« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月25日 (土)

選挙で初めての寄付

東京都知事選挙ですねぇ。何をとち狂ったか、細川氏が出馬なんて、大笑いである。陶芸やってればよかったのに。あんたが9ヵ月で政権を放り投げたからいままで政治のカオスが続いているんだよ。まったく反省もないのは単に頭が悪いから。まともな思考回路があれば出るわけないでしょ。小泉さんが応援するっていうんで、もしかしたら勝てるかも?ってな浅はかな考えだろう。でもこんなのに入れる情報弱者もいるんだよね。「紳士でかっこいい!」とか・・・ただの無能な盆暗なのだけど、情報弱者はなにも調べたりしないからね。ただ印象だけ。それもマスコミに印象操作されたのをまともに信じてしまうんだよね。小泉さんのときに多少は話題になったB層である。バカはやっぱりバカで、また今回もそれを狙ってるんだね。でも大笑いなのが菅直人元首相が細川氏を応援するって。細川陣営にしたら大迷惑だろうね。

毎日新聞が舛添が一歩リードなんて煽ってやがる。ヤツは知名度なら自分が一番だと、自民党を離れて落ちぶれたのを、東京都知事になって、復活ってのがミエミエ、。それにオリンピックもあるしね。石原さんと猪瀬さんの殊勲なのにそれを掻っさらおうとする、実に汚いのがコイツなのだ。こんなヤツにも投票するヤツがいるんだろうな・・・小泉さんの息子、いいこと言った。「舛添氏は自民党を足蹴にして出て行った人。だから応援はしない」と。ちょっとびっくりだね。石破さん、経世会系だからかね。中韓寄りだからって、それで舛添応援はマズイだろ。石破はもうダメだね。これでバレバレだよ。

今回、田母神さんの応援のために初めて寄付というものをした。ほんのすこしだけだけれど、東京のため、日本のためには田母神さんに知事になってもらわなきゃ困るからだ。まあ、三橋くんのブログで、選挙ってのはいかに大変なのかがわかったしね。以前、友人から頼まれて、ある議員の後援会に入ってくれってことで一年分だけカネを払ったけど、その後の選挙応援はまったく無視。年末に面倒な新巻を送ってこられて碌な事が無いしね。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11756678473.html

以下、貼り付け

知人、友人の子供や孫のために、大人は彼らの未来を明るいものにする義務があるのだ。
なんでこんなことブログに書かなきゃならないんだって・・・フェイスブックって知人や友人関係でのやりとりなんだよね?
そのフェイスブックに「細川さんって紳士!でも舛添さんもいい」とか、「田母神さんはないだろう。私的にだけど」とか・・・友人、知人は建築やデザイナー系が多いのだが、おいおい大丈夫かよ?いや、大丈夫でないな。マジ心配になるよ。少しは本を読めよな。
大人がちゃんとした歴史認識を持たないと、未来の子供達が不幸になるのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

日本人必読の「余命3年時事日記」

日本人必読と話題のの「余命3年時事日記」ですが、昨年、誠に残念ながら作者のかずさんが亡くなられたとのこと。それでこのブログも閉鎖かと・・・しかし、有志の方々がこのブログをそのまま開設し、それに遺稿記事などを再掲載してくださっている。実に素晴しい。かずさんの遺された正しい文章は多くの日本人への最高の遺産となる。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/

今日、山手線で、その遺稿記事を読んでいたら、ちょっとびっくりした部分があった。

兵の強弱と全滅の定義(遺稿記事)

抜粋して貼り付けする。

朝鮮戦争勃発時、そのきっかけとなったのは韓国軍10万で日本全土占領という目的で南方に移動していた軍の輸送待ちをとらえた北朝鮮軍の侵攻であった。当初は中国は介入していなかったのにもかかわらず一気に釜山まで追い詰められたのはそれが原因であった。これは米軍にも極秘の作戦だったのである。もし実現していたら日本は悲惨なことになっていただろう。このような経緯を知る自衛隊は韓国軍を嫌悪し殲滅演習を繰り返している。その原点がここにある。
資質の問題は戦闘そのものについて大きな影響を与える。戦闘部隊が交戦において被害を受けたとき、その被害状況の認識、判断をするのは総合的な状況を把握できる部隊中枢であるが、現実には前線戦闘部隊の兵士の戦意にもろにあらわれる。

*文字強調は管理人

かなり山手線内で一人でびっくりしてたのが

韓国軍10万で日本全土占領という目的で南方に移動していた軍の輸送待ちをとらえた北朝鮮軍の侵攻

いう文章である。あまりにタイミングが良すぎないか?ってことである。朝鮮動乱の内容には、ねずさんのひとりごと http://nezu621.blog7.fc2.com/  2011年10月21日の記事

李承晩と朝鮮半島の歴史に詳しく記載されているので、興味がある人は是非読んでみてください。

以外に判っていることは、在日北朝鮮人ってかなり少なくて、実は在日の殆どは韓国人なんだよね。朝鮮動乱のときのボートピープルで密入国したのが殆どで、そのときには日本はサンフランシスコ講和条約の前で、日本は独立していないから警察権もなかったのだよ。それに乗じて不法入国の韓国人がやりたい放題したからパチンコ屋が駅前にあるんだよ。

下記 wikipedia より貼り付け

朝鮮戦争(ちょうせんせんそう、1950年6月25日 - 1953年7月27日休戦) 

、「サンフランシスコ条約」「サンフランシスコ平和条約」「サンフランシスコ講和条約」などともいう。1951年(昭和26年)9月8日全権委員によって署名され、同日、日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約も署名された。

ちゃんと時系列でも合っているでしょ。

以下、李承晩ライン

1952年1月18日朝鮮戦争下の韓国政府は、サンフランシスコ平和条約の発効3ヶ月前に、突如としてマッカーサー・ラインに代わるものとして「李承晩ライン」の宣言を行った。これに対し日米両政府は非難の声を挙げたが、日韓間に国交がないことから、その解決には長い道のりを要することとなった

1951年の朝鮮動乱が膠着状態になって、それで 李承晩は 突如、ラインを制定して竹島に攻め入ったんだね。 金丸信が防衛庁長官だったし 

とりあえず時系列はちゃんと把握しないと頓珍漢になるので、一応、貼り付けしました

板垣英憲氏のけっこう、トンデモ記事に http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/8689727666cb8e7902736f2637b4d195

以下、貼り付け

中央追悼大会の司会進行役は、「第2の日本・北朝鮮建国の父」金策・元副首相(日本名・畑中理、大日本帝国陸軍の残置諜者)の二男・金乙男・党書記が務めた。兄の金国泰・党中央政治局委員(1924年8月27日~2013年12月13日、労働党中央委員会書記局書記=幹部養成担当、党中央委員会検閲委員長などを歴任)ともども、金正恩第1書記=元帥の叔父に当たり、「影の軍団」の中心的存在であった。

「第2の日本建国の父」金策・元副首相の長男、金国泰・政治局員らが張成沢の「クーデター」を未然に防ぐ

2013年12月16日 03時43分52秒 | 政治

 

◆「第2の日本」である「北朝鮮建国の父」と言われる金策・元副首相(本名・畑中理、大日本帝国陸軍の「残置諜者」)の長男である金国泰・政治局員(1924年8月27日生まれ、党中央委員会検閲委員長)が13日、急性心不全などのため死去、89歳だったという。
 金国泰・政治局員は、咸鏡北道清津市で生まれる。万景台革命学院から、金日成総合大学卒業。モスクワ総合大学へ留学。1963年8月に朝鮮人民軍総政治局副局長(中将)になる。1967年11月から最高人民会議代議員、1976年6月に金日成高級党学校の校長、1983年3月に党宣伝煽動部長、1992年12月に党中央委員会書記局書記(幹部養成担当)、1993年1月に党幹部養成部長、2011年12月に金正日の国家葬儀委員会のメンバーとなり、党中央委員会政治局員、党中央委員会検閲委員長であった。
 金正恩第1書記=元帥(背後に女帝)が、叔父・張成沢・国防副委員長が首謀した「クーデター陰謀計画」を未然に防ぎ、機関銃により銃殺処刑、遺体に火炎放射を浴びせて処分した一連の過程で、金国泰・政治局員は、「反党・反革命分子の弊害を清算する戦いを繰り広げた」と党中央委と最高人民会議常任委員会からその功績を称えられたという。
◆金策・元副首相(1903年8月14日~1951年1月30日)は表向き、咸鏡北道城津郡(現・金策市)鶴上面水使洞で貧農の子として生まれ、本名は金洪啓と言われている。家族とともに間島に移住、成長してから、抗日パルチザン活動に身を投じ、金国泰・政治局員が1924年8月27日に生まれたとき、21歳であった。その後、弟・金乙男(北朝鮮政府高官の地位にある)も生まれている。金国泰・金乙男兄弟こそ北朝鮮「第3金王朝」の「裏天皇」的存在である。
 1927年4月7日に朝鮮共産党火曜派に参加、1930年6月、中国共産党に入党。1936年8月、中国東北抗日聯軍第3軍4師政治部主任、第3路軍第3軍政治委員・中共北満省委書記となるも、日満軍警のパルチザン制圧作戦を逃れてソ連に亡命、1940年、ハバロフスク会議の前後に、金日成(本名・金聖柱、4人目の金日成)と合流し、教導旅団(第88特別旅団)第3大隊政治委員となる。間もなく、金日成の2番目の正妻・金正淑(1917年12月24日~1949年9月22日=毒殺)と懇ろになり、「不義の子」金正日(1941年2月16日~2011年12月17日、ロシア名・ユーラ)が生まれる。金策・元副首相は38歳だった。金正淑は、金万一(ロシア名・シューラ=水死)、金敬姫(後に、張成沢の妻、朝鮮軍大将)をもうけている。
 1945年、金日成らとともにソ連軍(赤軍)に同行して帰国し、大日本帝国陸軍の「残置諜者」として、米国との戦いに臨んだ。朝鮮共産党中央委員会政治局委員を務め、1948年9月、朝鮮民主主義人民共和国を建国し、副首相兼産業相に就任、1950年6月25日、朝鮮戦争勃発時には朝鮮人民軍前線司令官に任命されて、1951年1月31日、戦争中に死亡、47歳だった。その後、「共和国英雄」として功績を称えられたと伝えられている。
金策・副首相が死亡したとき、金国泰・政治局員は、27歳だった。ただし、金策・元副首相は、1951年1月31日以降も生きていて、金日成を背後で操り続けていたという説もある。

以上、貼り付け終わり

板垣英憲さんの記事って あまりに突飛なところがあって トンデモだけど もしも上記のナンバーツーが元日本軍人だったならば、北が南に侵攻したタイミングが合うんだよね。それに板垣さんって、防衛大学出だから 歴史認識はまともだろうし、それに、余命3年時事日記の気になった記事の 「このような経緯を知る自衛隊は韓国軍を嫌悪し殲滅演習を繰り返している。その原点がここにある。」これは当然、知っていると思うからね。

とにかく、「余命3年時事日記」は是非とも読んでもらいたい 必読ですよ。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

酷いNHK

今、ニュースウオッチ9というNHKのニュースを点検(あくまで点検である。視聴ではない)したら例のおおすみの事故の件で、大越キャスターの悪意ある解説者への質問が酷い。釣り船がおおすみの左後方から追突されたのに、おおすみ側の見張りがなっていなかったとか、解説者への誘導尋問である。解説者にはバイアスがかかっているだろうから、衝突事故は双方に問題があるなど、まったくの出鱈目を言っていた。お前、テレビで、そんなバレバレのウソを言って、これから街を歩けるのかね?

自動車事故の場合、側面や後方からの追突は、追突したほうが100%過失になります。これは誰もが知ってる常識。左後方から追突されて、ましてや巨大なおおすみが逃げられるかよ。宇宙戦艦ヤマトじゃないんだから。

NHKにはびこる反日勢力が、今回の事故を、これチャンスとばかりに日本、自衛隊を貶めるために偏向報道をする。反日は日本円を受け取る権利は無い。なのでNHKにはお金を払う必要は無いのである。この国を貶めることをしている勢力なので当たり前だ。なのでNHKは視聴するのではなく点検するだけでよろしい。それでも視聴料を掠め取ろうとするならば、是非とも電波にスクランブルをかけてくれ。そうなれば点検もしないから。

こんなわが国を貶めるような放送をして、よくもまあ、日本国民放送と名乗り、それでいて視聴料を徴収するというのか。

反日バリバリの朝日新聞、毎日新聞、東京新聞は日本円を受け取らないで、ウォンか人民元で購読料を徴収したらよい。日本円は使わないでほしい。

NHKもそうで、ウォンか人民元での支払いにしたらよい。

このようなNHKの酷さを情弱は見抜けないんだよね・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

情弱は困る

フェイスブックで、たぶん建築家かインテリアデザイナーの人が

「細川元首相が紳士。カッコイイ。でも升添さんもいい」 などと・・・これだから情報弱者は困るのだ。建築家やインテリアデザイナーが情報弱者だとヤバイだろうに・・・

情報を得る手段がわからないのか・・・

こんなのとか見ないのだろうね

エネルギー安全保障を理解した東京都知事の誕生を!

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

細川護煕「日韓併合は強制!天皇は早く訪韓を!外国人に参政権を!朝鮮茶碗に心酔」・都知事選出馬

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5321.html

舛添要一も朝鮮飲み!動画有り・逃走中の強姦魔、杉本裕太は、しばき隊の山口祐二郎の友人・画像

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5320.html

嗚呼・・・猪瀬さん、辞めなければ・・・・・

はっきり言って、升添だけは困る

下記を読めば納得してくれると思うのだが・・・

http://www.news-us.jp/article/385129720.html

http://www.news-us.jp/article/385097838.html

http://www.news-us.jp/article/385036170.html

テレビと新聞しか情報を取れない情弱や、池上彰の言ってることが正しいと思っちゃうような知識不足な人は実に困った人たちである。

朝日新聞の実体を赤峰和さんがブログで紹介しております。

http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/e/fac60d4f36d175addf0746e9af11eed9

一部、貼り付け

明日の記事で詳しくお伝えする予定ですが、朝日新聞の発行部数はわずか280万部(新聞社発表760万部)にしかすぎません。これでは、朝日新聞社の経営は成り立ちません。

しかも、情報をお寄せくださった方の「朝日が発行部数を落としているにもかかわらず潰れないのは、朝日が中国の国営メディアだからです」との情報は十分に納得できます。これが真相でしょう。

それと、伝聞情報ではあり、あまり詳細には言及できませんが、「朝日新聞社はかつての右翼からの襲撃に懲りて反社会勢力を後ろ盾にして、右翼からの攻撃を防いでいる。そのための経費もかかる」とこれは、その方面の筋に詳しい人から聞いたこともあります。

「正義」を振りかざすマスコミが、とくに、一番正義を主張する朝日新聞が、このような低いモラルであることは大変嘆かわしいことです。


さらに、NHKに至っては、日本国民から受信料をとっている公共放送にもかかわらず、中国のための報道機関になっているのは誠に嘆かわしいことです。日本人からの受信料をとるのはやめて、莫大な人数のいる中国人から受信料をとるのはいかがでしょうか。

そうすれば、国会からの監視もなくなり、視聴者からの批判もなくなり、しかも、経営が安定する一石三鳥にもなるのではないでしょうか。
再び、受信料不払いの運動をはじめるべきではないでしょうか。

以上、貼り付け終わり。

これだもね。中華人民共和国がスポンサーだから偏向報道するんだよ。田中角栄以降の自民党経世会のスポンサーも同じ。

みんなちゃんと情報を集めてほしいものだ。

若い人達はネットで情報を集めているから、もう新聞やテレビに騙されなくなってきているから、彼らが選挙へちゃんと行ってくれればいいんだけど。

嗚呼、情弱は困る・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年元旦

あけましておめでとうございます。

今年も例年通りに午前中、神社へ参拝。日本人ですからね。三田の春日神社は人が少なくて並ばなくてよいので快適。

01

元旦なので桜田通りも車が少ない。

02

まったく商売になっていないと思われる田町駅近くの謎のケバブ屋。いつもまったく売れてないのに元旦から店を開けている。実に不思議だ。以前、この場所はたい焼き屋だったことがあるが、けっこう売れていた様子だったが半年で閉めて、それで現在の謎のケバブ屋になったんだけど、もう2年近く続いてる。ケバブが売れているのを見たことないのだが・・・不思議である。

03

三田、芝、田町周辺のパチンコ屋を点検す。なんとどの店も全てガラガラである。かなりびっくりした。大晦日、三が日はパチンコ屋の稼ぎ時で、常に満員御礼だったのだが、都内の日本人の意識が確実に変わったのだ。間違いない。元旦にガラガラなんて、これから確実にパチンコ屋は倒産だね。日本人の在日に対する意識の現われだろう。元旦にこれだけ客が少ないパチンコ屋は初めて見た。まあ、管理人もすっかりパチンコはやらなくなったが。

04

元旦から不思議な光景。何故か歩道ではなく道路を歩いている。

05

タクシーの乗るつもりか?でもその後、道路を渡り歩いて行った。不可思議だ。

06

元旦早々デンジャラスな二人乗り。

07

まあ、正月は車が少ないから。とくに芝浦近辺は人も車も少ない。

08

パープルのV-MAXに同じ色のジャンパーを着せた息子を乗せたかっこよいライダー発見。かなりいけてるお父さんだね!いい趣味してる!!!

09

元旦早々、中国ニュース。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000888-yom-int

中国軍、有事即応型に…陸海空を統合運用

読売新聞 1月1日(水)8時32分配信    

中国軍、有事即応型に…陸海空を統合運用                     

読売新聞

 中国軍が、国内に設置している地域防衛区分である7大軍区を、有事即応可能な「5大戦区」に改編することなどを柱とした機構改革案を検討していることがわかった。

 5大戦区には、それぞれ陸軍、海軍、空軍、第二砲兵(戦略ミサイル部隊)の4軍種からなる「合同作戦司令部」を新たに設ける。複数の中国軍幹部などが明らかにした。

 これまでの陸軍主体の防衛型の軍から転換し、4軍の機動的な統合運用を実現することで、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海や南シナ海での制空権・制海権の確保に向けて攻撃力の強化を目指すものだ。新型装備の増強に加え、運用の近代化が実現すれば、日本や米国の脅威となるのは必至だ。

 軍幹部によると、5年以内に、7大軍区のうち、沿海の済南、南京、広州の3軍区を3戦区に改編して、各戦区に「合同作戦司令部」を設置し、それぞれ黄海、東シナ海、南シナ海を管轄する。東シナ海での防空識別圏設定と連動した動きで、「『海洋強国化』を進める上で避けては通れない日米同盟への対抗を視野に入れた先行措置だ」という。その後、内陸の4軍区を二つの戦区に統廃合する見通しだ。現在も演習などの際には軍事作戦を主管する戦区という呼称を一時的に使っているが、戦区に改編することで有事即応態勢を整えることになる

以上、貼り付け終わり。

えーっ 七軍区→五軍区へ!? そりゃ無理だろう。中国って北と南じゃ言語も違うし、共産党中央が解放軍を統制できていないし。これは夢物語でしかありえないだろう。

この頃いけてる産経の記事。東京新聞も一時期良かったときがあったがいまはすっかり朝日、毎日と同じ中共、朝鮮新聞になっちゃたが、産経だけが何故かまともになり夕刊フジまでまともになっている。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140101/wec14010104010000-

n1.htm

専制君主制は必ず滅ぶ 中国“2017年崩壊説”

 午年は“馬九行久(すべてが、久しく、上手く往く)”といわれ、縁起の良い平成26年を迎えるにあたり、日本人が自信さえ取り戻せば、経済にとっても、国家政治外交にとっても、この国が活路を見出して世界リーダーの一角を占めるように成り得るチャンスが大きいと思っています。

 米欧のリーダーシップに陰りが出始め、それにとって代わろうと焦る中国も「専制君主制は必ず滅ぶ」という歴史の轍を踏み始めているように考えられるからです。近時の史実を振り返ってみても、ナチスドイツがベルリンオリンピックのあと9年後に、ソ連がモスクワオリンピックのあと、同じく9年後に消滅しております。この伝で行くなら、2008年に北京オリンピックを開催した中国は2017年に体制崩壊すると予測されるからです。そうなるのを待つまでもなく、やはり新興アジアのリーダーとしての日本への期待と憧れは、世界が注視するところでありましょう。現にそうした論評を、内外でちらほら目にするようになっております。

一部抜粋して貼り付け

いやはや、まともなごもっともの記事でございます。ちょっと前、3.11以前ではお目にかかれなかったような真実の記事。変わったねぇー日本も。

日本人はすっかり覚醒したようである。靖国の英霊も喜んでくれていると思う。

まあ、そんなこんなの2014年、元旦のブログでございました。


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »