« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月10日 (土)

今日の阪神vs巨人、7回表の2球

いつもはテレビは見ないし、ましてやプロ野球なんて見ないのだが、今日は病み上がりということもあり、たまたま見てみた。そうしたらば・・・・・

阪神の先発が6回まで抑えていて、7回表より中継の投手が。コントロールも良く、2アウトまでは順調。巨人は次は8番打者で、もしその8番打者が塁に出ると、9番の投手は交代で代打である。その代打は有名な高橋ヨシノブ選手だ。そうしたら奇妙な光景が・・・。

ワンストライクの後、アウトコース低め一杯に決まった!かと思いきや。。。判定はなんとボールである。その次の投球、インコースやや低めに決まった!かと思いきや、これもボール!?あまりに酷くないか?あきらかにストライクだろ?その後、次の投球で先ほどのアウトコース低め一杯よりボールひとつくらい上げたボールでストライク。3アウト。

でもこれで流れはすっかり変わり、次の回、同点になった。

8回表、巨人の投手が先ほど、阪神の投手がボールになったコースでストライク!?まったくおかしくないか?いくらショウビジネスっていったて、やりすぎだし、いまはテレビもハイビジョンだから昔と違って、細かいところが良く見える。ビデオで分析されたらヤバイと考えないのかね・・・メジャーリーグでさへビデオ判定をするようになったっていうのに。

いまさら巨人、大鵬、卵焼きではないだろうに・・・・・別に阪神のファンでもないし、プロ野球も興味ないけど。

はっきりいって野球はダメだね。いまだにこんなことやっているんだから。これだけ科学技術が発達しているのにいまだに人間の眼、それもどうしようもない審判の眼というか気持ちでジャッジしているんだから。センサー使えば、ストライク、ボールの判定なんて簡単だろ。サッカーもそうだが、なんでいまだに原始的にやっているのかあまりに不可思議である。メジャーベースボールがそうだからっていったって、ここは日本だ。科学の日本は違うアプローチだっていいだろう。体力には差はあるが技術的には既に差は無いんだから。

センサーで厳密にジャッジしたほうが人間の本当の能力、凄さが見えるのではなかろうか?

ゲームを、それもテレビ中継のゲームの行方を左右してしまう審判の誤審などはあまりにくだらない。

まるで韓国の八百長サッカーやフィギアスケートである。

最低だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大変な一週間

先週の土曜日に原因不明の食あたりで連休中は完全にダウンで、コンビニに行く以外はずっと寝床で伏していた。三日三晩寝ていたのに、正露丸を飲んでもまったく回復せず、苦しんでいたが、連休明けには事務所に行かなくてはならず、頑張って事務所に向ったのだが、体の別な意味での異変に気がつく。まず歩道橋を上るのがやたらきつい。いつもはまったく問題なく上れたのに、たった三日寝ていただけでこんなに衰えるのかとびっくりした。それに歩くのがやたら遅い。すごくせっかちな管理人は歩くのが早いほうである。頭に体がついてこない。三日三晩、30分ごとに下処理で殆ど寝ていない状態だったからもあるだろう。通常62kg台だが、なんと57kg台まで落ちた。痩せたい人にはうらやましいのだろうけど、体重をある程度に維持するのは病気のときは非常に難しい。摂取できるカロリーをなんとか最大限まで考えて摂らなくてはならないのだが、それでもカロリーが高いものは消化が悪いので消化が良いもので高カロリーはこらでなかなか難しい。

水曜日の夕方、こりゃどうしようもないと、いつも定期健診をやっていただいている内科へ。近いのにもう歩くのが辛く、タクシーに乗っちゃった。運転手さん、こんなに近いのにすいません、、、いや、かなり辛いので・・・

病院の先生に診断していただくと、「これは菌が入ったと思われます」と。一応、便も検査しますんで。 看護師さんにトイレまで案内され、検査の器具を渡される。検査器具を3センチくらい肛門に入れてくださいと・・・・・一応、トライしてみたが、入らないよ・・・・・別に肛門に入れなくても、すぐに簡単に出せるから大丈夫だし・・・

それで無事診察も終わり、抗生物質やら整腸剤やらたくさんクスリをもらって、先生に言われた、ポカリをを飲みなさい、飽きたらアクエリアス!のお言葉に従い、大量購入!それから事務所に戻り、アクエリアスでクスリを飲んだ。それで事務所で横になって寝ていた。

小一時間くらい経過したら、なんか体が熱くなって汗が出てきて、急激に吐き気をもよおした。たぶん、胃の中の菌と抗生物質が戦っていたのだろう。いままで飲んだアクエリアスやいろんなのが、△×○◇□▽!!!もう、いったいどんだけーってくらい!それで幽門から上は以外にすっきり気分。あとは十二指腸より下の菌か。

その日は電車に乗る体力も気力も無いのでタクシーで帰り、近所のコンビニでポカリとヨーグルトを購入。ぜんぜんカロリーが摂れない。これだもの痩せるわな。でもポカリは最高に効く!すっかりポカリ三昧である。飽きるのでアクエリアスと交互に飲む。

こんな絶不調なのに、今週は打ち合わせで移動しなくてはならない。木曜日は午後から辰巳、金曜日は朝9:00に西新宿・・・でもさすがに抗生物質が効いているのか以外にトイレには困らない。ポカリしか飲まないようにしてたけど。それでなんとか乗り切った。

本日、かなり良くなっってきたので、どれだけ良くなったかを試すため、本に掲載されていた店に行ってみた。

01

このボリューミーに体が耐えられるであろうか?

02

しょうが焼きを頼んだのであるが、ほぼ満席で写真を撮るのはちょっと止めた。主力商品は作り置きみたいで、しょうが焼きはあっというまに出てきた。これがあまりのボリューミー!それにやたら肉が硬い・・・一週間、柔らかいものしか口にしていないので顎がやたらきつい・・・・・あえなく玉砕・・・・まあ、一度、行ってみたかったので満足ではあるが。でも、酒を飲みながら、このしょうが焼きをつまむってのもかなりありだと思う。そんな味と肉の硬さであはある。

この頃、老眼が進み、小さい文字が見えないので、拡大鏡を購入!もちろんメードインジャパンを選ぶ。いくら安くてもチャイナやコリアは絶対に買わない。ゴミになるだけだ。それに弱度の老眼鏡も導入!本を読むのが快適になった。

なんとか復調してきたが、大変な一週間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

XPサポート終了への妄想 その2

ウインドーズユーザーを揺るがしたXPのサポート問題より約一ヶ月。今度はまた超びっくりのIE問題、なんとインターネットエクスプローラーに脆弱性の問題があり、使用を控えるようにだぁ?!

http://gigazine.net/news/20140502-microsoft-internet-explorer-patch/

2014年5月2日、マイクロソフトはInternet Explorer(IE)のバージョン6から11に重大な脆弱性が見つかっていた件について、緊急のセキュリティパッチの配布を開始しました。今回の対応には、すでにサポートが打ち切られていたWindows XPも含まれています。パッチの配布はWindows Updateを経由して行われることになっているので、できるだけ速やかに更新することをオススメします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-021 - 緊急
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms14-021

セキュリティ アドバイザリ (2963983) の脆弱性を解決する MS14-021 (Internet Explorer) を定例外で公開 - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/05/02/security-update-ms14-021-released-to-address-recent-internet-explorer-vulnerability-2963983.aspx

今回見つかっていた脆弱性はInternet Explorer 6から11の全てのバージョンで見つかっていたもので、削除したメモリや適切に割り当てられていないメモリ内のオブジェクトにアクセスすることで、リモートでコードを実行してゼロデイアタックに利用したり、個人情報が第三者に送信される恐れがあるというもの。この脆弱性については、問題が解決されるまではIEを利用しないようにとする勧告がアメリカ政府から発表されるなど異例の対応がとられていました。

以上、一部貼り付け。

なんでここにきて、エクスプローラーの脆弱性が発見されたのか?それも異例のアメリカ政府からの勧告付きである。

それにである。なんとサポートを止めたはずのXPまで異例のサポートである。

そして、今回のサポートはいつもと明らかに違う部分がある。上記のGigazineの記事では自分でアクセスする方法を説明しているが、5月3日の深夜、だが、パソコンが勝手にパッチソフトを入れだした。いつもなら、パソコン終了時、あるいは起動時にパッチソフトがインストールされるが、勝手にインストールが始まったのは管理人には経験が無い。かなりびっくりだ。

今回もあくまで管理人の妄想であるが、実に慎重に米国はことを運んで意いるのだろう。シリアルナンバーによりユーザー数は確実に把握はしてあり、また海賊版の数、場所も特定できているのは間違いないであろう。それを完全、確実にするために今回の異例のエクスプローラー脆弱の発表、並びに対策なのではなかろうか?

海賊版が多い中国対策か?

「XPのその後」中国爆裂篇

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20140504-00035040/

海外ネタでは前回の記事でうっかり見落としていた中国の話が色々と想定外の動きになっていて面白すぎます。

サポート終了で盛り上がり!? 中国のWindows XP事情(ASCII.jp 2014/4/17)

中国人の間で定番のユーティリティーは、Windows Updateを介さずに脆弱性の修正プログラムをアップデートし、セキュリティーを強化するもの。Windows XPサポート終了後も、これまでサポートしてきた定番のユーティリティーベンダーが中心となってWindows XPをサポートするので、当の中国人ユーザーにとっては、今まで通りのサポートが続くという認識だ。

出典:ASCII.jp

Microsoftが安価にOSアップグレードへのパスを提供し、それまでの暫定措置として既存XPユーザーに色々と便宜を図ろうという思惑で中国メーカーと提携したにも係わらず、中国の企業やユーザーはそのMicrosoftの親切を仇で返すような方向へどんどん走っているというカオスな状況のようです。さすが中国で奥が深い展開と言えましょう。

さらに、ニュースソースがアレな感じではありますが、中国政府もXPを断固使い続ける方針という話まで出てきています。

「Windows 8は高すぎる」として中国政府はWindows XPを使い続ける予定(GIGAZINE 2014/4/24)

以上、貼り付け終わり

パクリ国家の中国や韓国でXPをサポートする技術なんて出来るはずがない。なんたって莫大な費用と技術力が必要だ。それならば新しいOSを買ったほうが圧倒的に安価なのは間違いないし、そのほうが楽である。

前回のXPの妄想でも取り上げたけど、余命3年時事日記の ムグンファ衛生の件

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-03-14

......中央日報/中央日報日本語版 2013年11月04日
ムグンファ衛星は韓国初の商用通信放送衛星だ。このうち寿命が終わった2号と3号の不法・安価売却が問題視されている。両衛星の開発にはそれぞれ1500億ウォン、3000億ウォンほど投入された。両衛星を管理・運営してきたKTは、香港のある企業に対し、2010年に約45億ウォン(約4億円)で売却した。開発費用の1%ほどだ。最近、安価売却に対する批判が出ると、KT側は「設計寿命が終了したので安く売ったが、追加の技術支援契約を結び、実質的な売却価格は250億ウォン」と説明した。しかしムグンファ衛星2、3号を買収した香港の会社は現在、移動通信および衛星通信用でこれら衛星を十分に活用している。
 より大きな問題は、KTが政府の許可や承認なく「国家的資産」である通信衛星を外国に売却したということだ。対外貿易法上、戦略物資を政府の許可なく輸出する場合、5年以下の懲役に処される。電気通信法は、重要な電気通信設備を売る場合、未来創造科学部長官の認可を受けなければならない。宇宙開発振興法、電波法違反の疑いもある。崔文基(チェ・ムンギ)未来部長官は国政監査で、「KTのムグンファ衛星売却はこれら4つの法違反」と述べた。KTは「廃棄対象なので戦略物資に値しないと考えた」とし「最初から政府に売却の事実を通知したこともない」と釈明した。
  政府とKTの主張が異なるだけに、不法や安値売却についてはもう少し確認しなければならないが、すでに明らかになった事実だけでも問題は少なくない。何よりも戦略物資の管理がこれでよいのかという点だ。KTは「寿命が終わった戦略物資は戦略物資ではない」と自ら判断した。ムグンファ衛星を製造した米ロッキードマーティン社には売却事実を知らせ、韓国政府には通知もしなかった。いくら民営化したといっても、KTは国家基幹通信網事業者だ。韓国の周波数と管制所、ソフトウェアをそのまま使う衛星を譲り渡し、極めて無責任な行為だ。政府も管理責任を免れない。寿命が終わった衛星装備の処理基準があいまいだ。さらにムグンファ衛星を購入した香港企業がホームページに売買の過程をそのまま載せたが、1年以上も売却事実が確認されなかったというのは話にならない。

以上、貼り付け終わり

米国の西側軍事協力のために韓国に提供していた通信衛星を勝手によりによって中国に安価に提供してしまったわけだ。現在、それらを人民解放軍が勝手に使っているだけだ。中国共産党がつい先日の瀋陽軍区の北朝鮮国境での大演習が中央が知らなかったことや、ウイグル地区に習近平が遊説したときにテロがあったことなど、もう警察まで統制できていないみたいである。崩壊は確実であろう。一番大問題となる人民解放軍の暴走を統制するためにサイバー攻撃するのではなかろうか?それも静かに、確実に・・・そのための今回の異例のマイクロソフトのサポート!?

ここ2日、食あたりで完全にダウンして2日で4kgも減ってグロッキー気味の管理人の妄想でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »