« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月14日 (火)

最近読んだ本3

最近、出張へいく機会が多かったので、今週はけっこう本を読むことができました。

宋文洲の「やっぱり変だよ日本の営業」、「うまい逃げ方ー人生できる事だけやれば」

養老孟司のまともバカ(以前に読んだがまた買って読んでしまった。。。」

村上隆の「芸術起業論」

須藤元気の「幸福論」、「風の谷のあの人と結婚する方法」

この中でどれがいいって、どれも甲乙つけがたいですが、須藤元気の本はこれは面白い!!!

「風の谷の~」のあとがき、、、これだけでこの本を買う価値は十分にあります。まあ立ち読みしてもいいんでしょうけど。。。ここでは書きませんから、是非本屋にいって買うなり立ち読みするなりしてくださいまし。こいつはなかなか有望だ!須藤元気!!!レベル高し!キター!!!

村上隆の「芸術起業論」はかなりいけてます!!!私は彼の作風は嫌いですが、この本の中身は大好きです!特にウォーホールやピカソなどへの彼の考えはとても面白く参考になります。オススメですよ!特にデザイナーとか設計とかやっている人達にはいいのではないでしょうか?もちろん芸術家は読んでいただきたい!!!

宋文洲さんの本は、先週読んだ、「仕事が出来ない人は話も長い」っていうのがすごい良かったので、すぐに他の著作も買いました。「やっぱり~」はよくわかるけど。。って感じ。それよりも「うまい逃げ方~」のほうがよかったですね。先の「仕事が~」は絶対に買う価値ありです!!!読んでください~!!!

養老さんの本は相変わらず面白いですあ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべし○古屋

ご存知のとおり○古屋は地下街文化だ。その地下に恐ろしい食べ物屋を発見してしまった。。。そのお店とはスパゲッティー屋であるのだが、何が恐ろしいというと、客層が違うのであーる!!!普通イタリアンであれば、おねーちゃまばかりで男なんてあんまりいないのが普通だが、なんとそのお店はオヤジ!ばかりなのだ!!!かなり異様な雰囲気である。そこのメニューがまたすごい!トッピングだけは選べるが、ソースは皆同じである。スペックはトマトソースといっているが、どうみても赤味噌と醤油が入っている感じ。。。

まるで長崎ちゃんぽんの変形である。はっきりいってどのメニューも美味しくは無い。

しかし、オヤジ連中はその美味しくないスパゲッティーの大盛りを食べている。かなりの年配でもだ!!!かなわない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべし讃岐

今日、四国へ行ってきた。讃岐うどんの本場だ。昼に着いたので、市内で早速讃岐うどんを食べた。システムはセルフなので、地元でない私はかなり戸惑った。なんか社員食堂みたく流れ作業的にメニューをチョイスしていくのだ。始めての本場なので、気分が高揚した私はうどんよりも揚げ物やおかずに目がいってしまう。。。。

作ってから、もうかなり時間が経過したと思われる大根切干(太ってきてなかなか痩せないので、ちょっと健康志向)、でも揚げ物がかなり美味しそうにみえて、その誘惑には勝てず、竹輪の中に赤ウインナーが入った揚げ物、ウインナー+ししとう+レンコンの揚げ物をチョイス!それに釜揚げうどん!!!どうだ!!!この組み合わせ!!!けっこう取ってしまったわいと反省しながらレジへ。。。。。。。。。。。。。。なんと合計¥380-。。。。

これだけ取ってもなんと牛丼並みかよー!!!!すごいびっくり。激安!!!

しかも竹輪の揚げ物が絶品!!!こりゃたまらん。なんでこんなに美味いのか?ただの竹輪が???でもうどんは普通だった。。。。。。。それよりもびっくりしたのは、綺麗なおねーちゃんが一人でナチュラルに讃岐うどんを食している。。。いくら地元ではポピュラーでも、ちょっと美人が一人で讃岐ズルズルかよーなんて。。。すごい文化だ。。。さすが本場である。

その後、仕事が終わり、空港までのちょっとの時間、ビールを飲んでツマミを。。。そこでシャコ酢なるものをチョイス!!!これがまたなかなか美味い!!!(カツオの刺身も頼んだのだが、やはり土佐よりは小さくてチープだ。。。ちょっとがっかり。。。土佐のひろめ市場のカツオのたたきを一度経験してしまうと、自分の中のハードルが高くなってしまう。。それは結局錯覚でしかないのであるが。。。。)

恐るべし讃岐!侮りがたし!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

電車男

この前、電車男という映画がテレビで放映されていたので見た。その後、テレビ版の電車男スペシャルが放映されたので見た。最後の聖戦とかいうやつだ。断然テレビのほうが面白かった。何が違うのか???・・・それは配役の違いであろう。たしかに演出も違うけれど。電車男はヒロインとヒーローのレベル差が面白いのだが、映画版はその差が小さい。テレビ版はその差が大きくて、実際にはありえない話だからよけいに面白いのだろう。

テレビ版と映画版、かなり違う。他のドラマもかなり違って、その違いが興味深い。

電車男:テレビ版のほうが面白い

世界の中心で:映画版のほうが面白い

1リットルの涙:テレビ版のほうが良い

つくづく思うのだが、やはり配役でかなり決まってしまうのだなあ。。と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »