« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月26日 (火)

回転寿司

先日、友人のSが本を貸してくれた。回転寿司「激安ネタ」のカラクリ 吾妻博勝氏著 であーる。この本の内容ははっきり言って衝撃である。読んだら最後、もう回転寿司は怖くて食べられなくなる・・・。いや、回転寿司だけではなく、スーパーなどで売られている食材も危険である。いったい何を信じたらいいのやら???しかし、はっきりしているのは、世の中の食べ物があまりにも安くなりすぎているので、商売のためにはなんでもありになてしまっているということだ。貧乏人は添加物のどっさり入ったものをたくさん食って、薬漬け。金持ちは安全なものをしっかり食べる。

しかし、世の中不思議なもんで、いいもの、安全なものばかり食べている金持ちが長生きするとは限らない。逆に早死にするほうが多いときく。大東亜戦争の後、日本国民の食料事情は、そりゃ恐ろしいものだったらしい。しかし、今では超寿命国だ。だから貧乏人はどうせ高いものは食べられないんだから、危険だろうがなんだろうが気にしないで楽しく食べたほうがいいかもしれぬ。どうあがいたって、遅かれ早かれみな死んでしまうのだから。

だから明日からまた、回転寿司に行こう!それが結論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »