« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月19日 (日)

せかちゅー

本日、友人宅に御呼ばれして、とても美味しいご馳走を賜った。久方ぶりに幸せ。そのなかで、「世界の中心で愛を叫ぶ」の話になった。なんたって4年前の映画である。社会現象にまでなった小説、映画であーる。DVDも何回も見た。小説まで読んだ。遅ればせながら、たしかにこれはいける。涙、涙の物語であーる。せかちゅーといえば長沢まさみであーる。しかし、この映画は、山崎努の次の台詞で決めであると思える「残された者に出来る事は後片付けだけだよ。。。朔太郎・・・」これがこの映画のコアなのであろう。この台詞を吐けるのは山崎努しかいない。やっぱ映画やドラマは配役で決まる。役者は伊達ではないと思わせてくれるだけでよい。どんな小説もドラマでも、たった一行、そこに言葉があればいいのではないか?小説も面白い。映画とは内容が違うがなかなかであーる。いまさらながら、オススメでーっす!。小説といえば、よくこのブログに出てくる友人Sが貸してくれて読んだ、宮部みゆきの「火車」も超オススメ!。私は基本的に小説は読まないのだが、これは掛け値なしに面白い!傑作であーる。

今日、何百キロ、遠く離れている友人と久しぶりに電話で話しが出来た。電話というものはありがたいものだ。長々会っていなくてもイメージはそのままであーる。イメージというものは自分の中で固定されてしまうのであろうか?でも話が出来るだけ幸せであーる。

遠くに離れた友人と話も出来るし、日本は良い国だ。せかちゅーなんて感動的な物語のDVDを見て、楽しくいこう!  わっははは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

恐るべし神戸(神戸牛編)

in神戸。体の大きい友人Sが静かに言った。。。「神戸に来たなら神戸牛だろう・・・」先ほどはモダン焼きと騒いだのだが、今度はまた超高カロリーな焼肉かよ!?と思いながら反論もせず、一同焼肉屋へ。お店の作りはかなり良く、焼肉屋のイメージは無い。テーブルに焼肉のグリルが無ければ、ていの良い和食レストランという感じ。さっそくコースを発注し、とりあえずビール100_3624で乾杯!最初に来たのが牛テールスープ!これがすんげーまいうー!

飲み干すのがもったいないと思うほど美味い!絶品であーる。その後、出ました出ましたさし入りの神戸牛が!一同狂喜乱舞!!大騒ぎ!となりに陣取っていたセレブ系の若い男女など気にせずに、暑苦しい男5人で大盛り上がり!さしが絶妙で、口の中でとろける甘さ、肉汁。昼に食べた超高カロリーのモダン焼きのことはもうすっかり忘れて、この激美味肉にかぶりつき!100_3631

100_3632

焼いたら瞬間に白くなり焼けあがり!皿の中は瞬間に消えていった。食べられるために育てられた牛には大変申し訳ないのであるが、そんなことは忘れてしまう、いや頭から消えてしまうほど旨い!100_3633

100_3634

コースなので、そのごいろいろな部位が出てきたが、どれも旨い!美味い!男5人、うーんとうなるだけで、もうこの肉達にほれ込んでいる。こんなに美味いと言葉も出なくなる。

100_3635 100_3651

いやーすがい大満足!こりゃおすすめですぞー     

「やきにく肉料理 鶴参」

是非ともお試しあれー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべし神戸(モダン焼き編)

友人Sとその仲間たちと神戸にいった。Sは異常に記憶力が良く、1度しか来たことが無い神戸を案内できるのだ。なんとも恐ろしい男であーる。そのSが腹減った!と大騒ぎし、神戸にきたらモダン焼き!それもあのちっちゃい店だ!と一行を引き連れて、そのちっちゃい店を向かう。その店の名は「お好み焼き小町」100_3526

テレビで紹介されたことが自慢らしく、看板にこれ見よがしに書いている。中に入ると客席はとても狭く、店の真ん中にどどーんと大きな鉄板が!。中には常連さんが昼間がらビールを飲んで、とっても威勢のよい女将さんと談笑している。客席の中央付近(店が狭いのでわれらだけでほとんど占領状態)に陣取り、早速ビールを発注!まずは乾杯を済まし、いざ、お好み焼きの発注へ!メニューを見ると、「復興のシンボル、モダン焼き」とある。。。それも壁にでかでかと書いているので、どうしてもそれが目立つ。「復興のシンボルかー食べてみたいなー・・」と、考えていたら、みんなモダン焼き!モダン焼き!とモダン焼きばかり発注。。。5人もいるのにみんな同じメニュー。。。違うもの頼んで、シェアすればいいものを、みんなモダン焼きの「復興」に目がくらんでしまったのだろう。結局5人全員モダン焼きを発注した。ここで大変なことが発覚した。この店はあまりにも狭く、客と鉄板の距離があまりにも短い。飲んでいる生ビールがすぐに温くなってしまう。。。それよりも大きな問題は、女将さんが威勢良く油を撒き散らしながら焼き上げるため、それが客にかかるのだ。100_3521100_3522

また、使う油の量が半端じゃない。ビール+モダン焼き=メタボリック一直線である。モダン焼きとは、通常のお好み焼きに焼きそばを入れる、そう、広島風お好み焼きのことだ。中央に生卵を落としてソースぶっかけ、青海苔ぶっかけて、完成だ!100_3523

100_3524

メタボリックは気になるが、しかし美味い!美味い!威勢のいい女将さんと相まって、とても美味しく食べられる。皆さんも神戸にいったら是非試してほしい「お好み焼き小町」みせがとーっても小さいので、発見するのは大変です。赤い暖簾を目印に100_3508 100_3519

。神戸ではあの藤原のりかが結婚式を上げたという神社へいって、あおのあとは中華街へもいった。食べつくしの旅であった。無論体重は大幅に増加したのは言うまでも無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »