« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年6月 7日 (水)

おじじ

本日、英吉利に行っている友人とインターネット電話で久しぶりに話した。久しぶりだったので1時間ぐらい話をした。まるでいつものような顔を合わしているような感じで話せる。文明と発展とはすごいものだ。上海に行っている友人は蹴球にいってしまって話せなかったが、いずれにしろどこにいてもコミニケーションが出来るのはありがたい。でもこのシステムに慣れるようになるまでは大変である。かなり自分がおじじになったということだ。

私といえば、頭の中は二十歳ぐらいから進化していないが、時代が変わったようだ。

訳判らんが、楽しければそれでよし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

留久

♪うまいぞ留久(読み:るっく)
 刺身がデカい
 凄いぞ留久
 カニ・ウニ・キンキ
 ボリュームがんがん!
 お刺身居酒屋、留久!

♪。。。これは数年前、北海道のテレビやラジオで流れていたコマーシャルソングだ。北海道の人間なら一度は聞いたことがあるものだ。ここの名物はヤン衆盛りといって、とにかく刺身がでかい!1センチの厚みの、10センチ角ぐらいの大きさの刺身で、なんとそれが未解凍で出てくる。美味いのかなんなのかもよく判らないが、その大きさで圧倒されてしまうのだ。


まぐろヤン衆切り(3切れ) 682円
はまちヤン衆切り 682円 活北寄貝刺身 735円
まぐろ刺身 682円 甘えび刺身 630円
はまち刺身 682円 鮭るいべ 630円
ほたて刺身 735円 ぼたんえび 1,260円
真いか刺身 525円 生うに 997円
真たこ刺身 525円
●刺身盛合せ
北海道盛合せ 3,675円 7点盛合せ 2,499円
瑠玖磯盛り 9,450円

その留久のコマーシャルソングが頭によぎったので、東京で留久を探したら、1件だけ渋谷にあったので行ってみた。そうしたらそのヤン衆盛りがメニューには無い。。。留久名物のヤン衆盛りが無いとは何事だ!と頭に来たので、店長を呼び出し、何故ここには留久名物のヤン衆盛りが無いのか?と尋ねたら、そんなものは聞いたことが無いと逆に憤慨された。

あんな馬鹿な刺身の食べ方をするのは北海道だけなのだろうか。。。

もし、北海道に行ったなら、一度は試していただきたい!

ホントに圧倒されてしまう。その大きさに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

銀座

先週、銀座のクラブに行ってきた。当然自腹ではない。接待を受けた。

綺麗な着飾った御姉ちゃんが入れ替わり立ち代り。差当りの無い言葉を残して去ってゆく。まあそこはカラオケが無いからまだ救われたが、話をしても何も面白くないので身が持たない。酒を呑んで暇を持て余すのは非常に疲れる。そんなマイナスなこ考えでは面白く

ないので、何故おじさん達はクラブとかに来るのが楽しいのだろう??と思い、御姉ちゃん達に質問をぶつけてみた。

♂「みんなどんな話してんの?」

♀「みんな自慢話ばっかり。。。」

あっそうか!世間のおじさんたちは、会社や家庭ではだれもほめてくれないから、ここで

ほめてもらって喜んでいるんだ!!!銀座に来てる男達はみんな子供に戻っているんだね!

需要と供給のバランスが成り立っている。これは一つの生態系だ。

これで経済が成り立つんだからとっても大事なことではある。

でもみんな会社のお金だから行くんだよね。だれも自腹ではいかないでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »