« 国旗 | トップページ | 裏と表の逆転だった2016年 »

2016年12月27日 (火)

今年もあと4日

管理人にとって激動というか、いままで生きてきて、一番困難な年だった2016年もあと4日を残すのみとなった。今月になって久しぶりにお会いする方達には、顔色が良くなったとか手の麻痺が以前よりはずっと良くなったとか言っていただけるのではあるが、毎日、この困難な身体で過ごしているので実感が無い。この頃、調子が悪くなったりもいまだにあるのだが、以前は常に毎日、調子が悪かったからか、身体の調子に敏感になったのか、回復してきているのかよくわからない。 管理人にとって今年は10年間くらい生きたような長い長いとても辛い一年だった。そのとおり10年は寿命が縮んだように思う。 が、10月に意識不明で倒れ、緊急入院して、5日間で退院してから、急に運気が変わってきたのか、食欲も出始め、ましてや仕事が忙しくなった。12月なんて、あっというまに終わってしまったような、まるで記憶がついていかないような時間の猛スピード進行である。連休関係無しに、ずっとぶっ通しで仕事している。明後日まで打ち合わせが入っている。だから年賀状は買ってはあるが印刷できていない・・・ 手も相変わらず麻痺でちゃんと動かないから年末の掃除もできないのだが・・・明日、あるテストで明後日の打ち合わせの内容によっては、掃除どころではなく、元旦におかんのところへ靖国神社で買ってきた日本国旗を持っていくくらいで、年明け早々に仕事をまとめなくてはならないかもしれない。 なんともまあ、2017年に向けて、ずいぶんと変わるようである。

安部総理が真珠湾へ訪問された。オバマ大統領の広島訪問と、2016年はすべてが変わった激動の1年だった。戦後、全ての総決算の年だったと記録されることになろう。歴史が動いた2016年であった。

アメリカはトランプが大統領に選ばれ、民主党から共和党へ。リベラルからナショナリズムへの大変化。 副大統領が「日本の憲法は米国が書いたものだ」なんて仰天な発言をしたり。 

英国ではEU離脱で、EUが解体に向かう大変化。 シリア難民で治安が悪化し、欧州は解体、リベラルから極端にナショナリズムへ変わっていくだろう。

12月に入って、中共がはりぼて空母を太平洋まで運行したとのことだ。習きんぴらごぼうが上海の軍区をまったく掌握できていないということだな。「全体主義の国がオリンピックを開催すると9年で崩壊の原則」通り、2017年に中共共産党は崩壊だね。

南朝鮮は朴クネさんの弾劾ですでに終焉。お見事だね。 年明け早々、平壌からソウルへ向け砲弾が飛び交うか? 

この前、長谷川慶太郎の最新刊を読んだら、なんとロシアがデフォルト?まじかよ・・・たしかに原油の値段も上がらないし・・・可能性は高いかも。

余命三年時事日記が言った、2015年は極限値 2016年は清算の年 まさにその通りになっている。 すごい大変化の2016年もあと4日を残すのみ・・・

|

« 国旗 | トップページ | 裏と表の逆転だった2016年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/64684223

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もあと4日:

« 国旗 | トップページ | 裏と表の逆転だった2016年 »