« 具体的な行動にでよう | トップページ | 凄かった6.29原発反対デモ »

2012年6月28日 (木)

パナソニックとソニーが凋落した理由

パナソニック(旧名 松下電器産業)とソニーが凋落したというニュース・・・・昔のパナソニックとソニーの凄さをよく知っている管理人にはとても寂しいニュースである。

凋落した理由 これは簡単である。 人材の枯渇である。 

松下電器産業といえば、昔は非常に有能な人材の宝庫であった。松下幸之助の水道理論(電気用品を水道水のように安価に普及させる)のとおり、フルラインナップであり、業務用製品は、地方の営業担当が売りやすように、事例、組み合わせ価格などがカタログに掲載されていて、縁故や知り合い関係で決まる地方でも非常に売りやすくとてもよく考えられていた。松下電器産業や松下電工が日本を制覇したのは偶然ではない。製品を設計する人、作る人、カタログなどの販売戦略の人、それに営業の人がそれぞれに非常に有能であったからである。特に松下電器産業のカタログは絶品であった。これを考えた人は天才である。そのぐらい凄いのである。しかし、それを販売する担当営業の能力、技術屋の能力が今現在、あまりに酷い。質問しても答えが返ってこない・・・見積もりもすぐ作れない・・・トラブルがあっても対処方法がわからない・・・ただ値段を安くするだけ。(商売の基本は、高く売る。これだよ。吉野家の社長が交代したと。当たり前。もっと速くに交代すべき。近頃の牛丼屋の経営者ってバカだったからね)

ようは自分の売上のノルマを消化するだけなのだ。松下は数年前、会社名をパナソニックに変更したんだけど、30年前、石原という馬鹿社長が北米でのダットサンブランドをニッサンに統一したんだよね。それから凋落が始まって、いまは外国の会社みたいになっちゃった。70年前は零戦のエンジンや四式戦闘機、疾風を造ったすごい会社だったのに・・・まるでそれと同じ道を歩んでいる。(日産自動車と合併したプリンス自動車って、昔は中島戦闘機。それが富士重工とプリンス自動車に分裂したんですよ)ペンタックスが元々の旭光学からペンタックスに会社名を変更して二回も身売りされたのは偶然ではないのですよ。なのでニコンをいまでも管理人は日本光学といいます。ペンタックスも旭光学。元々の名前って重要なんですよ。グローバルにすればいいってもんじゃない。

ソニーも15年前くらいは凄い会社だったんだよね。テレビスタジオを作るにはソニーの技術が絶対に必要だった。ノウハウも豊富だったし、なにより技術が素晴しかった。テレビモニターが何故ソニーばかり選ばれたのかというと、肌の色が一番ナチュラルに再生できたからなんだよね。それでソニーのテレビは高額だけれどそれを使わざるしかなかったってわけ。それがいまはどうだ。単に安売り。ソニーといえば業務用の総合カタログが有名で、それ一冊あれば、テレビ関係の設計の仕事は出来たんだよね。それには定価も載っていたので、予算を取るための積算も簡単に出来たんだけど、その貴重なアイテムの総合カタログを、数年前に止めちゃったんだよね・・・アホとしか言いようが無い。おまけに値段はオープンプライス・・・・ それじゃあ、ソニーなんて選ばないよ。 某有名海外ブランドの社長の家を改装する際、テレビはどれがいい?って訊かれて、肌の色が一番自然な「ソニー製」と言ったのが懐かしい・・・

ようは、松下もソニーも日産もそうだが、日本の会社がつくづくダメになったのは高学歴の社員ばっかりにしたからだ。東大出に人気のある会社は必ず凋落するんだよ。いま検察を始めとする官僚ってみなダメでしょう。有名大学卒って、合格した時点で上がりなんだよね。勉強もただ単に記憶するだけ。考えることをしないから。本当に考える教育をされてないから。合格したらもう勉強しないから。仕事とか経営なんて、常に考えて勉強を続けていかないと通用しないんだよね。有名大学出で、それで失敗をしないのが出世してトップになるから会社がダメになるんだよ。こんなの当たり前なんだけどね。でもそれさえも判らない、考えつかない馬鹿を出世させるんだよね。頭悪いよね。

プロはね。一生、勉強を止めないのよ だからプロなんだよ。

日本は日露戦争くらいまでは必死に勉強したんだろうね。それが帝国大学出が出世するようになって、それで衰退していったんだね。戦後、帝国大学が東大に変わって、そのころは勉強したんだろうね。それで東大が権威になっちゃって、勉強をサボるからダメになる。去年の原発事故の際、東大出の教授や学者が解説してたけど、あまりの知能の低さにびっくりしたでしょう。

逆に、中部大学教授の武田邦彦先生の見識、明晰な頭脳が際立つ。この先生、実に頭が良い。科学者ってこうでなくてはね 素晴しいと思う。この人はマジに頭が良い。http://takedanet.com/ 科学バカじゃないんだよね。いろいろな見識 歴史認識など、実に正確に理解されていて、それでいて 噛み砕いて教えてくれる。こんな先生もこの国にはいるのである(この先生のブログを読むと、それがよく判ると思う)

いつものごとく、お話はずれたが・・・

いま、景気が悪いのは大人が悪い ようはバカってことだ。頭が悪いからだ。頭脳なんて、鍛えるのを怠ると、とたんに劣化するんだ。いくら学歴が良くても鍛えるのを怠るとすぐにダメになるのだ。本質を見ずに、ブランドだけに価値を置くから、会社もダメになるのである。経営コンサルタントという虚業の意見を取り入れるなんて、マジ、知能が足りないのである。自分の本職の業務において、アマチュアの意見を取り入れるなんて、そんな経営者は存在してはいけないのだよ。

松下(パナソニック)とソニーが復活する処方箋?

これ実に簡単なことなんだ。ようは社長以下、役員、人事課が仕事をサボっていたってことなんだ。それも長い間。有名大学出なら、頭も優秀だろうということで本質的に頭が良い人材を選定してこなかったせいである。元々はソニーも松下も町工場である。いまこんな不況でも元気が良い会社ってのは、無学歴の社員がその能力を発揮している会社である。なので、基本、昔に立ち返えればいい。たったそれだけのことだ。でもそれは出来ないだろう。ほぼ間違いなく。

似たようなお話だが、オリンパスが社長の任期を6年にするって!?この会社もうダメだね。いくら医療の世界でシェアがあってももうダメだ。当たり前だね。たった6年で会社なんて運営を軌道に乗せるなんてできないよ ましてやこんな大企業。高学歴しかとりえのない頭が悪い盆暗が考えたのだろう。もうオリンパスは身売りだね。それしか生き延びる手立ては無い。それが嫌ならば、いまの取締役を全て解雇すべきである。バカを排除すべきなのだ。社員は優秀なのにね。バカだねぇ・・・役員と株主・・・・

会社を上場すると凋落が始まる。これ当たり前あんだけどなぁ・・・

でもソニーも松下(パナソニック)も復活してほしいんだけど・・・たぶん99%くらい無理だろうな・・・日産みたく外国資本になるしかないんだろうな・・・いっそのこと、財務省も経産省も外国資本に買われたら?(笑)

|

« 具体的な行動にでよう | トップページ | 凄かった6.29原発反対デモ »

コメント

昔から、ソニー、シャープ、サンヨーが倒産するといわれていたが、バカの幸之助が乗っ取りで大きくして、技術もない松下電器も、罰当たりで、倒産寸前になった。小企業の寄せ集めなど、企業ではないので、早く倒産してやり直すしかない。つぶれてしまえ。

投稿: 安藤茂 | 2012年11月 1日 (木) 06時57分

日本の家電産業全体が凋落している事実を考えないと、おかしくない?
あとキミ、学歴コンプなの?

投稿: ジローラモ | 2012年12月11日 (火) 18時42分

武田邦彦って頭良いの?
賛否両論あるし、読んだら「なんだかな~」って印象だけど・・・・

投稿: あ | 2012年12月16日 (日) 07時48分

東大でも勉強している人はいくらでもいるだろうに・・・
逆に東大以外の大学で入学後に全く勉強しない人もいぱいいるだろ・・

ただの学歴コンプww

投稿: | 2013年3月14日 (木) 02時36分

学歴だのの話はさておき、松下ことパナソニックは、
幸之助さんも認める通り、品川の研究所ことSONYの技術を
拝借して、それを商いの上手さと、低価格で供給してきた。
「どうすれば客は喜びよるやろか?客はなにを欲しがっとるやろか?」
という考えがあり、確かに旧来のカタログは素晴らしいと言える。
そして、販売店に対するフォローも素晴らしかったと聞く。

ところが、80年代後半あたり、庶民の人気ブランドに成長し、
ナショナルブランドがリーディングブランドとなり
安泰になり始めた頃、下支えしていた地域店を
自分達より格下という捉え方に変わり、冷や飯を食わせるようになった。
その上、西のダイエー、和光電機、ベスト電器、東のコジマ等
量販店の登場もあり、街のナショナル販売店は堕ち始めた。
しかし、松下は、ナショナルのお店をぞんざいにした上に
量販店に対しては、市場を乱す悪者として、徹底的に敵視した。

元々、安さを武器にし、庶民に人気を博していたにもかかわらず
いつしか、ブランドを築き、高単価販売を目指したが、
バブルの崩壊もあり、プリンシプル無き製品が、無条件に
評価され、高単価で売れる時代ではなく、顧客の目線、販売店の目線を
見ることなく、突き進み、2000年代に、遂に最も敵視していたヤマダ電機に頭を下げ
ニギリ等をバラまき売り場を確保しシェアを少し戻した。
しかし、ネット社会が浸透し、口コミの影響が大きくなるにつれ
商品力を問われるようになっていったが、そこは別であった。
その上、厄介なことに、松下を学んだ韓国系企業が黒物で
幸之助を学んだハイアールが、白物市場でかつての
日本人に合った方式で進出し、多額の資金力などを元に
量販店の売り場を席巻。その上、無駄を配し、デザインも
従来のアジア製品とは思えない製品で攻め込み
エンドやメイン通路などの展示場所を奪って言った。
そうして、自慰的にシャンシャン会議で孤立し進めてきた
プラズマは当然淘汰。
無線や電池、洗濯機、炊飯器、業務用機器等で優れた技術を持っていた
三洋電機を買収して、行った事は、ハイアールへの売却。
その上、優れた三洋部門の商品を廃番にし、自分達が開発した
残念な製品を残し、どうにも三洋製品を売るのがベターだとする製品でも
尽くパナに変え、自社製品のセンスに悪い意味での改良を加えて市場に出した。

客を見よ!販売店を見よ!
街の電器店は、今やハイアールを売っている。
消費者は、既に松下の魅力を、看板だけにしかとらえていない。
panaの製品で買いたいものが全くない。
最近、唯一買ったのは、Panasonicのエネループwだけだ。
三洋じゃないかw

Apple並みに驚きや、感動を提供できる製品を開発するよう努力するか、
頭を下げてお客様や販売店の声を聞くかどちらかに進まなければ
今時点では良さが全く見えない。

投稿: | 2014年2月10日 (月) 18時43分

 デジタルはコピーの可能性を極限まで追求することが本質技術で、もっとも巨大なコピー機を据え付けた企業が勝つことを海外に見透かされオワタ。デジタル化を急ぐ必要はない。CSRなど無駄だ。大切なのは創発性の循環が社内でいきわたっていることこそが日本企業の強み。巨大企業の人事部門はそこを重視しないと会社を滅ぼす。

投稿: 伝説のコンサルタント | 2016年12月12日 (月) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/55074301

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックとソニーが凋落した理由:

« 具体的な行動にでよう | トップページ | 凄かった6.29原発反対デモ »