« あれっ?三隻? | トップページ | 近況 »

2017年4月15日 (土)

有事があるか?

いやはやなんともきな臭いですな。 本日は金日成の誕生日とかで北朝鮮から祝砲のミサイル発射???それで米軍の空母打撃軍からの攻撃??? ってな賑わいである。

これらの一連の騒ぎに対し、小坪市議の冷静な分析。

【極秘】半島有事は起きるか否か?各国のチキンレース、全員ドボンの危険性。政治家の見方(分析方法の公開)

必読です。ぜひアクセスして全文をお読みください。一部抜粋して貼り付け。

17903912_1452488754822004_634481584

北朝鮮を、ビビりヤンキーと仮定する。
CHINAは、内弁慶の番長みたいなもの。
この場合は、米国がヤクザ組長宅となる。

ビビりヤンキー・手下(北)
「俺、言っとくけど、ヤクザとか怖くないから笑」
「見とけよ?おりゃ!ピンポンダッシュじゃ!」

組長(米)
「・・・」

※ 組長としては格が違う場合には怒れないという事情もある。

ビビりヤンキー・手下(北)
「お、新車のレクサス買ってやがる。」
「(彼女に)見とけよ?10円パンチで、ガリッと傷をいれたるわー」

※ 怖い者、格上の者にちょっかいをかけることで、自尊心を満たす行動を示す場合がある。

組長(米)
「くぅぅおりゃぁあああああーーー!」
「ゆるさんぞぉ!」

↑いまココ

組長(米)
「若頭と組員を派遣!」
「自宅を取りかこめ!」
「撃つぞ、おんどりゃ!」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「手下が何かしましたかな?」

組長(米)
「おまえんとこのガキ、いい加減、しばきあげるぞ」
「自分で落とし前つけんかい!」
「いいか、おまえがやれよ?」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「ああん?(ドキドキ)」

※ 番長は、恐怖政治で群れを統率しているため、ビビっていると思われると、番長の立場を喪失する。

組長(米)
「ちょっと、番長、事務所で話そうか。」

番長(CHINA)
「(こ、こ、怖くないもん。手下にナメられる。)」
「(逃げるな、俺)」

「番長の度胸ってもんを見せてやる」

組長(米)
「ま、デザートでも食え。」

(ばきゅーん)

組長(米)
「とりあえず、50発ちょい、撃ったから。」

番長(CHINA)
「(10秒沈黙)」

「え?もう一回、説明して?」

組長(米)
「撃ったから。」
「でよ、番長はどう思う?」

番長(CHINA)
「お、おう。い、いいんじゃないかな?」

「あ、あいつら、薬とかそういうのやってたんすよ、そういうの、ほら、よくないっすからね(滝汗」

組長(米)
「・・・だろ?」

組長(米)
「ところでさ、お宅の手下がおるじゃろ。」
「おまえがしめろよ、うちの事務所に火をかけるとか言うてんだけどな。」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「あー、そうですね、えっとですね。」

組長(米)
「おまえがやらんなら、うちがやるで?」
「な、わかっとるよな?」

番長(CHINA)
「手下、おまえ、何をしてくれとんのじゃ!」

ビビりヤンキー・手下(北)
「う、う、うるせぇ」
(ちらちらっと彼女を見る。)

大量の黒塗りの車に包囲された、
ビビりヤンキー・手下(北)の自宅。

組員が、チャカを構えている。
手元にあるのは、バタフライナイフのみ。

普通ならば、ここでヤンキーは土下座で「ごめんなさーい」となって円満解決なのだ。
だが、問題はビビりであることと、すでに謝っても許してくれなさそう、という点。

ビビりゆえ「もう、どうにでもなーれ」がある。
というか、暴発するのは、だいたいビビりな奴だ。

組長も退けない。
すでに若頭を動かし「俺は撃つけんな!」「半端なことじゃ許さんで!」と啖呵を切ったあとだ。

何もせずに、手ぶらで帰ったら恰好がつかない。
もうヤクザも廃業だ。

両者のにらみ合いは続く

以上、一部抜粋して貼り付け。 必読な内容なので是非ともアクセスして、とくに抜粋した部分の前の部分も必読。あまりに長くなるので貼り付けは一部分のみである。

いやあ、まさに小坪市議の分析とおりと思う(笑) 完全にこのとおりではないにしろかなり真実に近いと思う。

http://sorceress.raindrop.jp/blog/ 兵頭二十八氏のこの件に関してのブログ記事も必読である。

イスラエル型の「だらだら交戦」が、最速展開で金王朝を安全に交替させる

是非とも全文をお読みくださいな。

管理人としての分析???

朝鮮半島ってね、地政学的にそれほど重要な地域ではないんだよね。欧米にとって。あくまで北朝鮮は欧米、日本にしたら東側との緩衝地帯でしかないんだよね。シナ大陸にとっても西側米国基地にたいしての緩衝地帯としての価値しかない。韓国にしたって怖いシナ大陸との緩衝地帯としての価値でしかない。ロシアにしたって、西側、シナ大陸からの緩衝地帯である。 だから回りの国々にとって北朝鮮は緩衝地帯での価値しかないわけで、だから生かさず殺さず現状維持のどうでもよい体制のままそこで存在し続けてくれればいいだけなのだ。だからそのまま生きながらえてきたわけだ。 ただその条件が変わってしまう事柄が起きてしまう。ひとつはソ連邦の崩壊。それに伴い、石油等のスポンサードが切れてしまう。その後、シナ大陸がスポンサードを肩代わりしたのだが、いつものシナ大陸の崩壊の時期が到来し、瀋陽軍区(旧満州国)が現北京体制の崩壊を見据えて北朝鮮にミサイル開発させてクーデターの準備をしてきたわけだが、そろそろ本番となり、さあどうするんだ?ってなところである。 米国としたらばどっちに転んでも大丈夫なように準備しているってわけさ。 米国の本音としては北朝鮮になんて絡みたくないんだよね。朝鮮半島から撤退したいくらいなんだからさ。 米国はハワイ、グアム、フィリピン、沖縄、横須賀があればいいし、これだけはどうあっても守り抜く。とくに空母をメンテナンスできる横須賀港はトッププライオリティで守り抜くのは間違いない。横須賀のドッグを使えないと米海軍は機能しなくなるからね。

だからできれば北朝鮮は北京で処理してもらいたいんだよ。こんなどうでもよい緩衝地域にわざわざ米軍が攻撃なんてしたくないんだよ。石油も出ない、なにも価値が無い地域なんだから。ロシアもいまさら攻めいる国力も野望も無いのだから。。。緩衝地帯としての朝鮮半島の価値って、横須賀さへ守れればあまり無いんだよね。 シナ大陸のほうが朝鮮半島の存在が幾分価値があるだろうから、だから歴史的にもずっと属国にしていたのだからシナ大陸で管理してればよろしいということだろう。 兵頭さんの分析もそのようなものでしょ。だらだら長引かせたら北京が出てくると。それを狙ってる???と。

とにかく北と南でひと悶着あると、それをチャンスとばかりに韓国人が難民を装って大量に日本へ逃げてくることのほうが恐ろしい。 真冬か台風シーズンだったら良いのだけれど・・・

だから北京での北のトップの首すげ替えは暴動とかも起こらずに一番平和的に済むのではないか?それならば韓国人が難民で来ることもないだろうから。

いまさら北と南が統一することになんらメリットなんてないからさ。北にしたら多少の裕福さと勘違いしているが一応の民主主義をかじってる南朝鮮人の人民は邪魔なわけで、できればいまのままの状態で、それで脅せばカネや石油を炊かれるのがベストである。 南にしたら奴隷のような安価な労働力としての価値と緩衝地帯としての価値があるので、いまのままの状態がベストなのだね。日米の援助も得られるし。

だから基本的にはそのままであろう。 まあ、今後はシナ大陸、北京しだいってことだろうね。それにしてもトランプのブラフっていうかアクションに対しての習金平ごぼうのリアクションはあまりに何も無さすぎだ。 兵頭さんの言うように習金平ごぼうは傀儡のお飾りなのかもしれないね。そうだったらごぼうのリアクションにも納得ができるからね。

かといって、暴発の可能性は0ではないからね。 水や電池などの備蓄は今年度は必須だから。

昨日、友人が来社し、先日、独逸に行ったときに同行した通訳があっちの人だったそうだ。あまりに危険なので「国防動員法」を知らせておいた。

354 中韓国防動員法にご注意 – 余命三年時事日記

.....「中国国防動員法」から
 (中略)中国国内法に、中国国内で戦争や武力衝突が発生した際に、金融機関や陸海空の交通輸送手段、港湾施設、報道やインターネット、医療機関、郵便、建設、貿易、食糧などの民間資源をすべて政府の管理下に置くことができるという国防動員法がある。これは中華人民共和国で2010年7月1日から施行された法律である。
内容を簡単に言えば、中国国内で有事(すなわち戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害など)が発生した時に、全国人民代表大会常務委員会(中国の国会)の決定のもと、動員令が発令されるというものだ。だが、あくまでも国内有事の場合の法律と言い訳するが、実際は対外戦争を想定している。戦争は国内有事ではないだろう。バカでもわかる。また、国防義務の対象者は、18歳~60歳の男性、18歳~55歳の女性で、中国国外に住む中国人も対象となり、国務院、中央軍事委員会が動員工作を指導するという。中央軍事委員会が動員指導するということは在日中国人約60万人のうち成人中国人はすべて軍属、戦闘員ということになる。つまり、日本にいながらにして破壊活動や軍事活動ができる軍属、戦闘員となるということだ。だが、在中国日本人は民間人だ。日本国内で中国人と戦闘となった場合、中国において民間日本人がはたして戦時国際法の保護下におかれるだろうか。まずその可能性は期待できないと思われる。現行の日本国内法では邦人救出は不可能である。どれだけ犠牲が出るか、これはすべて進出企業の自己責任である。そして平和憲法擁護、改正反対を唱える売国日本人の責任でもある。ここまでくれば、公明党、共産党はこの責任を逃れることは絶対にできないだろう。
 同様に韓国でも国防動員法がある。憲法第39条で「すべての国民は国防の義務を負う」という条項だが、恐ろしいことに年齢、性別に条件がない。老若男女すべてが対象ということで、この国は中国に輪をかけて狂っている。

一部抜粋して貼り付け

【超拡散希望・韓国版国防動員法】韓国憲法「在日韓国人全員60万人に韓国国防の義務」が判明!

大韓民国憲法(だいかんみんこくけんぽう、대한민국 헌법

第38条
全ての国民は法律が定めるところにより納税の義務を負う。

第39条
全ての国民は法律が定めるところにより国防の義務を負う。
何人も兵役義務の履行により不利益な処遇を受けない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95

以上、一部抜粋して貼り付け。

国防動員法 - Wikipedia

みんな意外と知らないんだよねぇ・・・

|

« あれっ?三隻? | トップページ | 近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/65152718

この記事へのトラックバック一覧です: 有事があるか?:

« あれっ?三隻? | トップページ | 近況 »