« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月30日 (日)

GW

世の中GWですなぁ。NHKのNW9でGW中になんとシナ大陸に旅行をするという子供のインタビューがあり愕然とした。この非常事態にである。NHKのNW9はアナウンサーが変わってもとことん反日、売国なんだなぁ・・・と。 まあ、非常事態でなくても元々出不精の管理人なので旅行なんて大嫌いだからどこへも行かないが、「入院したら病人になる」とは 在日朝鮮人から見た韓国の新聞 のブログ主さまの名言であるが、まさにそのとおりである。 昨年の入院で尿道カテーテルを入れられてから膀胱の収縮機能が元に戻っておらず(もう1年以上にもなるのに・・・)すぐに尿意をもよおすのと、それが突然だったりもするので、トイレが近い場所にしか行けないのである。だから遠出はもちろん出来ない。秋葉原か新宿、あるいは近所の渋谷近辺をうろうろするのが精一杯である。 事務所は4月決算なので本日で今期が終了だ。昨年度は入院もあり赤字・・・今期は超盛大に大赤字・・・もう、世の中に管理人の需要は無いのかね。そろそろお店をたたんでおさらばがいいのかもね。 人生、ずっと幸運が続くなんてありえないからね。必ず終了がある。それが理解出来ない人がずっと自分の位置にしがみ付いて、それが自分の思うようにいかなくて悩んでしまうんだろうね。

まあ、話は変わって、お隣の騒動。 安部総理がプーチンさんと会って、そのあと英国のメイ首相と会ってきたわけだね。 これってたぶん、トランプさんに頼まれたんだろうね。もちろん北朝鮮の今後をどうするか?ってな話だろう。プーチンさんへは、具体的に現状をどうするか?その後はどうするか?って話し合いをしたのだろうね。習金平ごぼうは派閥争いでそれどころではないだろうから、露、米、日で連携して押さえ込む必要があるからさぁ。

英国へ行く必要があったのは、すでにブリティッシュタバコが北朝鮮で工場を稼動させているからで、今後の北朝鮮処理の確認だろうね。(英国人って抜け目ないよね・・・)

まるで第二次世界大戦前の状況と同じだね。欧米っていうか、アーリア系は狩猟民族なので意外にも気が長い。相手が耐え切れなくなって出てくるまで気長に待てる習性を持っている。日本がしてやられたABCD包囲網。石油とくず鉄の日本への輸出停止が一番堪え、それで自棄のやんぱちとなってアメリカに歯向かっていって、アメリカの思うとおりに破滅させられたのだけど、今回も同じ作戦だね。 アメリカにとってはいまのまま、空母を展開するそぶりを見せたり、潜水艦もいるんだぜ!とわざわざ見せたりして、いつでも叩けるぜ!というポーズを見せているだけ。 空母を展開させると多大な費用がかかるけれど、演習もかねているとおもえばそう大したことはない。展開しないで置いておいてもどのみち費用はかかる訳だから。 これで北朝鮮はもとよりシナの中共も貿易に多大な影響が出るのは間違いない。韓国も被害は甚大であろう。 北朝鮮は石油が枯渇し、にっちもさっちも行かなくなる。このままの状態が続けば、秋までに国家崩壊は間違いないだろう。石油がなくなると軍隊はもちろんだが、食料の移動が出来なくなる。これが国家として致命傷となる。いくらなんでも飢え死にしそうになったら生きるために反逆するだろう。それが生物だから。対外戦争を起して住民の意識を他へ向かわせるのが常套手段であるが、現状の北朝鮮にはその手法が出来ない。肝心要の石油が無いわけだからね。

シナ中共もただでさへ天津港が失われて、大連までも船舶の運航に支障をきたすと貿易立国の中共には回復不能の大ダメージとなり国家の経済崩壊は秋には確実になるだろう。なんたって戦時ではロイズの船舶保険が利かなくなるだろうし。そうなったら船舶は港に入ることはできなくなるからね。中共は石油の備蓄が36日くらいしか無いのに、枯渇した瞬間に終わるよね。 南の韓国だって、日本からの軽油とかがストップしたら、瞬間で崩壊だよ(爆笑)

だからとりあえずこのままこう着状態が続くだろうね。このまま放っておけばおのずと瓦解するから。それが現状、一番良い方法だろう。 日本にとって、ここで一番やっかいなのが韓国人である。こいつら、本来であれば、平気で憎んでいるはずの日本になんだかんだで上陸して居座るつもりだろう。強制連行された?って言っているくせにいつまでも居座り続けているくらいだから。嘘をいくら言ってもそれがおかしい?なんて微塵も思わない、日本人とはまったくそりが合わない生物なのだ。シナ大陸と朝鮮半島に係わるとろくなことが無い。日本にとって最低最悪がこの地域と係わることなのだ。江戸時代が素晴らしかったのはこの特定亜細亜3国から鎖国したからである。

秋までに北が暴発したらば、朝鮮戦争の再開なので国防動員法は中共、韓国それぞれ、発動されるだろうね。そうならば強制国外撤去ですな。それらに該当する人達を雇用している経営者は青ざめるだろうね。もう遅いけれど・・・まあ、北が暴発する可能性は低いだろうけどねー。暴発した瞬間に金王朝は終焉だし、そのまま秋までいっても終焉。亡命するしか道が残っていなんだけれどねぇ・・・

中共の習金平ごぼうも同じで秋まで持つのかねぇ・・・シナ大陸に、いまだに留まっている日本企業とその従業員は地獄を見ることになるだろうねぇ・・・盧溝橋事件の二の舞が確実に目の前だからさぁ・・・知らなかったでは済まされない・・・自己責任だからね。

韓国はすでに西側社会では存在しない国家になりつつあるね。5月9日の大統領決定で完全に西側への退路は絶たれてしまうから。 大東亜戦争終結時に朝鮮半島から逃げることができた邦人が極端に少ない・・・ことが再現されてしまうだろう。GWに半島へ行くなんて「往く」である。死にに往くってことと同意語だ。だから自己責任である。バカは生きている資格が無いから当然の報いである。

GW中はゆっくり過ごすのが一番だ。ブックオフでは中古のDVDが250円とか500円で買える。これならばビデオレンタルで借りるよりも安価であったりする。それに返却が必要ないから、自分の都合で観る事ができる。とっても良いおカネの使い方かな。

01

自衛隊のDVDをブックオフで買った。こらが軍事ヲタクの管理人には堪らない内容である。海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」はなかなかの見ものである。

昨日、昭和の日、久しぶりにエセ右翼が騒いでいたな。マイナンバーが効いている。それにテロ等準備罪の成立が目前である(笑) やつらも必死なんだろうな(爆笑) でももう遅いよ。はやく自分の国というか地域へもどるニダ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

近況

神経内科の主治医の先生が違う病院に行かれるとのことで、近所の病院を紹介していただいたのだが、それで再度、脳波の検査を受けた。もうかれこれ3回目であろうか。毎回、脳波の異常は認められず・・・なのだが、同じく今回も異常は認められなかった。「うーむ・・・異常が発見できない場合、一週間くらい検査入院して、投薬を中止して脳波を一日中測定する方法もあるんだけれど・・・」 さすがにそこまでするつもりは無いのでお断りした。

先月末、かなりの体調不良だったのだが、これはもしかしたら寝酒のせいか?自律神経障害?のため、寝る前に酒を飲まないと寝れなかったのだが、睡眠不足で日中眠たくてもいいやと思い、寝酒を止めてみたら、なんと血圧が安定。130未満の正常値。最低血圧が常時100以上だったのが80未満まで下がった。それに脈拍は毎分90以上くらいだったので食事の後にショック症状みたいな状態で食べると不調だったのが、脈拍が60台になり安定。すこぶる体調が良くなった。 頚椎や脊椎って、脳からの信号を翻訳して各部に送っているわけで、頚椎の手術でただでさへ神経を触って傷がついて、それで血種が出来てしまって、その翻訳部分が破壊されてしまったので、それで各部がマヒ状態になっていたわけで。階段を降りるときに手で手すりを掴まないと転びそうだったのが、なにもなくてもリズミカルに足を運べるようになってきた。血圧が正常になてきたのは大きい。不調になると180くらいまで急に上昇し、最低血圧も100以上、で脈拍が100近くでそのまま往ってしまう?くらいに具合が悪くなったものである。 ちょっとしたことでずいぶんと体調って変わるものだとつくづく感じているこの頃である。

管理人の身体の近況でございました。

で、特定亜細亜の近況。 ロシアが北朝鮮国境に軍を配置したそうな。 シナ中共解放軍も軍を展開しているようだ。

C93hryywsaa6d6q


この地図を見てもらうと判るかと思うが、北朝鮮の位置は、左上方はシナ中共、右上はロシア、下側は韓国(米国)のちょうど中間に位置している。それら三国の緩衝地域、バッファーゾーンとなっているのである。この緩衝地帯がどこの勢力からも一定の政治経済的な距離が均等に近ければこの地域は安定するのである。 自国の隣に敵対勢力が陣取ると、国防が出来なくなる。なので大陸国家は自国と敵対国との間に必ず緩衝地域を設けて防衛するのである。 その緩衝地域の国家は強国の政治経済に翻弄されるので、いつまでも独立独歩で歩むことが出来ず、それをしようとした場合に戦争となって、もとの木阿弥に戻るのである。 朝鮮半島、ポーランド、バルカン半島、アフガニスタン。それにシリアにイラクである。 ちなみに第二次世界大戦(欧州のね)のトリガーはポーランド。海洋国家で実は大陸のことをまるで理解できていない英国が、ドイツとソ連の緩衝地帯であったポーランドを支援したから大戦争になったのである。英国って大陸では失敗ばかりなんだよね。(米国も) イラクとシリアの線引きしたのも英国(と仏国)で、それが現在の混乱に繋がっているんだけどね。海洋国家は大陸国家のことを理解できないくせに係わるから失敗ばかりするんだよね。

話はあっちゃこっちゃにいっちゃったが・・・ まあ、いまのまま、米国のだらだら作戦(兵頭二十八氏のブログによるイスラエル型の「だらだら交戦」が、最速展開で金王朝を安全に交替させる) が続けば、そのうちシナ中共が音をあげる。すでに北朝鮮への責任は小さいなどとさじを投げている(笑) まあ、当たり前だわね。 シナがいままで西欧文明とか他の文明に勝てたことないからね。 アメリカの前に敗北して、ついでに北朝鮮も瞬殺になる。で、ロシアは一部、凍らない港を接収するかもね。それに安価な労働力とね。ただでさへ人工が少なくなってきている極東地域の監理のために北朝鮮人を利用するかもしれないね。 そうなれば南は習金平ごぼうの後の政権が緩衝地帯として属国として保護することになるだろうね。そうなって南はようやく北朝鮮が南にとっての生命線だったってことが理解できるか?いや理解はできないままだろうね。アイゴーって叫んで終わりだ。実は北朝鮮が鎖国してシナ中共と南との緩衝地帯になってくれているおかげで南のいまの繁栄となっているのである。北が消えると、南の繁栄も終わりとなる。

アメリカがなんでだらだらやってるのかってことを気づかないとね。 カードは切らないで温存するからカードなのだよ。いつでも切れるってことが大きな力を発揮するから。だからカードは大量に温存し、次期を見計らって切る。それがベストの外交である。トランプさんにしてみりゃあ、北朝鮮などいつでも潰せるだろうけど、できれば自分らは手を汚さずに、アジア人同士でやらせるのがベストな方法である。米国人と英国人は元々同じだから。間接統治が実に上手なのである。詳しくは「高山正之氏」の著作を読んでくださいな。

福岡の3億円とか銀座とか、韓国人の犯罪が目白押しだね。断末魔なんだね。効いてるなーマイナンバー。あんなへまやって捕まるなんて・・・地下銀行が機能していないのか。北朝鮮がらみの資金移動も出来なくなっているのだろう。米国の圧力なんだろうね。

これにテロ等準備罪が成立したらもっともっとその効力が目に見えてくるだろうね。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

有事があるか?

いやはやなんともきな臭いですな。 本日は金日成の誕生日とかで北朝鮮から祝砲のミサイル発射???それで米軍の空母打撃軍からの攻撃??? ってな賑わいである。

これらの一連の騒ぎに対し、小坪市議の冷静な分析。

【極秘】半島有事は起きるか否か?各国のチキンレース、全員ドボンの危険性。政治家の見方(分析方法の公開)

必読です。ぜひアクセスして全文をお読みください。一部抜粋して貼り付け。

17903912_1452488754822004_634481584

北朝鮮を、ビビりヤンキーと仮定する。
CHINAは、内弁慶の番長みたいなもの。
この場合は、米国がヤクザ組長宅となる。

ビビりヤンキー・手下(北)
「俺、言っとくけど、ヤクザとか怖くないから笑」
「見とけよ?おりゃ!ピンポンダッシュじゃ!」

組長(米)
「・・・」

※ 組長としては格が違う場合には怒れないという事情もある。

ビビりヤンキー・手下(北)
「お、新車のレクサス買ってやがる。」
「(彼女に)見とけよ?10円パンチで、ガリッと傷をいれたるわー」

※ 怖い者、格上の者にちょっかいをかけることで、自尊心を満たす行動を示す場合がある。

組長(米)
「くぅぅおりゃぁあああああーーー!」
「ゆるさんぞぉ!」

↑いまココ

組長(米)
「若頭と組員を派遣!」
「自宅を取りかこめ!」
「撃つぞ、おんどりゃ!」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「手下が何かしましたかな?」

組長(米)
「おまえんとこのガキ、いい加減、しばきあげるぞ」
「自分で落とし前つけんかい!」
「いいか、おまえがやれよ?」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「ああん?(ドキドキ)」

※ 番長は、恐怖政治で群れを統率しているため、ビビっていると思われると、番長の立場を喪失する。

組長(米)
「ちょっと、番長、事務所で話そうか。」

番長(CHINA)
「(こ、こ、怖くないもん。手下にナメられる。)」
「(逃げるな、俺)」

「番長の度胸ってもんを見せてやる」

組長(米)
「ま、デザートでも食え。」

(ばきゅーん)

組長(米)
「とりあえず、50発ちょい、撃ったから。」

番長(CHINA)
「(10秒沈黙)」

「え?もう一回、説明して?」

組長(米)
「撃ったから。」
「でよ、番長はどう思う?」

番長(CHINA)
「お、おう。い、いいんじゃないかな?」

「あ、あいつら、薬とかそういうのやってたんすよ、そういうの、ほら、よくないっすからね(滝汗」

組長(米)
「・・・だろ?」

組長(米)
「ところでさ、お宅の手下がおるじゃろ。」
「おまえがしめろよ、うちの事務所に火をかけるとか言うてんだけどな。」

番長(CHINA)
「(やべぇよ、やべぇよ)」
「あー、そうですね、えっとですね。」

組長(米)
「おまえがやらんなら、うちがやるで?」
「な、わかっとるよな?」

番長(CHINA)
「手下、おまえ、何をしてくれとんのじゃ!」

ビビりヤンキー・手下(北)
「う、う、うるせぇ」
(ちらちらっと彼女を見る。)

大量の黒塗りの車に包囲された、
ビビりヤンキー・手下(北)の自宅。

組員が、チャカを構えている。
手元にあるのは、バタフライナイフのみ。

普通ならば、ここでヤンキーは土下座で「ごめんなさーい」となって円満解決なのだ。
だが、問題はビビりであることと、すでに謝っても許してくれなさそう、という点。

ビビりゆえ「もう、どうにでもなーれ」がある。
というか、暴発するのは、だいたいビビりな奴だ。

組長も退けない。
すでに若頭を動かし「俺は撃つけんな!」「半端なことじゃ許さんで!」と啖呵を切ったあとだ。

何もせずに、手ぶらで帰ったら恰好がつかない。
もうヤクザも廃業だ。

両者のにらみ合いは続く

以上、一部抜粋して貼り付け。 必読な内容なので是非ともアクセスして、とくに抜粋した部分の前の部分も必読。あまりに長くなるので貼り付けは一部分のみである。

いやあ、まさに小坪市議の分析とおりと思う(笑) 完全にこのとおりではないにしろかなり真実に近いと思う。

http://sorceress.raindrop.jp/blog/ 兵頭二十八氏のこの件に関してのブログ記事も必読である。

イスラエル型の「だらだら交戦」が、最速展開で金王朝を安全に交替させる

是非とも全文をお読みくださいな。

管理人としての分析???

朝鮮半島ってね、地政学的にそれほど重要な地域ではないんだよね。欧米にとって。あくまで北朝鮮は欧米、日本にしたら東側との緩衝地帯でしかないんだよね。シナ大陸にとっても西側米国基地にたいしての緩衝地帯としての価値しかない。韓国にしたって怖いシナ大陸との緩衝地帯としての価値でしかない。ロシアにしたって、西側、シナ大陸からの緩衝地帯である。 だから回りの国々にとって北朝鮮は緩衝地帯での価値しかないわけで、だから生かさず殺さず現状維持のどうでもよい体制のままそこで存在し続けてくれればいいだけなのだ。だからそのまま生きながらえてきたわけだ。 ただその条件が変わってしまう事柄が起きてしまう。ひとつはソ連邦の崩壊。それに伴い、石油等のスポンサードが切れてしまう。その後、シナ大陸がスポンサードを肩代わりしたのだが、いつものシナ大陸の崩壊の時期が到来し、瀋陽軍区(旧満州国)が現北京体制の崩壊を見据えて北朝鮮にミサイル開発させてクーデターの準備をしてきたわけだが、そろそろ本番となり、さあどうするんだ?ってなところである。 米国としたらばどっちに転んでも大丈夫なように準備しているってわけさ。 米国の本音としては北朝鮮になんて絡みたくないんだよね。朝鮮半島から撤退したいくらいなんだからさ。 米国はハワイ、グアム、フィリピン、沖縄、横須賀があればいいし、これだけはどうあっても守り抜く。とくに空母をメンテナンスできる横須賀港はトッププライオリティで守り抜くのは間違いない。横須賀のドッグを使えないと米海軍は機能しなくなるからね。

だからできれば北朝鮮は北京で処理してもらいたいんだよ。こんなどうでもよい緩衝地域にわざわざ米軍が攻撃なんてしたくないんだよ。石油も出ない、なにも価値が無い地域なんだから。ロシアもいまさら攻めいる国力も野望も無いのだから。。。緩衝地帯としての朝鮮半島の価値って、横須賀さへ守れればあまり無いんだよね。 シナ大陸のほうが朝鮮半島の存在が幾分価値があるだろうから、だから歴史的にもずっと属国にしていたのだからシナ大陸で管理してればよろしいということだろう。 兵頭さんの分析もそのようなものでしょ。だらだら長引かせたら北京が出てくると。それを狙ってる???と。

とにかく北と南でひと悶着あると、それをチャンスとばかりに韓国人が難民を装って大量に日本へ逃げてくることのほうが恐ろしい。 真冬か台風シーズンだったら良いのだけれど・・・

だから北京での北のトップの首すげ替えは暴動とかも起こらずに一番平和的に済むのではないか?それならば韓国人が難民で来ることもないだろうから。

いまさら北と南が統一することになんらメリットなんてないからさ。北にしたら多少の裕福さと勘違いしているが一応の民主主義をかじってる南朝鮮人の人民は邪魔なわけで、できればいまのままの状態で、それで脅せばカネや石油を炊かれるのがベストである。 南にしたら奴隷のような安価な労働力としての価値と緩衝地帯としての価値があるので、いまのままの状態がベストなのだね。日米の援助も得られるし。

だから基本的にはそのままであろう。 まあ、今後はシナ大陸、北京しだいってことだろうね。それにしてもトランプのブラフっていうかアクションに対しての習金平ごぼうのリアクションはあまりに何も無さすぎだ。 兵頭さんの言うように習金平ごぼうは傀儡のお飾りなのかもしれないね。そうだったらごぼうのリアクションにも納得ができるからね。

かといって、暴発の可能性は0ではないからね。 水や電池などの備蓄は今年度は必須だから。

昨日、友人が来社し、先日、独逸に行ったときに同行した通訳があっちの人だったそうだ。あまりに危険なので「国防動員法」を知らせておいた。

354 中韓国防動員法にご注意 – 余命三年時事日記

.....「中国国防動員法」から
 (中略)中国国内法に、中国国内で戦争や武力衝突が発生した際に、金融機関や陸海空の交通輸送手段、港湾施設、報道やインターネット、医療機関、郵便、建設、貿易、食糧などの民間資源をすべて政府の管理下に置くことができるという国防動員法がある。これは中華人民共和国で2010年7月1日から施行された法律である。
内容を簡単に言えば、中国国内で有事(すなわち戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害など)が発生した時に、全国人民代表大会常務委員会(中国の国会)の決定のもと、動員令が発令されるというものだ。だが、あくまでも国内有事の場合の法律と言い訳するが、実際は対外戦争を想定している。戦争は国内有事ではないだろう。バカでもわかる。また、国防義務の対象者は、18歳~60歳の男性、18歳~55歳の女性で、中国国外に住む中国人も対象となり、国務院、中央軍事委員会が動員工作を指導するという。中央軍事委員会が動員指導するということは在日中国人約60万人のうち成人中国人はすべて軍属、戦闘員ということになる。つまり、日本にいながらにして破壊活動や軍事活動ができる軍属、戦闘員となるということだ。だが、在中国日本人は民間人だ。日本国内で中国人と戦闘となった場合、中国において民間日本人がはたして戦時国際法の保護下におかれるだろうか。まずその可能性は期待できないと思われる。現行の日本国内法では邦人救出は不可能である。どれだけ犠牲が出るか、これはすべて進出企業の自己責任である。そして平和憲法擁護、改正反対を唱える売国日本人の責任でもある。ここまでくれば、公明党、共産党はこの責任を逃れることは絶対にできないだろう。
 同様に韓国でも国防動員法がある。憲法第39条で「すべての国民は国防の義務を負う」という条項だが、恐ろしいことに年齢、性別に条件がない。老若男女すべてが対象ということで、この国は中国に輪をかけて狂っている。

一部抜粋して貼り付け

【超拡散希望・韓国版国防動員法】韓国憲法「在日韓国人全員60万人に韓国国防の義務」が判明!

大韓民国憲法(だいかんみんこくけんぽう、대한민국 헌법

第38条
全ての国民は法律が定めるところにより納税の義務を負う。

第39条
全ての国民は法律が定めるところにより国防の義務を負う。
何人も兵役義務の履行により不利益な処遇を受けない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95

以上、一部抜粋して貼り付け。

国防動員法 - Wikipedia

みんな意外と知らないんだよねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

あれっ?三隻?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000020-jij-n_ame

米空母、朝鮮半島近海へ=北朝鮮をけん制―ロイター報道

【ワシントン時事】ロイター通信は8日、米海軍の原子力空母カール・ビンソンがシンガポールから朝鮮半島近海へ向かうと報じた。

 弾道ミサイル発射の挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがあるという。

 米当局者はロイターに対し、北朝鮮の懸念される振る舞いを受けて「(軍事)プレゼンスの強化が必要だと感じている」と語った。北朝鮮は5日、東部から日本海へ向けて弾道ミサイル1発を発射。近く核実験を実施する可能性があると韓国政府も認めている。

以上、貼り付け終わり

えっ・・・ カールビンソン???カール・ヴィンソン (USS Carl Vinson, CVN-70) あのトップガンの撮影に使われた空母である。なんと朝鮮半島近くに展開だって??? 

280pxus_navy_010730n6234s004_uss_ca

ちょっと前に、 ジョン・C・ステニス (USS John C. Stennis, CVN-74) が第七艦隊担当区域まで来てたよね。

2月4日、日付変更線越境し、第7艦隊担当海域に進出。2月14日、グアム寄港。3月7日、南シナ海で通常の作戦を実施し、ルソン海峡を通ってフィリピン海へ抜けたとに発表。
3月13日、米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」に参加、釜山にて欧米メディア公開。

日本の横須賀を母港にしてるのは、ロナルド・レーガン (USS Ronald Reagan, CVN-76)である。 ということはなんと日本の近くの海域になんと三隻の空母打撃軍が展開しているということになる。 通常は第七艦隊に一隻だけなんだが、ベトナム戦争の有事でさへ二隻展開だったのに、なんと今回三隻とは・・・

海兵隊の強襲揚陸艦(LPH/LHA/LHD)が増強されたニュースは無いので、米国海軍のみの極東での展開強化ということになる。 

それにさぁ、カールビンソンって、あのビン・ラディンを葬り去せたといわれている特殊部隊「シールズ部隊」がいるんだよね。 海軍だけで三代目の除去をするかもしれない。 グアムの空軍も海兵隊も出番が無いとすると今後の予算の獲得は苦しくなるかもしれないなぁ。 F35の件を見ても、トランプさんには士官だらけの特別待遇の空軍の問題は見えているのかもしれないね。 空母打撃陣は増やすといっているから、アメリカの伝統は海軍だ!との思いもあるのかもしれない。 朝鮮戦争から今までこれといっての活躍の場が無い海兵隊(この前の震災は海兵隊の並々ならぬ尽力のおかげでかなりの命が救われたのである)であるが、海兵隊のトップだったマティスさんが閣僚に起用されているので、海兵隊の予算を削減することは無いと思うけれど。

それにしても三隻の空母打撃陣が極東の集結って・・・これすごい展開だからね。

どれだけの攻撃型原子力潜水艦が日本近海で警備行動をしているのか。 たぶん、「空母いぶき」のとおり、世界中の潜水艦が視察で集結しているのかも(笑) 大渋滞になってるかもね。

だから海上自衛隊の最新鋭護衛艦 いずもローマ字JS Izumo, DDH-183)が南シナ海に長期展開して潜水艦の哨戒を行っているのかもしれない。 また米空母の護衛の任務もあるだろうしね。

いやはやなんともすごい展開になってきている。 2017年はすごいなぁ。

備蓄はスマホや携帯を充電できる電池型の充電器と電池もね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

始まりましたな

この頃、軍事評論家の兵頭二十八氏の著作とブログに嵌っていると書いたが、店舗にはなかなか置いてないのでアマゾンで手に入れた「北京が太平洋の覇権を握れない理由」の追記P306-307で驚いた。

Hyoudou


なんと既に北朝鮮は液体燃料が枯渇し、木材を燃やしてその木炭ガスで動力を得ていると・・・ マジかよ・・・

で、兵頭氏のブログ「兵頭二十八の放送形式」を読み込んでいくとその記事を発見した!

http://sorceress.raindrop.jp/blog/2014/07/ ボルトニアが未だ届かない

一部抜粋して貼り付け

韓国軍がいま、アメリカから、SADARMを大量に調達している。
 SADARM は、おなつかしやの冷戦アイテムである。空中で分裂し、パラシュート付きの円盤がゆっくり降下し、ミリ波レーダーと熱線でAFVを探知し、自己鍛造弾でAFVの天板を上から撃ち抜く。ソ連軍の戦車を中欧で阻止する目的で開発された。

 

 韓国軍は、これを使って北鮮軍の相手をしようというのではない。木炭車が走るようになった北鮮に、戦車を動かす軽油もありはしないのだ。北鮮そのものがもうじき崩壊し、中共軍が大量の戦車・装甲車をともなって38度線まで押し出してくることがもう確実なので、それに備えようというのだ。
 在韓米軍も、38度線配備のAFVと戦闘ヘリを増強している。シナ軍が北鮮を占領・征服することは、すでに、関係周辺国のあいだで、暗黙に了解されているのだ。

中略 (ぜひアクセスして全文をお読みください)

習近平には咄嗟の受け答えがない。アドリブ発言がない。だから『語録』も存在しない。
 誰かがシナリオを書いて渡している。彼はその通りにしか発言できず行動もできない木偶の坊である。
 シナリオライターは誰か? 無名の超インテリ軍人だろう。
 その本貫は、「シナ版のGRU」だろう。腐敗堕落したどうしようもない一般軍人どもとは、一線も二線も画している。
 おそらくは個人ではなく、ごく少人数の「グループ」だ。
 彼らは、腐敗文民と腐敗軍人を粛清して今の「中共王朝」を倒し、次の「新王朝」の「始皇帝」グループになることを画策しているのだとわたしは思う。
 元KGB大佐のプーチンは、ロシア帝国の「新ツァーリ」になった。どうしてシナでも同じことができないはずがあろうか? 「シナ版のGRU」の中核分子だけが、その資格を有する。
 習近平は粛清される。いま名前が出ているすべてのシナ軍人も、腐敗の咎で粛清される。そして、あらたなシナ王朝が始まるだろう。

以上、一部抜粋して貼り付け。

驚きの内容であろう。 まさか冗談であろう?と。 でもさぁ・・・これがなかなか冗談とはいえないんだよねぇ・・・

WILL5月号で、朝鮮に詳しい筑波大学の古田教授が、北朝鮮のミサイル基地が西側のトンチャリにあるのは西側にしか発電施設がないからだそうだ。(管理人はより北京に近いからと考えていたのだけれど) 以前、「余命三年時事日記」で北朝鮮軍が西側へ移動しているとの記述があったが、そのミサイル基地と発電施設を守るため。いざとなれば瀋陽軍区へ逃げるためと考えればそれらは合致する。 また、南側へのパククネ追い出し、親北政権の樹立、日本での反日政党、勢力のうごめきなど、なんとか液体燃料を手に入れたいとの必死のうごめきなのかもしれない。(旧日本帝国も石油で戦争して破滅したんだよね・・・エネルギーは古今東西、それをいかに確保できるか?アウタルキーの確保が全てである)

なんとまあ、習金平ごぼうが訪米してトランプとの会談中になんとなんとシリアへのミサイル攻撃である。これにはすっかりごぼうも度肝を抜かれたであろう。 これは、米国「おいおい、おまえらが子飼の北朝鮮の核とミサイルをなんとかしろよ。それができないならばシリアへのミサイルと同じことをするぞ」 それも目の前での会談中である。 役者やのう・・トランプに米国は。 これでごぼうはぐうの音も出なかった。先の訪米でもローマ法王の訪米ですっかり脇に置かれたが、今回の措置はもっと酷いもので、全世界に無残な姿を晒された。 こんなのを見せられると、兵頭氏の「習近平には咄嗟の受け答えがない。アドリブ発言がない。だから『語録』も存在しない。
 誰かがシナリオを書いて渡している。彼はその通りにしか発言できず行動もできない木偶の坊である。」
 のこの記事が現実に思えてくるのだ。

米国駆逐艦からシリア空軍基地へのトマホークミサイル攻撃は、確実に米国トランプとロシア、プーチンとの手打ちは出来ているのは間違いない。暗黙のプロレスは完璧であろう。ロシアはどうやっても米国には楯突けないしかなわない。これ以上経済制裁されたらプーチンの立場もすぐに危うくなってしまう。 今回はシリアの空軍基地だけへミサイルの着弾テストとみるべきだ。習金平ごぼうと北の三代目を屈服させるための威嚇であり、余剰ミサイルの処分と艦対地ミサイルの精度の確認だ。 実際に撃たないとテストにはならないから。米国とロシアにとってWIN-WINなことなのだ。それにイスラエルも大喜びだろうし。

とりあえず、ペットボトルとか最低でも一週間ぶんは備蓄しておくように。

とうとう始まったのだから。

追記

米国駆逐艦からの59発のトマホークミサイルの攻撃、見事に滑走路を外してたようだ。なのでシリア軍機は飛行機の離着陸にはなんら問題がないそうだ。 これはアメリカとシリアのアサドとの間にも手打ちがあったのかもしれない。 

ミサイルなどの着弾はGPS制御などのソフトウェアアップデートは欠かせない。その性能向上を確認するためのミサイル発射が、習金平ごぼうと北三代目への恫喝のついでにもってこいのタイミングだった可能性もあるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

さらば小バイク

免許証の更新が出来ないのでもうバイクに乗ることもできないので致し方なく長年維持してきた小バイクを手放すこととした。それでバイク王という買取の企業にアクセスしたら電話が来て、査定して双方了承できればそのまま引き取りとのことであった。年式、種類を提示したらなんと最高買取額は12万円とのことだ。それで査定を依頼した。

01


引き取り査定担当者はトラックでやってきて、バイクの書類や外観などをアイパッドで撮影し、それを本部で査定、検証するというシステムであった。凄いね。通信技術が発達して製造番号やナンバーでいつ時代の車両か、また登録はいつかもわかるとのことである。本部で査定するから査定に個人の思惑なども係わらないからドライな査定が出来るだろう。

02


そうやって関心していたのだが、査定の結果はけっこう時間がかかった。身体の調子が悪いのに屋外で待つのは辛い・・・ あるプロジェクトで忙しくて身体がかなり不調で辛い。季節の変わり目だからなのか、昨年も4月に意識不明で救急車だったからねぇ・・・

03


で、ようやくでた結果。。。 価値0 無料引取り・・・・・・ メーターの改造は走行距離の改ざんとしてとらわれるので価値0になってしまうそうだ。

まあ、それでも仕方が無いかと。バイク関係のもの、ヘルメット等も全て引き取り処分してもらえるとのことで無料引取りを了承すた。 まあバイク王だって引き取りの人件費やらなんやらで経費がかかるからね。 師匠のdr、mcに手を入れてもらったのだけが惜しいところであるが、ブレーキやアクセルを満足に操作できる身体ではなくなってしまったので処分する以外他に道は無いのだ。 何事も諦めが肝心である。

04


さらば小バイク 15年間、長い間ありがとう。

それにしてもこの頃の世の中の動きは激しいね。 ぱくくねさんはとうとう逮捕されちまった。クーデターが起きなければ命の保障は無いだろう。 大阪の森友案件ではなんと辻元の闇が暴かれそうだ。北朝鮮とのつながりが暴かれるかも。中共、北朝鮮、韓国の古代儒教地域の崩壊がもう目の前である。

一週間の備蓄を必ずするように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »