« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月25日 (土)

ずれ

この前、メーカーの担当が訪れ、「この頃、仕事が上手くいかないんですよー、なんか言葉が伝わらないとか・・・自分の伝え方が悪いのか?悩んでしまう・・・」

おおおっ まさに管理人もそんな状況ばかりで意気投合である。 この頃、ぜんぜん言葉が伝わらない、通じない。話しても、電話でも、メールでもSNSさへもきちんと通じない。これ日本語圏だけでなく英語圏でも同じ現象のようである。 だから仕事が上手く進んでいかない。軋轢ばかりが増大する。

なんでなのだろうか? たぶん人生が150年もあれば、過去に同じような現象があったと感じられるのだろうが、人生は70年も生きれれば御の字。どの時代に生きているかは「運」である。偶然でしかない。 

いままで常識だったものがそうじゃなくなってきているということだ。 まさにそれが顕著に現れているのがマスコミの状況である。 いままでは読者の一般大衆を情報統制、加工などで自由にコントロール出来ていた。それで政治や世の中さへも動かすことが可能であった。民主主義など実はまったく無意味で、デモクラシーという意匠を纏った専制主義と実はまったく同じであったのだよ。 それが時代の変化とネットワークの発達で、そのコントロールが出来なくなった。それが英国のEU離脱であり、トランプ大統領の登場。それにいくら妨害しても安部政権の高い支持率。 メディアはチカラを失ったということなんだが、それを気がつかない、気づくのを嫌がってじたばたしている。 それが我々の周りでも同じ事象となって現れてきているのだが、気づいている人があまりに少ないから、悩める人が多いわけだ。

戦後が終わったのだね。 たぶん戦前はこんな雰囲気になったのだろうと思う。 どう考えてもシナ大陸への突入は不可思議なほどおかしい。 でも一般大衆はそのときには盛大な支持をしたわけだ。 後の時代ではおかしいのが判っても、その時代には判らなかったのだろう。だからサヨクの連中が戦争反対と煽るのが意外と効果があるのもそれと同じということだろう。

世の中、いたるところに「ずれ」が顕著に現れるが、それに抗うも上手くいかず、ヒステリーを溜め込み爆発する。 お隣の韓国が爆発しているのはその現れだろう。 次は北朝鮮とシナ大陸に現れるだろう。 そこで済めばいいけれど、欧州は爆発しないで保てるか?フランスの選挙の行方がかなり大きな影響となるだろうねぇ。でも過去はその「ずれ」を革命やら戦争で修正してきたんだけれどねぇ・・・

話は変わるけど、久々にアマゾンを利用した。できるだけ店舗の本屋さんから購入したいのであるが、探しても置いてない本はアマゾンでしか手に入らない。アマゾンならば簡単に次の日に入手できてしまう。 これって流通の革命だよね。 「物流を制するものが全てを制する」とは 村西カントクの言葉である。名言ですな。だからアマゾンがここまで大きくなったのはそれが理由だから。 儲からないから店舗の本屋さんはどんどん無くなっていく。儲からなくなるってのは世の中での価値が無くなっている証拠なのだ。ここも時代の変化でいままでとの「ずれ」なんだよね。

02


今回入手したのはシンゴジラのDVDと兵頭二十八の著作。シンゴジラは観たかったけど映画館のチケットが買えず、DVD発売まで待っていた。兵頭氏の本はマニアックすぎるのか?本屋さんには置いてないんだよねぇ・・・だからアマゾンで買うしかないのである。

01


03

時代の大変化「ずれ」の発生時にはできるだけ静かに、じっくり落ち着いていることだね。あの本田宗一郎だって、戦後は経営してた会社を手放して、一年間、酒を飲んで尺八吹いてなにもしないで遊んでいたんだよ。時代の趨勢、どうなっていくかを見極めるために。 それを見極め、後の本田技研を生み出したんだよね。 先人の歴史を見習いましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

いま夢中になっているもの

管理人はけっこうな量の本を読む。小説とかは苦手でノンフィクションがほとんどだ。 で、お気に入りの著者の本はどんどん読み込んでいくのだが、ある時点を越えると、その著者の思想が判ってしまい、新しい著作の内容がある程度読む前からなんとなくわかってしまうようになり、そこにもう学びの面白さが感じられなくなって飽きてしまう。 なので夢中になって読ませてくれる著者を探すのもなかなか大変なのだ。

will4月号だったか、兵頭二十八という不思議な名前の著者の本が紹介されていた。で、本屋でなんとなく手にとって読んでみたら、これが管理人のつぼに見事に嵌った。

51rlsfckll__ac_us160_


なんたって軍事ヲタクの管理人。軍事に加えて世界情勢満載の内容。管理人の大好物である。あまりに面白くて、調べるとなんとブログもあるではないか!!!

兵頭二十八の放送形式

http://sorceress.raindrop.jp/blog/

めちゃくちゃ面白い。 毎日毎日、過去記事を遡って読み込んでいく。2014年まで遡った。専門用語が多いので、著作のほうが読みやすいかもしれない。

けっこう著作を世に出されているのでこれから手に入れて読み込もうと考えている。実に楽しい。

昨日は「余命三年時事日記 共謀罪と日韓断行」を買いにいったのだが

51iwi4andwl__ac_ul160_

兵頭氏の本もあったので入手し、いま読んでいるところである。

51eveee20ol__ac_us160_

軍事ヲタクにはたまらない「兵頭二十八氏」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

6年前と1年前

2011年3月11日からもう6年もなるんだね。でも未だに仮設住宅だったり復興が進んでいない・・・初動の遅れ、原発事故の影響があまりに大きかったんだよね。 あの日、管理人は新幹線の中だった。奇跡的に無線LANが繋がって、i-padで情報収集と連絡が出来た。あの日、電話とか全て一時ダメになったよね。

20110311


新幹線は3時間くらい新富士駅で止まったままだった。 とにかく凄い大惨事だった。民主党政権で尚且つ首相はあの菅直人だったのが最悪だった。 そうでなければこれ程までに復興が遅れることは無かったのではないか? しかし、あの大惨事から方向転換して、奇跡的な安部政権の復活など、いろいろな超常現象が立て続けに起きているのは間違いなと思える。

南スーダンからPKOで派遣されている自衛隊の部隊が引き上げて帰国するそうだ。これは日本国内がヤバイってことだね。テロの可能性が高くなったので、もう外国を助けているような状態ではないってことだ。朝鮮半島での有事は北、南に係わらず、確実だということだろう。だから最低でも一週間の備蓄はしとかないとね。

昨年の3月11日、頚椎の手術を受けたんだよね。16:43分頃 麻酔から目覚めた時の写真。

20160311

その日の夜に容態悪化。内出血により神経圧迫、首から下が動かなくなり緊急手術。それから3日は左半身が麻痺状態。 それから今日で1年。 握力計で測れないほど低下した握力も15kgほどに戻ってきた。回復度は20%に到達したかどうかではあるが、何とか1年後までは生きている。

だから管理人にとっては3月11日ってのは死ぬまで忘れない月日であろう。

「空母いぶき」 かわぐちかいじ著 では中国北海艦隊との戦闘で「防衛出動」まで発令された状態になっているが、朝鮮半島の状態如何によっては現実になるかもしれない。難民が大挙押し寄せるのは間違いないので「防止中立宣言」の発令も視野に入れているだろうね。そのための南スーダンからの帰国だろう。パククネさんの弾劾、罷免での急遽の対応だからね。 今日から、大統領選挙の日といわれる5月9日までは非常事態になる可能性が大きいからね。 今日から90日間はなにが起きても不思議ではないから。

3月11日 14時46分  黙祷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

驚きの日 今後のシナリオ

なんとなんと、前代未聞の事件である。お隣の南のパククネさんが弾劾で降ろされちゃった。韓国という国が出来てからのはじめての出来事である。韓国の大統領ってすごい権限があるから、弾劾されずに戒厳令で乗り切ることもできたはずなんだけどねぇー。 でもそうならずに降ろされちゃったってのが凄い。 李氏朝鮮の最後とまるで同じですな。 でこの先、どうなるのか?

201z

予想してみよう。

ケース1

これから行われる大統領選挙では親北の大統領が選ばれる可能性が高い。その場合、北朝鮮主導での統一も起こりえる。ただでさへコントロールできない北朝鮮が南の軍隊と経済力で拡大してしまう。中国共産党には悪夢となるシナリオである。日米にとってはあまり嬉しくない。ロシアが一番喜ぶシナリオ。

ケース2

なんかこの頃騒がれている、米国からの北三代目の排除。これで北が米国の傀儡政権となれば、南の親北勢力の根拠も無くなるので西側政権に戻る可能性が高くなる。北、南ともに西側になるので中国共産党、ロシア双方にとって悪夢のシナリオとなる。

ケース3

ケース2はロシア、中国共産党にとってあまりに大きな危険であり、それを防ぐために北京軍区が北朝鮮に侵攻し、三代目を排除、親中国、親ロシアの傀儡政権に置き換える。南は経済を押さえているから締め付けるだけでどうにでもなる。米国と日本にとってはあまり嬉しくないシナリオ。なぜならば西側の縮小と日本にとって緩衝地帯が無くなるからだ。

ケース4

次の大統領選挙まで大混乱が続き、軍による統制が必要になるまで事態が悪化。在韓米国軍に救援を要請。それにより軍事クーデターのようになり、軍での統制となるが全てを統制するのは難しい。南が二分割に分断する可能性。朝鮮半島が3分割となり、緩衝地帯が増えるので、日米中露にはそこそこ満足できるシナリオか? ただし北の体制をどうするかで意見が分かれそうだ。北が現状の体制をなんとか維持するとなると瀋陽軍区も満足する。

ケース5

米国が救援を断り、どうしようもない状況となり国家破綻。中国共産党により救済措置。北も北京の経済制裁で破綻。石油が止まって軍隊も動かせないから体制崩壊。 鈴置高史さんの「朝鮮半島201z年」のとおりのシナリオ。北の難民を受け入れて、それで台所が苦しい中国経済の中で南を救済できるか?中国には分が悪いが、まあ日米露にはまあまあなシナリオか。いずれトランプの経済戦争で中国は崩壊する可能性が高いから。

ケース6

北が南へ侵攻(あるいは南から北)。 どちらも決め手に欠け、こう着状態。日米中露は黙ってみてるだけで放置。双方、エネルギーや武器砲弾に食料が底をついて、どうしようもなくなったら分割統治。日米中露が満足できる傀儡政権を北と南に建てる。

まあ、こんなところかね。 ケース3、あるいは5の可能性が高いかな?と管理人は考えているんだけどねぇ。 さぁ どうなるかね。 もっと驚きの結果になるのかねぇ・・・

ケース6もありえる。何でかって言うと、朝鮮半島は自分達で未来を決めてきたことが無いし、それをできる能力も持ち合わせていないからだ。よって今後は昔からのとおりに周辺列強国によって決められることになる。なので日米中露による4国の一番満足できる状態になっていく可能性が高いのだ。

でもねぇ・・・いまはロシアは経済大変だし、ウクライナだけでも大変なのに半島なんてかまってる余裕もないからねぇ・・・中国共産党は歴史的に半島には関与したいだろうが、これまた経済がかなりヤバイ。米国にしたら、脅威は中国共産党だけれども、経済制裁なんて簡単にできちゃうからねぇ・・・日本としたら昔はロシア帝国、ソビエトの脅威があり、それで半島を緩衝地帯として必用だったのだけれど、いまやロシアの脅威は殆ど無くなったからねぇ・・・日本がどれだけ助けても悪さばかりしてくるこの半島にほとほと嫌になってるからねぇ・・・ そうすると ケース6になるのかねぇ・・・ 瀋陽軍区の満足度も含めるとケース4になるのだが・・・ 

歴史は繰り返すっていうけれど・・・ すごい時代の大変化だねぇ・・・

追記 加筆しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

一週間の備蓄の勧め

いやいやきな臭い状況である。北が中共の全人代の日、2月5日になんと4発もミサイルを発射した。また日本への方向だ。

20170306ax04


これ、反対側をあえて見せてない。で、これ見て不思議とは思わない?なんで発射する基地が西側の東倉里なんだろうか?日本へ向けてならば、距離が近いほうが確実に目標へ当たる確率が高まるから東側のほうに発射基地をもっていくだろう。なんで西側なんだ?

Pk2017030702100037_size0


西側まで表示した地図。確実に北京が射程内ということがわかる。

「石炭輸入を止めるのを止めるニダー!」 ってな抗議の4発発射ではなかったのか? この前の安部首相の訪米時の発射は「トランプよー、こっちを向いてくれニダー!」ってな表明の発射ではないか?

3月は13日に全人代閉幕で場合によっちゃ、また発射だ。 それにパククネさんの弾劾が決まるのが3月10日から18日程度。 もしかしたら北からではなく南から北へなんかやらかすかもしれない。「アメリカー、南をかまってくれニダー」と粗暴な行動をするかもしれない。 3月はけっこう危ない。 そんな状態になれば日本国内でテロ行為が発生するかもしれない。その場合、物流が止まる可能性が出てくる。なんので一週間分は水などを備蓄するのをおススメする。 管理人はずっと事務所に大量に水等を備蓄していたが、入院したり往きそうになってから備蓄を止めたんだけど、大量ではないがまたすこしは備蓄を始めた。6月くらいまで備蓄を継続したほうが良いだろう。 なぜならば6月には結果が出ているだろうから。 実は北が南を破壊するのは簡単で、砲撃さへも必要が無いのである。6月、梅雨でダムが満タンになったら一気に放水したらいいのである。「自然災害ニダー、ウリのせいではないニダー」で済むからだ。 それにそうならなくても北京が瀋陽軍区に北からの石炭輸入停止を厳命したら夏くらいで北の経済は崩壊で石油も枯渇して兵器がまったく動かせなくなるから終焉である。 おまけに南にはTHARDへの報復で経済制裁でこちらもジ・エンド。

あくまで可能性である。 なにもなければいいけれど、危険の可能性があるならば用意、用心しておくべきである。

一週間分の備蓄をおススメする。 (元TBSの山口さんもそうおっしゃっているようです)

https://www.facebook.com/noriyuki.yamaguchi

豆腐おかかさん http://meron.vanillapafe.info/archives/9505 続・金正恩斬首大作戦

ぜひ、アクセスしてお読みください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

○○○にたとえると 2

きんぴら「北鮮の野郎、会合のときに花火を打ち上げやがった・・・それも4発だ」 幹部「2月のアメリカンマフィアと日本組のトップ会談のときも打ち上げましたね」 きんぴら「あれですっかりマフィアと日本組の結束が強くなってしまった・・・」 幹部「この頃、瀋陽(満州)組の動きが怪しいような・・・北鮮組との取引を止めろっていってるのに言うことをきいてないようです」 きんぴら「前に財テクで失敗して闇金が潰れそうになって泣きついてきて助けてやったらおとなしく従ってたのにな。アメリカンマフィアのボスが花札になったから、マフィアになびいて、中華組を裏切るつもりか・・・」 幹部「まさおを消したのもたぶん瀋陽(満州)組でしょう。こちらの手札を消したってことでしょう。 しかし、あのボンボン、女にだらしなくて自由人でどうしようもない・・・消されて当然ですね」 きんぴら「まあ、息子を押さえているから大丈夫だろう。息子は優秀だから使いやすいしな」

三代目「なんか噂ではアメリカンマフィアが私を消そうとしていると・・・」 瀋陽「まあ、それはフェイクニュースだろう。本当にお前を消したがっているのは中華組だ。それに南の女主人を追い落としたのは中華組でもアメリカンマフィアでもなく、銀行だろう。お前と南を抗争状態にして大もうけするつもりなんだろう。で、南を潰してお前が占領したら中華組も内部抗争分裂ってことだ」

幹部「噂ではアメリカンマフィアが北の三代目を消すと・・・」 きんぴら「それはないし、させない。やつらはトリガーを引かない。それにもしそれをやられたら我が組は崩壊する。周りの周辺が離れていったら、組は必ず崩壊してばらばらになってしまうのが5000年前からの伝統芸だからな。だから言うことをきかない北に南を占領されては困るのだ」

三代目「それにしても日本組は組みやすい相手で助かります。金はくすねてもなんら問題ないし、花火を近くに売っても遺憾砲だけ。楽なものです」 瀋陽「まあ、昔は強かったけれど、すっかりアメリカンマフィアに牛耳られているからな。でも最近は昔に戻ることをマフィアが少しは容認してきたみたいだから注意が必要だ」

花札「おうおう、三代目、ちゃんとシナリオ通りに花火を撃ったか。中華組の大事な会合のときだからこれは効くだろうな(笑)」  銀行「アメリカンマフィアが三代目を狙ってるという噂を流しておきましたが。。。中華組のきんぴら、焦ってるでしょうね」 花札「これで先に北へ手をだしたら南をけしかけて攻撃させれば、両方ともにピストル売れるし大もうけだな。銀行は悪よのぅ。。。」 銀行「そうして中華組も内部抗争で、ロシアンマフィアも大英マフィアもフレンチマフィアもジャーマンマフィアも出てきてカネ目のものを奪い合いですね」 花札「食い扶持も減るし、環境も良くなるからいいんじゃね」 銀行「これで世界経済が良くなって20~30年はマフィアは安泰ですね」 花札「まあ、そういうことだ」

まあ、こんなところかねぇ 管理人の妄想でした。

512llk11tkl__sx339_bo1204203200_


石平先生のこの本 必読です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

売り時と買い時

マンションや持ち家の売り時のピークがとうとう終わろうとしているようだ。 管理人の事務所顧問のJなT先生が、今売ったら、買ったときよりも高く売れるとのことでその話題になった。

何故?いま都内や地方都市の中古物件が高騰しているのか?それをきちんと把握してないといけないのである。 いまはデフレーションでおカネの価値がモノの価値よりも高い。モノの価値がどんどん目減りしていくのがデフレなのだ。 だからアパートやマンション経営しても90%の人が赤字経営になるのは当たり前なのですな。 借金してアパートを買ったら、そりゃあデフレのときは赤字になるのは当たりまえ。 シナ大陸でどんどん都市を開発して高層マンションを建てたのはインフレだったから。インフレの場合はモノよりもおカネの価値がどんどん目減りしていくから、借金も目減りしていく。 インフレ時に借金をして家を建てたり購入したりするのは正しいのである。 

しかし、マイルドなインフレって、世の中の安定には最高だけれど、資産を大幅に大きく形成したりすることは出来ない。 極端に大きなインフレになった場合が大チャンスなのであるが、そのときにある程度の年齢で、尚且つ、運と知識が無いとそのチャンスはつかめない。 いまの土地成金ってのは、明治維新とか、大東亜戦争時期にその年齢でおカネをすこし持ってた人達である。 東京が空襲でぐちゃぐちゃになり、そこで土地を押さえたものが資産家となれたのである。 在日朝鮮人が戦後のどさくさで、駅前の一等地を確保したから大きな資産を持つこととなったのだ。

いま、なんで日本の建物のがバブルみたくなってるのかって? シナ大陸からのアンダーグランドマネーが大量に日本に入ってきていて、それで人民元を日本の資産へ両替しているわけなのさ。 もう中国共産党は終わるから、人民元もシナ大陸の価値も無と化すからね。 その様な自体になったら、日本の資産を売ってしまえばカネが戻るからね。 それで紙くずになった人民元を安価に大量に手に入れることが出来る。それに国家が分裂して共産国家で無くなれば、土地とかの所有もできるだろうから、大量の資産を保有できるようになる。大金持ちになれるってことだ。 ニューヨークがバブルになりそうで、ドルの金利を上げる必要に迫られているのも同じく大量の人民元→米ドルが流入しているからだ。 「国家が勃興するとき、衰退するときに財閥が形成される」 そんなチャンスは70年から150年くらいのスパンでないとなかなかやってこない。 人間の寿命はいいとこ70年くらいなものだから、チャンスを迎えて捕まえるのは奇跡に近いのである。

そんな奇跡的なチャンスがこれから近いうちに訪れようとしている。 いまピークの不動産は、これから間違いなく暴落する。 今年の夏くらいから始まり、たぶんその暴落が2年くらい、東京オリンピック終了で暴落のピークになるだろう。 夏からっての根拠は、アメリカのトランプ大統領がシナ大陸経済への経済戦争を仕掛けるからだ。 ひとたまりも無いだろうね。 あっという間に中華人民共和国は崩壊するだろう。 そうなれば世界の不動産は暴落する。 資産は暴落し、それで世界中がある程度の大きなインフレになる。 新興国はデフォルトだねぇ・・・

そうなったら資産買いのビッグチャンスである。 だからここ3年くらいは出来るだけ資産を現金化しておいて、インフレになったら、借金をしてまでも資産を出来るだけ買う。だから借金が出来る立場にいたほうが俄然有利なのだ。借金できる年齢って30代後半から40代前半の10年間でしょ。50代には銀行は金を貸してはくれない。それに30~40代でもそれなりの企業に勤めてないと借りられる金額はとても少なくなる。資産暴落時は土地は担保にならないからね。

ただねぇ・・・いくら資産を増やしたからって、人間は必ず寿命を迎えるからね。病気で突然往ってしまったりもするからね。 人間が病気もせずに寿命を迎えることの出来る確率は2%なんだって。98%の人は、なんらかの病気で死んでゆく。 だからいくら頑張って資産を形成したってダメなのさ。 昔のように先祖代々が続いていくような家柄だったら資産形成の価値もあるけれど。いまなんてそのような家族構成じゃないから、金持ってたって、飛行機でファーストクラスに乗れるくらいで、あんまり価値なんてないんだよね。 だから管理人はまるで興味が無い。いつ往くかわからないから(笑)オリンピックまで生き延びれるかどうかもわからないから。そんな状態で資産やカネがあっても無意味だからね。

月刊WILL 4月号に 「習近平よ、お前はクビだ!」 高山正之・加藤清隆 両氏の対談が掲載されている。 これは必読だ。 これを読んでもらえれば、今回の管理人の記事にも納得ができるかと思う。

1482732_p

追記 必読の記事 マイホームを建てた人は老後に貧困になりやすい

↑が現実なんだよねー 賃貸のほうがぜーったいにお徳なんだよね。

以下、一部抜粋して貼り付け

世界のニュース トトメス5世 

25歳で家を建てても無事に35年の住宅ローンを払い終えるのは60歳なのですぐに高齢者になり、オンボロ物件で夫婦2人の生活になります。

一戸建てはマンションと違って管理費と修繕費がないが、逆にそれらを自前で支払う必要があります。

雨漏りがしても水漏れがしても、全て自分だけで費用を支払うので、結局正しく運営されているマンションより安くはなりません。


一戸建てが老朽化するほど維持費は高くなるので、ローンを払い終わっても毎月数万円は掛かるでしょう。

よく地方では高齢者だけでボロボロの一戸建てに住んでいますが、建て替えやリフォーム費用も出ないので、朽ちていくマイホームに住み続けます。

過去に支払った住宅費用と現在の住宅維持費が重荷になり、どんどん貧しくなっていきます。


現役時代はかなりの収入があったのに、老後にお金に困る人は、住宅に多額の費用を使いすぎたケースが多い。

ではどうすれば良かったかというと、子供に個室が必要なのは10歳以降で、20歳には出て行くなら、10年しか全部の部屋は使いません。

10年間だけ部屋数が多い賃貸物件に住んだほうが、一戸建てを建てたりマンションを買うよりも、生涯ではかなり安くなります。


家族もちならかなりの収入でも公営住宅を借りる事ができ、UR物件もあるので、4部屋以上の賃貸物件はかなり存在します。

「公営住宅なんてイメージが良くない」という人も居るが、住宅ローンで老後に貧困になるよりは、余裕を持って賃貸生活がマシではないだろうか

以上、貼り付け終わり。

管理人ってさー 個人住宅関連を頼まれても、できるだけ断るのね。どうしても断れない場合は無料奉仕にする。なんでかって? 自分の思い通りに家を建てたりした人の殆どがそれ以来「運気」が悪くなっていくからだ。 それに感染しないために 金をもらわないんだよね。 それにさぁ デフレ期に借金して家を建てるなんて・・・気がおかしくならないほうが不思議だと思うのだけれど・・・借金は心と身体と運気に大きなダメージを受けてしまうと思うんだけれどねぇ・・・インフレ時は価値の目減りで年月とともに小さくなっていくけれど、デフレ期は金利は一見安いように見えるが借金は逆に大きくなっていくのだよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »