« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月 7日 (金)

生きることのリスク

今、神奈川県警大和署の巡査長が、電車の中で拳銃ライターで悪ふざけをした高校生を平手打ちしたとのことで、日本全国大騒ぎになっている。これは、昨今の若者のマナーの悪さの業を煮やした人の感情が溢れた結果と思える。布袋氏の殴打事件もそうだが、なんでたかだか殴打ぐらいでこれだけ騒ぐのだろう?たかだか殴った程度であーる。そもそも人間、話し合いで分かり合えるのであろうか?そんなに人間は他人を理解できるのだろうか?それができないから人間カッっとなるのであーる。たしかに行き過ぎた暴力は危険であるから、そのために警察というものを作ったのではあるが、警察だって人間だ。所詮法律だって人間が作ったものだ。だから多少の間違いはあるものだ。昔の人はいいこと言った。喧嘩両成敗。それは人間の間違いや勘違いを内包して総括しての言葉と思う。それにはとても深い、人間の知恵が隠されている。今回の問題であるが、その昔の人の知恵に照らし合わせてみたらどうだろうか?決して今回は両成敗にはなっていない。被害者が高校生になっているが、むしろ被害者は巡査長のほうであーる。巡査長のほうが逮捕されるし、被害は甚大であーる。今後の生活を考えると前科一犯でお先真っ暗である。どう考えても巡査長が被害者である。高校生が多少の怪我をしても数日で治る。しかし巡査長のこの仕打ちは数日で修復できるものではないのである。なんでこれだけ高校生の基本的人権が尊重されるのか?高校生と巡査長のリスクは同じではないはずだが?その論点が無いのはあまりにもおかしい。暴力は危険ではあるが(暴力はいけないのではない。あくまで増長する可能性があるから危険なのだ。家畜を殺して肉を喰って生きているやつらが暴力を批判するなんてお笑いにもならない。それが暴力でなければなんなのだ?)それが生物としてのリスクなのであーる。たかだか高校生のガキを平手打ちしたぐらいで問題にするほうがおかしい。なんでこの国は犯罪者にこれだけ甘いのだろう?犯罪者はこの場合は当然高校生であーる。大人は生きることの大きなリスクがあるのであーる。だからみんな見て見ぬふりをするのであーる。だからこそこの巡査長がこれだけ賞賛されるんだね。(だって自分じゃできないからさー!)少なくとも今生きている我等はあらゆる暴力の中でも生き延びてきた末裔であることを忘れてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »