« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月28日 (土)

ありえないことだからこそ

ビールのコマーシャルで、壇れいとかいう美人の女優(普通、女優は美人なのは当たり前か)が旦那の帰りを迎えるというのがある。あれがすこぶるおじさんのハートを鷲掴みとのことだ。このコマーシャルを作ったヤツは偉い。はっきり言って、こんなことはありえあない。ありえないからこそ惹かれるのである。優しい美人の奥さんが自分の帰りを待っていて、それでいつも旦那のことを思っていろいろ尽くしてくれる・・・・・こんなこと、普通はあるわけがない。あれば奇跡である。だからこそ多くの人は惹かれるのである。小説でも映画でもヒットするのは自分の理想というか、感情移入できるものがヒットする。現実にはありえないからこそ理想なのである。あのコマーシャルのように美人で自分のことをとてもよく思ってくれてる嫁さんがいたらどうするか?最初の1年くらいはいいだろう。でもこれが2年、3年、10年と続いたらどうだろうか?普通の人は耐えられないだろう。確実に逃げるはずである。まあ、奇跡的な貞淑で美人な女性は本能的に普通の男は自分に耐えられないと判るから、その耐性がある破滅的な男を選ぶんだな。基本的に人間も動物だから自分のことしか判らない。自分以外の固体のことは理解は出来ないからね。

女優さんとか男優さん、それにスポーツ選手って大変な職業だよね。普通の人じゃありえないことをするのが職業なんだからね。それ相応の収入が無いとやってられない。なのにいまは多くの収入があると嫉妬されるし、聖人のように神のような振る舞いじゃないと叩かれる。かわいそうである。あくまで感情移入の対象のままでいてほしいのだ。それを具体的に生きているのが吉永さゆりであり、そのまま愚直に全うしたのが大原麗子だったのかもしれない(これは管理人の勝手な憶測ですから)

話を元に戻すと、ちょっと前、オウム真理教の指名手配犯を16年も匿ったという美人の下信者。あれも同じなのだ。普通の男にとっちゃ、理想の女であろう。でも指名手配の犯人だったから、それに合致したのである。普通の男なら耐えられないし、また彼女も物足りないだろう。自分のいうままになる指名手配犯だったからこそ16年の年月が幸せだったのである。

マキアヴェッリが言うように、高貴な者ほど手に負えないのである。

ありえないことだからこそ、我々はそれを見て楽しむことが出来るのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

人間は間違いを犯さないというのか?

ぼけーっとしてNHKのニュースを見てたら、医療事故で、病院側が患者の家族に対して5800万円の損害賠償の判決が下りたとのことだ。たしかに事故は無いにこしたことはない。でも、間違いを犯さない人間っているのだろうか?医者は常に100%完全でなくてはならないのか?そんなことはありえないだろう。訴訟を起した本人だって、いままでにどれだけの間違いを犯してきたのか?たまたま医者という職業でないから何事もなかったかのように医者に詰め寄るのではないか?

日本の医療なんて奇跡に近いんだ。貧乏だって一応は診てもらえるんだ。保険書が無くたって、急患だったら一応は助けてもらえるんだ。医者だって人間だ。それに毎日の激務で疲れも相当だろう。間違いは必ずあるんだ。今回の賠償が5800万円という。それは病院が支払う。それにその被害者の患者をずっと死ぬまで面倒をみなくてはならない。その費用はとんでもない額になるだろう。こんなことばかりやってたら、間違いなく日本の医療はアメリカと同じになる。訴訟が怖いからカネが無いやつは診なくなる。今回、訴訟で勝った家族は勝ち誇っているだろうが、日本の未来にはこれは大きな禍根を残す判決なんだ。

裁判所はあまりにおかしい。裁判官はそこまで考えて判決を下したのだろうか?鈴木ムネオやホリエモンなど、世間が許さないからといって罪にするが、それは本当に正しいことなのか?

人間なんて誰も価値がないんだ。はっきりいってね。所詮、動物だし、必ず死ぬしね。

ようは生きる権利ばかりが幅を利かせているからおかしいのである。生きる権利があれば死ぬ権利も無くてはおかしいのだ。この程度がいまの現代人の思考レヴェルなんだ。

今はね、石油と医療のおかげで、想定外に人間が増えすぎて、それでいろんなところに綻びが出てきたんだよ。基本的人権っていうか生きる権利のほうが大きくなりすぎてしまって、それがモンスターになって困っているのが今なんだよね。ある疾病が流行して、寿命が50歳以下になるとかしたら、年金問題もすぐに解決するだろうし、食料やエネルギー問題も解決の方向に向かうだろう。

ちょっと話が飛躍しすぎたが・・・

間違い無い医療を望むのならカネを払いな それ相応の。それが当たり前なんだ。健康保険内の医療で完璧を求めるなよ。訴訟なんて権利は剥奪すべきである。

医者だって人間なんだ。誰だって間違いを犯すんだよ 故意ではないんだよ。

間違いを認めない世の中は狂っている。それがファシズムを呼ぶのだよ。(東京電力と官僚の間違いは認めないくせに。これを矛盾という)

人間を特別と思いすぎだよ。植物だって弱いのは間引きするだろう。動物だって弱いのは喰われるんだよ。

(でも殺人とかは死刑でいいんだ。人を殺せば死刑でいい。そこに人権問題を持ち出すバカがいるけどね。)

人の名誉よりも単に「カネ」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

バカ財務省 IMFの外人を使ってまで嘘を言うか

おいおい、財務省よ。お前らホントにバカだね。「IMFが日本に消費税アップを求めている」という発言をIMFに出向している財務官僚が発信してるってのがばれてしまったから、今度は外人に言わせてみるってかい。ホント頭悪いねお前ら。なんで日本の財政が破綻するんだい?日本の国債ってのは95%は国内の余剰金でまかなわれているんだよ。使い道が無い金が余ってるから国債を買って運営するしかないんだよ。こんなことは当の財務官僚は当たり前に知ってる。まあ、消費税をなんとかして決めてしまおうと必死なんだな。今の財務省の事務次官の勝栄二郎だかっていう盆暗野郎が考えたんだろう。頭悪いよねえ。こんなバカが事務次官だっていうんだから呆れる。殆どの国民がバカとしか思ってないんだな。マスコミの盆暗も同じだ。賢い国民の一部は忙しく働かされているからどうしようもないしね。考える余裕も無いからね。まあ、今の時分、時代遅れのテレビ見て新聞読んでるのはバカだから、そりゃあ、誘導するのは簡単だわな・・・でもいまの若者は賢いのだよ。だから新聞取らないし、テレビを見ないだろ。何回も言うけど、いまどき日経新聞なんて読んでどうするんだ?経済もわからないバカが記事書いているんだ。日経新聞読んで商売が上手くなるんなら、日経新聞社が一番税金を多く支払っているはずなんだが、それどころは経営がヤバイんだろ?そんなバカ新聞を読む暇とカネがあるのなら、もっと有意義なことをすべきである。省エネをしたいのなら、真っ先に新聞の購読を止めるべきなのだ。電気代を減らしたいのならテレビを見ないのが一番なんだよ。エアコンを切ってまでテレビを見るのは頭がおかしい。まあ、戦後、世の中平和すぎたんだよ。団塊と新人類というあだ花の世代が消えればちょっとは変わるかもしれないけれど・・・

話は逸れたが・・・

外人にとって日本(有色人種)なんてどうでもいいんだよ。そいつらに飯食わせて金掴ませりゃあ、そりゃあそのくらいのリップサービスくらいするだろう。日本はIMFに多大なカネを拠出しているんだ。そんなこと言うならカネ返せよ!って。IMFなんて所詮、米英なんだ。IMFのお世話になった韓国はどうなったか?もうすっかり英米の管理下だろう。

頭でっかちってのはダメなんだ。アメリカにしたってMBAなんてもてはやすからダメになったんだよ。金融工学なんて所詮は学問の世界でしかない。学校の言うとおりに商売が出来るのなら共産主義は必ず成功するはずだろう?所詮、学校で教えることなんて過去でしかないのだよ。ましてや日本の大学など商売や仕事を教えないから、偏差値の高い大学に入れたかどうかでしか判断していない。その最高峰の東大の1~100番までが財務省なんだから、そりゃあ盆暗だろう。先の大戦も帝国大学の優秀な成績の盆暗が道を誤ったんだよね。

本当は官僚なんて中卒で入省させて、それで仕事させて賢くて外国語も必要だったら留学させたりして鍛えればかなり違ってくると思うよね。小、中、高校と偏った勉強ばかりさせるからダメなんだ。学校の勉強って殆ど使い物にならないでしょうが。頭は常に勉強してないとすぐにダメになるんだ。筋肉と同じなのである。今の官僚はエリートではないんだ。ただの東大出っていうだけなんだ。本物のエリートではないのだ。14~15才くらいで選別したら、本物のエリートを生み出せるだろうね。親の金の多寡も関係なくなるからね。

そうしたらこんなIMFの三流芝居なんかをテレビで見ることは無くなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本 その63

続 大人の流儀 伊集院静 著 講談社 ¥933-

大ベストセラーの前作に続く第二弾 これもいけてます。今回は先の大震災での顛末も描かれております。著者が言うように、最近の大人はすべてカネばかりで、とにかくかっこわるい。この本はすべての大人達に読んでいただきたい。年齢を重ねるから大人になるのではない。人生を重ねるから大人になれるのだ。そんな大切なことを教えてくれる。

日本と世界はこうなる 2012年~ 日下公人 著 ワック出版 ¥1238-

この頃毎年恒例となった日下さんの予言?本。著者が言うように、欧州が衰退していくのはわかる。中国が分裂するっていってるけど、どうなんだ?副島くんの言ってることとは正反対である。著者はかなり右なので、けっこう過激(笑)たしかに原爆を持つと抑止力にはなるだろうが、通常兵器じゃないと実際には使えない。日本以外に原爆を使われた戦争はこれまでに無いんだからね。まあ、これからナショナリズムが強くなるのは間違いないだろう。この本、とてもわかりやすく書いてあるから、ざっと世の中の趨勢を掴むには良いであろう。

日本人ならこう考える 渡部昇一 養老孟司 共著 PHP研究所 ¥1300-

渡部さんも右なので(笑)それに養老先生の対談である。なかなか笑える。第5章の「毛沢東主義に帰れ!」はかなり面白い。ようは、いまの中国は経済発展で崩壊寸前だと。昔は農地もあったし水もあった。でもいまは公害で農地は荒れ放題、それに地下水のくみ上げすぎで水もこれから枯渇(アメリカも同じ)寸前とのことだ。もう経済発展は止めて、毛沢東主義に戻れってなことであるが、一度美味しい思いをしてしまったら、もう後戻りはなかなか出来るものではないんだけどねぇ・・・でもこの本、面白いですよ。靖国問題など本質を突いている。このあたりはさすがです。若い人はそういうことは誰も教えてもらってないだろうから、こういう本を読んで賢くなってほしいですな。対談本なんであっというまに読めちゃうから。

グローバル恐慌の真相  中野剛志 柴山桂太 共著  集英社新書 ¥740-

TPP反対でテレビでぶち切れて一躍有名になった中野さんの新刊です。儲からなねーなんて愚痴言ってないで、こういう本をちゃんと読んで勉強すべきである。この著者達70年代生まれなんだね。でもこんなに賢いのもいるのである。こんな賢い人達が増えれば日本の未来は明るいだろう。著者が言うように歴史は繰り返すのである。「デフレは資本主義の心肺停止」とあるが、これは名言である。いまの日本がまさにその状態なのである。

成毛眞の超訳・君主論 成毛眞 著 メディアファクトリー新書 ¥740-

いやー、成毛さんの本はいつも面白い。この人は良い年齢の重ね方をしている。その中でもこの本は抜群だ。君主論とはマキアヴェッリが500年前に書いた君主とはどうあるべきか?を著書にしたものである。それを現代になぞらえて説明してくれているのがこの本である。「高貴な人ほど有害」とあるが、これホントである。いまの時代、グレーを極力なくして真っ白けにしようとしてるから生きずらいのである。この本はできれば20代、30代前半くらいの人に読んでいただきたい。できるだけ若いうちに読んだほうがいい。成毛さん、いつも言ってる。たくさんの本を読まないとダメだって。それでも成功するには「運」が必要と。そのとおりなのだ。たくさんの本を読んで賢くならないと「運」も見方になってはくれないのだよ。本も読まずにただ漠然と仕事してたらダメだって。この本はたとえ1万円だとしても安いと思うくらいの価値がある。

アフリカで誕生した人類が日本人になるまで 溝口優司 著 ソフトバンク新書 ¥730-

この本、宗教家には絶対に受け入れられないだろう。なんたって神も仏も全否定なのだから。キリスト教が言うように、人類はアダムとイブから生まれたのではなく、700万年前のチンパンジーから進化したのが人類ということである。いまだにキリスト教なんて信じてるのが欧米人である。アホなのである。そんな欧米を見習えなんてやってるからバカなのだ。我々は進化の成れの果てなのである。神は人間を御するために生み出したツールでしかないのだよ。こういう本を読んで宗教になんて騙されないようにしよう。

アメリカの次の覇権国はどこか? 木下栄蔵 著 彩図社 ¥1200-

この本も面白い。バブル崩壊が覇権国を作り、またそれが無いと覇権国にはならないとのことである。それに加え、債権国、ようは外国に借金が無く、カネを貸している国でないとその条件には当てはまらないとのことである。そこで、現時点で該当するのが日本国と中国である。ドイツは債権国だが、バブル崩壊を経験していないので覇権国にはなれない。ユーロで第三帝国の再構築を試みたが、それも頓挫しそうである。中国はとうとう住宅バブルが崩壊しそうである。共産主義で初めてのバブル崩壊である。さあ、これからどうなるか?非常に興味深い。我々はそんな岐路に生きている。非常に幸運なのである。

ヤクザと原発 鈴木智彦 著 文藝春秋刊 ¥1500-

原発に実際に潜入したノンフィクションである。面白い。読み始めたら止まらなくなって、あっというまに読んでしまった。ただ、ヤクザのことが書いてあるのは第一章だけで、あとは潜入記であるから、ちょっとこのタイトルは大げさであろう。原発とは白も黒も無い、世の中の縮図なのである。

外人部隊の日本兵 宮下洋一 著 並木書房  ¥1500-

いやー、この本も面白い。有名なフランスの外人部隊に、けっこう日本人も入隊していたのはびっくりである。写真もふんだんに使われているし、実に面白い。入隊した隊員がどうして入隊したのか?その人生模様が実に面白い。この本は白金の古本屋で100円で見つけたものである。だから古本屋めぐりは止められないのだ。

科学者の9割は「地球温暖化」C02説はウソだと知っている 丸山茂徳 著 宝島社新書 ¥648- 

原発問題で頑張ってる武田邦彦先生も言ってるが、地球温暖化はウソということである。著者が言いたいことは、題名の通りの温暖化がウソということだけではないのだ。もっと恐ろしい、逆に地球は寒冷化しているとのことである。あまりにも内容が衝撃的である。2050年以降、地球が寒冷化し、それで作物が出来なくなり、それで人類は食物を求め大移動の大戦争を繰り広げるだろうとしている。たしかに、第二次大戦において、日本が中国大陸に進出したのだって、国内の余剰人員を食わせるためだったのだから。まあ、そのころは管理人は生きちゃいないが、過去の歴史において、人口はエネルギーのカロリー数に比例しているのは事実である。だから一番カロリーが高い原子力まで使っているのである。いま、人口が100億人にまで行きそうであるが、そこがピークかもしれない。武田邦彦先生はそこで人類も考えるだろうと言っているが、中国とアメリカの水が枯渇したら、たしかに食物は足りなくなるだろう。石油というエネルギーはそれほど大きなものなのである。

遺品整理屋は見た! 吉田太一 著 扶桑社 ¥1260-

管理人みたいな一人暮らしには必読であろう。高齢になったらいつ死んでもおかしくないのだから。あの世なんてないから死んだら記憶も無いし、どうしようもないんだけど、自分が腐って死臭を出すのは嫌である。いつも身辺整理をしておかないと・・・・そう思える読終感である・・・

「民主党不況」を生き抜く経済学 森永卓郎 著 PHP研究所 ¥1000-

あの年収300万以下で~有名になった森永さん この頃はそれが200万以下まで下がってきている。森永さんの主張も三橋くんとほぼ同じである。いま日本が大変なのはデフレなのだ。公共事業を18%もマイナスにしたから世の中にカネが流れない。それで景気が悪くなって誰もカネを使わないから益々不景気になっているってことだ。財務省などはデフレのほうが物価が安くなるから、奴らにとって、いまのままが良いのだ。景気が良くなったって奴らの給与は上がるわけではないからね。それよりも税金を上げて、天下り場所を確保するのが重要なんだろう。日銀はデフレのほうが安心なのだ。なんたってデフレは貨幣の価値が一番高いのだから。ようは、政治家はもちろんのこと、官僚も経済をまったく知らないということが問題なのである。昔は地元の名士や商売で一儲けした人が名誉のために政治家になったのだが、いまは政治屋がやっているから経済などわかるはずもない。ましてや二世、三世なんかは苦労してないからね。親のカネを引き継いでいるだけだから。経済がわからないと、なにやってもダメなんだよね・・・・・

今回はどの本もオススメである。

一番は「成毛眞の超訳・君主論」かな。

是非、読んでいただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

日本はとっても良い国だ

昨日、佐世保から友人が来て、それで芝浦の居酒屋で飲んだのだが、飲みすぎで泥酔してしまい、どうやって帰ったかの記憶が無い・・・・・

気が付いたら布団の中で寝ていた・・・・神奈川の橋本へ行かなくちゃならないのに遅刻である・・・・とにかく家を出て、駅に向かう・・・・財布を捜そうとかばんを見るが、なんと財布が無い。それに腕時計も無い・・・・どこかで落としたようだ・・・・真っ青である・・・・

これはヤバイと家に戻る・・・・

そうしたら、なんと管理人さんのところに財布と腕時計が届けられていた!

新聞配達のお兄ちゃんが見つけてくれて、管理人さんに届けてくれたようである。

なんとも運が良かった。

この国はなんて素晴らしいのだろうか。

財布がちゃんと戻ってくるなんて、世界中でもこの日本だけであろう。

それにしても、泥酔状態はどんな行動をしていたのであろう?いやはや恥ずかしいかぎりである。

反省である・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

42年前の本

この前、実家に行ったとき、おかんが、本を出してきた。なんと42年前の買ってもらった漫画本である。てっきり無くなってしまったと思っていて、神田の古本屋で探そうと思っていたぐらいの貴重な本である。

P1120738

集英社 なぜなぜ理科学習漫画 自然と原子の驚異 である。 集英社も昔はこんな素晴らしい本を出していたのだ。

P1120739

小学校2年~6年生に最適とあるが、まさにそうである。内容も実に本格的で、それで漫画なので非常にわかりやすい。

P1120740

原子力のこともちゃんと載っている

P1120741

P1120742

原子爆弾のことも載っている。昔は朗らかな時代だったのだ。

P1120743

P1120744

これもスキャンして、友人達にプレゼントしてあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

北海道に行ってきた その5

2泊3日の最終日、実家を後にし、ニコニコ不動産のO嬢の同級生との打合せに街中へ向かう。この同級生、北海道ではあまりにも有名なリゾートホテルの社長様である。それにしてもニコニコ不動産のO嬢って友達や同級生が凄い人が多い。誰でも知ってる歌手の大黒○○とか・・・運が強いんだろうね。

22

23

打合せ時間よりも早く到着したので、市内を見物。見慣れた光景ではあるのだが・・・

これがさっぽろテレビ塔である。あまりにこのイメージが脳裏に焼きついてしまっているせいか、今でも東京タワーをテレビ塔と言違えてしまう管理人である・・・・

24_2

25_2

月曜日のせいか、観光客御用達、お土産売り場の二条市場は閑散としていた。

26

27

打合せがちょっと長引いたので、急いで千歳空港へ向かう。

28

無事、レンタカーを返却し、飛行機のチェックインも済ませたので、遅い昼食。ビールセットというもので、これで¥1000-である。なかなかリーズナブルである。

295

29

千歳空港は喫煙場所が屋外である。寒いのに・・・・まったく・・・・

30

手荷物検査場でまたガイガーを通す。そうしたら今度は羽田よりも低い数値だ。312.8マイクロシーベルト。羽田の約半分である。羽田客も多いから強力なのだろうか・・・・

31

それよりも、今回、ご近所さんへのお土産に、地酒の小瓶4本をかばんに入れたので、それが没収されるのではないかと気が気でなかったのだが、すんなりと通れた。もし文句を言われたら、「俺は北海道の製品を内地へ宣伝するために運ぶんだ!それをお前達は邪魔するつもりか?道民だろ?」っとか言って抵抗しようと考えていたのだが杞憂に終った。

それから数時間・・・ようやく家に着いた。

そこでまたガイガー・・・

32

やはり数値は高い。でも住めば都とはよく言ったものである。帰ってきてホッとした管理人であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道に行ってきた その4

今回のレンタカー、タイヤがぜんぜんダメである。すべるすべる。何回ぶつけそうになったか・・・・冬タイヤはやはりブリジストンのブリザックでないとダメだ。おまけに、今回のマツダ、e-4WDだかのスイッチを入れると4輪駆動もどきになるみたいだが、これがまったく効果なし・・・・壊れてんのか?

19

毎年恒例の近所の里塚温泉に行った。なぜかここは人気がある。駐車場に入るのも一苦労なくらいである。まったく温泉の匂いもしないから、温泉というのは嘘だろうと思ってたので、今回、ガイガーを持ち込んだ。

20

そうしたら案の定、ぜんぜん数値が上がらない。名ばかりの温泉である。効能なんて無いだろう。

21

ガイガーは正直である。

その5に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ行ってきた その3

その後、おかんに買い物に連れて行けと命令され、近所のスーパーに行った。

さすが北海道、海産物が安い。

ひらめがなんと1枚¥495-である。リーズナブルだ。ピーコックならば¥1200-はするであろう。

14

イカも安い。ピーコックの3倍くらいの量で同じくらいの値段だ。

15

すべてが1/3くらいの値段のようだ。まあ、北海道は物価が安くないと、道民が暮していけないからね。

16

実家に戻り、玄関の寒暖計を見てみると、マイナス4度・・・・寒い・・・

17

みよしのセットがまだ消化しきっていない、午後5時30分という老人時間の夕食を無理やり食わされ、それから4時間経過した午後9時。おかんが晩酌でもするかい?と、お神酒で買ったらしい日本酒を出してきた。それに酒のつまみを作っている???

なんとこの時間に肉と天ぷらかよ・・・・もう若くないんだからさ・・・食べれないよ・・・・

18

まったく困ったものであった・・・・ようやく長い一日が終った・・・

その4に続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道に行ってきた その2

千歳空港から実家のある里塚までは、高速道路でおよそ40分くらいである。もう年寄りなので安全運転。スピードを出したいとも思わなくなってしまった。

09

実家には午後1時に到着したのだが、老人は時間厳守なので、その時間には飯が終っていた・・・それで「みよしの」へ向かう。

10_2

昨年は「ぎょうざカレー」だったので、今回は「みよしのセット」¥470-にした。

11

となりの若いおにいちゃんが「ジャンボ定食」ってのを食っていた。このメニューの写真よりも現物は、はるかにすごい!若くないと食べきれない。

最近の北海道人は外食が多いのか、家族連れが多かった。「みよしの」は注文が入ってから餃子を焼くので多少時間がかかる。10分くらいで運ばれてきた。

12

カレーは中辛を頼んだのだが、甘めである。まあ、相変わらずの「みよしの」の味であった。

13

その3に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道に行ってきた その1

北海道に行ってきた。年に一回は顔を見せないとおかんに怒られるので、致し方なく郷帰りである。

土曜日の朝、6時起床で羽田に向かう。今回は2台のガイガーカウンター装備である。ドイツ製のガイガーを電源入れたまま手荷物検査に流す。検査官は気にしないのか、とがめられなかった。そうしたらなんとアラームが鳴っている。そそくさと荷物を引き取り、早速ガイガーの数値を確認。なんと786.8マイクロシーベルトである!いままでの最高記録だ。このドイツ製ガイガーの良いところは、数値がラッチされるところである。また、すごい数値になるとちゃんとアラームが鳴るところだ。ロシア製は数値のラッチが出来ないので、どれだけ線量が一番高かったのかがわからなくなるのである。さすがドイツ製だ。それにしてもすごい数値である。検査官って、若い人ばかりみたいだけど、大丈夫なんかね・・・こんな電磁波の強い場所にずっといて・・・

01

上空で水平飛行時にi-phoneで激写!2.9マイクロシーベルト。先ほどの手荷物検査の数値が凄かったので、インパクトが感じられない・・・

Hokkaido_008

無事、千歳空港に到着し、レンタカーの受け取り。今回はマツダだ。

02

03

なんと9万キロも走ってる・・・おまけに釧路ナンバーである。ハザードランプを消したいのだがスイッチがどこにあるかわからない・・・・マツダの車はこういうところがダメだねえ・・ハザードスイッチが目立たない・・

04

とりあえず札幌へ向かう。

05

北海道の放射線を計測。0.083マイクロシーベルト。やはり低い。

06

高速道路は空いている。

07

やはり北海道、温度も低い。。。

08

マイナス4.5度・・・・・・寒い・・・・・

その2に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

まだまだ続く新年会(焼肉編)

名古屋のn村さんが、わざわざ東京まで来て、それで新年会を開催してくださった。

04

「がちゃぴん」も名古屋からやってきた。

05

早速、焼肉登場!肉厚で、豪華な霜降りである。中高年には毒なのは間違いない・・・

06

07

お次はホルモンである。この脂がたまらない・・・中高年には毒だ・・・・

08

また見事な霜降りっぷりの肉・・・・

09

それからもなんかすっごく高額そうな肉である。どこの部位かはわからない。わかっているのは中高年にとって「毒」であることだ。

010

見よ!この見事な艶!

011

こんがりきれいに焼けた姿も素晴らしい。

012

実に美味い肉であった。その後、家に戻り、ガイガーカウンターの数値を見ると・・・

013

うわっ高い!

でも中高年にとってはセシウムよりも焼肉のほうが毒なのではないのだろうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会はまだまだ続く(石狩鍋編)

友人「ぷ」の家に届いた羅臼の鮭。それで石狩鍋を囲んで新年会と相成った。

とても楽しそうに鍋をかき回すザック監督であった。

01

新年早々、実に豪華である。

02

最後はおじやで〆!

03

羅臼産の鮭を堪能させていただいた。

実に友人とはありがたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

イランの原油

ったく・・・・亜米利加が各国にイランの原油輸入削減を要請・・・・・これって、イスラエルの問題だろうが!それに今年は米大統領選挙なのでその思惑もあるのだ。

はっきりいって、日本や欧州がイランの原油輸入を制限したって、まったく意味が無い。イラク戦争があっても世界の石油はだぶついていたのである。それに中国は亜米利加の言うことは聞かない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00001251-yom-int

米財務長官のイラン制裁要請、中国側は難色か

読売新聞 1月11日(水)22時53分配信

 【北京=幸内康】訪中しているガイトナー米財務長官は11日、温家宝(ウェンジアバオ)首相や習近平(シージンピン)国家副主席ら中国指導部と相次いで会談した。

 ガイトナー長官は、核開発を進めるイランに対する追加制裁への協力を求めたが、中国側は制裁に反対する態度を変えていない。

 ガイトナー長官の訪中は、中国から協力を得ることで「最大の効果をもって(制裁が)実行されるのを確実にする」(カーニー米大統領報道官)ためだ。

 米国は、イランの中央銀行と取引がある外国の金融機関に対し米金融機関との取引を制限する法律を成立させている。各国に対しても、イラン産原油の輸入を停止・削減するよう求める構えだ。

 一方、イランにとって中国は、最大の原油輸出先だ。欧州諸国や日本が輸入を停止もしくは削減したとしても、中国が輸入量を増やせば制裁の実質的な効果は薄れる。
以上、貼り付け終わり。
こんな子供だましなイランの原油削減など意味が無い。逆に原油が高騰して、ロシアとアルゼンチンが大喜びであろう。なので輸入規制は長く続かない。ここで一番困るのが日本である。せっかく、多大な時間と経費、それに石油会社の努力をかけたイランとのパイプが無駄になってしまうのだ。ったく日本のバカ官僚はどうしようもない。
安住や野田など無能だから官僚のスポークスマンでしかない。マスコミに騒がせて、このバカ共をガス抜きにしているに過ぎないのである。

政府、イラン原油の輸入削減へ

TBS系(JNN) 1月12日(木)19時21分配信

 安住財務大臣はアメリカのガイトナー財務長官と会談し、核開発を続けるイランへの制裁措置を巡り、日本がイランからの原油の輸入を削減する方針を表明しました。

 核兵器の開発疑惑が深まるイランへの制裁を巡って、アメリカは原油の売買などを通じてイラン中央銀行と取り引きがある外国の銀行に制裁措置を発動することを先月決めています。

 ガイトナー長官は、この方針を伝えるとともに、日本に対しイランからの原油の輸入を取りやめるよう求めました。これに対し、安住大臣は原油の輸入のおよそ1割をイランに頼っているため、即時に全面的に輸入を取りやめることは難しいと説明。その上で、計画的な輸入の削減でアメリカに歩調を合わせると同時に、日本の銀行への制裁を回避するよう理解を求めました。

 「10%ある(イランからの石油輸入の)シェアを、早い段階で計画的にさらに減らしていく」(安住 淳 財務相)

 「日本がアメリカの側に立ってもらっていることを高く評価する」(アメリカ ガイトナー財務長官)

 協議の結果、両者はイランへの制裁を強化する方針で一致。日本の銀行への制裁回避などを巡り、今後も話し合いを続けるとしています。(12日16:54)
以上、貼り付け終わり。
もし、イランがホルムズ海峡を封鎖するようなことがあれば、間違いなく世界は大戦争になる。それは当たり前だ。なんたって世界の食料の殆ど、それに産業は全て石油で成り立っているからである。ホルムズ海峡の封鎖=世界飢饉なのだ。人々は飢餓にはすこぶる弱いのである。中東の動乱はまさにそれなのだ。まあ、そうなる前にイランの上空で核弾頭が炸裂するだろうが・・・・
くわばらくわばら・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

小バイク戻る

年末、師匠の命令で越谷へもって行った小バイクが戻ってきた。それも師匠がわざわざこの寒い中、運転して来てくれたのだ・・・・不肖な弟子である・・・

01

02

もう買ってから10年、殆どノーメンテナンスでボロボロだった小バイクがすっかりきれいになっていた。

それで念願のタコメーターとスピードメーターが付いていた。とってもグッド!!!

03

その激闘記録①→ http://motor.geocities.jp/dr_mccan/DAX_R094.html

その激闘記録②→ http://motor.geocities.jp/dr_mccan/DAX_R095.html

その激闘記録③→ http://motor.geocities.jp/dr_mccan/APE_005.html

錆びてボロボロだったエキゾーストパイプもすっかりきれい!

04

ぼろぼろだったバイク固定のケーブルもすっかりきれい

05

その激闘記録④→ http://motor.geocities.jp/dr_mccan/APE_006.html

なんとカバーまで買ってくれた・・・

06

その激闘記録⑤→ http://motor.geocities.jp/dr_mccan/APE_007.html

その激闘記録⑥→ http://motor.geocities.jp/dr_mccan/APE_008.html

不肖の弟子はすっかりおんぶに抱っこである。

師匠の労をねぎらい、芝浦の「正直や」という居酒屋で新年会を兼ねて一杯。

07

08

しかしまあ、この不肖な弟子のために、よくここまでやってくれたものである。

グレードアップし、すっかり健康体になった小バイクであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

港区芝浦で0,38マイクロシーベルト!

1月9日の祭日、友人「ぷ」からメールが送られてきた。場所は港区芝浦3丁目4-1という。

エステーのエアカウンターの写真である。その数値、驚愕の0.38マイクロシーベルトを示しているではないか!

038

これは非常に高い数値である。このエステーのエアカウンターは、放射線検知体がガイガーミューラー管ではなく、半導体を使っている。なので基本的にガンマ線しか検知しないのである。そのエアカウンターがこれだけの数値ならば、ロシア製などのミューラー管タイプならば、確実にアラームが鳴る、危険範囲である。当時、管理人はその近く、芝浦4丁目の14階にいたのだが、やはり数値は高かった。こんな数値はチェルノ葛飾くらいしか記憶に無い。

事故から45日ほど経過した5月初旬、この芝浦3丁目で計測したことがあるが、そのときは水溜りのような場所で0.3であった。その後、放射線数値は下がり、最近までは、地下のピーコックならばドイツ製で0.08以下であった。ほとんど気にしなくても良いレベルだったのだ。

やはり北風に乗って、福島第一からセシウムが飛んできているのだろう・・・・・

注意が必要である。

武田先生のブログから目が離せない

http://takedanet.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

北風に乗ってセシウムが来てる?

武田先生のブログ http://takedanet.com/2012/01/post_4e36.html  

緊急速報 セシウム降下物とこれまでの状態と今日(2012年1月8日) 

を お読みください。

たしかにガイガーカウンターの数値が高い。

ここ2~3日は安定していたが、本日11時21分

P1120537_2

芝浦4丁目 地上14階 屋内 なんと213マイクロシーベルトである。

こんな高い数値は久しぶりである。その後、若干下がったが、それでも0.175マイクロシーベルトである。

P1120539_2

それからは0.150~0.169を行ったりきたりである。換気扇を回すと上がるようだ。

でも、福島第一の現場に行ってる知人のお話によると、構内は0.015ミリシーベルト、15マイクロシーベルトであるから、100分の1程度でしかないのではあるが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

新年会3連発

1月4日 仕事始め

大魔人、肉食獣が襲来す。事務所にて、昨年、おかんから送られてきた地酒、「北の誉 2L」を開け事務所で呑む。昨年末、友人「ゆ」に貰った松前漬の塩加減が酒を進ませる。

01

その後、肉食獣の大好物の枝豆を持って、えっち襲来。

02

程なく、「北の誉」が空き、二本目、「真澄 1.8L」に突入。

その「真澄」も空き、4人で3.8リットル消費・・・・さすがに肉食獣もグロッキー気味

03

しかし、この後、近くの居酒屋「とんがらし」に行った・・・・・

ビール、1,4リットル 日本酒 1.08リットル消費・・・・

もう記憶が定かではなくなった・・・1日目終了

1月5日 事務所の顧問、「 t 」先生 美味しい日本酒を持って 襲来

P1120521 

事務所で呑む。ビール1リットル 日本酒0.72リットル消費。

04

2日目終了

1月6日 あかり職人とトライリンガル美才女 襲来

05

赤ワイン 0.75リットル ×4本 消費

3日間の消費合計

日本酒 5.6リットル

ビール 2.4リットル

赤ワイン 3リットル

合計 11リットル消費 

GDPに貢献である。ハードな新年会3連発であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

ガイガーは正しかった

年末年始にかけてガイガーカウンターの数値が高かったと報告したが、それは原因があったようだ。

武田先生のブログ

http://takedanet.com/2012/01/4_360f.html

12月29日、30日と高かった福島市のセシウム降下量は、いったん1231日、11日と下がったものの、12日には「4月なみ(4月は福島からのデータはないので、茨城県北部のデータを参照した)」セシウムが降っている。

この量が続けば3月、4月と同じだから一時避難しなければならない。ただ、今の段階で間違ってはいけないことがある。それは「原因を追及するのではなく、本当に34月なみのセシウムが降っているのか、なぜそれを政府が警告し、マスコミが報道しないのか?である。

データは文科省の正式報告であり、値は1日で252メガベクレル(1平方キロメートルあたり)だから、十分に警告を出して良いレベルだ。「2,3日、様子を見る」ということかも知れないが、危険な兆候は知らせてくれないと困る。

以上、貼り付け終わり。

皆様、マスクをして十分ご注意ください!!!

ったく・・・・・福島から飛んできていたのか・・・

ちなみに下の表が福島近辺の放射能測定結果

E694bee5b084e883bde9998de4b88be9878

1月2日~3日が特にすごい数値になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

渋谷の駒忠

事務所にとても近い、居酒屋「駒忠」が11月一杯で閉店するというので、大魔人、えっち、肉食獣、管理人と4人で行った。この店は渋谷にありながらも新橋系で、安価で、それでまったくおしゃれではないので、非常に居心地が良かったのであるが、オーナーが亡くなられたそうで、それで閉店となるとのことである。残念ではあるが、どんなものにも必ず終わりがあるので致し方ない。まあ、最後の駒忠を堪能しよう。

01_3

02_3

03_3

04_2

その日、大魔人が新しいカメラをお披露目した。やはりというか「ニコン」であった。「電源は一瞬で入るんだけど、ピントがなかなか合わなくてさぁー・・・」一眼レフのようにさすがに瞬撮は無理なようである。それにしても画像がすこぶる綺麗で鮮明である。最近のコンパクトデジカメは本当に凄いのだ。

05_2

肉食獣がいるので、とうぜん、いつもの枝豆。

06_2

今回は最後ということで、女将さんのご好意で、オーナーの残ったボトルを頂いた。

07_3

この日は保護者の大魔人がいるので、肉だらけにはならない。セシウムが入っているだろう、サンマの刺身。

08_2

それにあっさりのセロリ。健康的である。

09

しかし、これでは肉食獣は不満である。やはり鳥のから揚げにタコのから揚げ。

10

喜ぶ肉食獣であった。

11

それにしても、肉食獣、枝豆を殆ど一人でたいらげている。

12

十分に最後の駒忠を堪能した4人であった・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高カロリー

年末、また無謀な高カロリーに挑戦した。ニュー新橋ビルのむさしやである。

http://30min.jp/place/1470  ナポリタンの聖地とも呼ばれ、いろんな人がブログにアップしている、有名店である。

今回はオムライスにしてみた。

01_2

なんとオムライスだけではなく、あのナポリタンも付属である。えらく高カロリーなのはいうまでもない・・・・・¥700-也 これだけのボリュームでリーズナブルである。なんとか完食できた。

別な日、気になっていたものを食することにした。吉野家の新メニュー、豚丼である。今度の豚丼は、以前の牛丼の変わりではなく、ちゃんとした十勝の豚丼のように豚肉にタレをまぶして焼いているのである。道産子ならば、これは食べないわけにはいかない。

02_2

写真がぶれぶれになっちゃった・・・

03_2

これで¥380-は安いと思う。焼く手間があるから、牛丼よりも大変であろう。十勝の牛丼に比べると肉は薄くて脂身が多いが、それでも以前の豚丼とは比べ物にならない。これはいけてると思う。

嗚呼・・・冬はただでさえ脂肪がつきやすいのに、こんな高カロリーを食べるなんて・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知床羅臼産の鮭

年末、友人「ぷ」邸で、友人「y」も加え、忘年会を行った。そうしたら、なんと永田町のムネオさんより「ぷ」に知床羅臼産の鮭が送られてきているではないか!

01

同じ北海道産の鮭でも羅臼産は別格である。関サバみたいなものである。それぐらい高級なのだ。

02

早速、明けてみる「ぷ」

03

04

05

記念撮影

06

これは友人「y」がプラハから買ってきてくれたお土産のビール。年明けに飲んだら美味かった!!!

07_2

芝浦に戻ったら、ガイガーの数値が高かった・・・・

08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始の放射線量

年末年始、何故かガイガーカウンターの数値が高かった。

12月31日 0時23分 芝浦 193マイクロシーベルト

P1120413

1月2日 19時04分 芝浦 0.170マイクロシーベルト

P1120486

1月3日 14時 渋谷 0.170マイクロシーベルト

P1120493

ずっと数値が高止まりである。これは皆が年末大掃除したから、セシウムが下水に大量に流れ、それであの南部スラッジで燃やされ、煙となって放出されているのか?あるいはいは他の原発か?

ようやく下がってきた。1月3日 14時23分 0.105マイクロシーベルト

P1120496

やはりガイガーは必需品である。

ケヨーデーツー田町店で、あのエステー化学のガイガーカウンターが¥8740-で売られていた。http://www.keiyo.co.jp/store/detail.php?sid=105 こりゃ安い!買ってみようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦の秋葉原

今年の元旦も秋葉原の偵察で始まった。

別に何かを買おうと考えているわけではない。いつものソフマップで中古のカメラの値段調べである。

それにしても元旦というのに、人が並んでいる・・・・

P1120425

けっこう人が出ている。

P1120430

P1120433

痛車発見。たしか3.11の前の日も秋葉原で痛車を発見したのだが・・・(1月1日に地震があった・・・これって偶然か???)

P1120432

それからヨドバシカメラにカメラを触りに行ってきたのだが、日本人の客が殆どいない。中国語がやたら多い・・・ソフマップもそうだった。殆ど外人・・・ヨドバシの店員さんが、「外人しかいねえよ・・・・」とこぼしていた。人はいるのだが、ぜんぜん売れないのである。

P1120437

でも、何故にこんなに中国人が日本にいるんだろうね?こんなに簡単に入国できるのだろうか?不可思議である・・・・

新年早々、なにも買わないのは日本国のGDPにとって良くないので、USBメモリーを買った。

P1120489_2

友人「ぷ」に頼まれて、カラー百科図鑑をスキャンしているのだが、これがなかなかの難作業。スキャンしてからメモリーに読み込むまでにえらい時間がかかるのだ。LEXAR製、SANDISK製も買ったのだが、今ひとつ遅い。特にSANDISKは、よく読み込みエラーになり、実にいらいらする。それで最速と思われるものを購入したのである。

その他、ガイガーカウンター用の電池。メモリー¥1660-、電池¥1270- 合計¥2930-。GDPには貢献できていない。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

本年もよろしく御願い致します。

m(_ _)m

管理人

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »