« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月11日 (土)

恐るべし五反田

このブログによく登場する友人Sから電話があった。「肝臓が乾いた」・・・これ最高の名言であーる。我々の流行語大賞であーる。至言であーる。Sは寿司だ!とのたまう。どこの寿司だ?といったらSは電話口で五反田だ・・・と 

ちなみに私は寿司が大好物であーる。特にさばなどの光物が女の次に大好きだ。だからといって高級な寿司屋にいけるほどの所得があるわけでもない。だからもっぱら回転する寿司を愛用しているのだが、そんな私に業を煮やしたSがもっといいところがあるぜ!と教えてくれたのだ。ちなみに私の一番すきな回転寿司は水道橋の三崎港と代々木の大江戸寿司だ。それでSに連れて行ってもらったとことは・・・

五反田の五輪鮨  なんで五輪なんだ??? 中に入ってもそのネーミングの意味がどうしても判らない。

しかし・・・

なんと安価なんだ。。。Sが回転寿司なんかより ここだ ・・・ 五輪鮨だとのたまう

たしかにそうだ・・・しかもネタがでかい 三崎港がネタがでかいのでお気に入りだったのだが、そのレベルではない。そして従業員は国際色豊かで言葉が通じないぜー!!!しかし最高に楽しい!ネタのすごさは想像を絶する。。。そのぐらいすごい。それでも非常に安価なのだ!!!Photo

友人Sと私はメニューを見て、アナゴの一本寿司ってのを注文した。それがこの大きさだ・・・一本じゃなくて二本だろ・・・これだけでお腹がいっぱいだ・・・

でも格別だ。食べるってことは生きることでもあるのだが、裕福な現代人には感情が一番大きな要素かもしれない。いくら高額なお店でも美味しくないことは多い。

友人P&Yの英国でのパスタ。これは最高のご馳走だった。日本でのしゃぶしゃぶやベルストロガノフ、最高だ。Yはすごい 魔術かと思う それほどすごい 解析不能だ

先ほどのYとは違う、友人Yのカレー これはすごい 至高であった。あまりのも美味しいので何日分かを一日で食べてしまい怒られた。。。。

話は変わるが、4年ぐらい前、大間のマグロを食べたんだが(えらい高額だったらしいが。。自分では払わなかった)でたいしたことなかった。西麻布の店だった。結局、自分の舌よりも金額なんだよね・・・あはは

希少なものだから美味しい、高額だから美味しいというのはうそであーる。友人Sはそこのところはよーくよーくわかっているのだ。だからSのひいきのお店はレベルが違う。みんなそんなお店を見つけてほしい。楽しむのにはお金と時間がかかるのだ。

どんな高額なお店よりも、友人といくチープなお店のほうが数段美味しくて幸せだ

だからといって高額=美味しい を否定しているわけではない

高額=希少 は違うと思うのだ

でも金額よりも気の置けない友人との時間が一番希少なのであーる

時間は長いようで短いよ。みんな時間は大切にしようね 

自分の時間も同時期に生きている人達も同じ時間軸にいるんだから

また友人Sとのいろいろな事柄を報告しますよPhoto_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

特長(とくなが)

特長 と書いて とくなが と読む。 特徴ではない。昔、私が北海道の片田舎で青春時代をすごしていたとき、15才~18才ぐらいのときだ。今から30年前ぐらいだ。その時代、奇妙なファッションが流行った。ゴム長、特長、特別長いゴム長靴のことだ。あの当時、ボンタンという太腿廻りがゆるゆるで、くるぶしあたりが細くなった変形学生服のズボンをはいて、このとくながを履くのがとても粋だったのだ!それで紫色のロンスタ(スタジアムジャンパーがコートみたく長くなっていた。いま見るとかっこ悪いよねえ・・・)を羽織ればもう完璧ってな感じのゆるい時代であった。いまの若い子がジーパンをギリギリまで下げて穿くのと同じようなものだろうけど、その当時は最高にかっこいいと思っていたけど、いま思えば最高にかっこ悪いねえ。昔よくおかんにいわれたものだ。なんでそんなもんぺみたいなものを穿くの?と。その時のおかんと同じ歳になって初めてわかる。まあそんなもんだ。前置きがかなり長くなった。ここ最近で最高にびっくりしたことがあった。なんとお若い現代の美しいオネエチャンたちにあの「特長」が流行しているのだ!!今の世界恐慌にも米国のイラク侵攻にも別に驚かないのだが、このおねーさまたちの特長だけにはびっくりした。あまりにも驚いたのでこっそり写真を撮った。

Photo

月星、旭化成、そんな言葉が出そうになった。形は殆ど同じであーる。ただ横に金色の金具?装飾品が付いているだけであーる。

私らの時代はたしか1980円~3000円くらいであったと思う。けっこうあの当時は高額だったのだ(今の貨幣価値にしたら3000円~5000円)私は新聞配達をしてその「特長」を手に入れたのだ。Photo_2 けっこうモデルチェンジも激しくて、いろいろ買いなおしたのを憶えている。かなりの散財だった。クリームソーダといういまでは訳がわからない、チンピラブランドと同じような・・・あーゆるい時代だったな。。あははは

でもさー、ただのゴムだよー??自分はこの「特長」のゴム靴を約4年間愛用したからこの靴の特性はよーくわかっている。この靴はゴムで長い。それも特に長い。。。それで特別に長いから特長と呼ばれていたのだ。長いから当然通気性は最悪、おまけにゴムの反発力で歩きずらい。それでもってゴムがきゅっきゅっとうるさい。とんでもない靴なのだ。自分は北海道だったから激寒だからあまり靴の中が蒸れなかったが、春(北海道の春は4~5月だ)になると激蒸れしたものだ。まだ東京は暑い。25~26℃もある。それでこの特長はあまりにも危険だ。いくらなんでも臭いだろう。水虫一直線であーる。とても信じられなかったのだが、でもこれは流行なのだ。なんと青山通りのお店で特長を売っていた。Photo_3

世の中は75年周期で繰り返す。ファッションは30年周期とはいうが、でも特長だけは復活してほしくはなかった・・・だって絶対にかっこ悪いよ・・・光っているんだよ。それもゴム特有の光・・・・すごい臭いし・・・汚い男(ガキ)ならまだしも、今の現代の美しいおねーさまなのであーる。。。嗚呼

こうなったら、ロンスタ(ロングなスタジアムジャンパー)も復活させてほしいね。

でも「特長」(とくなが=特別に長いゴム製の長靴)だけはやめてほしいな・・・臭いし、かっこ悪い。おかんが我々のボンタンを酷評していたのが判るような気がする。。。

歴史は繰り返すのねえ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

リバウンドもありません

レコーディングダイエットを始めて、4ヶ月。72キロ→63キロで安定している。マイナス9キロ、12.5%の減量だ。しかもリバウンドもしない。びっくりするほど楽なダイエットであった。しかし、一番、ダイエットになにが有効だったのかを考えると、やはり通勤で歩くことになったから、、それが効果テキメンだったのではないだろうか。昔、吉祥寺から都内まで通勤していたときはぜんぜん太らなかったが、都内に引越しをしてからは殆ど歩かなくなった。それから太りだした。毎日体重計に乗り、腕立て伏せや腹筋運動をしても殆ど痩せなかった。しかし6月から通勤を始め、レコーディングダイエットをしたら急激に体重が減った。やはり人間、歩かないとだめなんだねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本7 久しぶりに栗本慎一郎

古本屋で偶然に栗本慎一郎の本を手に取った。栗本慎一郎といえば「パンツをはいたサル」で有名な学者であーる。この人は相当に頭が良い。彼の著作はかなり読んだが、その中でも「縄文式~(題名忘れてしまった)」は20年前ぐらいに書かれたものだが、IQよりももっと素直に頭の良さを計ることができる問題集があり、とても面白い秀作であった。そんな頭の良い栗本氏が一時、政界に入ったときにはびっくりしたものだ。彼ほど思考ができ、またメディアにも文壇にも登場できる人材はなかなかいない。なんでそんな彼が政界に入ってしまうのだと危惧して見ていたが、脳梗塞を患い、それで政界を引退し、もうこれまでかと残念に思っていたが、なんとまた元気になって戻ってきたではないか!それで出たのが2006年に発売された「純個人的小泉純一郎論」であーる。これはかなり面白い内容であーる。やはり栗慎は頭が良い。日本の政治をここまで端的に表現できる人間はなかなかいない。栗本氏が一時、政界に入ったことは意味があったのだと関心した。(ただし、政治的になにが出来たかは定かではないが・・・)だいたい日本の政治評論家は新聞記者上がりで、政治家上がりはいない。また政治家上がりの評論家はだいたい頭が悪いもしくは、いろいろな利権に絡んでいるから重要なことは残念ながら巷には出てこないのだ。この本は例の狐眼の男、宮崎学が企画・構成をしており、題名はちょっと話題にも上らないようなものでちょっと残念ではあるが、内容は秀逸である。つい最近、小泉氏が政界を引退し、自分の次男坊を後継者に指名し、馬鹿なヤツだなあと思ったが、この本を読んで、やはり最初からただの馬鹿だったんだということがよりはっきりした。笑える。

イプシロン出版企画 ISBN4-903145-10-7 純個人的小泉純一郎論 栗本慎一郎著

是非とも読んでいただきたい! ¥1200 内容からしたら安い!

この前、総理を辞任した福田氏が、とても深慮遠謀な考えをしているというのであれば、これからの展開はかなり面白いと思える。日本の資産を二束三文で叩き売った売国奴竹中+小泉を盆暗麻生氏とともに自民党の終焉ということで終わらせるのか。「私は先が見えている」あの言葉には意味があったなら面白いのであるが・・・

いずれにしろ、すごい時代に我々は生きているのです。ガラガラポンがあるかもしれません。いやー面白いですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »