« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

大晦日

昨日、業務を終了し、ブログネタ7連発をしたわけであるが、本日は大晦日である。激動の2013年も終わりだ。昨日は事務所の大掃除だったが、本日は住処の大掃除と懸念事項の是正である。

懸念事項 ウオッシュレットの便座の取り付けが外れたのか、斜めになって納まりが悪い。時間があれば修正しようと思っていたので、例のインテリアのデザインが決まらず、年末年始に仕事が出来ないので、その懸案事項に着手した。相手はINAXのウオッシュレット。先ずは少しづつ分解。師匠のDr.Mcの「先ずは把握!」という言葉を念頭に慎重に分解。でもなかなかちゃんと分解が出来ない。トラブルの原因は便器と便座の取り付けの部品の片側が外れかかってたのは理解できた。その部品の勘合もある程度理解できた。でもその部品がどうしてこんな組み方なのか?設計思想を理解しなくてはそれが判らない。いったいどうなってるんだ?どうしてこういう考えで作ったのか?それを理解するまでに小一時間・・・陶器製の便器とプラスティック製の便座を結合する部品がプラスティックのボルトとゴムのナット。けこうちゃちな造り。そのボルトにT字方の勘合部品が付いていて、便座の受け側にはめ込むという考え。全部ばらそうとしても水の管があるのでそう簡単にいかなくて・・・おまけに温水の管もある・・・なんとかボルトを緩め、T字をベースに勘合しボルトを締める。上手くフィニッシュできない。何度か試行錯誤を繰り返し、答えが見つかる。この考え方は若い頃、Dr..Mcに叩き込まれたのでナチュラルにいまでも普通に出来る。Dr.Mcに感謝である。結局、1.5時間で懸案事項は解消。把握に小一時間、解消に。0.5時間ってところだ。いつもはマウスとi-padしか触らないので久しぶりに指を使ったので指先が痛い・・・

その後、ユニットバスと台所などの清掃をし、大掃除終了。ダイソンの掃除機は大活躍であった。

懸案事項の解消及び大掃除が比較的順調で、大晦日、元旦のための食料の買出しまでの時間が2時間ほど余裕が出来たので、小バイク、シバウラ号の清掃に着手す。

先ずは埃を落とし、それからワックスである。師匠のDr.Mcに再生、進化、調律してもらう前は放りっぱなしだったのだが、手を入れてもらってからは年に2回程度は清掃するようにしている。右フロントフォークに油漏れがやや見受けられたが、まったく問題が無い。ただ表層を清掃するだけであるが、きれいになると気分が良い。

01


昨年までは両隣にスクーターが駐輪してたのでスペースが無かったが、今年はそれらが無くなったので快適である。

02

エキゾーストがやや錆びてきたが、ドライブチェーンもちゃんと油脂が残っている。(2年前、Dr.Mcの指摘の一番最初はドライブチェーンである)

03


メイドインチャイナと思われるヘッドライト、鍍金が薄くて脱脂もいい加減だからか錆びが浮いてきた。ワックスをかけてピカピカに仕上げる。でも錆びは残るねぇ・・・

04

この頃は白金ブックセンターに行くだけにしか、それも年に何回かしか乗っていないけど・・・

今年もあと3時間程度。どこの書店でも置いてなくてAmazonで購入した鈴置高史氏の「朝鮮半島201Z年」というフィクション小説?を読み終わった。限りなくノンフィクションな内容なので、当たり前に後ろから読んで中盤は残してたんだけど、大晦日だからその中盤を読んだ。読む本は50冊くらいストックしてあるから時間が余ることは無い。

あっと云う間の一年でした。来年はもっと速く過ぎるのかもしれません。年々加速していきますからね。年齢ともにね。

ご清聴、ありがとうございました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

肉食獣と赤ワイン

今年、最後のネタ

大魔人が食べ飲み放題のチケットをゲット!まあ、大企業の部長ですから、いろんな方面からの協賛要請があるのですよね。

それで管理人も御呼ばれいただいた。メンバーは大魔人、きれいなおねえさん、肉食獣、それにえっちの5人である。

01_7

まだ大好物の肉が出てきてないのでおとなしい獣

02_7

肉食獣の大好物!肉!登場!

03_7

嬉しくて堪らないらしい・・・

04_6

もう肉に夢中みたいだ

05_7

おとなしく宴は進んでいたのだが・・・ここで事件発生!なんと赤ワインが肉食獣を襲う!肉食獣の白いYシャツが赤く染まる・・・

06_6

赤くなっちゃいました~ まるで驚かない肉食獣

07_6

赤ワインをかけられたのに笑顔でまったく怒らない、講道館柔道三段の肉食獣

08_4

犯人はこの男。赤ワインを頼んだら、グラスを倒してしまったのである。水を飲んで贖罪しているつもりか・・・

09_2

記念撮影。柔道三段の肉食獣は、いまだにニコニコ笑ってる。

10_2

繰り返す。犯人はこの男

11

今年最後のネタでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座美食パーティー

今年も大魔人の計らいで、銀座美食パーティーの御呼ばれさせていただいた。

大魔人、きれいなおねえさん、管理人の3人で行ってきた。

これがメニュー

01_6

一番最初の料理。実に美味しい!フォアグラだ!豪華!

02_5

次、2番目。鱸(スズキ)と子持ち昆布 美味い!

