« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

桜の撮影

桜が咲いた。でもまだ2分~3分咲きというところか。でも明日は雨らしいので、このために買ったペンタックスを持ち出す。

近所の小学校の桜が咲いている。

01


子供を入れて作品風に撮ってみた。

それから事務所に行って、昨日からやっているデータバックアップの確認である。なんせ16年間くらいのデータだから、物凄い量で、バックアップといっても簡単には終わらない。昨日の午後から始め、それで今日の9時頃にようやく終わったようだ。商売は信用第一だからね。データのバックアップを四重にしてあるんだけど、物凄く時間がかかるんだよね。とりあえずバックアップが無事終わったので、事務所の近所の桜の撮影をする。

02


03

それから浅草の墨田公園に向う。渋谷からは銀座線で一本だから楽ちんである。

04


まだ3分咲きくらいだね。満開になると凄いんだよね。来週くらいが最高だろう。

05


はい、お決まりのスカイツリー。

06


撮り鉄風写真。

07

明日は雨だからみんな今日は見ておこうと思ったのだろう、物凄い人出である。なかなか良い撮影ポイントを確保することができない。なのでカメラまかせのプログラムモードで露出の調整もしていない。人が多すぎて撮ってるだけで邪魔になるからエフェクトモードだけ変更し、データがJPEG撮って出しである。あまりに人出が多くてランチ難民が続出の様子なので、上野に移動す。

08

09

上野も浅草と同じくらいでまだまだ全開ではない。それでも人出は多い。

010

ようやくランチ。喉が渇いていたので昼ビール。

それから銀座線で日本橋まで行って、東西線に乗り換え。九段下に行くのが順当であるが、なんか今日撮ってて、管理人は縦写真のほうが圧倒的に多い。(カメラを横にすること)ならば「ばってりーぐりっぷ」が必用だろう!それで九段下では下車せず、そのままフジヤカメラのある中野に向う。先週、ペンタックスをゲットしたときに、安価な「ばってりーぐりっぷ」があったから。

仕事の完成写真で使うメインのNIKON D800Eはあまりに重くてつけたい気持ちはあるのだが、体がもたない。ペンタックスならば軽いし、あまり苦にならないだろう。なんといっても、ばってりーぐりっぷつけるとかっこいいしねぇ。

買う気まんまんでフジヤカメラの暖簾をくぐったのだが、すでに時遅し・・・無い・・・

フジヤカメラで出物を見つけたときは即買いが鉄則だね。先週、躊躇したのは失敗であった・・・まあ、致し方ない。次のチャンスを待とう。

帰りのホームでまた撮り鉄風写真。

011

それでも向いのジャンク店で、ペンタックスのリモコンとD800E用のファインダー像が1.2倍になるアダプターをゲットしてきた。

012


実にリーズナブルである。リモコン、テストしてみたが、ちゃんと動作する。

それにしても今回撮ってみて思ったが、18ミリー250ミリ、35ミリ換算で27.5ミリー375ミリの不精用ズームレンズは実に便利である。OEMレンズのためか、ピントは迷って一回で合わず、ライブビューにしてもカメラが強引にピントを決めようとしてもレンズが言うことを聞かないで思考停止意になり、像がぼやけたままで止まってしまう問題はあるのだが、それでも便利だ。でも思考停止はどうかと思うが・・・大魔人のD7000についてきたおまけのレンズはこのレンズよりも旧いはずなのに音もしないですっとピントが合うんだよね。純正なんて爆速でジャスピンだしね。t先生の超望遠ズーム、ロボコップみたいな音するけど、ライブビューなら強引にピントが合うんだよね。管理人の不精ズームレンズ、緑帯だから新しいはずなんだけど・・・そんな問題があるから、だから安かったんだ。でもそれも些細な問題だ。この思考停止するロボコップレンズ、実に便利で満足である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

ペンタックスの導入

ようやく仕事もひと段落し、日曜日は秋葉原に行ってモニター切り替え器などを購入し、その後、中古カメラの聖地、西新宿へ。

01


02

これといったモノも無く、フジヤカメラがある中野まで遠征することにした。

http://www.fujiya-camera.co.jp/

中野駅前ではパントマイムのパフォーマー。

03


フジヤカメラはカメラ雑誌に広告が掲載されているので知ってはいたが、訪れるのは初めてだ。

04

品揃えの多さとお客さん、店員さんの多さにびっくり!それに安い!だからお客さんがたくさん訪れるのだろう。

お目当てはnikon1 v2 だったのだが、西新宿よりも安い。買っちゃおうかなと思ったが、ペンタックスコーナーに行くと、t先生と同じカメラがあった。それも安価!t先生のカメラみたく箱などは無いが、一応、付属品は付いているみたい。中古レンズも豊富で選び放題である。t先生のはレンズ2本にしたが、管理人は不精なので、レンズ交換しなくても良い、超便利ズームがほしい。防滴の純正レンズもいいが、奥にあった、たぶんタムロンOEMの18ミリ-250ミリという、広角から望遠までレンズ一本でレンズ交換をしなくて済む、不精用超便利ズームを見せてもらう。

05


一世代前のレンズなのでやはりというかロボコップみたくジージーうるさく、ピントも遅い。OEM製品?だからピントの迷いも多い。でも管理人はスナップ写真しか撮らないからこんなんで十分である。管理人の住処にはフィルムの一眼レフしかなくて、普段用は無かったのと、春は桜の季節なので、ペンタックスのエフェクトモードで撮りたかった・・・その誘惑には勝てなかった・・・導入してしまった。

06

お決まりの液晶フィルム貼り付け。K-5用はやはり売ってなくて、K-30というモデルのものを代用。

07


自分のカメラなんで、いいっかげんでぜんぜんだめな出来・・・・・空気入っちゃった・・・まあ、自分用だからどうでもいいか。

08

事務所のメインカメラのニコンみたくレンズは買い揃えないだろうな。買ったとしても超広角一本くらいかね。リミテッドレンズという高級品なんてまるで買うつもりはない。(所謂レンズ地獄に嵌るというやつです・・・危険です・・・)でもコンパクトデジカメと違って、撮ってて楽しい。ミラーレスもつまんないんだよね。

なんかt先生のカメラよりも露出がオーバー気味に感じるのだが気のせいか?まあ、そんなのどうでもいいか。ペンタックスってなんか気楽に撮れる雰囲気があるんだよね。設定も少なくてシンプルである。ニコンって設定がやたら多く、それにカメラの補正もすごくて、カメラに撮らされているという感じがあって、お気楽ではないんだよね。

それにしても、一眼レフを買うならば初級機よりもやはりミドル機以上ですな。満足度が格段に違う。

またおもちゃを買っちゃったよ・・・

それにしてもフジヤカメラはいけてる。本店の向かいにはジャンク専門店もある。フジヤカメラに行けば、すごい品揃えと良心価格で、フルセットをお手ごろで用意できる。オススメである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マレーシア航空の件、うわさいろいろ

友人「y」から久しぶりのメール

あるブログの投稿らしい。

メディアでも何も言わないし、世間の人もスルーしているが、マレーシア機がどうなったかは極めて簡単な話になっている。

現時点で確定している事実は

・マレーシア機はインド洋に行った

・米軍はインド洋上の航空機は全部補足し把握している

ここから導き出される結論は実に簡単だ

・米軍は全てを知っている。

マレーシア機がどうなったかを米軍が全て知っているのだ。

だが米軍は何も語らない。一切何も言わないし、捜索に対しても以上に消極的だ。

ここから導き出される結論は

・撃墜したので言えない

・匿っているので言えない

のどちらかしか考えにくい。

以上、貼り付け終わり。

まあ、たしかにそうだわね。

赤峰和さんはなんていってるか。

http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu

一部貼り付け

先日、当ブログに寄せられた未確認情報では、以下のようにお伝えしていました。

・マレーシア航空機ですが、ただの墜落じゃないようです。ハイジャックの可能性ありです。
・一旦はどこかの飛行場に着陸しているようです。中国国内ではなさそうです。しかし、中国が関与している地点です。
・生存者はいないようです? ハイジャック犯以外は殺害? 中国軍が関与しているようです。
・これを手始めにテロ活動が今後も起きるようです。
・中国当局は確認していても隠しているようです。変な事件です。

中略

「マレーシア航空機は、ハイジャックにあったのか???」で、大韓航空機撃墜事件のことを書きましたが、あの時も、米軍をはじめ周辺国が情報を持っていたにもかかわらず、沈黙していたのです。事件から5日たって、ついに、日本が国連で暴露しました。どれくらいの通信傍受能力があるのかの秘密をさらけだしてまでも、真相を暴露したのです。それでも、ソ連は、ソ連が崩壊するまでの9年後まで知らんふりしていたのです。それほどの軍事機密に属することなのです。

貼り付け以上

増田俊夫さんは 妄想としながらも(興味がある人はアクセスしてください)

http://www.chokugen.com/

http://www.chokugen.com/bomb/140313bomb.html

増田さんは撃墜だと言ってます。9.11の中国版と。

さあ、どうなんでしょうね。中国共産党が終わるまでは真相は藪の中かもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

驚きの軍事委員会 余命三年時事日記より

本日、余命三年時事日記がアップされました。まさに驚きの内容で。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/

一部貼り付け

先般「驚きの中国軍事委員会」を記述の際、記事の内容がわからず、カットした部分がありました。今回はこれをアップします。
 日本関連の記事で、2013年3月以降2回の軍事委員会の最初の会でのやりとりだと思いますがテープを起こしたようです。陸、海、空、第2砲兵の議論です。(中略)
第2砲兵とは戦略核ミサイル部隊のことです。他の三軍と独立しています。語句の解説は注として記事末に記述してあります。

....第2砲兵
現時点では日本側に戦争に対する準備行為はほとんど見られない。我々としては、この機会に奇襲攻撃をかけて日本を屈服させるべきだと考える。現状、来月5月打ち上げを含めてすでに7基の北斗と韓国から購入のムグンファだけで完璧なミサイル攻撃が可能である。
 北斗の測定誤差は約30m程度だが、攻撃目標の識別には充分だ。米軍を除いた日本軍基地と東京大阪以外の都市攻撃の飽和攻撃により日本は1日もたずに屈服するであろう。この選択攻撃に対し、米軍は核のリスクをおかしてまで日本を助けることはない。

....陸軍
何らかの大義名分がないと奇襲は難しいのではないか。それにミサイル攻撃の後はどうするんだ。

....第2砲兵
真珠湾攻撃をした日本に、文句を言われる筋合いはない。力と結果がすべてだ。ミサイル攻撃の後は別に侵攻の必要はないだろう。核攻撃のスタイルを見せているだけですべては中国の勝利に終わる。

....陸軍
それではローカルの空軍基地は叩けるかもしれないが、米軍と日本自衛隊のほとんど、特に海上自衛隊は無傷だ。ミサイル攻撃だけで日本が屈服するとはとうてい思えない。日本本土に上陸侵攻は絶対に必要である。もしそれができないようであれば作戦そのものを放棄すべきだと思うが。

....空軍
制海権と制空権なくして勝利はあり得ない。日本が何の抵抗もしないで屈服するわけがない。世界の一流国と戦ってきた国を侮っては、それこそ大変なことになる。国民性からいって、もし我々がそのような攻撃を仕掛けたなら、即、一致団結し、平和憲法などかなぐり捨てて核武装に走るだろう。日本国内の反対勢力など一瞬で粛正される。後は地獄だ。
スクランブルにおける自衛隊の対応からみると彼らのレーダーは我々より遙かに高性能だ。ミサイルは飽和攻撃ということだが、対空能力については充分検討しているのか。

....第2砲兵
1000発のミサイル飽和攻撃に対応は不可能だ。日本など恐れるに足らずだ。

以上、貼り付け終わり。

是非とも、アクセスして全文読んでもらいたい。日本人必読のブログである。

こんな敵国にいまでもODAで国民の税金を投入しているんだから・・・中国にいってビジネスやってるバカや中国人を雇っている盆暗は責任とって盾になってよね。ったく、田中角栄ってのはつくづくとんでもないヤツだったってことだな。日中国交回復をしたあいつの責任は免れないだろう。中国、韓国の代理の朝日新聞、毎日、日経新聞をいまだに購読しているやつも同じくミサイルの盾になってくれ。まあ、その前に中華帝国は崩壊するだろうけど。

それにしても、ここまで韓国が中国に属国化してしまっているのはすごいね。完璧に中国の省のひとつみたいなもんだ。まあ、貿易の20%以上を中国に依存してしまっているわけだから、もう後戻りはできないだろう。中国崩壊の前に確実に韓国崩壊だね。

http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu

赤峰和さんのブログ これも必読です。

以下貼り付け

2011年10月、欧州の金融危機が深刻化して「3度目の通貨危機」におびえた韓国が、日本に日韓通貨スワップの限度額を、30億ドル(約2947億円)から300億ドルに拡大するよう要請しました。

国民資本の蓄積が不十分な韓国は、わずかなきっかけで通貨危機に陥ります。かつての97年のアジア通貨危機、08年のリーマン・ショックと、2度も通貨暴落の憂き目に会った韓国にとって、日本との通貨スワップ枠の拡大は、通貨危機に対する「抑止力」としての効果があったわけなのです。

しかし、韓国の考え方は、経済評論家の上念司氏によれば、「韓国の態度は、困った時には救いの手を求め、困った状況から脱したとたんに『バカにするな』といってその手をはたく」というように、恩を平気で仇で返してしまうのです。それが度重なるものですから、2012年10月に限度額拡大の時限措置が終了し、さらに2013年7月に日韓通貨スワップ自体が協定満期となり終了する形となりました。
(ただし、チェンマイ・イニシアチブに基づく双方向スワップが、日本側100億ドル、韓国側50億ドル残っています。期限は2015年2月)

この2013年の日韓通貨スワップ協定打ち切りは「韓国側が延長を申請しない」ために決定したものですが、実は、韓国政府としては、のどから手がでるほどほ欲しくてたまらなかったようですが、ウリジナルのプライドでガマンしていたようです。それは韓国の新聞論調にはっきりとでています。
http://news.livedoor.com/article/detail/7014665/ 

韓国の本音はいつものことながら、「日本が過去の反省をして通貨問題にしろ、なんにしろ、土下座してお金を差し出してくるのは当然、それを韓国は仕方なしに受け取ってやる」という考え方なのです。本来は、欲しくてたまらないのに、自分からは、「お願いですから」と懇願はしない。これがウリジナルとしてのプライドなわけです。それを日本に気づかせるために「日本が悪い、すべて日本が悪い」と発信し、海外にまで「告げ口」外交をして、日本が土下座して擦り寄ってくるのを待っているわけです。

つまり、韓国はお金がほしいあまり、あらゆることに難癖をつけて非難しつづけて、日本からお金を差し出させては一瞬だけ沈黙し、またなくなれば騒ぎ立てるという国家であり、国民性だということなのです。

しかし、それは、もう日本政府も、日本人の大部分も学習してきました。このような人たちに、日本国民の大切な税金を渡すようなことは。もう、してはならないとわかり始めました。韓国の「もっと、もっと」という「欲望」を燃え上がらせてしまえば、韓国のみならず、地球人類全体にとっても悪影響を及ぼすものとなります。人間の精神を堕落させてしまいます。

だから、日本政府も、また多くの日本人も、それに気がついたからこそ、韓国の要求を無視しているわけです。

以上、貼り付け終わり。

今までの奇妙なプライドだけでなく、中国の属国化したので、よけいに日本に助けを請うのは無理になっているのだろう。我々としては非常によろしいことである。

とにかく、中韓には係わらないことが非常に重要なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

XP問題

WindorsXPサポートが4月9日に切れる。これで大変な苦労をされている企業が多いと思う。年配の個人ユーザーも大変であろう。XPは実に扱いやすいOSで、管理人もやはりしっくりくるのはXPで、7はとても使いづらい。カネを払えばXPをまだまだ使えるようにしてくれるなら喜んでカネを払うという人は多いのではないか。管理人もそうである。Windors7の10倍のカネを払っても使えるのならば喜んで払おうと思う。マイクロソフトは実にバカなことを決断したものである。ある程度のカネを払えば10年間サポート延長にしたら、確実にマイクロソフトをユーザーは応援するだろう。しかし、今回のサポート終了で、これで確実にマイクロソフトの将来は無いだろう。

管理人の事務所にはたくさんパソコンがある。たった一人なのに。XPのパソコンはいまだ現役で、メインに使っているのが実はXPなのである。それの退役は今月末を予定している。今回は事務所発足当初にメインとして使っていたノートPCの交換である。事務所発足当時はノートPCで図面を描いていたのだ。いまはハイパワーPC3台を同時に使って描いているが、隔世の感がある。

02


いまは、たんにメールを見るだけのPCになってしまっている。いや、正確に言うと、メールが来たのを確認する、メールのお知らせのためだけ。このノートPCでメールの内容を確認することはしない。Gmailならば、i-padかi-phoneで内容を確認するし、事務所へのメールならば、別なPCのOutoLookで確認する。それだけのための専用PCなのである。なんと無駄な・・・と思う人もいるだろう。でも商売って信用第一だから、お客さんからの連絡はすぐにわかるようにしなければならないと思うわけで。住処もそのような体制になっており、寝てる以外はすぐにメールがきたら判るようになっている。

03

たまには緊急のメールが来ることもあるので、この老体のメール専用になったノートPCも実に重宝していたのである。しかし、今回のサポート終了で残念ではあるが退役である。実に8年も使った。このPCには感謝である。よくもこれだけ保ってくれたものだ。有難い。

新しいPCが届いた。

01

メール専用なので安価なノートPCにした。なんと3.6万円。実に安い。OSはWIN8である。WIN7は6万円。8は3万6千円。8のほうが安いのである。ツクモデンキの店員さんが、本当に8でいいのですか?って、聞いてきたが、まあメール専用だし、怖いものみたさで8にした次第。あまりに気に入らなかったら、だれかにプレゼントしたらいいしね。普通の人ならば問題なく使えるだろうしね。

早速開梱。ずいぶん梱包も進化したようだ。かなりまとまっている。

04

電源投入す。バッテリーは装着しない。だってメール専用だから持ち運ばない。持ち運び用のノートPCはSSDモデルで軽量のものを持っている。

05

立ち上げる。

06


早速違和感・・・・・

あまりに以前と違って実に使いづらい・・・・・7より人気が無いのもよく判る。7より8搭載のPCが安価なのはOS費用が限りなく0円に近いのではないか?たぶんPC本体が3.5万円くらいで8のOS費用は1000円にも満たないのではないか?同じクラスの7搭載PCが6万円だから、その差はOS代であろう。タダにしても売れないOS・・・たしかにこりゃあダメである。

なんとかGmailを閲覧できるようにできてセットアップ終了。

07

使いづらいから、他のソフトは入れないでメール専用。ただ黙って、来たメールを表示してくれるだけでよろしい。あとはなにも期待しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

t先生のカメラ(引渡し完了編)

事務所の顧問のt先生。2月3月は企業の決算時期なので、超多忙。さすがにこの時期には顧問との連絡も途絶える。そんな超多忙の真っ最中にカメラを見つけてしまう管理人。t先生、カメラを引き取りに来たいのだが、顧問している企業がわんさか決算である。決算って大変なんだよね・・・だからカメラを引き取りにも来れない。

週末、なんとか時間が取れそう!との連絡が。それで念願の「いちがんれふ」とのご対面!

ご満悦のわが顧問

001

一応、このカメラの基本的な使い方を説明するが、相変わらず、判っているんだか判っていないんだか・・・

でもご満悦らしい・・・

「いちがんれふ」げっとの記念に顧問が買ってきてくれた日本酒と記念撮影

002


顧問のカメラを持つポーズが変わらない・・・

某大手スーパーゼネコンのお偉い友人がくれたお土産。鯖の糠漬け。これが日本酒にベストマッチ!

003


実に日本酒に合う。

さすがに顧問も酔ったか?カメラを手放した。

004

それはちょっとの間であった。またカメラを手にし、喜びの表情。写真ではストラップが付いているが、最初の顧問にストラップの付け方を、それもニコン式を伝授したのだが、いくらやっても向け落ちる・・・あのねぇ・・・結局、管理人が付けた。

005

いったい何を話したのか、ただ日本酒の720ミリリットル3本を二人で空けて・・・

顧問のお帰り。カメラ、帰り道で無くさないでね。

006


管理人といえば・・・すっかり酔っ払って・・・気がついたら事務所で朝を迎えてました・・・

無事、引渡しを終えました。顧問、喜んでもらえたみたいで良かった良かった。

二週間前、どでかいプロジェクトの設計アップ。それからこまごま調整して、それで本日、またけっこう大きなプロジェクトをアップ!管理人、働いてるぜ!来月中にはやや大きなプロジェクトもアップしなくてはならない・・・アベノミクスは恐ろしい・・・すごいぜ安部さん!!!

多忙の合間に、またカメラの聖地、西新宿に行ってきた。まだ悩んでいる・・・・・ペンタのKはいいよね・・・ニコンはソフトも全てあるから楽だけど・・・嗚呼・・・

それから秋葉原に移動してXP問題の対処 なんとかなりましたね。 それが終わってヨドバシでカメラを触りにしったら、タムロンのナナニッパ(70-200ミリF2.8)がニコンのD600に付いていたので触ってみた。やっぱすごいね。ななにっぱ。ピントは音も立てずに瞬撮。アムロレイじゃないけど、「圧倒的じゃないか!」だね。大きさも圧倒的だけどね。管理人は被写体が無いので買わないけれど、お遊戯会にはベストだと報告しておきます。

t先生への引渡しも無事終わり、ビッグプロジェクト2件が終わって、かなりほっとした管理人でございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »