« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月25日 (土)

カメラショー

今年もカメラショーがあったので行って来た。場所は横浜のパシフィコなので、渋谷からだと、みなとみらい駅までは東急東横線一本で行けるので楽ちんである。

00

祝日だったので、けっこう混んでいた。

01

近頃はカメラ女子が流行しているので、女性も多い。

02

人が多すぎて、カメラに触ることも出来ないし(体験コーナーは60分待ち)満足にカメラを見ることさへままならない。唯一写真を撮れたのがオリンパス。

03

仕方が無いのできれいなお姉さんを撮る。

04

05

06

さすがカメラショー、きれいなお姉さんがたくさん!!

07

08

09

人が多すぎて、写真を撮るのも大変であった。疲れてしまい、結局1時間もしないうちに会場を後にした・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

最近読んだ本 その65

ユーロ崩壊! 三橋貴明 著 彩図社 ¥1500-

この頃、ばんばん本を出してる三橋くん さすがに息切れか、この本はあまりよろしくない。Webの連載を本にしただけなので、書いてある内容が繰り返しばかりで読みどころが無い。最後のあとがきだけで読むのは十分かと思われる。ただし、これは三橋くんの著作を殆ど読んでいるから内容がわかるのであり、あまり経済に詳しくない人は読んで参考にはなると思うけど・・・・・管理人にとってはちょっと残念な内容でございました・・・まあ、三橋くんとしてはユーロは確実に崩壊するであろうということです。

美人は得をするか「顔」学入門 山口真美 著 集英社新書 ¥700-

題名につられて買ってみたけど、あまり面白くない。この本の集英社の担当者はあまり能力が無いのであろう。題名は上手いんだけどね・・・・

収監 堀江貴文 著 朝日新聞出版 ¥1300-

この本は面白い ホリエモンって頭いいね。「収監」という題名がついているけど、内容はぜんぜん関係ない。この本の担当者、売れると思ってこの題名にしたんだろうけど、逆効果のような気がする。内容はなかなか素晴らしいからである。内容は、今の日本の問題点、それに対する対策など、それを近未来を見据えて提示している。日本人が思考停止しているということを大相撲の朝青龍の引退問題にからめて説明している。地方の東京化を防げというのは、まさにそのとおりであろう。ネット時代の寵児らしく、これだけネットが発達した社会でかなりの公務員が不必要になっていることを指摘しているが、これは民間の会社でも同じである。人が余っているのだ。この本はオススメである。

リクルートのDNA  江副浩正 著 角川書店 ¥720-

リクルート事件で実刑を受けた江副さん。この本にも書いているが、新聞社のビジネスである広告を無料雑誌で奪ってしまい、それでマスコミの怒りを買い、逮捕され、社会から追放されてしまったのである。ホリエモンもまったく同じである。日本とは官僚が一番偉く、その次が5大新聞社なのである。そいつらに楯突くと必ずやられてしまうのである。この日本では・・・・・まあ、そんなことはさておき、さすが一から会社をあそこまで大きくした江副さん、その軌跡を余すところ無く書かれている。実に面白い。リクルートの一つの伝記でもある。多くの失敗や成功、それに隆盛と没落が描かれており壮大なドラマのようである。この本はかなりオススメである。

ブラック・スワン降臨 手嶋龍一 著 新潮社 ¥1500-

9.11~3.11までの10年を、まるでその目で見てきたかのようにドラマ仕立てで描いている。小説が好きな人にはかなり面白いのかもしれない。ビンラディン殺害のときのホワイトハウス、オバマ大統領のシーンなど、実によく描かれている。この手嶋さん、実に文章のセンスがいいのであろう。小説家で喰っていける。文章も内容も面白いのだが、これはノンフィクションではないだろう?という疑問が残る。なんか一時期もてはやされた、落合信彦みたいである。ホントなんだがフィクションなんだかよくわからない内容・・・・・ノンフィクションに近いフィクション小説として読んだら良いかと思う。

今回のオススメは、ホリエモンの「収監」 と 江副さんの「リクルートのDNA」である。

ぜひともご一読くださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

i-phone4S

神田昌典氏の本に、i-phone4Sは製品ライフが長い(なかなかモデルチェンジしないということ)と書いてあったので、i-phone5が出るまで待つのを諦め、i-phone3GSから交換した。

01

左が今まで使っていた3GS 右が新しい4S。白色にしたのは失敗である。画面が見えずらい・・・・・

i-Tunesに接続して、今までの設定を4Sに入れる。

02_2

03

そうしたら、いままでインストールしたアプリは戻らなかった・・・・・仕方が無いので、またアプリをAppSoreから購入・・・・・といっても無料のアプリだけなので問題は無い。面倒なだけだ。

それから近くのビックカメラで保護シールを購入し貼り付け。

04

使ってみると、バッテリー持ちがすごく悪い。毎日充電する必要がある。3GSの半分も持たないようである。これは4Sに交換したのは失敗だったようである。・・・・・

こんなんでは、予備バッテリーは必須であり、それも1台では、あの3:11みたいな状況では足りなくなるのは確実である。

また秋葉原で買ってこなくてはならない・・・とほほほ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

中選挙区制に戻すべきである。

中選挙区制の戻すべきである。参議院は大選挙区制にしたらよい。そんな動きが出てきた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120223/stt12022319190010-n1.htm

次期衆院選から中選挙区制、比例全廃を提案 超党派議連で加藤氏

2012.2.23 19:18

 衆院選の中選挙区制復活を求めている超党派の「衆院選挙制度の抜本改革を目指す議員連盟」が23日、国会内で総会を開き、共同会長の加藤紘一自民党元幹事長は、次期衆院選から衆院比例代表制を全廃し、中選挙区制を導入することを提案した。総会には共同会長の渡部恒三民主党最高顧問と自民党の町村信孝、高村正彦両元外相、古賀誠元幹事長、公明、社民、共産、国民新などから70人が参加した。

以上、貼り付け終わり。

渡部恒三がこの会に加わっているのが気に食わないけれど、これには賛成である。日本の小選挙区制の一番も問題は比例である。これがあるからややこしくなるのである。比例があると、選挙は政党に対して選ぶことになり、地元の民意よりも大きな大選挙区みたいなことになるのだ。それに、小選挙区で落選した議員が復活するなど、あまりにおかしなことになっている。それにタレント議員の跋扈、当選か落選か二つに一つだから、知名度があるほうが当選しやすいのである。小泉のバカ息子だって当選してしまうのである。

小沢一郎の最大の罪はこの小選挙区制を推し進めたことだと思う。ちなみに陸山会とか、水谷建設の問題とかは、まったくもって罪が無い。もうひとつ、小沢一郎の罪は自民党を離れたことだろう。まあ、小沢くんは、顔に似合わず、悪人にはなれないんだよねぇ・・・これは政治家全般にいえるんだけど・・・善人=無能  これは古今東西当てはまるのだ。

無能な善人よりも有能な悪人が当選できるような「中選挙区制」に戻すべきなのである!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋の河村市長は正しい

河村市長の正論が大騒ぎになっている。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120223k0000m040070000c.html?inb=yt

文字サイズ変更

河村市長:南京事件否定発言 撤回の考えないことを明言

 河村たかし名古屋市長は22日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、南京事件を否定する発言をした根拠について「目撃者がほとんどいない。(これが)かなり決定的」と述べ、撤回する考えのないことを強調した。姉妹都市提携を結んでいる中国江蘇省・南京市はすでに交流の一時停止を発表しており、両市の関係が一層、ぎくしゃくすることは避けられない情勢となっている。

 河村市長は20日、名古屋市役所を表敬訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員らと会談し、「通常の戦闘行為はあって残念だが、南京事件というのはなかったのではないか」と発言。南京市は市民感情が傷つけられたなどとして21日、名古屋市との交流停止を発表した。

 河村市長は22日の日本記者クラブでの会見で、南京事件に関する自身の発言について「裏で言うより堂々と言うべきだ。うそだったら、その時にたたきのめしてくれればいい」と述べ、南京市政府に現地で討論会を開くよう引き続き求める考えを示した。

 また、数年前、米国の高校教科書副読本に「日本人が南京で数十万人虐殺した」と記載されていることを知り、「ショックを受けた。史実を明らかにすべきだと思った」と説明。南京事件の被害者数について「ロサンゼルスの副読本で数十万人、中国の主張は30万人、東京裁判は20万人、一部の学者が3万~4万人、庶民の虐殺はなかったと、いろんな幅がある」と語った。【福島祥、三木幸治】

毎日新聞 2012年2月22日 22時01分(最終更新 2月23日 11時11分)

以上、貼り付け終わり。

その通りである。堂々と言うべきなのだ。確たる証拠も無いのに虐殺したとはあまりにおかしい。そもそも歴史とは勝ったほうの言い分が史実に残るもので、先の大戦で敗者の日本はやられほうだいである。しかし、正論はきちんと示すべきなのだ。それにしてもである。先の大戦の日本の亡くなった人が300万人という。4年間でである。太平洋の広範囲でだ。それが一部の南京とい街で30万人、それも通常兵器で虐殺できるものだろうか?それよりも亜米利加の原子爆弾のほうがもっとすごい虐殺である。日本では他の地域で虐殺したというお話は聞かない。南京だけが特別だったのだろうか?あまりに不可思議なのである。韓国の慰安婦問題だって、いまになって、もう記憶している人達がいなくなってから騒ぎ出す。そんなに言うならば、先ず、アジアを植民地にした欧米人に文句を言うべきだ。とくに中国なんて英国にこてんぱんにされた歴史があるだろうが!韓国だって、国を分断されただろうに。

そんなに日本が嫌ならば、すぐにこの国から中国人も韓国人も自国へ戻すべきなのである。日本はね、エネルギーとか資源が輸入できればそれでいいの。輸出依存度は17%しかないんだよ。圧倒的に他の国よりも少ないんだ。ドイツよりも低いんだよ。日本は石油ととかの資源さへあればぜんぜん困らないんだよ。

戦争だって、負けたのは唯一、資源の豊富な亜米利加だけだ。

ただ、日本は昔帝国大学、いま東大というバカ学校を奉り、それを信仰するというアホな国民性がある。なので失敗する。昔、大東亜戦争で、今は原子力発電に国家運営・・・70年前の大東亜戦争という無謀な戦争に突入したのだって、エリートと言われた帝国大学卒の海軍に陸軍、それにいまも変わらない盆暗の新聞が暴走したからである。真珠湾攻撃を奇襲と言われ、だまし討ちのように言われているが、あれは宣戦布告の通達を、当時の外務省が前の日に呑んだくれて、それで遅くなったのである。今も昔も外務省の上層部は盆暗なのだ。

お話は飛んでしまったが・・・

とにかく、いつも内弁慶の体質(これは官僚というバカの性質だ)を改めなくてはいけないのである。

それにしてもだ、愛知県知事、あいつ、河村市長のおかげで当選したくせに、河村市長を批判するなど言語道断である。まったくダメなヤツである。

河村市長は正しいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

最近読んだ本 その64

2022-これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典 著 PHPビジネス新書 ¥840-

Kanda5

久しぶりに神田昌典氏の本を買った。あまりに内容が凄すぎて、一機に読んでしまった・・・

神田昌典氏といえば、アメリカのマーケティング手法を日本に取り入れ、時代の寵児になった人であり、最近は、12年周期で人の運勢は変わるなど、いろいろ話題を提供してくれる人である。

今回はそれがとんでもない仮説を提示したわけである。神田氏は以前から、時代は70~75年周期で繰り返すと発言しており、そのように社会は動くと・・・・・

それで、昨年の2011年3月11日の震災であるが、その70年前、それは大東亜戦争が始まった1941年である。それが終ったのが1945年。その当時、日本は空襲や原爆でボロボロになってしまった。その70年後は2015年に当たる。神田氏は大胆にも、2015年に関東に大地震が起こるだろうと予言しているのだ。東北に大地震があった場合、10年以内に関東での大地震が起こっているのだ。また、この本の中で、東京都の防災ディスカッションで神田氏が呼ばれたときに、防災の著名なコンサルタントが「先の大地震で日本が東南東に動きました。つまり日本列島が傾いているであり、それを補正するためにさらなる地震が起こるわけです」P54

なので、新聞には報道されないが、東京都はすごい予算を組んで、水面下で都内の地震被害、建物の耐震強度を調べているのだろう。

東京都に大地震が来たら、それはもうとんでも無い被害となる。1945年の再来となるのは間違いないであろう。

この著書より表を添付する。1941年代と2011年代の比較。

Kannda_1

それよりすこし前の比較。

Kannda

いやー、びっくりである。

そうして今後世界がどうなるかという大胆な予測。

Kanda_3

Kanda4

信じるも信じないも人それぞれであるが、こんなことはありえないとは言いずらい・・・たしかに歴史は繰り返すし、先の震災の原発事故だって、広瀬隆さんがその震災の半年前に出した本で見事に予言し、それが的中したではないか。

帯には、あと数年で会社がなくなる!?とあるが、ある友人もそれを予言しており、シェアハウス的な事務所をすでに計画している。神田氏もそのような流れが主流になるだろうと断言している。

神田さんがこの本で言いたいことは、70年、140年前くらいに日本が経験したパラダイムの大変化によって、今までの価値観が総崩れになるということである。そのための準備をこれからの若い人達に教えるべきだということだ。140年前、まさか江戸時代が終わり、明治の近代国家に変わるとは誰も思わなかったであろうし、70年前、日本が焼け野原になることは誰も考え付かなかったであろう。またその後、焼け野原から世界で一番の金持ち国家になるとは誰が想像しえたであろうか?

信じるか信じないかは別として、ぜひとも読んでみてほしい。特に子供がいる人、30代前くらいの人は読んでみてほしい。

組織は自らで変化は出来ない。いつも時代の変化、現象によってしか変われないというところがポイントである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騒がしい

事務所の上空をヘリコプター2機が旋回して、ずっと留まっていてやたら騒がしい。こりゃ事件でもあったのかとネットのニュースを見ると・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120222-00000780-fnn-soci

東京・渋谷駅の改札口付近で60代とみられる女性が70代ぐらいの女に刺され負傷

フジテレビ系(FNN) 2月22日(水)17時2分配信

東京・渋谷駅の改札口付近で22日午後、60代とみられる女性が、70代ぐらいの女に刃物で腹などを刺され、負傷した。
70代ぐらいの女は、現場で身柄を確保されたという。
警視庁によると、22日午後4時ごろ、渋谷駅の改札口付近で、60代とみられる女性が刃物を持った70代ぐらいの女に、いきなり腹などを刺された。
女性は、腹や腕など数カ所を刺され、負傷しているということだが、意識はあるという。
70代とみられる刺した女は、現場で身柄を確保されていて、警視庁は、この女を渋谷警察署に移送し、取り調べる方針で、殺人未遂の疑いで逮捕する方針。

以上、貼り付け終わり。

70歳にもなった老婆がいったい何をやっているんだろうね・・・・

ここ、2~3日、季節なのか、さかりのついた猫が、みゃわわわぁぁぁーんと、妖しい泣き声を発して騒がしかったんだが、さすがの猫もヘリコプターの騒音で、今日はさすがに泣き声を発しない。

それにしても猫の発情期って、こんなに早いんだね。もう猫にとっては春が感じられるのであろうか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

震災対策

M7首都直下地震4年以内の確率70%

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 1月24日(火)15時2分配信

昨年3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の影響で、首都圏の地震活動が活発化している。これに伴い、マグニチュード(M)7クラスの首都直下地震の発生確率を東京大学地震研究所の研究チームが試算したところ、「4年以内に起きる可能性は70%」と、切迫性がかなり高まっていることが分かった。

 首都圏でのM3~6クラスの地震は、東日本大震災前に比べて約5倍(1日当たり1.48回)に増えている。地震の規模(マグニチュード)の小さい地震が増えると、より大きい地震の発生確率も高まること(注)から、研究チームがM6.7~7.2の地震の発生確率を計算したところ、今後30年間に98%、4年後には70%になったという。

 政府の地震調査研究推進本部は2004年に、南関東でのM7クラスの地震の発生確率は「今後30年間で70%程度」と評価しているが、これは過去150年間に起きたM6.7~7.2の地震を数えて、その頻度から発生確率を算出した。東北地方太平洋沖地震の以降は同クラスの地震が起きていないので、発生確率は変わっていない。

 同研究所は「首都直下地震では、家屋の耐震補強や家具止めで8割の被害軽減ができる。今から対策を」と呼びかけている。

(注)地震学での経験則(グーテンベルク・リヒター則)によると、M値が1大きくなると、地震の発生頻度は10分の1になる。例えば、M5クラスの地震が10回起きると、M6クラスが1回起きる計算。

都心部、想定外の震度7も…東京湾北部地震で

読売新聞 2月21日(火)3時14分配信

 首都直下で起こる東京湾北部地震で、これまで想定していなかった震度7の揺れが都心部を襲う可能性があることが分かった。

 文部科学省が進めてきた地下構造調査で、地震を起こすプレート(地球を覆う岩板)の境界が約10キロ浅くなる部分があると判明したため。国は新年度、被害想定と対策の見直しを始める。

 東京湾北部地震は、国の中央防災会議が18通りの発生領域を想定している首都直下地震の一つ。震源は陸のプレートと、その下に沈み込むフィリピン海プレートの境界で、規模はマグニチュード(M)7・3。同会議が2004年に公表した震度分布の最大震度は6強だった。

 しかし、大学や研究機関などが参加する文科省の研究チームが07~11年度、首都圏約300地点に地震計を設置し、地震波を解析した結果、東京湾北部のプレート境界の深さが、同会議の想定(30~40キロ)より約10キロ浅くなる部分があることが確認された。
以上、貼り付け終わり。
東北で大地震があった後は10年以内に関東に大地震があったそうだ。過去4回ともそのとおりだそうだ。この前、HAARPの波形の乱れで大騒ぎしたのだが、でもやはり準備だけはしておいたほうが良いので、いつも箱買いのペットボトルを買い増した。
1 
500ミリリットルのお茶、48本、それに330ミリリットルの水、96本
2
以前に買っておいた500ミリリットルの水48本
3
今回はカップのそば1箱12食
4
カップのうどん1箱12食も用意した。
これで事務所の震災の対策はばっちりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

死刑判決

光市母子殺害事件の最高裁の判決が決まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000539-san-soci

光市母子殺害事件、最高裁が上告棄却 元少年の死刑確定へ 

産経新聞 2月20日(月)15時7分配信

 平成11年の山口県光市母子殺害事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、20年に広島高裁の差し戻し控訴審判決で死刑とされた元少年(30)の差し戻し上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、元少年側の上告を棄却した。死刑とした広島高裁の差し戻し控訴審判決が確定する。

 上告が棄却されたのは、犯行当時18歳1カ月だった元少年の大月(旧姓福田)孝行被告。事件発生から13年を経て裁判が終結する。

 最高裁が永山則夫元死刑囚の最初の上告審判決で死刑適用基準(永山基準)を示した昭和58年以降、殺害された被害者が2人の事件で、犯行時少年の被告の死刑が確定するのは初めて。最高裁が把握している死刑確定者の中で、最も年齢が低いとみられる。

 同小法廷は、「被害者の尊厳を踏みにじった犯行は冷酷、残虐で非人間的な行為だ。被告は殺害態様などについて不合理な弁解を述べており、真摯な反省の情をうかがえることはできない」と指摘。その上で、「犯行時少年であったことや、更正の可能性もないとはいえないことなど酌むべき事情を十分考慮しても、刑事責任はあまりにも重大」と述べ、死刑判決はやむを得ないとした。

 4人の裁判官のうち3人の多数意見。宮川光治裁判官(弁護士出身)は死刑判決を破棄し、改めて審理を高裁に差し戻すべきだとの意見を付けた。死刑判決での反対意見は極めて異例。

 1審山口地裁、2審広島高裁は、年齢や更正可能性などを理由に無期懲役としたが、最高裁は18年6月、「犯行時の年齢は死刑回避の決定的事情とまではいえない」として、審理を広島高裁に差し戻した。20年4月の差し戻し控訴審は「極刑回避の事情はない」として死刑を言い渡していた。

■おことわり

 産経新聞社は原則として、犯行当時に未成年だった事件は少年法に照らして匿名とし、光市母子殺害事件も被告を匿名で報じてきました。しかし、死刑が事実上確定し、社会復帰などを前提とした更生の機会は失われます。事件の重大性も考慮し、20日の判決から実名に切り替えます。

以上、貼り付け終わり
まあ、この判決は妥当だろう。よく人権派とかいうバカが、更生の機会を潰したとか言うのだが、人間が更生などするものか。するはずがない。大体、殺人をした人間がまともに就職などできるはずもないだろう。結局、また犯罪して監獄に入るしか生き延びる方法は無いのである。識者とかいう盆暗が、犯罪者のきちんとした言葉を聴かないととかアホなことを言うのだが、これはまったくもっておかしい。こういうことを言うヤツラの頭の構造を疑う。人を殺すにの、冷静な判断があるものかね???あれば普通、人なんて殺さない。
それにしてもだ。今回許せないのはマスコミだ。特にNHKなんて、この犯人の子供の頃の写真をテレビで放映するという暴挙である。いくら大きな事件といえども、これはあまりに酷いのではないか?名誉毀損であろう。かといって、NHKはこの犯人に面会して取材しているのだ。単にニュースのネタなのだ。悪いヤツラの商売のネタなのだ。
犯行当時が未成年だったということを問題にするのであれば、最後まで匿名にすべきではなかったのか?子供の頃の写真を放映するなど言語道断であろう。
犯人が更生の機会が無くなったから実名報道?これはあまりに詭弁であろう。
人を殺めたら死刑でいいんだよ。いくら若くても関係ない。でもね、犯人にも人権はあるのだから、その過去まで根掘り葉掘り報道するのは酷い行為である。被害者にもマスコミは容赦が無い。
犯罪は絶対に無くならない。人間がこの世に存在する限り犯罪は必ずあるものなのだ。年齢など関係ないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガイガーカウンターのテスト

あらたに買ったガイガーカウンター。今度は、米国のインスペクター社のもので、タイ製である。最上位機種のインスペクタープラスに比べると、アルファ線を計測する雲母の窓が小さい。

P1120937

左よりロシア製、ドイツ製、タイ製(米国)である。

P1120940

早速、トリウムの放射線源(溶接棒)でテストをしてみた。

P1120941

ドイツ製は反応が遅い・・・ロシア製とタイ製(米国)が早い。

P1120943

ロシア製は、サンプリング時間が20秒でタイ製(米国)は60秒となっているが、タイ製(米国)のほうがロシア製よりも反応が速い。

P1120944

放射線源を離して、しばらくすると、どれもほぼ同じ数値になってきた。

P1120946

土壌の放射線を計測するのなら、反応が速いこのインスペクターが一番良いみたいである。いまならヤフオクで24000円くらいである。ちょっと大きいのが難であるが、これはオススメである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

地震の前兆? その4 地震は無かったね

結局、大きな地震はございませんでした 電磁波だけでは地震を予知できないということですな。そこまで地震は科学的に判っていないとのことですな。電磁波は地震に完全には関連性は無いというこそでした。

ちなみに昨日の波形。

Haarp20120216

かなりすごく乱れてたんだけどね・・・・

まあ、電磁波と関連が確実ならば、誰も苦労はしないよね・・・・・

大地震が来なくてよかった・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

地震の前兆? その3

昨日の夜、HAARPにアクセスが集中したためか、あるいは太陽風があまりに強くなり地磁気が乱れて衛星回線が上手く繋がらなくなったのか、まったくアクセスできなくなっていた。朝になりようやくアクセスできた。

そうしたらば、すごい!311並の波形の乱れとなっていた。

Haarp20120216

下の311近辺のデータと比べて遜色が無い乱れだ。

Haarp20110311

でも地震、来ないねぇ・・・・・

太陽風だったのかもしれませんなあ・・・・・

まあ、まだ警戒すべきだけど 大丈夫かもしれませんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

地震の前兆? その2

HAARPの波形がとんでもなく乱れてきた・・・・・

Haarp20120215_2

先週の時とはまるで違う・・・(下記は先週の波形)

Haarp20120208

昨年の3月10~12日に近くなってきた。(下記は昨年の震災時の波形)

Haarp20110311

まあ、これが当たるかどうかはわからない。

とりあえず、ペットボトルの水を買っておいた。友人「ぷ」は簡易トイレと携帯ガスコンロを買ったそうだ(笑)

備えあれば憂いなし 

それにしても激しい波形の乱れである。まあ、太陽風の影響かもしれないけどね。

このHAARPのサイト 世界中の人がいまの波形がどうなるか固唾を呑んで見ているのであろう ぜんぜんアクセスが出来なくなってしまっている・・・・

さあ、どうなるか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震の前兆?

昨日も紹介したHAARP であるが、今日に入り、もっと大きく波形が乱れている。

Haarp20120215

今日の夜か明日に地震があるかも???

ちなみに昨年の3月10~12日時点の波形

Haarp20110312

さすがのそこまでは大きく乱れてはいない。

さっき、友人の美人のクミさんが、関西で地震雲を見たと、メールが来た。

明日は舞浜に行かなくちゃならないんだよね・・・・・何も無いことを祈るしかない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

HAARPは凄い

前に紹介した、友人「ぷ」が教えてくれたHAARPという電磁波の波形のHPであるが、昨日から今日にかけて、またその波形が大きく乱れていた。

120214haarp

都内の皆さんならご存知であろうが、本日、茨城県沖で15時21分に震度4の地震があった。この前の2月8日の地震のときは下である。

Haarp20120208

この波形が乱れてからだいたい8~9時間後に地震が起きているようだ。これはかなり地震予知には有効なのかもしれない。前の日にこの波形が大きく振れたときには、ちょっと乗り物や行き場所に気をつけておけば難を逃れるかもしれない。

昨年の3月11日のような波形の場合は会社を休んで、自宅待機をしとけば安心であろう。もし地震が来なくてもたった一日休むだけだ。普通の人はどうせ有給休暇なんて余ってるんだから。

下記が3:11の付近の波形である。これをちゃんと脳裏に焼き付けておくべし!

311harrp

HAARPのHPは http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi  なので、スマートフォンの人はこれをブックマークに登録しておこう!

波形が短い時間で上下動を繰り返すと地震のマグネチュードも大きいようだ。

要チェックである!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレビが変わってきたのか?

今日のNHKのニュースウォッチ9を見ていて驚いた。 日本全国のインフラが耐用年数を過ぎているというまともなことを放映したのだ。それに公共投資のグラフとその維持管理費のグラフをちゃんと提示したのである。公共投資の金額が94年のピークから、2012年は約半分くらいまで落ち込んでいることはあええて言葉にはしていないが、グラフは見る人が見れば理解できるであろう。

その次の放映がデフレであった。デフレは物価は下がるが、企業が儲からなくなり、給与も下がり、益々不景気になるというまっとうなことをちゃんと言っていた。それもデフレスパイラルということを暗に示すようなアニメーションまで作ってである。

今までの「国の借金は一人当たり750万円」などという、デマは言わず、やや弱い表現ではあるが、ちゃんとデフレと公共投資の削減によるインフラの崩壊をNHKが放映したのは大きいだろう。もしかしたら民法も右倣えになるかもしれない。そうなれば、政府と官僚の広報である5大新聞を除いて、すこしは真実が国民に伝わるのかもしれない。

いまは皆が判っているとおり、ネットのほうが真実が多いので、誰もテレビや新聞の報道は信じなくなってきている。さすがにそれを感じているだろうNHKの若い人達が、NHKの第二(E-テレ)でEZ-TVというかなり突っ込んだ、できるだけ真実をそのまま放映するスタイルの反響があまりに大きかったのではないか?特に原発のは物凄い反響だったのではないだろうか?

それにしても笑ったのが宝くじのニュースであった。東北復興のためという最高5億円の宝くじに殺到する旧人類達を尻目に、まったく興味を示さないとても賢い新人類達のコントラストを上手く表現していた。今の若い人は賢いのが以外に多いのである(その分、反対なバカも多いのであるが・・・・なんでもバランスするものだ・・・)宝くじなど、一番効率が悪いのである。ちょっと考えれば判るのだが、それを誰も考えようとはしないんだよね・・・だから盆暗の旧人類はそのその金額に釣られて殺到するのだ。「夢を買う」などと、自分の欲深さを肯定するような言い訳までしてである。みっともない。

もうとっくに時代が変わってきているのに、今までの価値観を地位にしがみ付く旧人類・・・なんとか努力すれば報われると信じている考えることの出来ない盆暗世代が幅を利かせているので昔からの企業が儲からないのである。そんな世代向けばかりの番組ばかり放映してきたテレビ局。いまの賢い新人類はそのような嘘には誤魔化されないのである。

それに気づいて、テレビが変われば、日本の総IQも上がって、もっと繁栄するであろう。

今日のニュースウォッチ9が、その兆しであることを望むばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安物買いの銭失い

いつものように秋葉原のソフマップの中古カメラコーナーを点検すると、なんと手ぶれ補正付きのズームレンズが、なんと¥9800-で売られていた!早速顔見知りのアフリカ系の店員のお兄ちゃんに現物を見せてくれと頼む。レンズはきれいだし、それにボディも傷も無い・・・それもフルサイズ用のレンズ。http://www.nikon-image.com/products/lens/af/fx/zoom/af-s_vr_24-120mmf35-56g_if-ed.htm 今では旧製品であるが、当時の価格は¥94000-である。

それでこの価格である。その店員のお兄ちゃん、この商品には保証が無いとの説明だ。でもあまりに安いので、ダメだったらまあそれはそれで諦めよう。。。と、ゲットした。

03

ポイントがちょっとあったので、それを使い、¥8945- これでちゃんと使えればそれはすごい安い買い物である。

しかし、世の中はそう上手くはいかないものなのだ・・・・・

事務所に帰ってきて、さっそくカメラに装着・・・・あれ、変だ? ピントが合わないぞ・・・オートフォーカスの動きがたどたどしくて、ぜんぜんピントが合わない。手動で合わせようとすると、ピントリングの動きががりがりいって上手く行かない・・・・

あっ・・・・失敗だ・・・・ダメ元で買ったのだが、あからさまにおかしいと、がっくりしてしまう・・・・

この頃毎週新宿に行っているので、そのついでにニコンのサービスセンターの持ち込み、修理を依頼した。

そうしたら、出てきた見積が、¥18585-である・・・・・となると、全部で¥27530-となる・・・中古相場とあまり変わらない・・・

でもけっこう魅力的な焦点距離のズームレンズなので修理することにした。ただ捨てるのも、もったいないし・・・

そうしたら一週間ほどで修理が出来た。それで取りに行ったら、なんと部品は交換しないで調整だけで治ったのである。

工賃のみなんで、¥10710-であった。

02

他にもいろいろ点検してくれてこの価格である。このときにカメラもセンサークリーニングと点検をしてもらったが、それはなんと¥1000-である。ニコンはとてもユーザー思いの会社なのである。やはりニコンは素晴らしい!

結局、修理費用と購入費用で合計 ¥19655-であった。リーズナブルな価格で購入できたことになる。危なく、安物買いの銭失いをしてしまうところであった・・・・

01

事務所に戻り、カメラに装着して試写・・・・すこぶる調子が良い。とてもよかった!

ニコンのカメラを持っている人は、たまに点検してもらったりしたらいいと思うよ 親身になって点検修理をしてくれるから。

ニコンサービスセンター新宿 http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/shinjuku/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

鬼門

鬼門 

鬼門(きもん)とは、北東=うしとら:の間)の方位のことである。陰陽道では、が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角としている。他の方位神とは異なり、鬼門は常に艮の方角にある。

鬼門とは反対の、南西、ひつじさる)の方角を裏鬼門(うらきもん)と言い、この方角も忌み嫌われる。

以上、wikipediaより貼り付け

横浜みなとみらいは、管理人の事務所にとって鬼門なのかもしれない。

個人的には、この前のカメラショーにも行ったし、とくに良くないことは個人的には無い。しかし、事務所的には、みなとみらい地区の仕事は、殆どダメになる・・・・

3年前、横浜ベイのある建物を模した神戸の物件が途中で頓挫し、あるホテルは、チャペルの計画をして、予算が無いので頓挫・・・赤レンガ跡のホテルの物件も頓挫・・・それから某ミュージアムも、ゼネコンの担当者が途中で逃げて、頓挫・・・それに今回の物件・・・・後の2件は、途中まで仕事をして、それでカネをまったくもらえてない・・・独立ってむやみにしたらだめね・・カネをちゃんともらうのって、とても難しいことなんだよ・・・・

今日、その物件の打ち合わせが某スーパーゼネコンであった・・・・・なぜか友人のやぶっちがその物件の担当者で、ヤツが打ち合わせに目の前にいると不思議な感じ・・・その打ち合わせ最中に、鈴木京香の年齢を半分くらいにしたような美人の電話が鳴り、それでその美人が電話に出てくれという・・・そうしたら、電話の主はそのゼネコンの友人で、なんと管理人は、このプロジェクトには起用されないとのことだったのである。まあ、それは別に良いけれど、でもさあ、打ち合わせの最中にそれはないだろう・・・あまりに間が良いのか悪いのか・・・申し訳なさそうな昔の鈴木京香・・・・・

その後の打ち合わせでは、帰るのもおかしいし・・・・発言しても、プロジェクトには邪魔になるし・・・とりあえず黙ってるしかない・・・  実に長い時間であった・・・

そのゼネコンから芝浦の自宅までは歩いて帰れる。途中でオリジン弁当でおかずを買って、時間は早いが発泡酒を開ける・・・・・

横浜みなとみらいは 鬼門なのかもしれない・・・・・・

それにしてもだ・・・ 今回、施主は管理人の事務所ともうひとつ、別な事務所を天秤にかけて、その別な事務所を選んだそうだ。その事務所、たぶん、某物件で10年以上前にぼろくそにけなしたヤツであろう・・・・・・お前、首だよ・・とぼろくそにけなしたのだ・・・ 因果は回る・・・・ 3年前、管理人がデザインが派手といわれ、クビになり、そいつが変わりに登場・・・その2年後、コンペでそいつと一騎打ち・・・管理人負ける・・・ たぶん、今回もそいつである・・・・因果は回るのである・・・

気をつけようね 世の中は・・・

鬼門にやられてる???管理人でございました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国営は儲かるはずがない

東電を国営化するというので、経団連の会長が毒づいているようだ。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120213/biz12021318350018-n1.htm

米倉経団連会長が枝野経産相を批判 「東電の国有化は勘違い」

2012.2.13 18:35

 米倉弘昌経団連会長は13日の会見で東京電力に公的資金を注入して国が経営権を取るべきだとする政府方針について「国有化してちゃんとした経営になった企業は今までみたことがない」と述べ「東電は国が前面に出て賠償すべきで、国有化はとんでもない勘違いだ」と厳しく批判した。

 また枝野幸男経産相を名指しして「曲げて、曲げて、曲げ抜いてやってきた」と強調。「地震は想定外だったが、津波は想定内と言う。地震と津波は一体のもので、津波が想定内だというのなら、なぜ防波堤などの準備をしなかったのか。政府が対策を怠ってきたからだ」と指摘し、東電支援には原子力損害賠償法を適用すべきだとする従来の主張を繰り返した。

 さらに「外部から経営者をと言っても株主が政府なら必ず政府の意向がついてくる。経営の経験がないとどうしようもない」と語り、勝俣恒久東電会長の後任人事についても「本来であれば内部からが望ましい」と主張。「公的資金が入るのであれば東電の経営権議決権を持った株主は拒否権をもつ3分の1に留めるのが望ましい」としたうえで「日本の電力供給確保に一番重要なのは東電が早く普通の会社に戻ることだ」とした。

以上、貼り付け終わり。

まあ、米倉会長の言うことも、ある程度はもっともだ。国営のものは黒字にはならないのだよ。儲かるのであればとっくに民間がやっているんだ。儲からないから国家という大きな単位でやらないとどうしようもないから国でやるのである。こう言うと、国鉄は民営化して儲かるようになったじゃないか?という批判が聞こえてきそうだが、国鉄は元々は民営の鉄道会社を国が買い取ったものなのである。それに各地には民営の鉄道会社がちゃんと収益を上げている。でも東電のインフラとは、元々は国が築き上げたものだ。それを殆どただで手に入れて運営しているんだからそりゃあ儲かるのである。ちなみにテレビの電波網も国が整備したものだが、それをテレビ局が超安価なカネで拝借しているのである。国のカネを入れたから国営だってのは、銀行にカネを入れたから国営か?しかし、銀行は国営になっていない。税金を投入しても、ちゃんと返却させればいいのだ。

今回、枝野の発言に対し、米倉会長と、東電が難色を示しているのは、簡単なことだ。経済産業省の監理が強くなるということに対しての懸念なのだ。枝野は経産省の大臣だから、省の意向を発言しているだけである。自分達の天下りを拡大したい経産省、官僚など、使い物にならないから、できるだけ少なくしたい東電との綱引きである。天下りなど、官庁の顔が利くのが一人だけで十分なのだ。たくさん入ってこられて徒党を組まれるよりも、有力者一人に多額なカネを払ったほうが効率が良い。

国ってのは儲かるためにやっているのではないんだよね。なので国や都道府県、市町村でやることはすべて赤字になるのは当たり前なのだ。いや、儲けることは出来ないんだよ。その成り立ち上ね。商売にしてしまったら効率重視になるから赤字な部門は切り捨てるのは当たり前。なので国鉄だって民営化したら、地方のローカル線はみな廃止してしまった。当たり前なのである。

皆、勘違いしてる 「国のやることは赤字でよいのである。だから国がやるのである」

国が黒字化しようとして民営化すると、米国の医療みたく、弱者は医療を受けられないようになってしまうのだ。

民間(商人)ってのは、税金を納めて、国民を雇用するのが国に対する貢献ってなことなのだ。国家のやることとは方向が違うのである。

まあ、東電に関してはねぇ・・・送電線は元々国家の物だから、それは国営でいいだろう。原子力発電所も国家が税金も入れて造ったんだからそれも国営でもいいだろう(廃炉も含め)でも火力は東電でいいんじゃないかね。水力も国家の運営だな。税金だし。そうなりゃ、東電も小さくなって、すっきりするだろう。

地面はね、結局は国家のものなんだよ。 だから土地を買っちゃいけないよ。どうしたって自分の物にはならないんだからね。

みんな儲け、儲けってカネのことばかり言い過ぎてる カネの使い道も無いくせに溜め込んでる。なにがエクイティだっつーの バカじゃないか? 誰かが儲けたら誰かが損をするんだよ ファンドの世界なんてただの仮想だからね。なにが言いたいかというと、民間ってのは、いくら長期に考えても10年くらいしか先を見通せないんだよね。毎年利益を出して社員を雇用しなくてはいけないからね。でも国家ってのは、20年、30年、50年、100年を考えていかなくてはならないのだ。なので収益など考えてられないのだよ。民間と国家を一緒に考えてはダメなのである。100年後の民間が儲けれるように考えるのが国家なのである。(最近は官僚と政治家が目先の事しか考えられないからダメなのだ)

国営は儲けと対極にあるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

あほな財務省と新聞各社

国の借金が958兆円に 最大を更新、復興債も影響

2012.2.10 19:29

 財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた国(政府)の借金残高が2011年12月末時点で958兆6385億円となり、過去最大を更新したと発表した。東日本大震災の復興費に充てる復興債と、東京電力福島第1原発事故を受けて設立した原子力損害賠償支援機構に交付する国債を初めて発行したことが影響した。

 前回発表の11年9月末時点から4兆2205億円増え、国民1人当たり約759万円の借金を背負っている計算。政府は12年度末に借金が1000兆円を突破し、1085兆5072億円に達するとの見込みを国会に提出しており、財政は一段と悪化しそうだ。

 昨年12月末の借金の内訳は国債が782兆1753億円、借入金が52兆6743億円、政府短期証券が123兆7889億円。国債には、復興債の1兆5998億円と、支援機構に対する国債の4兆4413億円が含まれる。

 借金残高は、国際通貨基金(IMF)の基準に従って、財務省が3カ月ごとに発表している。

以上、貼り付け終わり

おい、このバカ財務官僚よ また嘘の発表かよ。消費税を上げる口実のために、わざわざこんな嘘を新聞各社に書かせるんだから。国の借金はね、お前らがバカだから増えたんだよ。それにその借金は、国の負債かもしれないが、国民の借金ではないんだよ。逆に国民の資産なのである。そんなの当たり前なんだが、それを国民一人当たりの借金とやるから、ナイーブな盆暗は騙されるのである。そうそう、官僚ってやつらは国民なんてバカとしか考えていないからな。それを疑いもしないで書く新聞もバカである(知っていても書くんだな・・・・お前ら、そうやって読者を騙すのなら購読料は0円にしろよ)まあ、朝日や読売などは元々バカだからどうでもいいが、日経新聞までこのとおりに書くかよ・・・日本経済新聞を読んで経済音痴になる・・・笑えない冗談だが本当のことである。こんな記事を書くということは、日経の記者と経営者が経済音痴ということの証拠である。

騙されないでね 国民は政府に金を「一人当たり759万円貸している」ってことだからね。

ホント、新聞って、社会の敵だな。前の大戦だって、国民を政府と一緒になって騙したのが新聞なのだ。

新聞にカネを払っちゃいけないよ。それでも読みたければ東京新聞にすることだ。

それにしても財務官僚も新聞各社もアホだねえ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

地震の前兆は電磁波!?

今日の午前中、友人「ぷ」から、電磁波の波形がおかしいとのメール。Haarpを見てみると、かなり荒れている。

Haarp20120208

そうしたら佐渡で震度5強の地震があった・・・

ちなみに下記が2011年3月11日の電磁波の波形である。

311harrp

朝4時の大きな電磁波の動きがあり、それで16時頃が最大になっている。今回は3:11ほど電磁波のうねりが大きくない。地域が広くなかったとはいえ、それでも震度5強である。

これは毎朝、チェックすべきである。下記をお気に入りにチェックすることをお勧めします。

http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

今日、手に入った米国製のガイガーカウンター。芝浦4丁目の数値を測ると・・・ドイツ製よりも高い数値・・・

P1120949

ドイツ製は反応が遅いからねぇ・・・

でも、平均を採るとドイツ製の数値が近いのかもしれない。

また買っちゃった・・・・測定器ヲタクだ・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

平和な日本

友人「ぷ」の残工事の後、「ぷ」が、明日、打ち合わせいけるかな?と。

次の朝、「ぷ」の配下のパクヲより、午後1:30から打ち合わせとのメールが入る。余裕をもって午後1時に現地に到着し、煙草をふかしてその時間を待つ・・・

1:30分、(パクヲは10分前って言ってたくせに・・やはりデザイナー時間である)パクヲと「ぷ」が登場。まあ、「ぷ」も一緒だから、時間にはルーズである。

*デザイナー時間 これは奴らの時間の感覚のおかしさである。 あるデザイナーなど、待ち合わせ時間に事務所を外出するという暴挙を当たり前にやる。その人を 仮に 「n」 としておこう・・・それに比べ、「ぷ」の時間ぎりぎりはかわいいものだ

それで・・・いざ打ち合わせと・・そうしたら なんと 担当者が不在であった・・・その担当、急遽、用事が出来て、それで朝、パクヲにメールしたそうな・・・

そのときの各々の反応もまた面白い。なんたって 不在だからどうしようもないのだ。

とにかく軽く、担当者の上司とたわいの無い打ち合わせをして それで退散・・・ 

「ぷ」がコーヒーでも飲んでいこうよと・・ それで煙草を吸える喫茶店を物色(全員喫煙者)それが、喫煙可能なところは殆ど満席である。喫煙難民である。何件か廻り、とりあえず喫煙場所は満席であるが、席が空いたら、そこえ移動可能というところに入った。

それでコーヒーを注文するそのとき、パクヲがカネが無いとのたまう・・・  えっ ・・・ あのね・・・ お前さあ 今日、打ち合わせも出来なかったんだよ・・・ まあ、先方の急な変更だから致し方ないけれどねぇ・・・

でもさあ、「ぷ」が何故 カネ いや 財布も持ってきてないの??? 「ぷ」がコーヒーを 飲みたいっていったんだよ・・・

先の「n」、飲みに行こう!って言うくせに いつも財布には3000~3500くらいしか入ってない「n」 それでは飲めないだろう???クライアントだから、こちらがカネは払うのはいいんだけどねえ。でも、そんなはしたカネじゃあ タクシーにも乗れないだろう??? 酔いつぶれたらタクシーじゃないと帰れないだろう???関東は雪も降らないからね・・凍死もしないか・・・・北海道では暮らせないよ・・・

話は元に戻る

まあ、双子の親のパクヲはいいよ。カネかかるだろうしね・・・ でもさあ 「ぷ」が、財布持って来てないんだから・・・・いくら事務所のそばといってもねぇ・・・ ペットボトルの水だって買えないんだよ カネ無いと・・・ 地震が起きたらどうするんだ? とりあえずカネあればなんとかなるんだよ・・・・

でもパクヲもさあ・・ 財布にいくらあるかは確認しろよ・・・前に、管理人のエレクトーンを双子にプレゼントするから取りに来いとパクヲに命令したのだが、パクヲ、打ち合わせが長引いて、急遽、タクシーに乗り管理人の自宅まで向ったのだが・・・・・・・・財布にカネが無いことに気づき、それで途中下車・・・ あのさぁ・・・電話しろよ その足りないカネくらいだしてやるよ エレクトーンとタクシー費用 どちらが高いんだ?? ったく・・・てなことがあった・・・とても律儀なパクヲである。子煩悩でとてもいいやつである 奥さんも美形なので双子がエビちゃんや押切もえみたくモデルになっちゃったらどうしようかと芝浦在住の独居老人の管理人はどぎまぎしている・・・売れなかった夕張市出身の双子のリリーズみたいにはならないでほしい。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA_(%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB)

先ほどの「n」みたいに財布に3000円くらいしか無いのに日常を暮らせるのは幸せである。のほほんと生きてるといわれる管理人でもそんな額しか財布に無いとデンジャラスである。個人経営ではそれでは生きていけないのである。

カネを持ってない二人・・・(実はこの写真のための長々のブログでした)

P1120934_2

パクヲのカネの入ってない財布がむなしい・・・・

まあ、それでもなんとかなる この日本国は素晴しいのである。平和なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

友人の引越し その2

その1から続く・・・

工事が中途半端に終わり、その後「ぷ」の新居で友人「y」とたわいのない会話で、ここは天井が高いから、そら、アッパーライトだろうと管理人のたまう。一応、管理人、照明デザインも守備範囲である。

それで、次の日、ボデイビスを購入したついでに、「ぷ」の引越し祝いにアッパーライトを探す。総武線のガード下、「ミツワデンキ」の支店本店を物色すると、本店には23wの屋外用の投光器。支店には40wの屋外用投光器。その支店の投光器が買えよ買えよ管理人を勧誘するように光ってる・・・ やっぱ、40wは明るい! 購入するまでよく考えるために、回転寿司に入り、5皿つまみ、向かいのパチンコ屋で煙草を吸って考える・・・

やはりここは40wだろう・・・23wは 小さくてかっこよいが あまりに光が弱い・・・・

色温度は6700ケルビン? 青白いが でも 設置してみて光の強さを確認してみないと とりあえずは それでもいいか・・・ まずは購入 

店員のお兄ちゃんが良い人で ちゃんと持てるように 紐で縛ってくれた 秋葉原から田町まで それをぶら下げて山手線 けっこう重い・・・

昨日 チャリンコdえ「ぷ」の家に行ったのだが、帰り道 パンクした。。。不思議であるが 「ぷ」の家の帰り、よくパンクする これで三回目だ 今回はリアタイヤである・・・

P1120928

P1120929

家にチャリンコを入れて修理した。

話を戻す・・・・・

チャリンコがパンクなのと 投光器が大きいので、徒歩で「ぷ」邸に向う。インテリアデザイナーの「ぷ」には似つかわしくない粗雑なつくりの、それも無駄に大きな業務用の投光器でである。

P1120922

消費電力は40wと 少ないのであるが それにしてもでかくて無骨である・・・さすが業務用である 

「ぷ」が でかい!と驚嘆していたが そんなことはおかまいなしである とにかく 組み立てる。

インテリアデザイナーの友人「ぷ」に こんな巨大で無骨な照明器具を本人の了解も得ずに持ち込んでしまうのは これがなかなか面白い。

P1120922_2

P1120924

P1120925

とりあえず 光らせてみる

P1120927

まあまあ明るい

その後の夜、「ぷ」が実際に点灯

01

ランプの色が6700ケルビンなのでやっぱり光が青っぽい・・・

それに40wじゃ この天井高では やはり弱い・・・・あと2台は追加しないとダメみたいである・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

友人の引越し その1

友人「y」が家に来るから、おいでよ と 友人「ぷ」からのメール。それで、なんか簡単な電気工事をやってくれとのこと。 簡単な電気工事? 内容はどんなん?とメールするが、簡単だからと・・・・ その後。「ぷ」と「y」のメールのやり取りを見ていたら、なんと「ぷ」が引越ししたようである。 工事内容がまったく把握できてないので、ペンチやテスター、それにビニールテープ、圧着端子など、一通りの工具と材料を用意して、それをリュックに積み込みチャリンコで参上した・・・・・・

現場に着いて、その工事内容が判明した・・・・

元々付いてた照明のスイッチがベッドのヘッドボードで隠れてしまうので、それで家具屋さんが、それを分解、ケーブルを延長していたようで、今回はその復旧だった・・・それで「ぷ」は過去にアイフォンで撮った画像を見せて、これに戻してよとのたまう・・・時間はPM5時過ぎである・・・・・もう既に暗い・・・ あのね・・・・電気工事って、感電しないようにブレーカーを落とさないと工事できないんだよね・・・それにね・・・・このスイッチ、三路結線しているんだよね(専門的ですいません・・・)回路図も無いし、元々、どうなってたか、その資料が無い・・・「ぷ」に これは時間がかかるよ・・といったら 何故かびっくりしていた・・・けなげに懐中電灯を持ってきた「ぷ」であったが、電池が弱く、暗いんだよね・・・・

「ぷ」にブレーカーの場所を訊き、心配になっている「ぷ」を部屋に戻るように促し、冷静の考える・・・

テスターを持ってきて正解であった。ブレーカーを落とし、三路結線の相手側を分解して同通を当たる・・・・・ 紙も鉛筆も無かったので、1回路ごとに調べながら結線する。多少は間違っているかもしれないが、とりあえず結線は出来た。ブレーカーを投入して、スイッチと調光レバーを操作する。火花も出ず、とりあえず、動く。よかった。。。三路の相手側も動作してみて大丈夫なのを確認した。とりあえずよかった・・・ それできちんと収めましょうと、「ぷ」が用意した部品の袋を見ると、なんとスイッチを留めるビスが無い・・・「ぷ」に電話するが、通じない・・・それで部屋まで行って、ビスが無いことを告げる・・・「ぷ」曰く、えっ そうなの?・・・・

「ぷ」はビスを買うというが、そりゃ 無理ってなもんだ。どんな規格のビスかって、わからんだろう 致し方ないので 翌日 秋葉原に買いに行った。

次の日の午前中、秋葉原のガード下の店にそのビスを求め彷徨う。日曜日、意外と店が休みなのだ・・・・なんでM4の皿ビスが売ってないんだよ!!!秋葉原を彷徨う・・・ようやく見つけたM4皿ビスの40ミリ それも若干高級なニッケル鍍金(メッキ)品だ!

それを手に入れ、明るいうち、午後1時に「ぷ」のところへ訪問。昨日接続した部分を写真に残す。

P1120912

P1120913

P1120914

P1120914_2

P1120915

P1120916

P1120917

それにしても腹立ったのがテープの巻き方である。はがしにくいったらありゃしなかったのである。最初はきれいにはがそうと頑張ったのだが、下手糞なテープの巻き方だったので、頭来て、それで剥がしを諦め、ペンチで切って、ケーブルの被覆をペンチで剥いた。その残骸がこれである。

P1120921

それにしてもだ・・・・なんでスイッチのビス(業界用語でボディビスと云う)が無いのだよ。ったく・・・・

マンションなんて、けっこう雑なんだよね スイッチをきちんと納めるのも意外と苦労する。ネジの締め具合を調整しながら なんとか納める。

P1120918

とりあえず、なんとか復旧できたようだ・・・ マキタおやじが管理人のシバウラ号をメンテナンスするのと同じ苦労かもしれない・・・いや、まきたオヤジのほうがはるかに高度だ。

心配なのは、「やぶっち」とか が まきたオヤジにメンテナンスをお願いしたら・・・ ましてやスクーターを「ぷ」が買ったら メンテナンスなど出来るはずもない・・・・ ああ 師匠・・・ 金にならない作業が増える・・・・負担のみ・・・・・師匠は越谷まで乗って来いと命令するだろう・・・ あのね お願いだから原付50ccは止めてね・・・原付なんて30km以下なんだから・・・ 少なくとも 小型ね 原付二種ね・・・・

P1120920

その2に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

カラー図鑑百科

友人「ぷ」に頼まれていた、世界文化社のカラー図鑑百科事典のスキャンがようやく終了した。小さい頃はなんでもなかった昆虫であるが、年寄りになって、何故か虫が気持ち悪くなって、スキャンするのが嫌で、一番後回しにした。

P1120897_2

P1120911

全24巻、1巻、132~134ページくらい。1巻のスキャン数66~67回である。1回、約60秒ほどかかる。66回×24巻=1584回 時間にすると26.4時間。スキャンしたデータを並び替えるのに約15分・・・・延べ30時間の大作業であった。これだけの時間をかけても、データ量はたったの1.5ギガバイトである。2ギガのSDカードに入ってしまうのである。図鑑の質量と比べると、1000分の1以下くらいになってしまうのではないか。デジタル技術というのは素晴らしい。(これ2進法。基本形は算数の巻に載ってます)

P1120909

この本のサイズがスキャナーの大きさとは合わないので紙でマスキングしてスキャンしていた。

P1120900

もう40年以上前の本である。載っている車の写真や都市などはさすがに年代を感じさせる。

よく眺めてた本はもうボロボロである。

P1120905

最終巻の過去の著名人の辞典は、とにかくよく眺めていたので、ボロボロ過ぎて、ガムテープで補修しているくらいである。

P1120906

P1120907

P1120908

あー疲れた・・・

とりあえず終ってホッとした管理人である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »