« カメラつれづれ 4 | トップページ | 2017年 あけましておめでとうございます »

2016年12月31日 (土)

激動の2016年の終わり

激動というか、管理人にとっても非常に大変だった2016年も今日で終わりである。思えば2015年の1月10日に右手を複雑骨折してから続いたどん底。右手がようやく治ったら、次は左手の不調。頚椎の椎間板が神経を圧迫してると。このままではそのうちに左手が肩から動かなくなると診断され、それで2016年3月に手術を受けたのだが、手術そのものは成功したのだが、内部で出血が起こ血腫ができてしまい、神経を圧迫。その日の夜中、緊急手術を受けたのだが、神経へのダメージはどうにもならず。そのせいで左半身麻痺。まともだった右手も麻痺状態となり車椅子・・・手が不自由で食べることもままならず、3日間食べられず4kgも減った。ホント、そのまま死んでいればどんなに楽だっただろう。再手術から生還してからの病室での8日間は地獄であった。50年以上生きてきて、これ以上の苦しみを味わったのは初めてである。 退院してからも身体の不調は相変わらずで苦しい毎日。死んだほうがどれだけましか。つくづくそう思った。 手術してから一ヵ月後、病院にてリハビリを終えた後、バス停で意識不明で病院に救急車で運ばれた。その病院では原因が分らず、意識回復してそのまま帰れたのだが、後日、症状をネットで調べると、アナフェラキシーショック、アレルギーが原因とのことで事務所の近くの専門医を訪ねると、まさにそのとおりで、緊急用のエビペンという注射と、発作を抑えるステロイド剤、それに毎日服用する、抗ヒスタミン剤を処方された。 

その後、身体の調子は相変わらず良くなかったが、少しずつは回復してきたかな? でも食欲は無くて、一日2食がやっと。朝なんて薬を飲まなくてはならないから無理やり食べてた。 そんな手術後6ケ月、今度は渋谷駅前で意識不明。気がついたら救急車の中。で、もう一度意識が戻ったらいつも通院している病院の4階のベッドの上だった。 もう、はちゃめちゃな2016年であった。

2014年 耳に腫瘍 それで手術 → 2015年 右手複雑骨折で手術 金具の金属アレルギーのためか、咳、痰など呼吸器系がとても辛かった。 2015年7月、金具撤去手術を受ける。咳などぴたりと止まった。 しかし、左手に違和感。左手でのマウス操作がおかしい。主治医に相談したが、それは手でなく頚椎が原因の可能性が大とのこと。 紹介状を持って、すぐに国立病院で診察を受けるようにと。 で、いろいろな検査の結果、病状は「頚椎症筋萎縮性症」と診断された。 前の病院で処方されたビタミン剤では効果が出ないので「リリカ」という強い神経用の薬に切り替え。それでも効果が出ず、服用を倍に増やしても効果が出ず。 2016年1月 主治医曰く「薬の効果がまるで無い。このままでは数年後、肩からまったく動かなくなる。まだ若くて体力があるうちに手術したほうが良い。60代になったら手術しても回復の可能性は殆ど無くなる」・・・って言われて手術しちゃったわけさ。 ヤバイかな?って一瞬、頭の中をよぎった勘みたいなのを覚えている。 でも後の祭りだね。 時間はどうやっても戻らないからね。いくら後悔したってどうにもならないからね。

2016年は・・・ なんたって手術して いままで 殺しても死なないとかいわれるくらいに健康だったのに、いつ死ぬかわからないような状態になってしまった。 今日も調子悪くてね。大晦日に往くのもねぇ・・・ なんとか生き延びましてブログを書いてます(笑) タバコをやめたというか、手術後肺炎になるよと脅されて止めざるをえなかったのだが・・・タバコを吸わない自分・・・まったくイメージできていなかった。タバコをやめたことにびっくり仰天ですな。

このブログ、2006年3月1日から始めたんだね。10年も意味の無いことを続けて書き込んできたものだ。 今年は年末がばたばたで、事務所のブログの更新はしなかったのにね(笑) だれも読まないこのステルスブログだけは何故か更新している滑稽な管理人である(笑)

いつも読んでるブログが突然に更新が止まることがある。毎年毎年、多くのブログが突然に止まる。 ブロガーが何らかの理由で更新できないのだ。 維持管理費用が払われている場合はアクセスして読むことができるが、だいたいそれも一年だね。 このブログもなんとか2016年は越えることができた。来年に大晦日にブログを更新できるかな? それは管理人にもわからない。 誰にでも寿命はあるし、生き延びることも環境も全ては時の運だからね。 

2016年があまりにも管理人にとって強烈な年だったので、総括するような内容のエントリーになってしまいました。

来年からは世界が物凄く動くよ。 歴史の大転換点を見ることができる。 

皆様 良い年をお迎えください。

2016年12月31日 管理人

|

« カメラつれづれ 4 | トップページ | 2017年 あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/64701107

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の2016年の終わり:

« カメラつれづれ 4 | トップページ | 2017年 あけましておめでとうございます »