« 原発ヤバイ!!! | トップページ | 地震のとき② »

2011年3月13日 (日)

地震のとき①

3月11日、午後3時の大地震の時、新幹線に乗っていた。三島駅を出て、数分で急に新幹線が止まった。そうしたら、新幹線の中の照明が消えた。

P1080327

新幹線を携帯で予約するEXカードのポイントが余っていたので、その日はグリーン車にしたのだが、その空いているグリーン車の少ない乗客が騒ぐ!地震だ!そのあと、たしかに止まっている新幹線が揺れた。それでも外の建物や電信柱のほうがもっと揺れている。

そうしたら車内アナウンスが・・・「地震が発生し、それで停電になりました」

げっ、やばい!16時から打合せなのに間に合わない!!

それでi-phoneを見ると、なんと無線LANにアクセスできるではないか?止まった新幹線の近くの民家の無線LANだろうか?ありがたく早速アクセスする。

P1080328

P1080328_2

となりのおばちゃんはパニックで子供に電話を掛けまくって、前の席のおっさんは大きい会社の社長なのか、いろんな支店に電話を掛けまくっていた。こちらといえば、i-padで情報が取れるので、いたって冷静であるが、浜松で友人「s」と落ち合うことになっていたから「s」に電話するもつながらない。電車の乗客が一斉に電話したのと、停電によりアンテナの電源が落ちたため、softbankはまったく使えない。唯一使えるのがdocomoなのだが、それでもつながらない。i-padから「s」にメールをしたが、その後「s」から電話が。「s」は実は愛車アルファの中でTVを見ているらしく「お台場が燃えている・・・」と。そうしたらまた車内アナウンス「復旧には最低でも2時間以上になります」  これは絶対に間に合わないと「S」に告げ、どこかの駅で東京に引き返すかと・・・・

そうしたら「s」より携帯メール。「静岡から先の下りは動いているらしい。静岡-東京はたぶん引き返せないよ。たぶん今日は引き返せないよ。こっちで飲もう。ホテルとろうか。予約できなくなるよ。」と冷静な判断のメール。さすが「s」である。素直に「s」に従う。

車内は電源が完全に落ちているので、照明、空調が全て止まり、それで水も供給されないからトイレもダメである。この季節なのに日差しのせいか車内がすごい暑い。とても空いているグリーン車でこれだから、普通車はかなりきついであろう。なんとも強運な、管理人である。だからよく「殺しても死なない」といわれるのかもしれない・・・・中途半端に止まっている新幹線など初めてである。不思議な光景だ。

P1080330

P1080331

1時間以上過ぎて、ようやく電気が復活し、空調が入った。

P1080333

止まってから2時間以上過ぎたころ、ゆっくりと新幹線が動き出した。次の新富士駅までは行くらしい。山手線よりもゆっくりである。そこで一度、降りれるのかと思いきや、なんと追い越しの線路のほうに停車。降りられない・・・・

P1080334

これは浜松までは確実にいけるみたいである。無理ならばここで確実に降ろされるだろうから。

それからほどなく動き出し、いつのまにかいつもの凄いスピードになった。これは完全に復旧したのか?結局3時間遅れで浜松駅に到着した。

そうしたら浜松駅は大パニック状態になっていた。上り電車は完全にストップ。それも2編成が止まっていた。東京へ行きたい客と駅員の押し問答、それにキャンセル、払い戻しを受ける客の列・・・・テレビまで来ていた。

P1080336

P1080337

P1080338

到着した旨を「s」に伝えようとメールするもメールがまったく、つながらない。送ろうとするとエラーになってしまう。電話するもつながらない。場所を変え、なんどもトライすると、ようやくつながった!

そうしたらなんと、お客さんがそも時間でも待っていてくれているそうである。その時間、「s」は大学受験生のための準備で出られないので、タクシーで「s」の大学まで一度寄り、資料をキャッチアップしてお客さんのもとへ向かう。

お客さんは結婚式場なので、やはり大地震のダメージか、キャンセルなどでごった返しているみたいなのだが、そんな中でも待っていてくださり、また貴重な時間をさいて話をきいてくださるとは・・・・ありがたいことである。でもほとんどが地震で新幹線が止まった話がほとんどとなってしまった(笑)でもうまくプレゼン終了。その後、「s」がとってくれてたホテルにチェックインを済まし、「s」とすし屋に向かう。それにしてもさすが「s」である。すでにホテルは満室で、「s」の判断が無ければ路頭に迷うところであった。

世間は大パニックなのに申し訳ないが、のんきに「s」と寿司である。しかし、すし屋でもテレビにかじりついて見てしまう。

P1080339

1

2

すし屋の大将も地震が気になり、それどころではない。なんたって原発がやばいらしい。

P1080346

泊まるつもりが無かったので、充電器を持ってこなかった。電源が落ちたためか、いつもよりもアンテナを探すための電波を強力に出すためか、バッテリーの持ちが極端に悪い。出る前にフル充電してきたのにもう底を付いている。ホテルのフロントで充電器を借りるもdocomo用しかないという。それでもdocomo用を借りて充電し、i-phone用はコンビニで買ってきた。またこれで充電器が増えてしまった。i-phone用だけでいったい何台になるのであろうか?

P1080349

しかし、バッテリーが切れてしまってはどうにもならないのである。バッテリーさへなんとかなれば安心なのである。

P1080352

結局その日は一睡もしないでテレビを見ていた。

|

« 原発ヤバイ!!! | トップページ | 地震のとき② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169058/51108050

この記事へのトラックバック一覧です: 地震のとき①:

« 原発ヤバイ!!! | トップページ | 地震のとき② »