03_6 

大魔人ときれいなおねえさん

04_5

3番目、ブイヤベース?ホタテだよねこれ? 美味しい

05_6

次、4番目 ローストビーフ 美味い!もうお腹いっぱいである。

06_5

最後にデザート。管理人、甘いの苦手・・・

07_5

実に美味しくて愉しい、銀座美食パーティーであった。有難き幸せである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスチャリティー

小田原の宮司にクリスマスチャリティーショーの演出協賛を頼まれて、それで大魔人に助けてもらった。最新のムービングライトにビデオプロジェクタームービングライトなどフルスペックの協賛!あまりに凄い!仕込みは太っちょのいた橋君。実に豪華である。さすが大魔人!

01_5

壁一面に画像を照射!凄い!!ハイエンドシステム(今はバルコ)のDL3(ビデオプロジェクタームービングライト)!

02_4

作品風写真も一枚

03_5

今回も一眼レフは重いのでやはりミラーレスを持ち込んだのだが・・・会場があまりに暗くね・・・明かり屋さん、暗すぎるよ・・・ぜんぜんミラーレスではぶれちゃって撮れない・・・

04_4

白井貴子って昔、何曲かヒットした人が特別出演で唄ってた。ここでもぶれぶれ・・・

05_5

画質は悪いが、コンデジのほうがなんとかぶれずに撮れている

06_4

やっちまった・・・一眼レフを持ってきゃよかった・・・反省である・・・

07_4

次の日、綺麗な紅葉が。

08_3

やっぱりNIKON Df しかないかな・・・と思う今日この頃であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショウ

2年に1回の東京モーターショー、今年も行ってきました。会場がビッグサイトで小さいので混雑が物凄く、それでいてチケット売り場が物凄く混むので入場するまでかなり時間がかかるのだが、今回は30分ほどで入場することが出来た。運営側も前回の反省があったのだろう。実によろしい。

今回、持ち込んだカメラはNIKON V1 という、1インチサイズの撮像素子のミラーレス一眼である。管理人の一眼レフって画像は物凄いけれど重くて・・・・・手軽には持って歩けない。もっぱらインテリアの完成写真撮影用である。やっぱりお手軽なカメラを選んでしまう・・・こんな人がいっぱいいるところでカメラ+レンズで3キロ近いものを振り回すのは老体には無理である。30分保たないであろう。

01_4

やっぱミラーレスではかなり厳しい・・・感度を上げられないのでぶれる・・・

02_3

連写性能は凄いんだけれど・・・やっぱり一眼レフにはかなわない・・・おまけにカメラオヤジの禿アタマが写ってるし・・・

03_3

このくらい明るくて近ければなかなか撮れるんだけど・・・

04_3

条件が良いとそこそこ撮れる

05_3

前回、か前々回、スバルのブースで神々しかったコンパニオンさんが!髪型が前とは違うけど。

06_3

昔のF1も展示してありました。このカメラ、白系の被写体は得意みたいだ。

07_3

やっぱ、ある程度の性能を持った一眼レフじゃないと、ちゃんと撮れないのね・・・ちっちゃくて軽いカメラだったけど、2時間もするとかなり疲れて、出てきてしまった・・・

2年後はまたリベンジである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラグッズ

事務所の大掃除も終わり業務終了なので、今年アップできなかったブログネタを連発でアップ!本当は年内にやりきりたかった仕事がインテリアが決まらないので作業できず・・・来年どうすんだよ!来年早々ヤバそう・・・1月4日にはもう打合せで箱根に行かなくてはならないし・・・来年は今年以上に忙しいのは間違いない・・・

まあ、気を取り直してブログアップ!

今年の夏頃、友人「大魔人」のカメラをなんとか落札したが、それに伴い、グッズを用意してほしいとのこと。グッズ揃えを行った。下がその全容

01_3

なんといってもデジカメの命はSDカード。読み書きスピードが最速でないと、カメラの能力を完全に発揮できません。よってサンディスクのスーパーなSDカードをチョイス!これ最高!

02_2

大魔人のD7000、保護フィルムは前の持ち主が貼っていたのだけど、ちょっと曲がっていて大魔人は気に入らなかったようなので、貼えい替えのため導入

03_2

D7000はSDカードが2枚入るというプロ仕様なので、もう一枚はWifiでi-padに画像データを飛ばせるEye-Fi カードにする。これは最高に便利!管理人は3台のカメラに全てこのカードを使っている。一度使うともう手放せなくなる。

04_2

近所の中古カメラ店 松坂屋で見つけたカメラリモコン。なんと¥500-安価である。

05_2

新宿のマップカメラで予備バッテリーを購入。2本のほうが1本よりけっこう安くなる!

06_2

今回の目玉!55ミリ~300ミリの超望遠ズームレンズ!近所の松坂屋で購入。松坂屋さんて実に丁寧に接客してくれて、もとろん試し撮りをさせてくれる。そのボディがなんとニコンD300!店内でなくて外へどうぞなんて言われて、シャッターボタンを押したらば、カンカンカンカンと物凄い連写!まるでフェラーリのアンサのエキゾーストのような官能的なシャッター音!ヤ、ヤバイ!松坂屋がカードもOKだったら、D300まで一緒に買ってしまいそうだ・・・カードOKじゃなくてよかった・・・D300ってもろプロ機だからね・・・普通のカメラとはぜんぜん違います。なのでその後継機がいまでも望まれているんだよね。連写するとヤバイ。とても気持ちよくて確実に欲しくなってしまうから。

07_2

そうしてこれがバッテリーグリップ。先に予備バッテリーがどうして2本なのかといいいますと、2本で安くなるのと、このグリップにバッテリーをもう1台入れれるからなのです。Eye-Fiカードで映像を飛ばすと、バッテリーが凄く速く減っていくので、2本のバッテリーがあると超安心なのである。これはマップカメラで購入したのだが、マップカメラもちゃんと試写させていただけました。D7000に35ミリレンズ。このグリップをつけるとカメラが偉く見えて実にかっこよろし。バランスもばっちり。管理人のカメラにも付けたいのだが、あまりにもD800は大きくて重いので躊躇している・・・

08_2

その他に松坂屋で安価なサンパックのストロボを購入。これが全方向バウンスが出来る完璧仕様。そのストロボと超望遠ズームレンズを管理人のカメラに組んでみる。

09

それで試写してみる。カメラはフルサイズでレンズはAPS-Cなのだがニコンは自動的にクロップされるのでそのまま使えるのですよ。D800Eは超高解像度なのでとてもレンズを選ぶのであるが、アンテナがとても細かく撮影できている。実によろし。

10

その後、大魔人、孫の運動会でD7000と超望遠で使い、以前のD60+200ミリでは連写3コマでストップし、200ミリ(実質35ミリ換算で300ミリ)ではちょっと寄れなかったのが、今回いくら連写してもストップせず、それに300ミリ(実質450ミリの超望遠)で表情のアップまで撮れる様になったと大喜びの報告が。

初級機とミドル機ってもう全然別物なんだよね。ホント、感激するくらい違うのであーる。

ストロボは苦労しているみたい。ニコン純正ならばフルオートで簡単なんだけど、マニュアルストロボはけっこう難しいので。でも憶えるとカメラのテクニックが大幅に向上しますので、もうちっと我慢して頑張ってほしい。

喜ばれて、よかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新部長の憂鬱

12月、某空港のインテリア改修工事の完成検査。そこでスリッパや靴をきれいに片付けている人が・・・

01_2

大手インテリア設計事務所の部長さんである(笑)先日、新しく部長に昇進したようである。

02

「部長になったっていうのに、片付けしてるんだから・・・でもこういうの気になっちゃうんだよねぇ・・・」健気な部長であった。

03

そういえば、他の現場の検査でも、なんか毎回スリッパを片付けたり、現場の汚れをきれいにしたりしている。以外に几帳面な性格らしい・・・

04

頑張るものだ・・・

05

やれやれ・・・ひと段落したか・・・

06

いや、まだ気になるところがあるらしい。動き出した。

07

新たな気になるところを発見してしまったようだ・・・

08

新部長の憂鬱は続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本 その91

01

1、嘘だらけの日韓近現代史 倉山 満 著 扶桑社新書 ¥760-

2、間違いだらけの憲法改正論議  倉山 満 著 イースト新書 ¥860-

3、中国と中国人はこも五文字で理解できる 黄 文雄 著 ワック ¥895-

4、もしもの近現代史 扶桑社 黄 文雄 著¥1300-

5、アジア 反日と親日の正体 酒井 亨 著 イースト新書 ¥920-

6、安部晋三が日本を復活させる 渡部昇一・日下公人 著 ワック ¥895-

7、2013年後期の中国を予測する 宮崎正弘・石 平 著 ワック ¥895-

8、困った隣人 韓国の急所 呉 善花・井沢元彦 著 祥伝社新書 ¥820-

9、日本は史上最大の景気拡大に突入する 長谷川慶太郎 著 PHP ¥1500-

10、日本と世界はこうなる 2014年~ 日下公人 著 ワック ¥1300-

11、中国が世界経済を破綻させる 宮崎正弘 著 清流出版 ¥1600-

12、悪中論 中国がいなくても世界経済はまわる 上念 司 著 宝島社 ¥1300-

13、マッカーサーは慰安婦がお好き 高山正之 著 新潮社 ¥1400-

14、アカの他人の七光り 島地勝彦 著 講談社 ¥1500-

15、中国人がタブーにする中国経済の真実 福島香織・石 平 著 PHP ¥1400-

16、日本と世界を揺り動かす物凄いこと 増田悦佐 著 マガジンハウス ¥1500-

17、中国という蟻地獄に落ちた韓国 鈴置高史 著 日経BP ¥1400-

18、2014 年世界経済破綻と日本経済に迫る危機 三橋貴明 著 徳間書店 ¥1500-

今年はアベノミクスの影響でブログアップできなくて、なかなか紹介できなかったのですが・・それでも、なんだかんだでけっこう本を読んでいたみたい。

13番の「マッカーサーは慰安婦がお好き」は以前にも紹介したかもしれないですが、やっぱりこれはオススメですね。実に面白い 朝日新聞の部数が昔から比べ減っているというコラムが実に秀逸。是非とも読んでください。

17番の「中国という蟻地獄に落ちた韓国」もオススメです。

1,2番の倉山満氏の本は内容に比べ、あまりに値段が安すぎると思う。教養を高めるには最高である。「嘘だらけの日韓近現代史」はやはり朝鮮半島は国というよりも地域と倉山氏が解説しているとおりにあまり書くことが薄いのね。なので「嘘だらけの日中近現代史」や「嘘だらけの日米近現代史」に比べるとインパクトが弱いのは否めない。先の2作品は最高なので、まだ読んでない人は必ず読んでくださいな。今年読んだ本でベストスリーに入ると思える内容でした。

来年はとうとうグローバリズムの終焉なので、それに伴い崩壊しそうな韓国、中国関連の書籍がどうしても多くなる。

来年、再来年は凄いことが目白押しですぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

NIKON EL2

今日、カメラを見に新宿へ行ってきた。お目当てはNIKONの新型カメラ、NIKON Dfである。

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/df/

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131206/1053946/

渋谷のビックカメラや秋葉原のヨドバシカメラにはシルバーしか置いてなかったので、新宿のニコンサービスセンターに行ったのだが、休みであった。

気を取り直して、マップカメラに行ったら、Dfのブラックボディが置いてあった。シルバーよりブラックのほうがいい感じ!実に欲しい!激しく欲しいのだが、注文が殺到していて、予約しないと手に入らない状態である。今、予約しても2月下旬じゃないと手に入らないみたいである。これは来年まで待つしかない。

事務所の顧問のt先生が、不可思議にも一眼レフが欲しいとのたまっているので、ヨドバシカメラでいろんなカメラを手にとって見てみた。オリンパスの新型、実にイイネ!これも人気でレンズセットは予約じゃないと手に入らないそうだ。http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131219/1054190/?n_cid=nbptrn_leaf_saisin

最近のミラーレスって、かなり性能がよろしくて素晴しいんだけど、シャッター音がいまいちである。

ペンタックスを触ってみる。これが実に素晴しい。シャッター音が実に気持ちよい。http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131225/1054289/?P=2

落合カメラマンが絶賛するだけあるね。ニコンユーザーだから買わないけど、そうじゃなかったらこれは超おススメ。かなり良い。

そんなこんなでヨドバシを後にし、中古カメラ屋を覗く。そうしたらば、ニコンのフィルムカメラを発見。なんとお値段¥4200-・・・安い・・・ニコンDfのための予行演習のために購入してしまった。レンズはヨンサンハチロクという有名なズームでこれが¥5250-安い・・・レンズキャップが¥630- 〆て¥10080- フィルムを入れて撮ることはたぶんないけど、完全に手慰みのためのおもちゃだね。

でもバッテリー入れたら完璧の動作するのにはびっくり。36年前のカメラなのに。ニコンって凄い。

01

02

Aiっていう、連動レバーが倒れる機構が付いていて、それが実に精巧で凄い。

03

ミラーアップもちゃんと動作する。

04

電池収納場所はなんとミラーの下側に

05

バッテリーチェックランプもちゃんと点灯する。

06

このダイヤルがたくさんついた軍艦部。実に精巧でかっこよろしい。

07

実に端正な美しいデザインである。Nikon の縦文字がかっこよろしい。

08

シャッター音がカッコーンと大きく、空シャッターを切るのが楽しい。

09


フィルムを入れることはたぶんないだろうけど・・・






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

年末の時事寸評

左翼ってバカだよね

3年くらい購読してきたメルマガを今月で止めた。天木直人氏のメルマガである。月々500円で安いし、それになんか情報を得られるかと。3年、この人のメルマガを読んで理解したこと。左翼って結局バカでしかないってこと。この人、外務省の大使だったのに左翼思想なんだよね。だから考え方がもろファンタジーなので外交官にはまったく向かなかっただろう。小泉総理に文句言ってクビになったんだけど。まあ、彼のメルマガで唯一有用だったのが、平成のラスプーチンといわれた佐藤優氏がイスラエルのモサドという諜報機関のスポークスマンであるとばらしちゃったことかな(爆笑)佐藤優に対談を申し込んだが断られたから火病が出たのかもしれない。佐藤優氏の上司でもあった東郷和彦さんにはなにも批判しないんだよね。不思議だよね。東郷さんが渡来人だから??考えすぎか(笑)

天木さん、今回の安部総理の靖国参拝で、真正のバカとまで言ってこき下ろしている。中国や韓国にはまったく文句のひとつもなし。あれれ・・あんたこの国の人じゃなかったの?大使まで勤めた人が・・・・会話だけで外交が成り立つのなら戦争なんてないんだよ。戦争はイデオロギーとかなんかじゃなくて経済なのに。豊かなら戦争しないんだよ。そんなこともファンタジスタの左翼は理解できないんだね。静かにして余生を過ごしていればよいと思う。同期がまだ現役で仕事できているのに自分はその声さへかからないから悔しいのは判るが、いい大人なんだし、それも国家公務員だったんだから、この国のためになることをしてほしいものである。

同じ知事でも

橋下氏ってさ、右翼だみたいなことを言う人いるけど、右翼でもなんでもなくてただの盆暗。今回の安部総理の靖国参拝に対し、「侵略した」という言葉を入れろと噛み付いた。バカすぎてどうしようもない。歴史を知らないのに発言するなよ。マジどうしようもないバカである。こいつ、知事のときも市長の今も実はたいした仕事なんてできていない。辞任することになってしまった猪瀬さんとは大違い。猪瀬さんは副知事のときと1年だけの知事時代に実に多くの実績を残した。橋下氏なんかとはレヴェルが違う。それを高橋洋一氏が、彼の連載で取り上げている。http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131227/dms1312270722007-n1.htm

以下、貼り付け

猪瀬直樹東京都知事が辞任した。医療法人徳洲会から現金5000万円を受け取った件で、都政や五輪準備が停滞した責任を取ったからだ。

 猪瀬氏は政策には強かったが、政務は全くの素人だ。選挙前の段階で、しっかりした政務秘書も不在のまま、不用意に借り入れをしたとしかいいようがない。

 信頼できる政務秘書がいれば、借りるべきか否かを判断したであろう。まず借り入れはあり得ないだろうが、もし借り入れるのであれば、猪瀬氏自身が議員会館まで取りに行くことはありえないし、もっと手続きをきちんとしただろう。都民が期待したのは、これまでの政治家にはない発想力で政策をしてもらうことだったので、まことに残念である。

 猪瀬氏はさまざまな分野で大きな功績があった。石原慎太郎前都知事から請われ、2007年6月に副知事に就任したが、その前には、02年6月に道路関係四公団民営化推進委員会委員に就任し、多くの委員が脱落する中で、道路公団民営化に奔走した。

 旧道路公団は債務超過だから民営化できないという既得権者のデマを信じず民営化を進め、毎年、道路公団に導入されていた国費3000億円をなくした貢献は大きい。また、07年4月には地方分権改革推進委員会委員に就任し、国の出先機関の整理合理化で存在感を発揮した。

 07年6月に副知事に就任してからは、参議院議員宿舎建設差し止めや北海道夕張市への職員派遣、周産期医療体制整備、少子高齢化対策、東京都水道局の海外展開、地下鉄一元化、首都直下地震対策、尖閣諸島購入の寄付金募集、東日本大震災への対応(消防庁ヘリ出動、ツイッター情報提供)、天然ガス発電所建設、東電への株主提案と数々の実績を上げている。特定のプロジェクトを設定し、そのために組織を横断的に活用した手法は、都職員のノウハウをうまく使い、猪瀬氏の発信力と相まって、大きな成果を上げた。

 12年12月、434万票を得て都知事に選ばれ、東京五輪招致に尽力し見事に成し遂げた。この五輪招致成功こそ、多数の協力の上でチーム力を結集できた成果である。

 以前は猪瀬氏個人または少数のチームで問題に取り組んでいたが、副知事就任後は特定プロジェクトで多数の人を動かすようになり、都知事ではさらに大きなプロジェクトをやっていく矢先に、こうした形での都知事辞任は都民にとって不幸としかいいようがない。

 筆者は猪瀬氏を20年くらい前から知っている。データについて他の人とは違う執着心があり、解明に熱心だった。政策熱心の度が過ぎて、不勉強な他のジャーナリストをときどき相手にしないようなところもあり、それがマスコミから叩かれる一因にもなったが、政策ではどんなジャーナリストもかなわない超一流だ。

 かつて、「作家がちょっと行政をやっているだけだよ」と言ったことがあるが、本職の作家に戻って、今後とも大いに吠えていただきたい。それが日本のため、東京のためになる「恩返し」だと思う。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

そう、猪瀬さんの辞任は実に残念である。

そうそう、笑ったのが次のニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/plc13122711140009-n1.htm

沖縄、盛り上がらない反対運動 県庁集結は約10人

2013.12.27 11:13
沖縄県庁内で、名護市辺野古沿岸部の埋め立てに抗議する人たち=27日午前

沖縄県庁内で、名護市辺野古沿岸部の埋め立てに抗議する人たち=27日午前

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古への移設に反対するグループ約10人は27日午前、沖縄県庁の1階ロビーで反対演説を行った。ただ、通行人が足を止めることもなく、反対運動は盛り上がっていない。

 県庁内の反対グループは、拡声器を使って「知事は辞めろ」「県民を裏切りる行為だ」などと仲井真弘多氏を批判。政府による辺野古埋め立て申請の承認撤回を呼びかけ、メディアの注目は集めた。

 また、反対派は県庁前の広場にテントを設営し辺野古移設への反対を訴え、徐々に数を増やし始めた。

以上、貼り付け終わり 大爆笑である。これでみんなよく判っただろう。反対しているのは本州から来ていた革○派とか左翼連中だ。年末だからヤツラも集まれなかったんだよ。大笑いである。沖縄の地元の人は別に反対していないんだよ。沖縄は米軍の基地があるから普通の暮らしが出来ている。米軍が撤退したら、産業も無いから昔の生活に戻るしかない。パラオみたいになっちゃうよ。観光だけでは人々の暮らしを支えるなんて不可能なのはパラオの原住民が証明しているではないか。

それにしても安部総理、銃弾譲渡の顛末の発表、それに靖国参拝をこの時期に行ったのはグッドジョブだね。裏では日本に経済援助を申し込んでいたようだが、これでそれも出来ないだろう。一番大きい目的は、中国や韓国に進出している企業とその従業員の目を覚まさせることだろうね。平和憲法の日本では他国で有事があったときでも邦人の救出はできないからね。なので今回の靖国参拝で中韓と日本の関係がもっと悪化して、邦人ができるだけ速くに戻ってもらえればとの考えがあるだろう。韓国は北朝鮮の侵攻が目の前だからヤバイが、中国の場合は内戦になるから邦人の救出は絶望に近い。これからまだ中国へ進出しようとしているバカ企業もいるくらいだから、気付け薬には調度良かったと思う。

ねずさんのブログでこの顛末を説明してくれてます。http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2116.html#more 以下一部貼り付け

さて、今日のお題の「韓国軍の自衛隊への銃弾提供要請事件のこと」です。
これは日本外交ではなく、安倍内閣の勝利と申し上げたいと思います。

まず、韓国からです。
私はもともとサラリーマン時代は金融業だった者ですが、金融業には古くからの隠語で「絵を描(か)く」という言葉があります。
絵を描くときは、あらかじめキャンバスの中で構図を決め、そこにいろいろな題材を配置しますが、これと同じく、何かしようとするときに、あらかじめ構図を決め、それに沿うように、いろいろな人や物事をあてはめていって、さらにそれを豪華にするために色をつける。
そして描いた「絵」は、どう転んでもうまくいくものであればあるほど、「良い絵」とされるわけです。

そういう見方で、このたびの韓国軍の銃弾要求事件を(韓国側の立場で)振り返ってみると、ものの見事に「うまい絵」を描き、日本もしくは安倍内閣を嵌めようとしたことがわかります。

どういうことかというと、もし日本が弾薬を提供しなければ、韓国軍に被害が出る、もしくはその可能性があり、日本政府は国際協力のできない非道政府であり、日本は非道国家だと誹れます。
逆に弾薬を提供すれば、後付け講釈で「必要なかったのに日本が勝手に持ち込んだ」とデタラメを言い、さらに日本国内では武器輸出三原則があるのに武器を持ち出した、これは違法だ、安倍内閣は右翼違法政権だ、と誹れるわけです。
うまくいけば、安倍内閣の責任を追及して退陣に追い込めるかもしれない。

すでにマスコミは押さえているから、安倍内閣がいくら「韓国軍からの要請だった」と反論しても、それらは一切、報道に流させない・・つまり一方的な報道を仕組むことによって、安倍内閣を追い込むことができる、というわけです。

つまり、どっちに転んでも安倍内閣を貶めることができるわけで、そういう意味で「よい絵」と言えたわけです。

ところが、実はこういう「絵」のことを、「浅知恵」といいます。
安倍内閣は、早い段階で堂々と、韓国からの要請であったことを国の内外に向けて、情報発信したのです。
そして堂々と、銃弾を提供しました。

要するに、隠れてコソコソするから、あとから「要らなかったんだ」と言われたりすると、困るわけです。
紛争地において、軍が銃弾がないなど、あってはならないことですから、だから日本は堂々と「カクカクシカジカの要請があったから、弾薬を提供した」と、始めから正々堂々と公言したわけです。

これをやられると、脅そうとする側は、実は一番痛い。
こうした「正々堂々と」「粛々と」という手法は、実は、暴力団などからの卑劣な脅しに対して、一番強力な対抗方法です。

おかげで韓国は、
「えーっ、紛争地で弾薬ないのぉ??」
「あとから要らなかったと言い出すなんて、ひれつ〜〜!」
となって、国際間においても、日本の世論においても、このことについて、結果黙らざるを得なくなってしまったわけです。

以上、貼り付け終わり ねずさんの見事な分析です。

あと、今回の安部総理の靖国参拝で野党がどのような発言をしたか、パチンコ屋の倒産を応援するブログさんがまとめてくれています。http://ttensan.exblog.jp/ 以下貼り付け

すでに皆さんご存知のことと思われますが、昨日26日に
安倍首相が靖国参拝を果たしてくれました。

それではまず野党の反応から。

維新・藤井孝男「高く評価したい」
維新・松野頼久「タイミングはいかがなものか」
みんな・渡辺喜美「個人の信仰の問題」
結い・小野次郎「真意を中韓に伝える責任ある」
共産・志位和夫「侵略戦争を肯定、断じて許さず」
社民・福島瑞穂「アジアとの関係を極めて悪化させる」
民主・安愚楽万里氏「外国がどうこうということでなく、日本の主体的な判断で自重すべき」
民主・櫻井充「中韓との関係で大きなマイナスになるのは明らかだ。米国も望んでいない。一日も早く安倍政権を打倒しなければならない」
生活・小沢一郎氏「靖国神社に首相が参拝すべきではない」

小野次郎は第一次小泉政権のときに靖国参拝情報を支那側にリークしたり
小泉純一郎の靖国参拝を阻止しようとしていた秘書官でした。
そういう支那の代弁者のような輩なので発言もそんな感じです。
また、社民、共産、民主は見事に火病を起こしているようです。

以上、貼り付け終わり。

小沢一郎、もう終わってるけど、どうしようもないねぇ。早く引退すべきだね。

以上、年末の時事寸評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

喜びの日

本日、安部首相が靖国神社を参拝しましたな!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000401-yom-pol

保守本流の皆さんはさぞお喜びであろう。グッドジョブですな。安部首相。

PKOの軍隊で銃砲の弾も満足に用意できない韓国軍が日本に支援してもらったという大笑いなニュースがあったが、それが悔しくて因縁つけてきたら、靖国参拝だからねぇ!来年1月と3月にIMFのチェックが韓国にまた入るからね。これで本当の韓国政府の負債が明らかになって、いまGSを始めとするハゲタカファンドに韓国ウォンを吊り上げられているがそれがあっというまに暴落するかもしれん。またもやデフォルトになるが、今日の靖国参拝でもう日本に擦り寄ってはこれないだろう。過去3回のデフォルト危機で、アメリカが1回、日本が2回助けたが、今回はもうアメリカも、もちろん日本も助けないだろう。あとは中国が韓国がデフォルトしてから買い叩くだろう。中国だってデフォルトした韓国を救済するには1000億ドルもの人民元をドルに両替して用意しなきゃならんから、そうなれば人民元だってただでは済まない。宗主国と思ってる中国が属国の韓国にそこまで支援するわけはないだろう。

まあ、どうあっても来年には韓国は破産するだろうけど、それにしてもだね。。PKOで銃砲の弾が足りないなんて、まだ戦争中である敵陣の北朝鮮に知れたら(もうニュースなったんで十分に知れ渡っているだろうけど)こりゃあ、攻め込むの簡単。といつでも出来るとばれちゃったわけだね。実は韓国って鉄砲の弾も満足に作れないから、今回は無償でプレゼントしたらしい。韓国製を返してもらったってゴミにしかならないそうだから。1万発って多いみたいに感じるが、1兵士辺り1500発だって。実に少ないね。一連射したらすぐに無くなっちゃうでしょ。日本は補給が十分だねぇ。先の大戦を十分に反省している。実に素晴らしい。

それにしてもだねぇ 先に紹介した 赤峰和さんのブログが緊急性を増してきて、一日2回アップとなっている。http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu

それによると、年末年始に北朝鮮が韓国に侵攻するかもしれないと!

そんなに早くに侵攻するかな?と思うんだけど。来年の1~3月に韓国はデフォルトしてからのほうがもっと楽に制圧できるだろうし、2015年まで待てば米軍が韓国からほぼ撤退するから、無血でも制圧できるだろう。デフォルトした韓国は自動的に中国が経済的に制圧することになるのが気に入らないのかもしれない。そうなれば朝鮮半島統一も中国の手の中でのことになるから、それは北朝鮮+瀋陽軍区にとってはとても耐えられないことなのかもしれない。そうじゃなきゃ無理にまだ米軍が残っているうちに侵攻などしないだろうし(ただし米国陸軍なので、仮に北朝鮮が韓国に侵攻しても、米軍と北朝鮮が戦闘にならない限り、戦争するには米議会の承認が必要。なのですぐに戦闘にはならない)

でも中国だって2015年には理財商品バブルや土地バブルがはじけ飛んで、人民解放軍、共産党は崩壊するだろうに。

まあ、時期はどおあれ、結果は同じで早いか遅いかだけの問題だから、見物してればいいんだけどね。中国はどれだけ騒いでも無視してれば大丈夫。日本に攻めてくることはありえないからご安心を。攻めてきたら、自衛隊は涙を流して喜んで人民解放軍を殲滅するだろう。それでアメリカもまってましたと介入し、交戦状態の相手国の持つ国債、及び財産の停止を行うからね。中国が溜め込んだ1兆2000億ドルがチャラになる。そんなバカなことをするわけが無いでしょ。中国人指導者は賢いんだから、そんなことはやりませんって。中国は崩壊しても自分達だけは逃げ延びるようにするし、そうしてるしね。

今日は中国、韓国をさらに遠ざける靖国参拝、それに日本に存在する反日勢力のあぶり出しができたので実に喜ばしい。仕事なんて早くやめて早速乾杯ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

年賀状印刷

巷では三連休であるが、年賀状印刷などの雑用をこなそうと、インクを買ってきて、さあ印刷!・・・・・・・プリンターの調子が悪い・・・給紙ローラーが磨り減ってるのか硬化してなのか、まったく葉書を給紙できない。何度やってもダメ・・・・

01

あきらめて、ビックカメラにプリンターを見に行ったのだが、店員さんに、買ったばかりのイックって返品できるの?って訊いて見たら、未開封でレシートがあれば可能とのこと!

日曜日の昨日、早速、インクを持って、ビックカメラに行った。店員さんに勧められた、型落ちのプリンター、3~4万程度の品がなんと特別価格¥7980-。。。びっくりである。A3対応でだ。でも大きくて持ち帰りが大変そうだったので、A4対応の小さいのにした。価格は2万2千円。ネットワーク型なのでハブも買い足した。

02

03

パソコンに添付のCDを入れて簡単セットアップ。

04

それで本日、印刷してみたのだが、なんと一度に葉書は20枚までしか装てんできない。それにあんまし印刷が速くない。インクは前のプリンターは8色が6色で、印刷は今ひとつか・・・家庭用だものね・・・勧められた¥7980-の大きなのにすればよかったかも・・・ちょっと失敗である。

まあ、それでも年賀状は無事印刷できた。やれやれである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

今年の忘年会

昨日は忘年会のピークだったろう。夕方の山手線で忘年会に向かうであろう乗客で混雑していた。有楽町→銀座→六本木と移動したが、人の多さとタクシーがなかなか拾えない状況は、昨年とは大違いである。六本木のクラブでも大盛況で、どんどんモエのシャンパンを開ける始末。バブルみたいに凄くはないが、それでも確実に景気は良くなっているのを実感する。クラブのホステスさんによると、12月に入り、夜中の2時3時になってもタクシーを拾うことが困難らしい。来年4月の消費税アップもそれほど問題にならないかもしれない。

アベノミクス+日銀黒田バズーカ+中韓離れが確実に良い方向になっている。特に中韓離れが確実に日本の運気を上げているのは間違いないだろう。

どれだけの人が気が付いているかわからないが、警察の警備が人数も違えば、そのやりかたもいつもとは違っているようだ。北朝鮮の粛清の対策であろう。六本木なのに安心感がまるで違う。その筋が多い赤坂はもっと強化されているのかもしれない。

そんな感じがした忘年会であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

今年もあと少し

今年もあと少し。昨年、○○町から年末に新巻爆弾が届いたが、予想通り今年も降ってきた。今日、住処のポストにチルド配達の不在通知が・・・明日の朝に早くに郵便局に電話して、友人の大魔人に転送しなくては。融通の利かない郵便局。この転送作業が実に骨が折れる作業で時間もとられる。○○町の差出人はそのことを理解できないのだろうね・・・でも管理人はある程度予想しながら対策をしていますから。

最低限、っていうか、一人で仕事しているので、お中元やお歳暮の処理に困る。屋上宴会で食材の処理にも困る。生ものなどはお近くの同業者などに届けるのであるが、今年はお歳暮だけでなく、ブランド米などが・・・管理人、炊飯器を持ってませんけど・・・それに調理するという概念はございません・・・ 友人の大魔人に助けてもらうつもりで用意している。

11月末から12月、毎週、飛行機に乗って出張。先週は小田原が今年最後の出張。ようやく出張も終わり。北海道には2回行って、そのときに友人の「ひめ」に某国の国防動員法を指南しておいた。どれだけ理解してくれたか、わからないが、一応説明しておいた。

それの内容を詳しく知りたいならば、「余命3年時事日記」をご参照ください。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/index/6

中国国内で戦争や武力衝突が発生した際に、金融機関や陸海空の交通輸送手段、港湾施設、報道やインターネット、医療機関、郵便、建設、貿易、食糧などの民間資源をすべて政府の管理下に置くことができるという国防動員法がある。これは中華人民共和国で2010年7月1日から施行された法律である。
内容を簡単に言えば、中国国内で有事(すなわち戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害など)が発生した時に、全国人民代表大会常務委員会(中国の国会)の決定のもと、動員令が発令されるというものだ。だが、あくまでも国内有事の場合の法律と言い訳するが、実際は対外戦争を想定している。戦争は国内有事ではないだろう。バカでもわかる。また、国防義務の対象者は、18歳~60歳の男性、18歳~55歳の女性で、中国国外に住む中国人も対象となり、国務院、中央軍事委員会が動員工作を指導するという。中央軍事委員会が動員指導するということは在日中国人約60万人のうち成人中国人はすべて軍属、戦闘員ということになる。つまり、日本にいながらにして破壊活動や軍事活動ができる軍属、戦闘員となるということだ。

以上、貼り付け終わり

なんだか理解してくれたのかどうかはわからないが、一応は説明しておいた。その友人の会社に上記に該当する人員がいるとなると、有事には社内でデンジャラスになる。それはまだましで、某半島の血筋を内包してしまっていてるのは実に恐ろしいのだが、その危険度を理解していないねぇ・・・ 見ないようにしているんだろうけど、100倍で災いが返ってくるよ・・・ 

暗号ばっかりの文章で・・・すいません 無視してください。

忙しくても、かなりの本は読みました。それに今年はかなり判ったことが多くて。年末、年始にかけて時間があればアップいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

なんかすごいことになってきたようです。

いやー、相変わらず、アベノミクスの影響で忙しくて、ぜんぜんアップできてないが、北朝鮮のNO2が処刑されたとの大ニュース!一大事である。このブログを読んでいる友人が隣国に度々出張しているので、ちょっと緊急でアップした。

ソースは赤峰和の「新・脱亜論」である。http://blog.goo.ne.jp/akaminekazu/

驚くべき内容だ。著者は来年2月に北朝鮮が韓国に侵攻すると予測している。

以下、著者の考え方

私の考え方の柱はこのとおりです。
1.北朝鮮は親日国家に生まれ変わるか
2.北朝鮮は軍事強国となったいま、韓国を併合する
3.そのとき日本はその姿を静かに見守っておけばよい
4.中国の旧満州にユダヤ国家ができる(イランとアメリカの合意の裏に隠された意図)
5.中国は少なくとも南北に分裂し、南に逃げ出した習近平の政権が、沖縄を狙う
6.日本の自衛隊は、最強である
7.日本では安倍政権が長期政権となる


いやー、まさにそのとおりであろう。

管理人も実は今回の大事件は、北朝鮮が中国と袂を分かつサインと見ている。もうすでに中国が崩壊寸前なので、それでこの状況で判断したのだと思う。いま、真っ青になっているのは習近平と朴クネであろう。はっきり言って、韓国は北朝鮮にはかなわない。いくら軍備が多くてもダメだろう。自慢の軍備も稼働率が50%以下では使い物にならないからだ。すっかり平和ボケの韓国はひとたまりも無い。先の朝鮮動乱でも実質、負けているし。

そのあたりは ねずさんのひとりごと 2011年10月21日の記事

「李承晩と朝鮮半島の歴史」が実に詳しく解説してくださっている。是非とも一読を!

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-date-201110.html 

習近平と朴クネはホットラインで話をしているであろう。しかしどうしようもない。習近平にいたっては、人民解放軍が勝手に空の識別ラインを発表し、世界からは非難ごうごうでそれを押さえつけることも出来ない始末。本音では、もう韓国を守るどころではないだろう。北朝鮮のお隣の瀋陽軍区だって、元々北朝鮮のスポンサーだから習近平の言うことなんぞ聞かないし、逆に何時クーデターを起こされてもおかしくない。

大きく歴史が動く瞬間を目撃できる可能性が近づいてきたが、でも非常に危険であるから、中国、とくに韓国にいかなくてはならない人は、飛行機はナショナルフラッグにすることね。大使館の地図をちゃんとと確認しておいて、すぐにでも飛び込めるようにしておくこと。

外資系が両国から逃げているのは、崩壊する危険性が確実になってきたからだ。先進国はみんな諜報組織を持っているからね。

気をつけていただきたい(気をつけてもなんとかなるものではないんだけれど・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »