« 激動 | トップページ | その後 »

2016年6月24日 (金)

やっちまった

なんとなんと、やっちまったではないか!!!

【英国民投票】離脱派が勝利へ=BBC開票速報

 http://www.bbc.com/japanese/36614513

びっくりだよ。 票を操作したりしてぎりぎり残留派が勝つと予想してたんだけどね。これって英国人が移民や外国人に対する怒りが物凄く高いってことだよ。これからかなりヤバイよ。英国での外国人への締め付け、排斥が始まるだろうね。英国で暮らしている日本人もできるだけ速やかに帰国したほうがいいんだけどなぁ・・・でも基本的に日本人は呑気だから、被害に遭うまで気がつかないんだろうなぁ・・・金曜日だから、月曜日からの為替や株価の動きは注目だね。既に円は対ドルで99円まで行ったし、日経平均も大幅に下がったからね。上海総合には注目だよ。吹っ飛ぶのではないかな。中国にたくさん投資しているドイツ銀行は急速に引き上げるのではないか。

はい、 中国共産党は終わりです。 それに欧州もばらばらになっていくでしょう。グローバリズムが終わりました。 世界中でナショナリズムに変わっていくよ。 

これからどうなっていくか?ちょっと妄想してみる。 この英国の影響はフランスへ飛び火する。フランスでもEU離脱派の勢いが増すだろう。 そうしてその影響が、封印されてきたドイツ人のナショナリズムに火をつける。EUって大国には実はあまりメリットがなくて小国のほうがメリットが大きいんだけど、大国が小国を束ねる為のものだから。でもその大国の国民がNOを示したら崩壊するのはあたりまえ。 ポーランド人とか東欧人はこれから大変になるだろうね。貧乏な自分の国に戻らなくてはいけなくなるのだから。でも、はいそうですか。なんて素直に戻るやつなんていないだろう。だから英国、フランス、ドイツ国内の治安は物凄く悪化するだろう。それがナショナリズムの意識を大いに拡大させていくことになるだろう。さすがに欧州では戦争にはならないだろう。二回の世界大戦で懲りてるから。それにせっかく作り上げたインフラを破壊してしまうのと、戦争で得られるメリットを天秤にかけたら、現代では自国で戦争は出来ないからね。でも移民や外国人の大量虐殺はありえるだろうね。ただし、旧植民地に戻らされた者達が武装蜂起する可能性もあるからその鎮圧で各国が軍隊を派遣する可能性はあるね。国民のガス抜きにもなるし、自国じゃないから安心して破壊できるし。それにその国は元々貧乏だから大したインフラも無いし。まあ、また昔のように管理してもいいだろうし。移民や外国人を排斥してクリーンになって国内が安定するまでナショナリズムは続くだろうね。何年かかるんだろうね。

9533d383

アジアではいままでの歴史の通り、中国が瓦解する。前にも書いたけど、あの地域は、それをただ、ずっと繰り返しているだけだから。今回の英国のEU離脱で瓦解するのが早まったね。オリンピックの法則 「全体主義の国がオリンピックを開催すると、9年以内に崩壊する」 北京オリンピックは2008年だから2017年 来年ですな。

144867158480024325177_2015112807233

人民解放軍の7軍区がそれぞれ独立宣言をするだろう。一番早いのは瀋陽軍区だろうね。次は南京軍区だろう。なんたって上海閥、江沢民の地域だからね。済南軍区は天津を失ったからねぇ・・・ここが北京と南京との戦場になるかもしれない。北京は瀋陽軍区には手出しできないだろう。北朝鮮の核ミサイルがあるからね。 この地域がまたひとつにまとまって安定するまでは相当な時間がかかるだろう。 欧州が安定したころには安定するかもしれないね。でもその時は漢族は奴隷に逆戻りしているだろう。 

あと危ないのは豪州かもね。元々は英国の流刑地で、それで原住民のアボリジニを殺して占領した歴史だから。米国と似ているね。元々は英国人の犯罪者だから。残虐なんだよ。以前、白豪主義ってのやってて、それで有色人種を迫害していたんだよね。また戻るかもしれないね。そうなるとかなりの中国人移民を虐殺するかもしれないね。 なんたって世の中、世界中が虐殺する方向を向いているんだから。 そうなるとカナダにも飛び火するのは間違いない。 

米国はこのまま行くと、白人よりも有色人種が多くなり、彼らは民主党を応援するので、共和党の大統領は出てこなくなってしまう。今回、共和党の大統領がうまれる最後のチャンスと言われていたのに、それがトランプ氏が最終候補に選ばれたので、米国民のエリート層WASPは頭を抱えているのではないか? でもどこかでリセットするのではないだろうか。WASPは虎視眈々とチャンスを待っているはずだから、世界中がナショナリズムの嵐になったらそれに乗じてやるだろうね。あれだけインディアンを殺してきたんだから。

ロシアと中国は国境が長い。それで不法にロシアの土地を占有して商売をやってるのがたくさんいるらしい。まあ、ロシア人なので、増えてきたら、中国人の倉庫とか店とかを焼却処分しているらしい。謎の放火らしい(笑) 今でもそんな対応なのに、ナショナリズムの嵐の下では戦車で殲滅行動に出るのではないか。なんたってロシア人だからね。中国は内戦状態だから難民が押し寄せてくるだろうから、まあそういう対応になるだろうね。 

中東は戦場になるかもしれないね。その可能性は大きいよ。石油を高値で売りたいロシアにしたら中東の国々なんてぶっ飛ばしたいだろうしね。米国がシェールガスが出たから中東への興味を無くしてしまったからね。 ロシアにしたら南下は昔からの悲願でもあるしね。サウジアラビアとイランは敵対してるし、イスラエルもイランと敵対してるから、サウジとイスラエルが手を組む可能性が高い。地域的にイラクが戦場になるだろう。そこを捕ったほうが勝者になるからね。

Map_2

イスラエルとしてはそこに滑走路があればイランを空爆できるから。それも核開発施設をね。世界中の兵器輸出国はホクホクだよ。長引かせてしこたま儲けるだろうね。

まあ、ちょっと妄想してみました。 それにしても英国のEU離脱は大ニュースだったよ。 英国やっちまったね。

|

« 激動 | トップページ | その後 »

コメント

我が国は、してはいけない決断をした。
しかし、遅かれ早かれならば、我々は正しい判断をしたと言える。
ただ、もう先がわからない。舵取りができないない。
辞めます。

投稿: キャメロンより | 2016年6月25日 (土) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/63823410

この記事へのトラックバック一覧です: やっちまった:

« 激動 | トップページ | その後 »