« 一週間の備蓄の勧め | トップページ | 6年前と1年前 »

2017年3月10日 (金)

驚きの日 今後のシナリオ

なんとなんと、前代未聞の事件である。お隣の南のパククネさんが弾劾で降ろされちゃった。韓国という国が出来てからのはじめての出来事である。韓国の大統領ってすごい権限があるから、弾劾されずに戒厳令で乗り切ることもできたはずなんだけどねぇー。 でもそうならずに降ろされちゃったってのが凄い。 李氏朝鮮の最後とまるで同じですな。 でこの先、どうなるのか?

201z

予想してみよう。

ケース1

これから行われる大統領選挙では親北の大統領が選ばれる可能性が高い。その場合、北朝鮮主導での統一も起こりえる。ただでさへコントロールできない北朝鮮が南の軍隊と経済力で拡大してしまう。中国共産党には悪夢となるシナリオである。日米にとってはあまり嬉しくない。ロシアが一番喜ぶシナリオ。

ケース2

なんかこの頃騒がれている、米国からの北三代目の排除。これで北が米国の傀儡政権となれば、南の親北勢力の根拠も無くなるので西側政権に戻る可能性が高くなる。北、南ともに西側になるので中国共産党、ロシア双方にとって悪夢のシナリオとなる。

ケース3

ケース2はロシア、中国共産党にとってあまりに大きな危険であり、それを防ぐために北京軍区が北朝鮮に侵攻し、三代目を排除、親中国、親ロシアの傀儡政権に置き換える。南は経済を押さえているから締め付けるだけでどうにでもなる。米国と日本にとってはあまり嬉しくないシナリオ。なぜならば西側の縮小と日本にとって緩衝地帯が無くなるからだ。

ケース4

次の大統領選挙まで大混乱が続き、軍による統制が必要になるまで事態が悪化。在韓米国軍に救援を要請。それにより軍事クーデターのようになり、軍での統制となるが全てを統制するのは難しい。南が二分割に分断する可能性。朝鮮半島が3分割となり、緩衝地帯が増えるので、日米中露にはそこそこ満足できるシナリオか? ただし北の体制をどうするかで意見が分かれそうだ。北が現状の体制をなんとか維持するとなると瀋陽軍区も満足する。

ケース5

米国が救援を断り、どうしようもない状況となり国家破綻。中国共産党により救済措置。北も北京の経済制裁で破綻。石油が止まって軍隊も動かせないから体制崩壊。 鈴置高史さんの「朝鮮半島201z年」のとおりのシナリオ。北の難民を受け入れて、それで台所が苦しい中国経済の中で南を救済できるか?中国には分が悪いが、まあ日米露にはまあまあなシナリオか。いずれトランプの経済戦争で中国は崩壊する可能性が高いから。

ケース6

北が南へ侵攻(あるいは南から北)。 どちらも決め手に欠け、こう着状態。日米中露は黙ってみてるだけで放置。双方、エネルギーや武器砲弾に食料が底をついて、どうしようもなくなったら分割統治。日米中露が満足できる傀儡政権を北と南に建てる。

まあ、こんなところかね。 ケース3、あるいは5の可能性が高いかな?と管理人は考えているんだけどねぇ。 さぁ どうなるかね。 もっと驚きの結果になるのかねぇ・・・

ケース6もありえる。何でかって言うと、朝鮮半島は自分達で未来を決めてきたことが無いし、それをできる能力も持ち合わせていないからだ。よって今後は昔からのとおりに周辺列強国によって決められることになる。なので日米中露による4国の一番満足できる状態になっていく可能性が高いのだ。

でもねぇ・・・いまはロシアは経済大変だし、ウクライナだけでも大変なのに半島なんてかまってる余裕もないからねぇ・・・中国共産党は歴史的に半島には関与したいだろうが、これまた経済がかなりヤバイ。米国にしたら、脅威は中国共産党だけれども、経済制裁なんて簡単にできちゃうからねぇ・・・日本としたら昔はロシア帝国、ソビエトの脅威があり、それで半島を緩衝地帯として必用だったのだけれど、いまやロシアの脅威は殆ど無くなったからねぇ・・・日本がどれだけ助けても悪さばかりしてくるこの半島にほとほと嫌になってるからねぇ・・・ そうすると ケース6になるのかねぇ・・・ 瀋陽軍区の満足度も含めるとケース4になるのだが・・・ 

歴史は繰り返すっていうけれど・・・ すごい時代の大変化だねぇ・・・

追記 加筆しました。

|

« 一週間の備蓄の勧め | トップページ | 6年前と1年前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/64995982

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの日 今後のシナリオ:

« 一週間の備蓄の勧め | トップページ | 6年前と1年前 »