこへも行かない管理人とは大違い。

どこへも行かず、事務所でのんびりといろいろなブログを読んだりしてまったりとしております。

で、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成29年(2017)5月6日(土曜日)
       通算第5280号 http://melma.com/backnumber_45206_6524939/

に驚いた記事が・・・

 キリスト教はイエスの教えをねじ曲げ、別の宗教になって堕落した
  イエス・キリストが光であるならパウロは闇である

  ♪
奥山篤信『キリスト教を問う!』(展転社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

一部抜粋して貼り付け 是非ともアクセスして全文をお読みくださいな。

 さて本書である。
 奥山氏は還暦を過ぎてから上智大学の神学部に入学し直し、大学院に通い、神学修士を得た。その上で、こんどはフランス神学の名門校「パリ・カトリック大学院」に留学し、キリスト教の原理を見極めようとした稀有の行動派である。
そして、パリでの驚きを奥山氏は言う。
 「フランス人の神学生はほぼ皆無だった」、「結局フランス人で今や神父や神学を極めようとする意欲のある人物がいないということである」
 留学生は嘗てのフランス植民地からが多く「何の疑いもなく神を信じる純粋は青年達」しか、パリ・カトリック大学院にはやってこないのだ。
米国とて「神の国」であったはずなのに大都会の教会のミサに来る人は稀となった。ドイツでは若者達の教会離れが加速度的に進んでおり、「教会税を支払うのが馬鹿馬鹿しい」という動機が蔓延っている。チェコでは国民の八割近くが無神論である。
つまり先進国でキリスト教の衰退は顕著である。
奥山氏は、なにも、そのことを伝えたくて本書を書いたのではなかった。キリスト教がもつ偽善、欺瞞、その教理の背後に隠された嘘について研究の成果を世に問うのだ。

第一にキリスト教は戦争をもたらし、戦争で肥った宗教である。
だからジョン・レノンは「イマジン」を謳った。
♪「宗教もない、さぁ想像してご覧、みんながただ平和に生きているって」
 この点に関して奥山氏は戦国時代の切支丹大名の暴走、宣教師等の裏に隠されていた侵略の意図を白日の下に晒し、日本から南蛮船によって売られた日本人奴隷が夥しく、これに怒った秀吉がついに鎖国を選択した過程を辿る。

 第二に神が人間をつくったというのは誤りで、「実際には人間が神を造ったのだ」
「奇跡はでっち上げられ、反知性の世界での出来事」でしかない。
 奥山氏はこうも言う。
「奇跡や迷信、科学的にあり得ないことをいまだに信じる人々、これこそ危険極まりないカルト思考である」(中略)「排他的非寛容に立つ傲慢な自らの偶像が神だという発想こそが、古代より現代にいたるまで人間同士の憎悪と殺戮の原因である」(146p)
 だから最後の箇所で奥山誌はマザー・テレサのいかがわしさについて言及している。

 第三にキリスト教は詭弁で成り立つ。
 スティーブン・ホーキング博士が言った。
 「人類が科学というものを理解できる前に神が宇宙を創造したと信じるのは自然なことだ。しかし今や科学が説得力のある説明をしている。人類が神の心が分かるというのは、『神が存在すれば』という前提であって、神が存在しない」
 大哲学者のエマニエル・カントは「理論理性によっては神の存在を証明することがいかなる方法でも出来ないと考えた」。
カントはリスボン大地震の直後に「神は不在である」と悟った。

以上、一部抜粋して貼り付け。

いやー驚いた。かなり前に、4000年前はユダヤ教がその役割と効果が終えてキリスト教にとって代わられて、それで2000年が経過し、ようやくキリスト教もその役割を終えて終了するかも?っとエマニエル・トッドの「問題は英国ではない、EUなのだ」を読んで

41lm4qtqkwl


「中東のイスラム教疲れが起きているのがシーア派とスンニ派の混乱の原因」とのフレーズを思い出した。もしもこれが事実であればトッド氏ではないが、石器革命くらいの大事だと。管理人もそう思うが、上記の奥山氏の考察が事実であれば、産業革命どころの大転換レベルではない。ついに科学が宗教を超えるときがやってくるのかもしれない。

次、とうとう 小坪市議が赤旗を攻略したそうだ!素晴らしい!めでたしめでたし!

https://samurai20.jp/2017/05/akahata-38/ 【我、赤旗ヲ撲滅セリ】公共施設内での勧誘・配布・集金を禁止・行橋市。幹部職の7割が購読していた実態が明らかに。

18222688_1477872622283617_114232366


すごいですなー これは画期的なことですよ。 是非ともアクセスして全文をお読みください。 左翼の資金源と知っていながらも、誰もが戦いを挑まずに放置してきたのだが、それをとうとう打ち破ったのである。この人はまじに「サムライ」だね。たいしたものだ。

あと、いつも読ませていただいてる http://yamatonococoro.seesaa.net/article/449517895.html 

「大和心への回帰」

166.策士は策に溺れず。小池百合子と安倍晋三の器の違い。

への投稿に

まるぞう備忘録  というブログの紹介がありまして。

是非ともアクセスしてみてくださいな。

これだけいままで世に埋もれていた識者が、だれでもアクセスできるネット環境にて発言しているんだから、これまで一方的に発言できてそのチカラを存分に使ってこれたマスメディアがチカラを失うのは当たり前かもね。 まるぞう備忘録の管理人様も設計者だったとのことで理系なんだろうね。小坪市議とか「パチンコ屋の倒産を応援するブログ 」のブログ主さまとか頭のよさは抜群なのは文章とか構成力とか、一目瞭然でしょう。

それにインターネットは過去のデータも存分に使えて検証できるからその正しさは間違いないからね。民進党(偽)や社民党、共産党の過去のとんでもない嘘発言が如実に顕にされているからね。大笑いだよ。 もう騙されないっての。騙せるのは団塊の世代の情報弱者と頭が弱い人達だけだろうね。

まあ、本日は紹介だけのブログアップでございました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

趨勢

昨日は憲法記念日でしたな。GHQから押し付けられた国際法違反の憲法記念日なんてありえないから国旗の掲揚もしなかった。ほんと、はやく憲法改正してほしいよ。

最近読んだ本「洗脳支配の正体」 高山正之、馬渕睦夫 共著 ビジネス社に興味深い箇所が。

51kplcudf8l__sx339_bo1204203200_


第三章 グローバリズムを知らない日本人P143

高山 日本もひと頃はコカコーラの看板があって、アメリカと同じような佇まいがあちらこちらに見受けられたけれども、いまでは青息吐息です。マクドナルドだって潰れかねません。つまり日本は一番、異文化が土着しにくくて、日本ナイズされない限りなかなか生き残れない面があります。

馬渕 そこが重要ですよ。日本ナイズできるものは土着できるというか、存続できるけれども、それができない場合は、古くはキリシタンがそうだったように皆お引取り願う、つまり彼らのほうから日本はだめだといって出て行くことになったわけですよ。

以上、一部抜粋して書き出し。 是非とも皆様、この本を手にして読んでくださいまし。ま違いなくインテリジェンスは上がりますよ(笑)

上記のちょっとした文章で、嗚呼、はたと納得したというか・・・だっていままでの長い歴史の中で、相当数のシナ人や朝鮮半島人が日本に訪れてきたはずである。とくにシナ人の留学生は相当数だったとのことであるが、彼らは土着しなかった。大半が戻っていったのであろう。どう考えても日本のほうが住み易いし環境も良いはずだが、彼らは住みつけなかったのである。土着できなければこの土地にいられない。それが日本という不思議な場所なのかもしれない。 この論理が正しければ、いまかなりのシナ人が日本に入り込んでいるが、じきに本国へ戻るということか。 また在日朝鮮人は戦後のどさくさとアメリカの日本弱体方針と韓国の東側への防波堤の理由もあって、日本に土着しなくてもなんとか生き延びてこられたが、東側の崩壊と北朝鮮の崩壊、それにアメリカの日本弱体方針の変更で朝鮮人を利用する必要が無くなったので、もう日本には居場所が無くなってきているのだろう。それでサヨク連中が大騒ぎしているってことだろうな。(笑) 山口組がなんと3分裂だってさぁ。さすがに食えなくなってきたってことだな。で、彼らも本国へ戻るしかなくなるかもしれないね。是非ともそうなってほしいなぁ。

正論6月号 高山正之氏の名物コラム「折節の記」に興味深い一説が

昔は民意など通らないのが当たり前だった。尖閣で巡視船に体当たりをかました酔っ払いシナ人船長がいた。船は没収、目の飛び出る罰金を科して都内引き回しの上、百叩きにしろと民意は思った。しかし華夷秩序を重んじる仙石由人はすぐに船長の放免を命じ、映像も隠し、船も洗って返した。民意は一顧だにされなかった。 ~中略~  しかし仙石時代が終わった途端、フィリピンからの不法入国者がチャーター機でまとめて送り返されたというニュースが流れた。民意がいきなり尊重された。 ~中略~ 最近も北朝鮮宣伝部の「朝日友好親善協会」を「アサヒ友好・・・」と午後7時のニュースでやっていた。NHKは一番信用できないと民意は思っていた。そんなNHK本を根拠に日本史から聖徳太子が消えるかと民意が心配したら文科省が厩戸王を引っ込めた。民意がまた通った。 民意は今、韓国人のノービザを嫌がっている。彼らをノービザにした途端、全国の神社仏閣が荒され、仏像が盗まれ、油で汚され、吉田邸は放火された。まずは韓国人のビザを復活し、永住者を含め犯罪者を追放し、次はシナ人の入国を禁止したいと民意は思っている。

以上、書き出し終わり。みなさま、是非とも正論を読んでくださいまし。高山正之氏と古田博司教授のコラムはいつも必読である。

24c644e949b9b6f5a2b115e8c6f5a9b6

とうとう、覚醒した日本人がある程度に増えてきたのかもしれないね。あのアメリカ人だってトランプを選ぶくらいに覚醒したんだからね。仏蘭西がどうなるかね。世の中の趨勢でいけばルペンさんが選ばれるのが本筋だろうけれど、そうならなかった場合は仏蘭西は何年も後退したままになるだろうね。

いままでちからを持っていたものが、それを失って崩壊していってるね。それが今日の時代の趨勢なのだろうか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »