« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

あかり職人と忘年会

年の瀬、あかり職人と二人で忘年会を決行!場所はあかり職人がプロデュース!お互いすぐに帰れる近場の五反田であーる。そこであかり職人が選択したお店はなんと秋田料理!おおーめずらしいー!とわくわくしながらお店に向かう。しかし、あかり職人、地図が苦手らしく、なかなか店にたどり着かない。あかり職人、お店に電話をしてようやく場所がわかり到着できた。Akita1 Akita2 Akita3

秋田料理のお店なのに何故かミラーボールがある。ここは元々、バーかなんかだたんだろうか???店は和風の作りなのにミラーボールはかなり違和感があーる。単純にオーナーがミラーボールを好きなだけだろうか?いかにも不可思議であーる。それにしてもさすが年末、えらい混んでいる。

で、とりあえず、注文だ!秋田料理といえば有名なのはきりたんぽ鍋であーる!それは絶対に外せない!!!あとは今獲れすぎで価格が暴落しているハタハタぐらいか?あかり職人、メニューを見ながらも、お店のオススメをチェック!!!Akita4 Akita5

そうするとお通しが運ばれてきた。にこごりに大和芋がかけられていて、とても美味しい!醤油ベースなのであるが、いい塩加減であーる。Akita6

で、メニューを見て迷った挙句、やはりオススメで行くことにした。まず登場はきりたんぽ鍋であーる!!!一人前であるが二人でちょうどいいサイズである!あのSと行くちゃんこ西海のちゃんこ鍋は破壊的な大きさであるが、ここはまともであーる。美味い!だしがよく出ていて、それにしても美味い!また塩加減が絶妙であーる。ここの板さんの舌は確かであーる。Akita7_2 Akita8 が、肝心のきりたんぽが一本しか入っていない。これではちょっと少ないであろう。できればこの倍ぐらい入っていれば満足度はもっと上がるのではないか。でも味が良いので許せる範囲ではあーる。

その後、比内地鶏の焼き鳥が来た!これも一人前であるが、十分なサイズであーる。今日はSがいないのであーる(笑)。鶏肉は名古屋コーチンらしく、かなり硬く、噛み応えがある。秋田料理に名古屋コーチンとはちょっと???であるが、まあ秋田料理はレパートリーが少ないのかもしれないので致し方ないところか。Akita9

その後は、ホルモン煮込み焼き、豚の角煮、大根の漬物で、この大根の漬物も塩加減がとても良い!!!ほんとここの板さんの塩加減は上手であーる。ここのお店はホントにオススメであーる!!!Akita10 場所は、品川区西五反田1-7-1リビオ五反田プラグマGタワー地下1階、電話03-3491-3808 営業時間は通常が17時~2時で、金曜日や祝日前なら朝5時までやっている。年中無休だそうだ。お店の名前は「秋田料理 わったりぼうず」

その後、〆に例のSとよく行く五輪鮨へ行って、浅黒い外国人に鮨を握ってもらった。

あかり職人も私も大満足の一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

最近読んだ本10

「大槻教授の最終抗議」 大槻義彦著 集英社新書 ¥680-  

あの反オカルトや、火の玉研究家で有名な大学の教授の本であーる。テレビの中ではディレクターに演出されているので色物的な扱いであるが、この本の中ではまともな・・・というか・・・それは失礼であろう 本来の大槻教授の論理が展開され爽快であーる。大槻教授がこのようなアンチオカルトに至ったオウム真理教vs科学のくだりは必読であーる。ニュートンと擁護しているくだりは個人的には拍手であーる。私はやはりニュートンはすごいといまでも思うのだ。(著者は数式に纏めれば全てを肯定的にする世間を否定しているが・・・)でも中世のちょっと後で、質量を理論的に現わしたニュートンは偉大であーる。是非ともニュートン力学の公式を見てほしい。彼の偉大な側面をわかってもらえると思う。りんごが木から落ちるだけでは公式なんて出来ないのだ。細木静子の占い師のトリック、宣保愛子などの霊能者のトリック、ユリゲラーなどの超能力者のトリックなど、この本の中で次々に暴かれている。メディアはオカルトは商売になるので、その否定的な意見は抹殺するのである。だからこんな本当の良書もあまり宣伝されないのでーある。これはとくに女性に読んでいただきたーい!!!メディアは売ろうとあまりしてないから書店では扱いが小さいので手に入らないかもしれませんねえ。アマゾンで購入してくださいまし!。これはかなりきてます!是非是非読むべーし!!!活字も大きいのでちょっとの時間で読めます!

「最驚!ガッツ伝説」 ガッツ石松☆鈴木祐季(監修) 著 光文社 ¥952-

あの幻の右、ボクシング世界ライト級チャンピョンのガッツ石松の面白本であーる!これはかなり笑えます!最高といてもいいかもしれない。さすがガッツ!グレイトです。異常に活字がでかいのでたぶん30分くらいで簡単に読みきれます。でも一回読んだら十分でっす!だから私は白金ブックセンターで100円で手に入れました。新品を買うほどではありませんが、内容はかなり笑えるので読んで損はございません。中古本屋で探しましょう!ガッツさんは偉大です!  

「暴走する国家 恐慌化する世界」 副島隆彦×佐藤優 共著 日本文芸社 ¥1600-

あのオバマ大統領誰よりもいち早く予言し、亜米利加発の大恐慌を的確に言い当てた副島氏の最新刊です。日本のラスプーチン、佐藤優氏との対談本であります。これまたすごい衝撃的な内容であーる。なんとオバマ大統領は2年以内に経済政策の失敗により退陣し、その後、ヒラリー・ロッダム・クリントンが次期大統領に就任する動きがある!とのこと。またイスラエル発の中東での核戦争の可能性を示唆している。未来を見据えるならばこの本は必読の書と思われる。是非是非、すぐにでも読んでいただきたい。これはすごい本です!!!このようなインテリジェンス(情報)をたった¥1600-で手に入れることができるのは幸せであーる。安い!!!

副島隆彦を囲む会主催定例会DVD「恐慌前夜と世界大局のつかみ方」 副島隆彦の学問道場 ¥6.000-

いやー、この副島っておっさん、かなりファンキーでユーモアがあり、かなり笑える。本ではあまりにも過激すぎて書けないような内容満載で、そんなこと言ったら殺されちゃうよというぐらいの過激な発言が目白押しで、かなりヤバイDVDであります。講演会ならではの面白さ、すごさがあります。これからの行く末を心配する人は是非とも見てください。内容からしたらこの値段はあまりに安い。ボランティア価格であーる。購入するには副島隆彦の学問道場のサイトからhttp://www.soejima.to/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

結婚パーティー

某大手設計事務所の知人の結婚パーティーが、カッシーナ上のレストラン1 で開催され私papuanewもお呼ばれしたのでいってきました。この事務所、宴好きなタレント揃いで有名で、あの友人Sも以前所属していたのだ。とうぜんこの場にもSは来ている。なんと今回は女装だった。あの友人Sの事務所での忘年会の時に裸で○玉をぶるぶるいわせて喜んでいたあの友人0が女装をしていた。はっきりいってエグイ!!!2 女装というよりも仮装であろう。不気味であーる。

4

そんな中で、もう一人、女装をしたのが若い○橋くんであーる。はっきりいって綺麗!びっくりであーる。これなら新宿3丁目で十分に食っていける!!!デザイナーにしておくのがもったいないくらいだ!!

6 7

8

いやーすごかった・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

おそるべし武蔵小山3(釧路食堂)

Sから寒い!と連絡が来た。「やっぱそんな日はちゃんこだろう・・」とSがのたまう。Sのアルファロメオ  Car1_2で武蔵小山へ向かう。前回のブログでも紹介したとおり、ちゃんこ「西海」は予約が出来ない。でもそこはS、混み具合がどのようなものか探りの電話を入れる。しかし、今回は満席とのこと。でも30~40分ぐらいでなんとか二人であれば入れそうだとの情報をゲット!さすがSであーる。時間が余ってしまった我々は武蔵小山商店街を歩く。Photo

Sが「釧路食堂」を覗いていこう!というので、とても興味があったので、早速そこへ向かった!そこはなんともレトロなすごいところであった。Photo_2 まるで終戦当時というか、ALLWAYS三丁目の夕日に出てくるような雰囲気だ。

ここは釧路食堂というぐらいだから、当然のごとく北海道の料理が売りらしい。特にザンギ(鶏のから揚げ)とルイベ(鮭の刺身の冷凍)が2大フラッグシップだそうだ。飲み物では「釧路の夜サワー」という訳のわからない名前が・・・しかし、北海道のお店なのに北海道の地酒が置いていないのはどうしてだろうか???

Photo_3 Photo_4

とりあえず、寒いのではあるが、ルイベを注文した。Sはザンギも!というのだが、このあとにはちゃんこに行くので、説得して諦めさせた。飲み物はSは先のわけのわからない「釧路の夜サワー」を発注。私は好物の一の蔵!寒い日にはやはり日本酒がいい。Photo_5

Photo_6

久しぶりにルイベを食べたが、特に美味しいというものでもない。あまりにも凍り過ぎているので味なんかわかんないのでーある。まあ、今回は時間調整でもあったので、そのぐらいで「釧路食堂」を後にする。ちなみにSの飲んだ「釧路の夜サワー」はなんかあまり美味しくはなかったようだ???

ちゃんこ西海の到着するとSはニコニコ顔でナマダイ!と叫ぶ。やはりSにはちゃんこが似合う!Photo_7

Photo_8

ちゃんこ西海はなんと外で焼き鳥を焼いている。風情があって大変よろしいのであるが、真夏は暑くて、また冬は寒くて焼く人はさぞ大変であろう。なので今回は焼き鳥をチョイスしたのだが、やはりこれも力士サイズであーる。この店では二人前は頼んではいけない。かならず一人前にすることが肝要であーる!!!Photo_9 それにしても美味しい焼き鳥であーる。大きさの割には実にやわらかい。ただし、量が力士サイズであるからいろんな種類を食べることが出来ないのが欠点でもあーる。この店は4人以上が好ましいのかもしれない。

Photo_10

さーて!とSがちゃんこを何味にするかなーと喜んでいる。寒いからからいキムチがいいかなーと。そうしたら例の気さくな板さんがいくらでも辛くしてあげるよと。辛さの秘密はこれだと!Photo_11

このビンのエキスがすごい辛いそうだ。でもあんまり辛いのは危険なので、普通レベルの辛さでお願いした。早速ガスコンロが運ばれてきたら、Sは手馴れた手つきで、ホント嬉しそうに鍋のセットアップを始める!なんとも鮮やかな手さばきであーる。Photo_12

Photo_13

Photo_14

無事ちゃんこのセットアップが終わり、Sは大満足!!!いくらこのちゃんこに慣れてきたとはいえ、やはりでかい!何回見てもでかーいのであーる。Photo_15 味も最高であーる。何回食べても飽きない美味しさだ!

先の板さんと趣味の話になり、なんとこの板さん、実はかなりの多趣味で、釣りもやるし、この頃はダーツに凝っているらしく、それもなかなかの腕前のようだ。なんと武蔵小山商店街にもダーツバーがあるとのことで、早速Sとダーツに行った。Sはダーツは初めてだったのであるが、なんとも上達が早い。しかし、すぐに飽きたようだ(笑)

Photo_16

今回の武蔵小山では「釧路食堂」という面白い店を発見したのは収穫であった。ほんと武蔵小山って面白いところであーる。

何回来ても恐るべし、武蔵小山!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

最近読んだ本9

「女装する女」 湯山玲子著 新潮新書  

この本は一流の内容であーる。現代の現象、特に女性の考えやその考察は非常に鋭いものがある。第8章の「表現する女」は現在の現象を的確に説明している。第9章の「子供化する女」はこの本の最大の読み場面であーる。この章に現代女性、いわゆるアラウンド40の思想及び、悩み、その対策?が描かれている。その仕上げに第10章「バーター親工孝行な女」がある。この本はビジネス書としても一流であーる。経営者は必読であるかもしれーぬ。これからの新しいビジネスの種が満載である。アラウンド40の女性はもちろんのこと、経営者、またデザイナー系の仕事をしている人達には必読の書であーる。是非とも読んでいただきたい!!!¥700-内容からしたらただみいたいな値段でーある。そのぐらいの価値だ!

41zwbbdhdvl

「貧格ニッポン新記録」 ビートたけし著 小学館新書 

これは週間ポストに連載中の「21世紀毒談」を文庫に再編集したものだ。これを読んでの感想は、やはりもうたけしの時代は終わったということだ。いままでは時代にピタリと合っていた著者であるが、さすがにその役割はもう終わったのだと、彼の文章を読んで感じる。一時代を築いた人間には仕方がないのであるが、もう時代は次の世代に移り変わったのであーる。先の「女装する女」とは「いつまでもデブと思うな」の論評がぜんぜん違う。とうぜん「女装する女」の著者のほうの論評のほうが切れ味が鋭い。テレビタックルでの長いものに巻かれているような表現とか。もう彼もタモリもさんまも引退の時期であーる。それを認識する上ではオススメかもしれない。¥720-

本の表紙も画像で取り込めない。バカだな。駄目だ だめだこいつら。うーん、買う価値はないですなあ。

「ベンツを買って丸ビルへ行け!」 小堺桂悦朗著 フォレスト出版

社長のベンツはなんで4ドアなのか?とか餃子屋とフレンチはどちらが儲かるか?との同じ類の本であーる。だから内容はいままでの本、所謂、経理や経済がよくわからない人向けの本だ。二匹目ドジョウならず三匹目のドジョウの本だ。だから内容も書き方も殆ど同じ。だからなにも目新しくはない。古本屋で買うべきであーる。¥1400だがブックオフでは¥700-もっと時間が経てばたぶん105円であーる。無理に読む必要はない。買わなくていい。

「地獄のドバイ」 峯山政宏著 彩図社

この本の帯に衝撃とあるが、まさしく衝撃であーる!!!この本は友人「ぷ」が面白いと絶賛したので読んでみたのだが、さすが「ぷ」、内容はすごい!!!「ぷ」曰く、簡単に読めるよ、面白いよ!そのとおーり。面白すぎて、電車で読んで、駅を乗り過ごしてしまうほどであーる。著者の体験は非常に面白く価値が高い!(本人は大変だったろうが・・・)エンターテイメントとしても優秀であーる。読んでまったく損はないどころか、是非とも読んでほしい!!!590円!なんと安いのだろうか。

「ああ、腹立つ」 阿川佐和子著 新潮文庫

あの阿川佐和子さんだけではなく、著名人のささいな身近な「腹が立つ」ことのエッセイであーる。溜飲を下げるためには良著でっす!でも、笑えるのはみんな腹立つことは同じなんだけど、でもそれがあるから人間世界というか、その腹が立つことがない世の中は概念が無い世界というか。。。こんな本があるぐらいが幸せなのだと思うのだが。まあそうそうと思える内容で、サイコセラピーとまではいわないが、通勤のお供には最適な内容に思える。¥400で安い。ブックオフなら105円。それならタダみたいなもんですよ。

ちょっと蛇足ですが・・・サッカーを見ていて(あまりTVは見ないので)気になったCMが!トヨタの新型車IQのCMだが、このCM、かなりいけてる!この内容自体は、20年以上前のスターレットというKP61型の宣伝、ボブ・アンダーソンのドライブによる素晴しいドライビングテクニックで、車をおもちゃのように扱うCMなのだが、今回のIQのCMはたぶんその流れというか、その宣伝をかなり意識したものだろう。とても上手だ。是非、見てほしい!実はトヨタという会社は宣伝が非常に上手なのであーる。商品自体は日産のほうがとても優れていたのであるが、実際の販売はトヨタのほうがいつも上なのであーる。今から40年前ぐらい、トヨタコロナRT40と、日産ブルーバード510。どう考えたって、510型は素晴しい車であーる。RT40は性能的に半分の価値も無いと思うが、でも現実はRT40が勝ったのであーる。結局、商売は技術よりもマーケティングなのであーる。だから、ちょっと前、今は経団連の会長になっている奥田君が「メディアは偏向している・・」発言はかなり的外れであーる。他の組織がいうなら話は別であるが、それで今の地位を築いたトヨタの元会長の発言はマズイのであーる。だからあれだけ反論がでるのですよ。30~40年前のトヨタは所詮、豊田精機という紡績会社で、日産+日本プリンス(今のスバル)にはかなわまかったんですよ。なんたってプリンスは中島戦闘機、そう昔、一式戦闘機、隼や二式戦闘機、四式の疾風など技術の粋を生み出していた技術の会社だから、レベルが違うのですよ。ただ、戦争でない平和な世の中では技術バカではだめなので、トヨタに負けるのですね。ちなみにホンダは戦争中、エンジンの内部の部品を作っていたんですよ。東海精機、いまのデンソーの前身ですなあ。面白いですねえ。スバルの車はマイナーなときも一生懸命作っていたのか仕上がりはなかなかよくて。ただ細かいところが駄目だったんですが。日産サニーは実は追浜の日産の工場とスバルの工場で作っていたんですよ。当然スバル製のほうがよかったと。関係者はいってました。いまのトヨタの1300CC以下のエンジンは全てダイハツ製だと。スポーツエンジンは昔からヤマハ製だと。

まあー、話はかなりそれましたが

まあ、本を読んでくださいまし!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

夜中にラーメンを食べて太る技術

急遽、神戸から客人が来たので、例のSとその仲間たちと一緒に渋谷にあるのに、まるで新橋のオヤジの居酒屋のような「とんがらし」で接待。Photo Photo_2

その客人、顔はけっこうイケメンなのだが中年太りでもろメタボリック、なおかつ声がやたらとでかい。我々の後ろの席の中年オヤジどもも、えらい声がでかく、やつらの声だけが響く。ほんと迷惑なやつらであーる。その客人、その当日に神戸に帰らなきゃならないとのことで、すぐに〆の雑炊を食べさせ、それで解散~!となった。しかし・S・  まだ時間が早いな・・・どこ行く???と  ビリヤードかボウリングか??とSがのたまう。以前、Sとその仲間たちとボウリングをやったときに、10ゲームぐらいやらされてへろへろになり、且つ罰ゲームまで必ずやらされた思い出があったので、ビリヤードに仕向け、それが成功した。Photo_3

Photo_6

今回、Sは非常に調子がよかったらしく、連戦連勝でおおいに喜ぶ。今回は接待であったので、それ程酒も入っておらず、集中力があったのだろう。Photo_4

Photo_5

ビリヤードもそろそろ飽きたし、さあ、帰ろうかとしたときに、Sが一言・・・ラーメンいっか!

時計はもう23時を廻っている。この時間からラーメンかよ!居酒屋でしこたま食べて、しこたま飲んで、その居酒屋でもうすでに〆の雑炊まで食べているのにこれからラーメンであーる。Sとその仲間たちはすでにどのラーメン屋に行くかで盛り上がっている。とりあえずセンター街だ!Sを先頭にセンター街を徘徊する。Photo_7

ラーメンを断りきれない私もしぶしぶついていく。しかし、Sとその仲間たちが行こうとしていた店は残念ながらお休みで、それで北海道の札幌ラーメン、「味の時計台」にすることにした。蛇足であるが、札幌ラーメンは「西山製麺」と「柳屋製麺」が二大勢力であり、どちらかというと西山製麺を使っている店のほうが多い。どちらも太麺のちぢれ麺なのであるが、柳屋のほうは卵が多く、黄色っぽくて表面がつるつるしている、西山は白っぽく、麺がスープによくからむ。自分は柳屋派であーる。Photo_8

Photo_9

ここで不思議な法則を発見した。「おそるべし神戸」「おそるべし沖縄」でもそうだったのだが、Sとその仲間たちには不思議な法則があるのだ。それは同じものを食べるということだ。おそるべし神戸ではお好み焼き屋でなぜがみんな同じ「モダン焼き」で、おそるべし沖縄でも「ステーキ」を同じもの、人数分発注しようとしていた。彼らはその法則に則って行動しているのだ!!!

Photo_10

Photo_11 

当然今回も皆同じ「みそラーメン」に相成った。Sはラーメンだけでは飽き足らず、餃子と生ビールを発注!Sはかなりのご満悦なようだ。 この時間にラーメンは確実に太る・・・それに加えて餃子とビールであーる。みそラーメン730キロカロリー+餃子2ヶ220キロカロリー+生ビール200キロカロリーでこれだけでなんと、1150キロカロリー。一般成人男性の一日の摂取カロリー1500キロカロリーの76%が〆の夜食であーる。太らない訳が無い。

Photo_12

しかも、その数時間前に居酒屋でしこたま飲んで食べている訳だから、恐ろしいほどのカロリーを体内に取り込んでいるわけであーる。仲間たちはいつもSと行動を共にしているわけであるから、これがほぼ毎日の状態なのであるが、不思議なことにまったく太っていないのだ!いや、かなり痩せているのだ!Sは摂ったカロリーはちゃんと吸収しているのだが・・・・Photo_13

Photo_14

「おそるべし沖縄」で2キロ太ったが、今回、家で体重計に乗ると、なんと1.5キロも増加していたのであーる。「夜中にラーメンを食べても太らない技術」~男のための{食べやせ}革命~ 伊達友美著 扶桑社新書 ¥686円とう書籍があるが、Sは確実に太る技術を習得している。おそるべし、おそるべしSであーる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

最近読んだ本8

「サラリーマン再起動マニュアル」 大前研一著 41omfdssjpl 相変わらずの大前節炸裂であーる。氏はこれからのマーケットを新大陸と名付け、今後のビジネスのあり方を指南している。この本は是非とも20代の若者に読んでいただきたい。何故、いまフラストレーションが溜まってしまうのか?旧世代との価値観の違いなど、そのあたりを詳しく説明してくれている。これで1575円!安い!

「空耳アワワ」 阿川佐和子著 中公文庫 相変わらず阿川さんのファンなので彼女のエッセイはよく読む。まあ、年齢が近いせいもあるのであるが、昔の話は共感できるところも多いのだ。「度忘れ物忘れ」の章は納得であーる。まあ読んでみてください。514円安いですよー!

「江口寿史の爆発ディナーショー」 江口寿史著 双葉文庫 「すすめ!!パイレーツ」や「ストップ!!ひばりくん」、よく原稿を落とす(締め切りに間に合わない)ことで有名な著者の漫画なんだかなんなんだかよく判らない面白本であーる。絵の上手さでは定評があったがそれはいまでも健在で、とても上手い!さすがであーる。漫画というものは読み物ではない。見るものであーる。漫画は基本的に絵が命でストーリーは二の次なのだ。だから漫画を読むというとは言わないのですよ。漫画は見るものです。それはさておき、面白いですよ。特に江口のキャラで人気の双子の筋肉ムキムキのホモキャラは最高でっす!文庫で552円でこの楽しさだ!是非とも見てみてくだされ!内容は秀逸です!太鼓判!

「笑いの殿堂 バカウケ画像500+@」 笠倉出版社 単に笑えます。なんと500円です。格安です。500円でこれだけ笑えるのであれば幸せです。ちなみに私はブックオフで買いましたのでなんと200円でした・・・安い・・・

「名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方」 日本経済新聞出版社 鈴木康之著 これを読むとコピーが上手くなるかな?と読んだんだのだが、残念ながらこの本を読んでも上手くはならないのであーる。コピー屋さんの世界を知るには良い本です。コピーの書き方というほどの指南本ではございません。商売をやっている人は読んで損はございませんよ。 667円51i0qwbkhtl

「コスプレ女子の時代」 杉浦由美子著 KKベストセラーズ これあH面白いですよー!なんたってイラストがいい!こういう女の子を取り上げる本のイラストはとても重要です。女の子のイラストがかわいくないとはっきりいって駄目です。漫画やイラストはいかに女の子をかわいくキレイに描けるかが勝負なのです!内容はまあ、面白い!イラストがいいから著者のいいたいことがよく表現されてます。686円 安いなあ めがねの効用は秀逸の内容ですよ!是非ともお読みになって、お試あれ!51arbwlsujl

「連合艦隊」 勃興編 激闘編 世界文化社 太平洋戦争研究者 編 これはブックオフで購入した本でっす。定価857円であるが、ブックオフなら420円だ 幼少のころから大東亜戦争の資料を読み漁り、戦艦大和のスペックなどは空でいえるほど染み付いた変なガキだったのであるが、いまでも興味があって、どうしても読んでしまう。そんなたぐいの本であーる。内容は十分すぎるほどオタクであるから、まったくオススメはできない。

「亜玖夢博士の経済入門」 文芸春秋 橘 玲 著  これはすごい本であーる 友人Yが貸してくれた本なのであるが、これは掛け値なしに面白い!!!すごい経済の勉強になると思う!エンターテイメントとしてもかなりいけてます!!!しかし、イラストがダサい!このイラストはこの本の内容には合わない。タッチというかテイストが違うのであーる。それ以外は内容は秀逸であーる!1571円 買ってぜーったいに損はない!ブックオフなら800円で手に入る!ぜひぜひ読んでいただきたい!Cover

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

恐るべし秋葉原

今日、秋葉原へ行ってきました~!(・-・ )/Photo Photo_2

まずは定番のヨドバシカメラへ!クリスマスシーズンでなのか、年末商戦だからなのかその混みようといったら、すごい!世界大恐慌だっていうのにヨドバシカメラは違うようだ。今年の目玉は、恐ろしいほど値下がりしたハードディスク(1TBでなんと12、000~13、000円くらい。出始めは10万くらいしたのに・・・)と小型のハンディパソコンだ!Photo_3

Photo_4

そのハンディのパソコンは、ネット通信と一緒に申し込むと、なんと100円とかで手に入るのだ!(パソコンのみは50、000円くらいだ)パソコンも携帯電話と同じく、キャリアからお金が負担されるのであるが、それでも1台あたり49,900円の負担はやりすぎだろう。それにしても安い。やはり日本は、というよりも世界はデフレだ。物価は安いのだ。(ただし秋葉原系であーるが・・・)SDカードという記憶メディアは2Gバイトでなんと500円未満、4Gバイトでも800円未満だ。いまは所謂、物に対しての対価はあまりにも安くなりすぎている。亜米利加のNY資本が金が金を生むシステムを画策したために、物がないがしろにされているのであーる。しかし、案ずる事はない。神の見えざる手(所謂、自然界の生命力であーる)で人間どもがどうしようともいずれ自然に調整されていくのであーる!。発展途上国がある限りデフレは続くのであるが、それでも中東産の安い石油がいまのように豊富に手に入るいまだけである。いまは石油の世紀である。それの終焉とともにデフレも終焉するのだ。

今、秋葉原は外国人の生命力がすごいのである。外国人といっても中国人である。中国人の生命力はすごい!尊敬に値する!中国本土で生産された物が日本でまるで闇市のように売られている。Photo_5 Photo_6 Photo_7

それで購入したのがランプとライティングレールのソケットなのだが、なんとひとつ100円であーる。すこぶる安い!ランプは東芝の肉や野菜を美味しく見せるような特殊なランプなのであるが、それがなんと100円。まあ現場で余った物なんだろうが・・・

人間の生命力はすごいのであーる。亜米利加のニューヨークがどうなろうと、世界がどうなろうと、やつらがどう考えようとも、人間本来の生命力には所詮無力なのであーる。だからどれだけ不況になろうが、人間の営みは変わらないのであーる。だからこの恐慌に心配することはないのであーる。ましてや我々はどん底から立ち上がってきた日本帝国の末裔であーる。そのぐらいの余裕でいまの状況を楽しもうではないか!

ちょっと話はずれたが、秋葉原にも実はブックオフがあるのであーる!それで購入したのが栗源慎一郎とそのほかの本であーる。Photo この三冊でなんと1000円!栗慎の本が800円で、宮崎とかの本がなんと105円だ!激安であーる!ただの手間賃でーある!だからいまはいい時代なのであーる!!!

まあ、今日は秋葉原三昧であった。 まあどうあれ我々は丈夫でなかなかしぶといのであーる。だからあんまり心配などしないで、東京の下町の人を参考にして生きていくべきなのであ-る。それにしても秋葉原の生命力はすごい!是非是非行って、呼吸してこの猥雑な(池袋や歌舞伎町よりは数段健全であーるが)街をみてほしい!いいよ 活気があって。Photo_3 いまや秋葉原の名物となったメイドさんもクリスマスバージョンでサンタさんの帽子をかぶってこの寒空の下で営業活動をしていた。えらいねえ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

まるき丼

あのまぐろ亭のフラッグシップ、まるき丼の挑戦してきました!前回、中トロ丼で食べきれずご飯を残してしまったので、今回はご飯少な目で発注!1 しかし、登場したものはすごいものだった。。。。

2

でかい・・・とにかく、丼からはみ出してこれでもかというぐらい具材が載っている。食べても食べてもなかなか減らない。こんなことならご飯は半分にしとけばよかった。。。(それよりも挑戦するなってことか)しかしなんとか食べきった。しかし恐るべしまぐろ亭であーる。3 4

是非とも挑戦してほしい。

その日は天気が良く、暖かったので、久しぶりに小バイク(エイプ100cc)を始動!古本屋周りをする。久しぶりにエンジンをかけたというのに小バイクはすこぶる調子がよい。さすが世界の本田技研のバイクであーる。ブックオフと白金ブックセンターでいろいろ本をゲット5

最新刊もあるのになんとこれだけで¥2500-安い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人Sの会社の忘年会

12月に入ったばかりだというのになんと最早忘年会であーる。このブログによく登場するあのSの事務所で開催された。0001

001

Sは学校の先生もやっていて、当日、女生徒がたくさんやってきていてSはかなりご満悦であーる。グルメなSである。当然、事務所での忘年会とはいえ食事にも妥協はしない。若い職員たちに食材の調達を命令、事務所は東京のど真ん中であるので、当然スーパーなどは近くには無いのだが、職員たちはバスなどの公共の乗り物や自転車などを使い、涙ぐましい努力をしながらSの要求に答えるのだ!たいしたもんだ!ベランダに七輪を設置し、焼き鳥を焼き、それであとは鍋である。このごろSはカレー鍋に凝っており、今回はそのカレー鍋であーる。0002

相当な量なのであるが、なんとこれが4杯もおかわりしてもまだまだ食材が残っていた。恐るべし食材の量であーる。しかもSはこの残り汁にサトウの大量のご飯とチーズを入れるように職員に命令、鍋だけでも超テラ喰いなのに、これでもかーというぐらい・・・しかし味は絶品であった。さすがSとその仲間たちであーる。

さすがに夜もふけ、女生徒たちも帰り、むさい男たちだけになったところで、Sがトランプだとのたまい、夜の夜中に(それも月曜日!)トランプをすることになった。ゲームは大貧民というもので、私はルールはまったく知らなかったが、都度教えてもらいながらゲームを進行した。私がゲームに慣れてきた頃合を見計らってか、Sが目をぎらぎらさせながら、負けたやつ(貧民と大貧民)は罰ゲームだ!とのたまう。Sがタイマーをセット、ベルが鳴った時点でゲームは終わり、その時の敗者が罰ゲームを受けるのだ!また罰ゲームの内容はその勝者が決定権を持つという、悲惨な内容であーる。一同、恐怖心に脅える。

しかし、一時間ほど経過してもいっこうにベルが鳴らない。なんとSはタイマーをセットし忘れていたのだ!!!これは何時間あっても終わらないと、別な友人Nがタイマーをセットしなおした。それでとうとうベルが鳴り、最終ゲームへ!なんと勝者の口から出た罰ゲームは大貧民と貧民二人で、この寒い中、裸でのトイレ掃除であーる!月曜日の夜中だというのに、みんな目が血走る!大の男が大騒ぎであーる。結局、Sの事務所の職員二人がエジキとなった。002 003

しかし、ここで勝者のはずの0が突然服を脱ぎだした!この0は某有名な設計事務所の職員であり、且つ、その昔、誰でも知っている超有名なJリーグのユース候補でもあったというのだから驚きであーる。0の事務所の上司もその場にいたのだが、まったくとがめる様子もない。004 005 006

素っ裸になった0は裸の職員二人が掃除をしているトイレの中へ入っていく。職員二人の悲鳴が!「うわーっ、○○さん!勘弁してくださいよー!、折角掃除しているのにションべんしないでくださいよー・・・」Sの事務所の職員はかわいそうであーる。007 008

その後トイレから出てきた0は、何故だか判らないのだが、みんなに裸を披露、○玉を左右に振って税に入っている。まったくよく判らない男であーる。010_2 しかし大うけだったのは間違いないのであーる。

0111

012

いやーすごい忘年会であった。

おそるべし、Sとその仲間達!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »