« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月25日 (土)

驚異の2000ミリ83倍ズーム

この頃事件が多くて時事ネタばかりだったが、久しぶりにほっこりカメラネタ。

巷で話題となっている入手困難なカメラ NIKON COOLPIX P900

http://www.nikon-image.com/products/compact/lineup/p900/

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1503/23/news085.html

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000749556/

今発注しても、価格ドットコムの掲示板によると、連休明けになるらしい。試しに毎度おなじみ、中野のフジヤカメラのHPを覗いたら在庫があるみたいなので早速行って見たのだが、在庫無し。なんだよーフジヤカメラ!HPにちゃんと掲載してほしいものである。価格ドットコムの掲示板は本当だった。ニコンとつながりが深いフジヤカメラでさへ在庫が無いなんてびっくりである。もしかしたら新宿のヨドバシカメラだったら取り扱い量も半端ないだろうから1台くらいあるかも?とダメもとで行って見たら、展示に在庫切れの表示無し。店員さんに訊いてみたら、なんとキャンセルで1台だけ在庫あり!早速入手す。皆さん、ネット注文でもいつ入手できるかわからないーなんて大騒ぎなのになんと店頭でゲット!運が良い。新宿でカメラなどをゲットできたらば、お決まりの宝来屋で祝杯である。好物のシロとテッポウ。それにホッピー白。

07

あくる日、早速セットアップ及びテスト撮影。

01

2000ミリ83倍ズームなのでかなりでかい。それに重い。一眼レフレベルだ。

02

まずは24ミリ広角側 お決まりの渋谷郵便局。

03


次、2000ミリ側驚異の83倍。

04


すげー!以前持っていたピーピングカメラ、もとい、フジフィルムの750ミリと比べ画質は良いし、驚愕の望遠!

2000ミリは光学での望遠で、その上にデジタル望遠で8000ミリまでいけてしまう。さすがに画質は粗くなるが、凄まじい望遠だ。ここまでになると何を写しているのかも判らなくなる。月を画面半分まで撮影できるのだから凄い。

05

なんでこんなカメラを手に入れたかというと、両親の住処のベランダから富士山が見えるとのことで、撮影するために毎回重いカメラを持っていくのだが、天気が悪かったり、黄砂の影響なんかで、ぜんぜん見えなかったりで、歩留まりが悪い。なのでこのカメラを置いておけば重いカメラをわざわざ持っていかなくても済むからだ。両親を教育して写真を撮ることができるようにしたらなお良い。

で、その写真をテレビで鑑賞できるよう、両親の住処におもいでばこを設置した。これは実に便利。SDカードもしくはUSBを差し込んでボタンを押すだけで写真がインストールされる。大画面テレビならば高画素の写真データならば鮮明である。

http://omoidebako.jp/

i-phoneで撮った写真ならばwifi環境であればi-phone側からリモート操作でwifiで写真データがインストールされる。それに撮影場所情報まで表示される。実に便利でおもしろいものである。動画ももちろんokだ。

06

今回導入した NIKON COOLPIX P900 もwifiとGPS機能があるので、おもいでばこならば位置情報が表示されるはずである。i-phoneでカメラのリモート撮影は出来るのだがi-padではアプリが無いのは不便だねぇ。リアルタイムで画面を見て操作するのはi-padのほうが見やすいと思うのだが。GPSが渋谷の事務所では認識してくれない。事務所にはGPSの電波が届きずらいのか?i-phoneはちゃんと機能しているのだが・・・もうすこそテストは必要か。

久しぶりのほっこりカメラネタでした。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

またガイガーカウンターが必要になった

ほっこりしたカメラネタをアップしようと思ってたのに、とんでもないニュースが舞い込んできた。池袋の公園でとんでもない放射線数値が出たとのことだ。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000091-san-soci

池袋の公園、480マイクロシーベルト 地中に物質?立ち入り禁止

産経新聞 424()755分配信

池袋本町公園(写真:産経新聞) 

 東京都豊島区は23日、区立池袋本町電車の見える公園(同区池袋本町)の地表から、国の除染の基準値(毎時0・23マイクロシーベルト)を大きく上回る同480マイクロシーベルトの放射線量が測定されたと発表した。区は、何らかの物質が地中に埋められているとみて、公園を立ち入り禁止とした。

 区によると、22日に園内の滑り台などが付いた複合遊具1台から、同0・06~2・53マイクロシーベルトの放射線量を検出。区は原子力規制委員会の助言を受け、23日に改めて遊具周辺を測定したところ、遊具付近の地表の一部から、同480マイクロシーベルトの放射線量が検出された。

 高い放射線量が測定されたのはこの1カ所のみで、遊具周辺は22日からフェンスで囲み、立ち入りをできなくしていた。

 区は専門業者に依頼し、対象物の特定や除去を行う。また、池袋保健所に窓口を設けて、公園利用者らからの健康相談を受け付けるとしている。

以上、貼り付け終わり。

それにしてもとんでもない数値である。空港の手荷物検査器のレントゲンくらいの数値だ。これは完全にテロ行為だね。こんな高い数値を出す放射性物質を置いてある施設や場所、それに扱う人物も限られるから、そう遠くない時期には犯人は捕まるとは思うのだが、今回の放射能テロは原発事故よりも恐ろしいことである。原発事故はいくら放射能が漏れたといっても拡散されているから数値は低い。しかし今回のテロは数値があまりにも大きすぎる。テロだからいつどこにまた放射性物質が撒かれるかわからないから恐ろしい。ガイガーカウンターを常時携帯していないと未然に防げないのである。

原発事故から四年も経って、セシウムも殆ど減衰して、ガイガーカウンターなどまったく使わなくなったのに、また使うことになるとは・・・電池を入れ替えて・・・もう3年も触ってなかったから使い方なんて忘れてしまったよ・・・

08

やれやれ、困ったものだ。終戦記念日の8月15日まではいろいろ物騒なことがありあそうだ。気をつけなくてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

展開が早くて

最近、時事ネタばかりだったので、ほっこりとした人畜無害のカメラネタか、「最近読んだ本」シリーズでもアップしようかと思ってたのに、それを許さない事象、事件のオンパレードだ。

今日の大ニュース、こともあろうか、なんと首相官邸に放射性セシウムとを積んだドローンが不時着?したと。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000039-jij-soci

本日午前10時40分 我が国は戦時になったということだ。時の指導者を狙うなど、クーデターかテロ、戦争行為である。それにしてもこの犯人は愚かである。ドローンなど電波の届く範囲がそれほどでもないから自動車で運んで、近くから操縦してるのは間違いないから監視カメラなどで簡単に足が付くだろう。

たぶん、安部さんの反応は「おっ!きたか!!」だろう。大転換点の7月9日まで2ヶ月ちょっとであるが、在日武装勢力や反日勢力の表立った動きが無かった。沖縄で騒いでいるくらいだ。首相官邸は機動隊が厳重に警備してはいるが、動きが無いので自衛隊を出すような状況はなかなかできなかったのである。しかし、今回、アホではあるが空からの攻撃である。機動隊では対処できないから、これを防御するには自衛隊が出動するしかない。自衛隊出動の大義名分ができましたな。安部さんと自衛隊は喜んでいるだろう。

余命さんの記事ではテレビ局制圧に30分とか書いてたが、これで首相官邸に自衛隊が陣取れば、テレビ○日とT○Sなんて目と鼻の先だからね。自衛隊大笑いだろう。愚かな反日のヤツラである。テレビ局の制圧が30分なんて妄想だって、余命さんに噛み付いている輩が多いみたいだけど、実はそれは簡単でねぇ。友人達は管理人の今までのお仕事をよく存じてるだろうから、管理人の「それは簡単でねぇ」っていうのはある程度理解はできるのでは。さすがにその方法は記述できないけれどね。

まあ、今回のドローン事件でフラグが立ちましたな。パチンコでいうリーチ目が入ったということだ。パチスロであればいつでも目押しOKということだ。後はフィーバーさせるだけだ。

7月過ぎまで」は反日勢力は地下に潜ってなかなか出てこないだろうと。それで7月9日以降に人権を振りかざして霞ヶ関周辺を取り囲むのではと思ったが、なんのなんの、動きが早い。ドローン事件は反日勢力の自爆である。ヤツラの頭が悪くて助かるね。

最近、神社やお寺に油が撒かれた事件が勃発してる。犯人はどこぞの国のヤツか一目瞭然である。日本人は「罰が当る」と本気で考えるので絶対にやらない。なので犯人は特定できる。国内にいる、どこぞの国のヤツかあるいは旅行者を装ったヤツかだ。いずれにしろマイノリティだから特定は時間の問題だ。このお返しは物凄いよ。李明博の天皇陛下侮辱発言で日本人総怒り、それに神社お寺である。物凄い怒りだろう。先の朝鮮戦争では200万人と言われる難民を涙を呑んで受け入れていまに至るが、次の朝鮮戦争では全てを殲滅で、絶対に日本に上陸は許さないであろう。お返しは殲滅である。

それにしても潮目が変わったと思えるのが東日本大震災からではないかと考える。3:11以前と以降では景色が違う。出版される本の内容がまったく変わった。以前は中韓の批判などもってのほかとか、かなり抑制されていたが、以降はタブーがなくなったように感じられる。大変多くの方々が亡くなられ、それにいまでも昔の生活を取り戻せていない方々が多くて、こんなことを言ったら失敬なのは重々承知ではあるが、あれは八百の神々の怒りなのでは?と。朝鮮傀儡民主党に占拠され、韓国に乗っ取りされる寸前の始末。日本の神々が気が付けよ!日本人!と怒りを示されたのかと。あの震災で亡くなられた方々には心よりご冥福をお祈りしておりますが、ご無礼を承知で書かせていただきました。つい最近、与那国島近くで大きな地震があったが、あれも神々の怒りかと。なんせ不可思議でしょう。タイミング的にも。今の沖縄県知事が沖縄をシナに売り飛ばすような行動だ。それを神々が怒っているようで。

なんかこの頃、いろいろな動きが加速してきている。あまりに展開が早すぎ、それに結果に向けて一直線で驚いている。

要塞(事務所)の水とコーヒー、アルコール、それに食料の備蓄を今回増やした。あと2ヶ月ちょっと。とにかく備えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

知らないってことは恐ろしい

知らないって恐ろしいなーとつくづく思う。みずきの女子知韓宣言というブログでhttp://oboega-01.blog.jp/  で多分、元外交官だろう バンダービルト氏のコラムに対する韓国人の反応が凄い。このチョ・ガブジェのバンダービルト氏は、日経BPの鈴置高史さんのコラム 早読み 深読み 朝鮮半島 にも時々登場する実にまともな人である。バンダービルト氏への誹謗中傷は凄まじい。興味があったならば、みずきさんのブログを覗いてみてください。韓国人ってこりゃあダメだとすぐに理解できる。いくら政府が反日政策だったとしても歴史を調べればおかしいと判るはずであるが、韓国人は漢字を止めてしまったから70年前の自国の書類も読むことが出来ない。実は同じ反日の中華人民共和国も同じ。文字を簡体文字にしてしまったもんだから昔の繁体文字が読めないんだな。だから外国語を習得していないと歴史も理解できないんだな。台湾は繁体文字のままだから昔の歴史を自国の文字で理解できる。この違いで、台湾は親日、中韓は反日ということだ。

それにしてもバンダービルト氏に対する韓国人のコメントは辛辣だ。それに現状の理解がまるっきり無い。既に韓国は経済はもちろんのこと、政治や軍事まで中国に取り込まれている。100年前の属国状態の寸前である。それがまったく判っていないみたいである。日本には相変わらず難癖をつけてきているが、既に勝負は付いている。日韓通貨スワップ終了で、既に韓国は詰んでいる。バンダービルト氏が、韓国が中国に近寄っていくことに、「韓国は無限大のマイナスに陥る」と警告したが、既にそのとおりになってしまったようだ。だが未だにそれに気が付いていないのが韓国人である。知らないということは恐ろしい。もう後戻りも無理。アイゴー、アイゴー(哀号)と泣き叫んでも無理だけど。

余命三年時事日記 http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/ をガセ、妄想と、噛み付いている、在日や帰化元韓国人であるが、なんでカネにもならないブログをわざわざ批判を受けてまでやっているのか?ましてや読者1000万人3000万PVなんて、途方も無い読者に向けてだ。管理人なんて、読者の少ない事務所のブログでさへ、LEDは実は効率は良くなくて省エネではないと、本当のことを書いただけで批判が来る。技術を伝承しようと事務所ブログにアップしようと考えたが、断念した。善意でやっているつもりが批判されるのは実に不愉快で、徒労である。もう嫌になって事務所のブログは新年と年末だけの更新しかしなくなってしまった。このブログは匿名で、かつ、目立たないように表題に気を使ってあり、友人達向けのブログだから批判も殆ど無いから気軽にアップできる。それだけブログって特にもならないのにリスキーなのである。よほど目的が無いと、面倒でやってられない。実はブログ著者にとって誹謗中傷はかなり堪えるものなのだ。 ましてや真実を書いてると自負している著者には堪らないだろう。初代の余命著者がそれで倒れてしまったのだよ。二代目が引きづいてくれて我々は貴重な情報を提供してもらえている(この頃は三代目?最新の記事の書き方が変わりました?ちょっと心配・・・)日本人の覚醒が最大の目的だとしても、余命さんの功績は素晴しい。国民栄誉賞に十分値すると思う。

知らないっていうか理解できてない在日や帰化元韓国人って、7月8日までは幸せだね。7月9日からは地獄だろうけどね。アイゴーと叫んでももう無理よ。

知らないって恐ろしい。2015年 7月から始まる事象で、みんなそれがよく理解できるようになると思うんだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

2015年対策

いやー驚いたねー本日の余命三年時事日記の記事。http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/

日本再生大作戦 Xday 7.9

外国人登録法の顛末を詳細に書いてます。

一部抜粋 是非ともアクセスして全文お読みください。

戦後70年も押さえ込まれてきた日本国民の大反攻です。
第一次安倍内閣からの反攻作戦は紆余曲折があったものの、対反日、在日作戦は軸となる外国人登録法改正をもって大きく進展しました。構想から麻生内閣を経て野田内閣の時に施行、現状7月8日周知みなし期間終了待ちです。
 この作戦は構想段階から麻生元総理との連携で、法施行周知期間を3年もとったのは見事としか言いようがありません。当時は自民党が末期症状で民主党政権成立が確実な情勢でした。法の狙いとインパクトを弱めるだけでなく、次の政権奪還時のことを考えた対応で、さすがに長年政権政党であった知恵のなす技でした。
 野田政権時、2012年7月9日になんと言うこともなく施行されたのを不思議がる方がいますが、これは余名が何度も記述しておりますように、通名廃止、金融口座の一本化と住民登録は韓国の意向だったのです。朝鮮傀儡民主党はそれにしたがっただけです。
 在日に選挙活動のすべてをおんぶにだっこされていながらの民主党の裏切り行為にはコメント不能です。
 2009年成立から準備期間として3年、2012年施行から周知みなし期間として3年と、都合6年もかけている法律なんてどこにもありません。そこには大きな狙いがありました。
安倍さんは法施行後、在日(韓国および北朝鮮)が個々の期間内に速やかに改正法に基づく手続きはしないだろうと読んでいたようです。つまり、在日特権にどっぷりつかっていることと、脱税、生活保護不正受給がばれる住民登録、カード書き換えはぎりぎりまでしないか、あるいはできないだろうとみていたようですね。
 テロ法や、機密保護法、安保関連に力を集中、引きつけておいて、7月8日には目を向けさせませんでした。通名対策を放置していたのもそのためです。
 あと2ヶ月ほどに迫った絶対期限内に手続きをしない、できないというのは確実に犯罪事案がらみです。現状ではすでに更新時期を過ぎて不法残留状態で期限切れ待ちのような在日が大量に発生している恐れがあります。
 7月8日はそれに黒白の線を引く日です。9日からは特別なケースを除いて、登録証未更新は失効かつ不法残留犯罪者となります。

中略

.....まずあぶり出そうというのが安倍さんの作戦です。慰安婦、竹島、教科書、国旗、国歌等、みなあぶり出し作戦の一環です。沖縄では基地前の2名逮捕以降、社民、共産、過激派までがあぶり出され、ついには知事の姻戚が中国共産党なんてことまで露見しています。
 私たち一般国民が戦後70年、一度として反日勢力と直接対峙する場はありませんでした。在日暴力団やなりすまし右翼に対抗する手段をもっていませんでした。それが今、匿名通報という武器を持って反撃が可能となっているのです。この通報作戦は安倍さんへの応援歌にとどまらず、直接的な力になります。「みなさん!いよいよ出番ですよ!」
 
 7月8日までの対応について皆さんにお願いです。一つは我慢です。安倍さんのシナリオ通り、通報は7月9日以降にしましょう。
 また、二つ目は人事や経理で同僚が在日で監視状態という話を聞きます。無理をすることはありません。自宅パソコンで匿名でも不安があるなら、匿名サイトに通名A、本名B、勤務先住所その他をアップしておけばいいのです。閲覧者が適当に判断して入管に通報します。
 これからはネット上にさりげなく情報がアップされます。と同時に、在日は都合の悪い情報は必死になって削除します。必要と思われる情報は保存しておきましょう。今話題の吉本芸人は過去データーをすべて削除したそうですよ。
 昨日届いた通報ランキングベスト5を見ると、ダントツがMK、続いて在日暴力団御三家そして肉薄しているのが吉本興業です。

以上、貼り付け終わり 

「皆さん出番ですよ」 だって(笑) それに「7月9日までは我慢」(笑)

それにしても戦後70年の大掃除 皆さん 歴史の目撃者になれますよ!

世間が狭い管理人の周りにはたぶん在日と思われる勢力がいないので、通報する必要は無いけれど、2015年対策は地味にやってきていた。

1、両親に北海道の実家を手放させ、姉の近くに移転させた。

これはね、老人が地方に一軒家で住んでたら狙われるだろうし、両親が天国に往く前に身辺整理をさせたかったってのもあるし。おかんはぶーぶー今でも文句言ってるけど(笑)何があっても大丈夫なように携帯電話を持たせてあるが、最近自分でも買ったようで2回線となっているが、1回線は別なキャリアを持たせようかと思案中。

2、管理人の住処を事務所から歩いて1~2分の場所に移転した。

昨日の4月12日、山手線がストップして大変だったねー。東京大パニック。2015年の夏から秋にかけてなにか起こるかもしれない。なので交通機関を利用しなくても業務が滞りなくできる体制にしたわけだ。テロで交通が全てストップしても小バイクもあるし、チャリンコもあるのでなんとかなるのだ。まあ、事務所を要塞化しているので、別段そこにいればいいだけで。事務所は3階建だから電気が仮に止まっても水道は大丈夫なのだ。

3、電話回線(連絡手段)と水(生命維持)の確保

例の3:11震災のとき、新幹線で閉じ込められたけど、そのときに役に立ったのがwifiのipadである。それで友人「s」と連絡が取れた。ドコモは当たり前だけどソフトバンクのi-phoneにi-pad二台も電話回線付きだった。最近整理してi-pad3台の内1台だけ電話回線付きにした。あまりありすぎても使わないので邪魔なだけ。水はペットボトルを常時確保している。常時72リットルの飲料水。コーヒーを含めれば100リットルである。これで何があっても管理人の少ない交友関係の生命維持は大丈夫との算段だ。7月に向けて、もっと拡大しようかと思案中だ。ワインなどアルコールの常備も十分だが、乾物など、食料品はもっと備蓄しようかなと思案中。でもあまり備蓄しても来年になれば必要性も薄れるので、思案が必要だ。煙草は常にカートン買いをしている。一週間保てば東京の物流はなんとかなる。だから個人の生活だけならば一週間分の備蓄があれば大丈夫なのだ。

4、バッテリーの確保

i-phoneやi-pad、それに携帯なんてバッテリーが切れたらただのゴミである。だから電池や充電用電池、それにi-pad用のバッテリーは重複しても備蓄してある。とにかくUSBタイプの充電池を複数用意していれば大丈夫だ。3:11のときドコモの充電器はホテルで借りれたがソフトバンクは無理だった。なのでそれ用の充電、もしくはバッテリーは持っていないとダメなのだ。デジカメも基本はバッテリーは複数台としている。管理人、デジカメいっぱい持ってるからバッテリーの量も凄いのよねぇ・・・・・充電器もいっぱいあるからテプラで何用と明記しないとなにがなんだかかわからなくなるんだよねぇ・・・・・

5、できるだけコンパクトに

自分の手で持てないものは買わない。それに無くなっても別に困らないようなものしか買わない。管理人の持ち物で一番重いのは小バイクだ。それは非常用の移動手段だから持てなくてもかまわない。デジカメはたくさんもってるけど、無くなってもそれは仕方が無いし、まあ趣味で買ってるだけだし。

まあ、1~5の2015年対策を地味にちまちま実行していたのですなぁ。1の対策が一番大きい対策である。それ以外は小さなものだ。

2015年、今後のスケジュールというか、動向ね。

脛に傷持つ7月8日まで在留カード更新をしなかった(出来なかった)輩が霞ヶ関周辺に集まって大騒ぎするだろう。数で勝負だといわんばかりに。そのときにけっこう荒れるかもしれないね。まあ、一ヶ月は大騒ぎだろうけど、霞ヶ関周辺だから備蓄が一週間あれば大丈夫だろう。その次は10月のマイナンバー制度ね。これでかなりの不正は粛清だね。ここも一ヶ月くらいは荒れるか。だから一週間の備蓄対応。これで十分だ。

2015年 歴史の転換点ですよー 十分に準備しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

カードはちょっと控えないと

今日、友人からクレジットカードのピッキング?被害に遭ったとの連絡が来た。知り合いも遭ったそうな。管理人の少ない交友関係で2名とは大きな数字だ。2015年7月という極限値を迎えて、何かが大きく動いているようだ。2015年はクレジットカードの利用は出来るだけ控えるようにしたほうが得策かもしれない。

さて、この頃、余命三年時事日記 http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/ の記事アップが続いている。内容がかなり収斂されてとにかく具体的になっている。それで、ちょっと引っかかることが。

閑話休題 Q&A① より

さてラストの「民兵?組織」ですが、これにつながる案件で「NHK記事訂正」にふれておきます。今年に入ってから数度訂正の申し入れがありました。余命は妄想宣言をしていることもあって放置していたのですが、なんと直接お見えになりまして以下のやりとりがありました。
「先代からの引き継ぎの問題がありますので、真偽についてはブログ全体を妄想宣言ということで対応しております。またこの件に関して真偽についての論評は一切しておりません。また巷間流布している記事の訂正ということになりますと....」
「いや、妄想はそれで結構なのです。ただこの関係記事はここだけですので、とりあえず間違いは直していただけないかということで、この欠落した8字で文意が大きく変わりますので....」
「わかりました。ところで訂正はこの箇所だけでしょうか?ほかの部分は正しいということでいいのでしょうか」
「記述されている部分については結構です。それ以外については申し訳ありませんが....」
 この件、どういう方なのか一切確認しておりません。

以上、一部抜粋して貼り付け 

余命さんは訂正を要請してきた理由と何者かを明らかにしていない。これは現時点では明らかに出来ないということだろう。

が、昨日の記事では

エイプリルフール放談会② より

B.....
数日前、日本テレビが番組のスタッフ在日や、その他在日契約社員の切捨てを始めたなんて話が出ていたけど、そういう関係なのかね。確かに中途半端な在日社員一人で全体が不法残留捜査の対象となったんじゃ目も当てられないな。しかし、これが可能なら、朝日や毎日、フジテレビ、まず、ほとんどが捜査対象となる。すごいよね。

以上、一部抜粋

さらっとした記述ですが、もの凄い内容です。一見、先に紹介した記事の部分と昨日の記事は関連が無いように見えるが大有りだったりして。

これは管理人の勝手な思い込みと妄想だけど、余命三年時事日記は今では閲覧者1000万人。3000万pvという途方も無い読者を有するブログである。その影響力は情報弱者は別として、ネット住民にはかなり大きい。ましてや情報で食ってるマスメディア関係者の読者はけっこうな数と思われる。それで日本テレビの記事のように、組織自ら対応し、日本の手を汚さずに浄化を始めて欲しい。NHKを除くとすると、NHK自体で浄化を期待できなくなるから、「NHKの放送設備は除く」と、わざわざ余命さんに訂正のお願いに来たのではなかろうか?反日発言とかで、なにかと問題を指摘されてきた、ニュースウォッチ9の大越キャスターが3月で降板したけど、最後のほうは悲惨な顔してたのが印象に残っていて、それで、こんな思い込みをしたわけである。

まあ、完全に結果が出る来年には余命さんもこのボカシとカットを無くして記述してくれるだろうから、それまでは答えを待っていよう。

大転換点の2015年7月9日まであと3ヶ月。マスコミはこの大きな節目をまったく報道しないのは恐ろしくさへ感じる。7月9日以降、一気に不法滞在者が十万人単位で発生するというのにである。不法滞在者が社員であった場合は入管の捜査を受けるだけでなく、企業イメージの大きなダウンとなることは必死なので、あと三ヶ月、企業はもう待ったなしで対応するしかないのである。総務課がこの時期、なんか不可思議に忙しくしていたら、それはその企業の社員に問題があるかもしれないということだ。

来月半ば頃から7月末まではいろいろな事象が現れてくるかもしれない。その期間は特に気をつけてカードは使わないで、できるだけ現金決済が良いだろう。今年いっぱいは気をつけないといけないかも。

2015年は極限値 気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

4月1日、エイプリールフールの妄想

今日はエイプリールフールなので妄想してみることにしました。

余命さんが云うように「2015年は極限値」時代の節目であります。特に7月8日という極限日まで100日を切りました。2015年は出来るだけ何もしないほうが良い。結婚とか入籍も来年にしたほうが良い。会社設立とか新規事業とかも何もしないほうが良い。時代が変わる、2016年以降まで繰り延べするべきである。もしどうしても社員を雇い入れるならば戸籍謄本を必ず提示させることが必須である。7月9日以降、在留カード未更新の在日を雇っていた場合は、確実にその企業は捜査対象になるからだ。一人でもいたら全社員の口座まで調査対象になってしまう。7月9日以降は通名口座は凍結されるから、銀行の窓口では大騒ぎの在日が大量発生するだろう。タクシーは減るだろうね。だって運転手がいなくなるから。

先日、友人「大魔人」の会社のすぐ、まん前にあるやきとん屋が店を閉めたとのこと(残念)だが、客は入っていたのに何故閉めなくてはならなかったか?これは働く人がいないから。今後、安価な居酒屋はばたばた潰れていくだろう。ワタミなんかもダメでしょうな。残るのは家族だけでやっている小さな居酒屋とか、人手のかからない小規模、あるいはある程度、従業員の給与を確保できる体制の居酒屋でなければ生き残れないだろう。牛丼屋は縮小ですな。だって今でも過剰だから。中国人だって牛丼屋では働きたくないと云っているくらいだから人を確保できないから縮小せざるを得ない。コンビニも過剰なので縮小。フランチャイズビジネスはもうダメなのである。

以下、近未来妄想ストーリー

中国大陸は三峡ダム崩壊により上海全滅。電力の10%を失い、工場が全面ストップで世界の工場と云われた生産力を完全に失う。職を失う労働者で溢れ、各地では暴動となり、それが巨大化し、治安維持が不可能となる。人民解放軍を投入するも、天安門事件の100倍規模となり制圧は不可能。また、ウイグル地区にはイスラムより武器が流れ、人民解放軍との全面対決、内戦となり、それがチベット、内モンゴル地区に飛び火し、大規模な内戦に拡大する。欧州、米国、日本の銀行、企業の急激な資本回収が始まり、シャドーバンキングは完全崩壊。人民が銀行窓口に殺到し、取り付け騒ぎが全国に拡大。資金繰りの困った人民銀行や国営企業は世界へ投資や資本逃避しているドルやユーロ、円を引き上げしようとするも、米国債暴落を恐れる米国が中国のドル資産引き上げを制限すると発表。大量の資金を投資していた欧州の銀行が軒並み潰れ、耐えられなくなった、ポルトガル、スペイン、イタリアがデフォルトを宣言。ギリシャのように自国通貨を発行するようになり、事実上のユーロ崩壊となる。日本では、中国人による土地やマンションの投売りが始まり、全国的に土地、建物の価格が落ちる。内戦勃発により、日本政府は中国人の入国を拒否し、街中から中国人が殆どいなくなり、それらに頼っていた企業は淘汰される。中国はキャピタルフライトと工場の崩壊により経済が完全崩壊し、各人民解放軍は維持が困難となり、中央政府に独立を宣言。しかし中央政府はこれを拒絶。特に大規模な瀋陽軍区には核攻撃を辞さない態度で臨むが、逆に北朝鮮の核ミサイルを北京に撃ち込むと恫喝し、一方的に国境を引き、満州国設立を宣言。それに倣い、各軍区も独立国宣言をする。北朝鮮の核ミサイル発射を阻止するために金正恩暗殺を企てるも失敗。2017年には中華人民共和国は体制崩壊となる。

韓国では、2015年6月30日までとされていた在外韓国人の住民登録を7月1日より任意から強制へと変更。7月9日の日本から韓国へ提出される在留カード更新、未更新、住基カード名簿、住所により7月30日までに在日村へ住民登録。8月1日、パククネ大統領は、在外韓国人の2015年末までの帰還命令を発令。数十万の在日朝鮮人、数十兆円の資産が年末までに日本から消えた。テレビでは番組終了が相次ぎ、出演者不足により2015年の年末の紅白歌合戦が中止となる。2015年秋、日韓政府高官の極秘会議があり、日本帰化元韓国人の韓国戸籍離脱証明書の調査リストを交換。2016年春、帰化元韓国人へ戸籍離脱不備による違反、及び韓国本国への住民登録、兵役義務の案内の書留が届く。日本の法務省からは、帰化申請の無効通知、パスポートの返却の案内の書留が届く。2016年夏、数十万の元帰化人、数十兆円の資産がまた日本から消える。毎日新聞、北海道新聞、神奈川新聞、沖縄タイムス、琉球新聞は人材不足と収益難により解散、廃刊となり、中日新聞は東京新聞の廃刊を発表。朝日新聞は収益、購読者不足により廃刊となる。テレビ局各社は人材不足と収益悪化による縮小を発表。テレビ番組欄から深夜番組が消える。テレビの画面から著名なタレントが続々と消え、バラエティーやドラマは殆ど無くなり、再放送が多数を占めるようになる。タレント事務所の縮小閉鎖が相次ぐ。

2016年、中国の内戦化に伴い、GDPの26%を依存する韓国経済が破綻。サムスン電子と現代自動車が会社更生法の適用を発表。日本ではサムスン電子の筆頭株主のみずほ銀行が破綻を発表。韓国政府、平昌オリンピックの開催放棄を発表。戦後初のオリンピック中止となる。2016年末、韓国政府、デフォルトを発表。IMFは救済には十分な調査が必要と慎重姿勢。2018年春、北朝鮮軍がソウルへ侵攻。満州国は中立宣言を発表。米国、ロシア、ベトナム、台湾、シンガポール、タイ、日本は防止中立宣言を発表。その後、韓国軍の戦意消失、北朝鮮軍の兵器欠乏によりこう着状態になり、2019年、満州国、米国、ロシアの仲介によって、終戦協定が結ばれ、国境は38度線のまま、北朝鮮、韓国ともに満州国の保護国となる。

なーんてね。管理人の妄想でした。ただし願望はひとつも入ってなくて、余命三年時事日記や書籍、ニュースなどを丹念に読んでの妄想です。三峡ダム崩壊はスーパーハードな中国崩壊ですが、それが無くても酷い環境破壊とデフレ、土地バブル崩壊でどの道、崩壊は避けられないでしょう。韓国は同転んでもデフォルト間違いなしなので、遅かれ早かれ、結果は同じだろうね。でも妄想ですよ。エイプリールフールだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »