« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月28日 (水)

命の価値は場所によって違うのか?

連日、イスラム国に拉致された日本人のことで大騒ぎである。2億ドルの身代金だとか、日本政府は全力をもって解決しなきゃとか、反日勢力はこれ幸いにと安部首相を攻撃する始末(共産党や左翼のバカだ!)

この大騒ぎの影で、女子大生が77歳の女性を殺したとか、もっと多くの人が殺されたりしている。その殺された人達に共産党や社民党などのバカ左翼は一言も無い。

自分の生業のために危険地帯へ行って拉致されて殺された人と、そうじゃなく交通事故や犯罪などで死んだ人は、命の価値が違うのか?左翼が人道とか言うけれど、それはまったくの嘘なのが明白だ。もし仮に人の命に価値があるのなら、イスラム国で拉致された人と交通事故や犯罪で落とした命は同格でなければ辻褄が合わない。共産党や社民党、左翼などが今回のイスラム国での拉致に大騒ぎするのは、命の価値とか人道ではまったく無い。単に判りやすいニュースだからだ。安部政権や日本を攻撃する、反日がカネになるヤツラにとってはグッドニュースだから大騒ぎするのである。

危険地帯に行くってことは、当たり前だけどこんなこともあるのは想定済みでなくてはプロフェッショナルではない。人質になってしまうなんて、プロはあってはならないことである。多くのジャーナリストが危険地帯に行って命を落としている。それは仕方が無い。成功したらその価値の報酬を得るし、失敗したら死ぬだけだ。それが生業だからだ。

なんか今回のことで、「自己責任」という「声」に恐怖を覚えるなんていう輩がいるが、お前らの頭の中のほうが恐怖だ。当たり前だが、自分で危険地帯へ行って危険に陥るのは自己責任だ。

ダッカ事件で、人間の命は地球より重いと言った、バカ丸出しのどうしようもない、日本の国力を貶めた福田赳夫http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E8%B5%B3%E5%A4%ABというアホ総理がいたが、地球が無くなっては人間も生きられないだろうが。それにいくら人が死んでも次々に新しい命が生まれてきて、人類は増えていく一方だ。もう増えすぎて地球そのものを破壊してしまう寸前だ。

誰だって遅かれ早かれ死ぬんだよ。それが自然っていうものだ。命ガーとか、人権ガーとか言うヤツラ、お前達、毎日、他の命を喰って生きているんだよ。人権ガーと騒ぐ左翼や共産党、社民党も、食物や魚介、豚や牛などの動物の命を奪って、美味しく喰ってるだろう。人間だから特別ってのは命に対する冒涜ではないのか?

いい加減、正直に言えよ。カネなんですーってな。 人権とか命とかを隠れ蓑にした商売なんだって。

なんか変だよな。おかしいよな。今回のイスラムの事件は。みよじの違う、母親?が出てきて関係ない原発廃止を言ったりと。なんか変だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

さらっとした記述

さらっとした記述には、以外に大きな意味があったり、記述者の意思があったりするから、その辺りを気をつけて読むようにしているんだけど。

さて、本題。

余命三年時事日記が更新されましたね。昨年から約一ヶ月更新が無く、心配された人も多かったでしょう。管理人もその一人です。更新記事は相変わらずの凄い情報で、何回も読み返します。そのなかでさらっとした記述。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/

2015 余命の展望

記事はアクセスして読んでいただくとして、管理人が注目したのが、このさらっとした文章。

一部抜粋して貼り付け。(余命さんは一部抜粋で内容の理解を曲げて判断されるのを危惧しております。各個人、解釈が異なりますので、是非、全文お読みください)

....今年の展望
一応、7月8日までを想定していたものですから具体的なその後についてはこれからです。
ただし、10月からのマイナンバー制度の予備運用開始まで在日や反日勢力が静かにしている可能性は低いと思っています。フランスのテロ人質事件とイスラム国の人質身代金事件で米との在日暴力団組織と幹部の日本におけるテロ口座凍結指定は2月のFATFパリ会議が目前で安倍さんの裁量の余地がなくなっているからです。自衛隊の96式装甲車両を主力とする300カ所にも及ぶ地域対応小隊編成を急いだのもこの関係でしょう。
 規模の大きさは関係なく在日ヤクザの資産と口座凍結は社会生活上の抹殺宣告ですから暴発は避けられないでしょうね。フランスでは新聞社テロで17人の犠牲が全土で380万人のデモがおきました。日本での衝突はそんな規模ではないでしょう。凄まじい人質と犠牲者が予測されます。
 安倍さんが通名の廃止について全くふれてこなかった理由がここに見えてきますね。在日との衝突おいて一番簡単な処理は通名による日本人なりすましだ。一発処理できるということです。この関係は再三余命が警告してきたことです。にもかかわらず、現状では80%の在日が通名を使っているそうです。通名継続はある筋の強い要望があったそうですよ。
どうも平和な年にはなりそうもないですね。
 こういう状況下で、ある在日のツイッターです。

....https://twitter.com/shinsugok/status/557127297442926592   辛淑玉
民主党細野さんが言う、「朝鮮半島有事」のとき、在日はどうなるのかなぁ。きっと敵国人として、韓国籍でも、朝鮮でも、日本国籍を取得したものでも、一山いくらなんだろうなぁ。この社会で殺されない保証が見えない。有事に対するリアリティがいかに、政治家にないのかがよくわかるわ。

 この方は在日なんでしょうが、おそらくこの方に限らず在日諸氏は大きな勘違いをしていますね。半島有事においての日本の対応は、日米共に内戦という考え方です。よって戦時国際法による周辺国の対応として日本は中立宣言をして、日本国内における韓国と北朝鮮双方の国民を隔離収容送還という段取りになります。そこでは命は保証されますよ。
 ただし、在日暴力団との衝突という事態はドミノとなって言われている事態になる可能性はあるでしょうね。
 想定されている有事の状況では、本来は帰国して敵と戦うのが国民の義務だと思いますが、どうもそういう考えはみじんもないようですね。
 老婆心ながら在日の方に警告しておきたいのは、北朝鮮との有事の際に、韓国朴大統領が国民動員令を発令した時は、在日韓国人はすべてが軍属となります。この場合はもし通名を使っていれば、交戦国が日本でなくても便衣兵、ゲリラ扱いになる可能性がありますので要注意です。その場合は心配するよりすぐに帰国するのが一番だと思いますが....。
このまま奇跡的に2016年になったとしても今度は確実に、少なくとも断交状態にはなりそうですからどうなるかはすぐに実体験できるでしょう。

以上、一部抜粋、貼り付け終わり。文字強調及び拡大は管理人

さらっと記述されておりますが、これって凄いことですよ。

断交状態になるってことは、少なくとも交戦状態に近い状態になるってことだからね。

考えられるケース

1、2010年の失敗した対馬侵略作戦を再度企て、今度は自衛隊と交戦(2010年は米軍や中国にばれて失敗)

2、在日ヤクザが韓国の軍服を着て日本人を大量拉致、殺害。

3、パククネさんが国民動員法を発令。

4、北朝鮮の南侵。

5、竹島周辺での韓国軍から海上保安庁、警備艇への発砲、交戦。

1~5、どれになっても国交断絶になるのだが、一番可能性が高いのは2かもしれない。

とにかく、本日の1月22日からは在日韓国人の本国への住民登録が始まった。これで登録されたら、朝鮮戦争時にボートピープルで逃げてきた在日韓国人は難民扱いではなくなり、ただの長期旅行者になる。よって日本での永住許可(永住権ではないよ。あくまでも許可)が無くなる。晴れて正式な韓国の人と本国にも承認されるってことだ。喜びなさい。元在日よ。

2月のはチェンマイイニシアブの100億ドルスワップも終了。それでデフォルトまっしぐら。頼みの中華様も既にお金は無い。自暴自棄で1の対馬侵攻がありえるかもしれない。それに合わせて3のパククネさんの国民動員法発令に。そうなったら、韓国軍は数時間で殲滅するだろう。ただ日本国内の在日の処理が大変だろう。こちら側もかなりの損害があり大変なことになる。2月以降はできるだけ乗り物に乗らないように。戸締りはしっかりと。とくに子供さんがいる人は気をつけてね。

外国人にはできるだけ関らないようにすること。特に韓国人、中国人、中東系。2015年はマジでヤバイよ。

有事の際は全て自己責任だからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

手術受けてきました

手の骨折の手術、受けてきましたねー。午後からなのに午前11時に受付。手術は午後1時30分からで、手術までの二時間半、体温測定や血圧測定・・・そんなのすぐに終わるし、実に手持ち無沙汰。一人ぽつねんと病室のベットに横たわる。暇・・・

01


本を持ち込んだのだが、これがアメリカの医療保険の現状を報告した内容であまりに暗く、手術前には適さない内容・・・セレクト失敗である。02


手術は15分ほど早まり、30分前に手術用の服に着替え。1時15分手術室へ。

先ずは両腕から両手を丹念に消毒。

その後、キャップをかぶって手術台へ。左手には抗生物質、ブドウ糖?の点滴を左手の甲に取り付け。左腕には血圧計。胸には心電図計測用の吸盤。体には鉛シート。がんじがらめでロボットになった気分。 

右の肩あたりに麻酔薬を、けっこう時間をかけて注射。神経をレントゲンで確認しながらっていうからハイテクである。

いちいち、それなんですか?どうやるんですか?って質問する、患者なのに興味津々の管理人。

それから丹念に右手を茶色の消毒液で清掃。麻酔の効きを確かめて、さあ!オペ開始!どうやってワイヤーを骨に入れ込むのか不思議だったのだが、なんとモニターでリアルタイムに骨の状態を確認しながらの手術であった。

04


ワイヤーって云うより針金だね。先ずはドリルで骨に穴を開け、そこから針金を入れていく。なかなか簡単には入らなくて、かなりの力仕事である。お医者さんって大変なお仕事だね。麻酔は効いているのだが、以外に痛い。骨の中が痛い。「痛いですか?」って訊かれて、ちょっと痛いけど、先生、かまわずやっちゃってください!そうしたらハンマーで針金を打ちいれて、それがけっこう響く。手術を受けながらも興味津々であまりにモニターを覗き込むもんだから。血圧が上がり、ゆっくり深呼吸してーなんて云われる始末。

06

和気藹々の手術ていうか、なんでも興味を示すからか、記念にレントゲン写真を余計にプリントしてプレゼントしてくれました(笑)

05


一時間できっちり無事終了。

麻酔で右腕がまったく動かず。指先はすこし動く程度。

だから三角きんで吊るのです。

03


夕方になると麻酔が切れてきて、けっこう痛い。痛み止めを飲んだらある程度痛みは改善された。

とりあえず、無事、手術が終わって、よかった、よかった。

手術報告でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

お決まりの宝来屋

先週の日曜日、大魔人と夕方に中野で待ち合わせ。なんでかって云うと、大魔人の使わなくなった一眼レフを下取りに出して、レンズをゲットするためにフジヤカメラに行くってこと。管理人は何回も下取り交換して慣れているので、立会いをしたのですな。

フジヤカメラのネットオンラインでお目当てのレンズの在庫をチェックしてたんだけど、前日まで在庫が払底してたのに当日はなんと4本も在庫あり!実に運が強い大魔人である。カメラを下取り査定してもらってる間にお目当てのレンズを物色す。3本をチェック!

大魔人が選んだのはAランクのAF-S DX NIKKOR 18-105mm f3.5-5.6G ED VR

Aランクなので新品同様。下取りがあるので少ない出費でゲットできて大魔人もご満悦。

レンズをゲットできたらば、お決まりの大魔人御用達の新宿、宝来屋である。

Hourai

AIAF35-70f3.3-4.5 iso800 1/50 f3.8 NIKON Df


3570f334552mmiso80050f38

せっかくフジヤカメラに行ったのに手ぶらで帰るのはなんかもったいなくて、それでゲットしたAF NIKKOR 50mm f1.4D 大魔人撮影 iso1600 1/160 f1.4 NIKON Df  骨折した手が痛々しい・・・

50f14diso1600160f14

レンズをゲットしてご満悦の大魔人。f1.4開放はバックのボケがきれいである。

iso1600 1/160 f1.4 NIKON Df

50f14diso1600160f142

大魔人のゲットした18-105mmをNIKON Dfに装着し試写。

iso1600 1/15 f7.1 18mm

いやー、びっくりするほどきれいに撮れる。このレンズ、いいわー!手振れ補正もすこぶる効きが良い。NIKONの良いところはフルサイズのカメラでもAPSレンズを付けても自動クロップ機能でちゃんと使えるところだ。

Vr18105f355618mmiso160015f71

iso3200 1/100 f3.5 18mm 35mm換算27mm相当 背景のボケも素直。線が細い描写。

Vr18105f355618mmiso3200100f35

iso3200 1/60 f3.8 24mm 35mm換算 36mm相当 近づくとそれなりの背景がボケる。

Vr18105f355624mmiso320060f38

楽しい、大魔人との宝来屋であった。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

結局、手術だそうで

一縷の望みを持って紹介された病院へ行って、すごい混雑でひたすら待って、ようやく診察してもらったんだけど、あっけなく、「手術かなり混んでてね、、、来週かな?」だって。

手術する先生にまた診察してもらい、来週早々の月曜日に手術決定・・・

Dsc00194


手首の辺りからワイヤー2本を骨に入れて固定するらしい・・・それで三ヵ月後にワイヤー引き抜きだそうで・・・まあ、致し方ない・・・

手術前に、胸部レントゲンに心電図、それに定番の血液検査。それになんとエイズの検査まであるんだね。ちょっとびっくり。まあ、よい機会だったのかもしれない。

次はバ韓国ネタ。

笑える韓国ニュースを紹介してくれるとても良いブログ

日本の底力!(韓国経済危機特集)

http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/2015/01/httpkankokukeizai-kill-jpwordpressp2822/

必読!ウォン・人民元直接取引開始1カ月 1日平均取引高9億ドル 初期の定着に成功

記事要約:2015年、初の驚きというやつだろうか。必読記事に指定するが、2014年12月から始まった、ウォン・人民元の直接取引が1日平均取引高9億ドルという。記事によると、1996年末のウォン・日本円市場の1日平均取引高300万ドル、現在の円・人民元市場の取引高2億ドルを大きく上回るという。つまり、僅か1月でウォン・日本円市場の1日平均を遙かに超えたことになる。

なんだろう。頭に戦慄が走ったとような感覚だ。これ、飲まれる速度が尋常でないほど速い。増えていく予想はしていたが、まさか1億ドルを1ヶ月で超えるとか思いもしなかった。そもそも、相手は固定相場だぞ。本当にウォンが消えるのもそう遠くない未来かもしれんな。いやあ、ちょっと警戒心なさ過ぎだろ。アメリカ、こんなこと放置しているつもりなのか。このまま、韓国は中国に飲み込まれるぞ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

必読!ウォン・人民元直接取引開始1カ月 1日平均取引高9億ドル 初期の定着に成功

【世宗聯合ニュース】先月1日に開設された韓国ウォンと中国人民元の直接取引市場の取引高が1日平均約9億ドル(約1070億円)に迫ることが7日、分かった。

韓国の企画財政部、金融委員会、韓国銀行(中央銀行)、金融監督院などは同日、人民元金融サービスタスクフォース(特別チーム)の会議を開き、ウォン・人民元直接取引市場が流動性確保など初期の定着に成功したと評価した。

 

現在、同市場の取引高は1日平均8億8000万ドル。これは1996年末のウォン・日本円市場の1日平均取引高300万ドル、現在の円・人民元市場の取引高2億ドルを大きく上回る。

韓国政府はマーケットメーカーに指定された銀行が積極的な取引に乗り出し、全般的に市場が活性化しているとの見方を示した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/07/2015010703337.html

以上、貼り付け終わり。

いやー、すごい勢いで中国に呑み込まれておりますな。すでにGDPの26%くらいを中国との貿易に頼ってるのに、土地から銀行、企業まで、欧米資本から中国資本になって、昔の属国に後戻りだね。あとは日本から輸入しているガソリンを粗悪な中国製に換えたら、完璧な属国化が完成!エネルギーが最後の砦だからね。韓国って自前でちゃんとガソリンも作れない。空軍の戦闘機の燃料だって日本製。それなのに仮想敵国は日本って云うんだから。超ー頭悪いよね。日本と戦争になったら、ガソリンが入ってこなくなって飛行機だって飛ばせない。おまけに独島級って、対馬に攻め込むつもりで作ったヘリコプター搭載型の強襲艦、発電機が壊れて、その発電機の修理が自前で出来なくて、なんと敵国である日本で治している。バッカだよねー。日本も治してやることもないんだけど。

戦闘機はオンボロで、修理とか最新型レーダー搭載でアメリカと揉めてるし、ミサイルでも大揉めしてるらしい。

ドイツから輸入した潜水艦は故障して動かず。おまけまたまた技術をパクろうとして、ブラックボックスを分解して元に戻せずそのまま不動・・・ドイツが怒って修理受け付けず。

戦車はドイツから変速機を輸入してお得意のパクる予定が頭悪いからパクれず。

なにをやっても愚図なんだな 韓国人って。バカチョンカメラって言葉 バカでもチョンでも撮れる!って云う意味だが まさにそのとおり。

朝鮮半島は中国大陸に係わると、ホント不幸になる。早く国交断絶してほしいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

手の骨折

土曜日の夜、テーブルから落ちそうになったUSBを受け取ろうと手を振り下げたら、テーブルの角に手が見事に命中。すっげー痛くて血まで出た。とりあえずサロンパスを貼った。日曜日の午前中、いつものカイロプラクティックの主治医に診てもらった。これはたぶん骨折でしょうね・・・出来るだけ早く病院に行ってレントゲンを撮ってきてくださいとのこと。とりあえず応急処置をしてもらった。

01


世の中連休だったので、ようやく本日病院へ。

そうしたらば見事に折れてましたな。ちょと手がぶつかっただけなのに骨折してしまうなんて・・・打ち所が悪かったんだろう・・・

04


05

折れて、しかも曲がっているので、手術が必要かもしれないと、別な病院を紹介された・・・しくしくしく・・・これだもん、痛いわなぁ・・・

06


今は暇だし、仕事は左手でもちゃんとできるんだけど、手術だったら嫌だなぁ・・・

02


03

利き手が痛くて不便で困ってる管理人でした。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

レンズわらしべ

前にもふれたが、NIKON-Dfにお越しいただいてから、マニュアルの、それもフォーカスリングが金物のレンズ集めの沼に嵌っている。マニュアルレンズは28ミリから始まって、43-86ミリ、55ミリのマイクロ、50ミリ、35ミリと一応は揃った。でも43-86は別として、28ミリと35ミリはフォーカスリングがゴムである。いささか不満ではあった。先週、西新宿のアルプス堂でAi改の金属フォーカスリングレンズがあったのので性懲りも無くまた行ってみた。

01

そうしたらば、あったね。欲しかった35ミリの金属リング なんとこのレンズはf2.0だ!ヤバイ!28ミリはf3.5と、手持ちのレンズと同じ仕様だ。35ミリf2.0を見せてもらう。フォーカスリングの具合もすこぶる良い!レンズ自体も実にきれい!これはお越しいただかなくてはいけない。28ミリも気に入ってたAi28ミリと光学系はまるで同じ。リングが金物。これにもお越しいただこう。

それでいままであった同じ焦点距離のレンズはどうするの?ってことなんだけど、既に防湿庫は満載状態。それに管理人は設計を生業としてるので、モノがちゃんと動作しないと気に入らないので、それまでの35ミリと28ミリのフォーカスリングのオイル抜けを整備してもらってしまうような性分なので、下取りをお願いした。2本で¥5000にしかならなかったが、それでも再整備に比べれば差額は安価だ。

02


35ミリのf2 大口径である。f2.8とは数値では少しの差であるが、ボケの違いはかなり大きい。

nikkor 35mm f2  1/1250 f2 iso100 +1.0

031250f2iso1001


やや背景が2線ボケ。でも35ミリでこれだけボケる。撮ってて楽しい。

1/640 f2.0 iso100

04640f20

1/320 f2.0 iso100

05320f20

Ai35ミリf2.8はあまり気に入ってなかったんだけど、f2.0は撮っててかなり違う。気に入った!こんなような状況にはもってこいの画角であり、絞りの余裕か隅々まで美しい。

1/25 f5.6 iso100

0625f560

明治神宮って舗装されてないから踵に優しくていいなぁ。歩いてて 楽だ

f2.0のレンズって、開放で撮りたくなる。ボケが気持ちよい。

1/3200 f2.0 iso100

かなり古いレンズだが、マルチコートのレンズなので、以外に逆光にも強い。ゴーストが出てない。周辺は光量が不足しているが、最新ズームよりも逆光耐性は強く、写りも良い。42年前のレンズとはとても思えない。

073200f20

28ミリのレンズでテスト

1/1000 f3.5開放 iso100

周辺は光量がさすがに落ちている。

081000f35028

それでf8まで絞ると ある程度は良くなる。

1/250 f8 iso100

09250f8028

これでnikon Df 用 マニュアルレンズは完成か。

Nikkor -S Auto  50mm f1.4    1962/3発売

Micro Nikkor-P  55mm f3.5    1970/4発売 

Nikkor N-Auto   24mm f2.8    1967/8発売

Nikkor HC-Auto 28mm f3.5    1974/2発売

Nikkor OC-Auto 35mm f2.0    1973/9発売

下記のレンズは下取りしてもらいました。

Ai-Nikkor 28mm f3.5             1977/3発売

Ai-Nikkor 35mm f2.8             1977/6発売

買い換えるのは当然、お金はかかりますが、それでも気に入ったモノを手に入れるのはうれしいです。そのレンズを買って、使ってみて、それで下取りしてもらう差額は勉強代です。

お金はかかっても、それでも気に入ったレンズが手に入れば。わらしべ長者って寓話がありました。レンズを買い換えるってのは金銭的には長者はなりませんが、モノ的には長者ですな。

また次の目標を探さねば

最近、カメラネタばかりですいません。本も事務所に山積みで・・・なんとか処分しないと買えないくらいまで溜まってしまって・・・ブックオフに回収してもらいますかね・・・


ホント カメラのことばかりですんません 

もう、中華人民共和国(シナ)も崩壊寸前 韓国は既に詰んでいるので、もうどうでもいいかと。

あとは、戸締りはしっかりね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

やきそば弁当が北海道限定とは知らなかった

昨年のぺヤングの問題でやきそばタイプのカップ麺が話題みたいであるが、元々は北海道民で、15年前くらいに東京都民になった管理人であるが、今日の今日まで「やきそば弁当」が北海道限定の商品とは知らなかった。

このニュース記事でかなりびっくり!した。

以下、ニュース記事を貼り付け。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000082-it_nlab-sci

 東洋水産の北海道限定の商品「やきそば弁当」が、関東に進出したのではないかとTwitterで話題になっています。関東のスーパーで売られるやきそば弁当の画像は1万以上リツイートされ、Togetterにもまとめられました。

 やきそば弁当は中華スープ付きのカップやきそば。やきそばの戻し湯を捨てるのではなく、中華スープに利用して飲める、エコかつおいしい食べ物です。これが関東で食べられるのなら、関東民は大喜びなのでは……!?

 やきそば弁当は関東進出しているのか? 東洋水産の広報の担当者に確認してみました。返事は……「やきそば弁当は北海道限定の商品です」。残念ながら、やきそば弁当は依然として関東進出をしていないもようです。

 では、関東のスーパーで目撃されたやきそば弁当はなんだったのか? 担当者によると、「店舗側で行っている北海道フェアや東洋水産フェアではないでしょうか」とのこと。やきそば弁当をいますぐ食べたい人は、アンテナショップや物産展、フェアなどに向かいましょう!

以上、ニュース記事貼り付け終わり

これが現在のパッケージらしい。管理人が食してた当時のパッケージとはまるで違う。

管理人が食してた頃は下のようなパッケージだったような。
北海道では東洋水産、マルチャンってとてもメジャーでしたな。マルチャンのダブルラーメンってのが、量が多くて家族で食べるには最適で。

話を「やきそば弁当」に戻す

「やきそば弁当」って、付属の中華スープがなかなかで、味はいまでも脳髄の中心にまで刻まれているように思い出せる。それぐらい食べた記憶がある。そういや、東京で食べたことは無かったかも。

東京にあまり無い北海道でメジャーなものは、「びっくりドンキー」(埼玉にはあるみたいだが) 「みよしの」これはさすがに見たこと無い。ぎょうざカレーというC級の食べ物だ。ススキノで飲んだあとの〆にはぴったりな味。でもどっちも関東には似合わないような。とくに「みよしの」は北海道だけでいいんでないかい?元道民の管理人だって、あんなに食べた「やきそば弁当」を食べなくても困っていないんだから。

でも久しぶりに食べてみたいな。有楽町の「どさんこショップ」ならば売っているかもしれない。今度行って見てみよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

50年前のレンズ遊び

年末年始の休日最終日。Nikon-Dfに たぶん、28mmf2を付けてヨドバシカメラで雑誌を立ち読みしていた爺さんがかっこよくて(写真を撮らさせてもらえばよかった・・・後悔)その真似をして、Dfに50年前に製造された50mmf1.4を装着して、秋葉原のヨドバシを徘徊、その後、浅草を徘徊す。浅草の人出は物凄い。雷門に近づけず。迂回して廻った。

1/1600 f2 iso100

1600f2iso100

1/1600 f1.4 iso100

50mmf1.4 は実に撮ってて楽しい。絞りが写りにとても反応するからだ。

1600f14iso100

お似合いの素敵なカップルが隅田公園のサインと。1/2000f1.4 iso100 まるで50年以上前のレンズとは思えないくらいの描写。楽しいねぇ。

2000f14iso100

50mmf1.4 どうしても絞り開放で撮りたくなる。

1/2500 f1.4 iso100

2500f14iso100

旧いレンズなんで、絞り開放で撮ると、周辺の光量落ちがかなり目立つが、それもまた味である。

1/4000 f1.4 iso100 

4000f14iso100

今回は50ミリの単焦点一本だけの撮影。50ミリは絞りの幅が広いので実に面白くて、写真を覚えるには最高の教材かもしれない。単焦点レンズの醍醐味を味わえる。

最後に管理人の住処辺りの近影。近くから遠くまでピントが合うようにf8まで絞る。絞ると周辺の光量落ちも無くなる。絞り過ぎると光の回折現象で画質低下を招くのだが、だいたい絞り開放から2絞りくらいがそのレンズの最高性能が発揮できる値で、フルサイズならば絞り8~11まで。APS-Cならば5.6~8くらいまでが絞り限度。

1/80 f8 iso1600

60f8iso1600

マニュアルフォーカスの昔のレンズって、実に奥が深くて面白い。

最近、カメラネタばかりですんません









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

レンズの更新(ペンタックス編)

昨年末、品川の松坂屋に中古カメラ用品を物色しに行った帰り、多くのとびみたいなのとカラスが縄張り争いしていたので、撮ってみたのだが、お手軽便利ズーム18-250ミリは旧いので、まったくピントが付いていかない。ギーコギーコ唸るだけでまったくダメ。

00


それに望遠側もちょっと不足。これを機にレンズの更新をすることにした。防湿庫もレンズで溢れてきたので、使わないレンズもフジヤカメラに下取りで、査定してもらった。

02_2

なんと18-250のレンズが22000円!!!シグマの18-50が10000円!!シグマのジャンクレンズまで1000円と査定してもらえた。全部で20000円にもなればと考えていたのに、びっくりの嬉しい査定金額!フジヤカメラで買った商品ならば10%アップで査定してくれる。実にユーザー思いのお店である。(商品を買ったときのレシート、保証書が必要)

03_2

それで、買い換えたのが18-270ミリのお手軽ズーム。これは最新のもので、レンズ内モーターだからピントも速くて静かだ。それにいままでの18-250みたくズームレンズのロックをしなくてもだらりとレンズが延びない。実に快適!やっぱり新しいのは進化しているねぇ。

01_2


18ミリの画像 いままでの18-250よりもコントラストが高い。35ミリ換算で28ミリ相当

18

35ミリ

35

50ミリ

50


70ミリ

70


100ミリ

100


180ミリ

180


これが最大望遠側の270ミリ(35ミリ換算で419ミリ)

270


このレンズ一本だけでなんでも撮れる。実に便利 ウレシイ








| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

2015年がやってきました。今年は事案が目白押しです。

1月22日 韓国の在外同胞法と住民登録法改正→在外国民登録制度へ

2月 日韓チェンマイスワップ期限

7月1日 韓国 在外国民登録制度の届出期限

7月8日 日本での在留カードの更新期限

2015年には中国バブルが完全に崩壊しそうで、韓国もデフォルトする可能性が大です。

皆様、今年の夏以降はけっして、中国や韓国に行ってはダメですよ。

さて、年末年始ということで、お節とオードブルでも買ってみようかと、渋谷駅の東急に行ったら、恐ろしいほどの人だかり。何故か空いていたホテルオークラのお節。高いからかね。他のは8000円くらいなのに、12000円だものね。でも並ぶのが嫌なので、安直にお節とオードブルを買った。

04

12000円だからか、風呂敷に包んである。

01

中はこんな感じ

02


03

食してみた。これが激マズ 12000円も出して劇マズかよ!!オードブルも同じ・・最低・・・

もう二度と買わない。

年末年始、激マズお節とオードブルにしてやられた管理人でございました。








| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »